「ほっ」と。キャンペーン
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
ベルギー旅行記 4 アントワープ
2009年 07月 22日 |
ベルギー第2の都市、ダイヤモンドの町、そしてファッションの町Antwerp.



日本人にとっては「フランダースの犬」がまず連想されるアントワープなのだけど、そういう時代の印象とは裏腹にモードの発信地である都会的なおしゃれな街なのでした。
それでいて、旧市街には歴史ある荘厳な建物がかまえていて、新旧が交錯する賑やかな街。
たまたま休日にあたったので、広場は人、人、人であふれていました。

どちらかといえば、古都の香りが色濃い静かな小さな町の方が好きなので、最初はベルギー第二の都市であるアントワープにはそれほどに惹かれるものはなかったんだけど、やっぱりここでルーベンスを見なくちゃと思ったので日程に組み入れました。1泊して、美術館や教会めぐりと散策を。
トラムで移動するのが妥当と思われる距離もついつい歩いてしまって、へとへとになったのだけど、そのお陰で休憩時のビールがおいしかったこと。

余談ですが、駅からホテルに向かう途中やホテルから町へ向かう途中、ひげをたくわえ黒いハットに黒い上着というスタイルの男性にたくさん出逢って、彼らはいったい何者?とドッキリしました。ユダヤ人っぽい感じなのだけど、何故に皆その格好なのかって。普段着にしては独特のスタイルで、何かのイベントなのかと思うほどでしたが、その人たちは普通に日常生活を送っているふうなので・・・。
あとで調べたところユダヤ人の商人みたい。アントワープには欧州で最大のユダヤ人コミュニティがあるそうで、あの黒装束は正統派ジューイッシュの格好らしいです。何かの映画の中に入り込んだような奇妙さがあって面白かったです。


ネオバロック様式で建築されたステキなアントワープ中央駅
d0029596_1036369.jpg


フランダースの犬の舞台ノートルダム大聖堂(1520年完成:ブラバントゴシック様式)
d0029596_10365928.jpg


ネロも憧れていたルーベンス随一の代表作「キリスト降架」
d0029596_10545648.jpg


旧市街の中心グルン広場
d0029596_10364049.jpg


d0029596_10372761.jpg


d0029596_10385857.jpg


d0029596_10393088.jpg


おっとっと風のおつまみがついてくる
d0029596_10395321.jpg


大盛り上がりの野外LIVEに遭遇
d0029596_10403458.jpg

[PR]
by CaeRu_noix | 2009-07-22 10:58 | 旅 行 記 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/10013351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とんきち at 2009-07-22 21:37 x
素敵ですね〜、ベルギー。ヨーロッパ行きたい病のとんきちです。
今回東京では働いてしまったので後半忙しく、暑さで頭もずっとぼんやりしてたんで、映画も殆ど観られませんでした。お会いできなくてすみません&がっかりでした。かえるさんとお会いできたら、4月に観たメンデス監督の舞台『冬物語』の、ごろつき役をしたイーサン君の活躍ぶりなどを、話すんだ、話すんだ、と楽しみにしていたのですが、次回にぜひぜひ〜。
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-23 00:40
とんきちさん♪
さようならのお帰りなさいー?
日本からヨーロッパも遠いですけど、NZからも遠いですよねー。
ううう、こちらこそ、ごめんなさい。ウマくちゃちゃっと立案・お誘いできなくて・・・。
今回お会いできなかったのは残念ですが、とりあえず充実した日々を過ごされ、無事に戻られてよかったですー。
日本って、暑いですよねー。湿度がねぇぇ。8月はもっと強烈ですが。
そうか、映画鑑賞をするヒマもあまりなかったのですねー。邦画はなんかいっぱいやってますけど、必見作はあったのかどうかもよくわからず・・・。
おお、メンデス演出の舞台をご覧になったのですかー。それは面白そう。
きゃあ、イーサンも出ていたなんて。いいな。観たいなー。
めんどくさがりなもので(ついつい人を誘うより、1人で行動してしまいがち)段取りを怠りがちな私なのですが、ぜひぜひまたそんなお話をじっくりおうかがいしたいですー。
あと、とんきちさんがいらっしゃるうちに羊の群れの国を訪れたいものだなーって。
Commented by manimani at 2009-07-23 23:50 x
日本人ならやっぱりアントワープでノートルダム大聖堂にルーベンスですよ!!そしてつぶやくのです「ぱとらっしゅ、疲れたよ」

しかし建築のスゴさはただごとではないですね。写真取りまくり〜
ユダヤ人らしいユダヤ人も日本では見られませんからね。。(当然か?)
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-24 00:13
manimani さん♪
日本人ならやっぱり一にも二にもフランダースの犬なんですねー。
でも、実はアントワープ=フランダースの犬という認識をあまりもっていなかった私でした・・・。
それ以上に、地元ベルギーではもともとは全然「フランダースの犬」は有名じゃなかったそうですね。あれは英国の作家のものだから・・・。
日本人がやたらに関心をもって観光していたことによって、ベルギーでの認知度も高まったらしいです。へぇー。
ネロとパトラッシュごっこがしたかったー。
建築は本当にみんな素晴らしかったですー。
が、壮大な高い塔は私のデジカメごときにはサクッとおさまってくれないのが困りものでしたー。
ユダヤ人らしいユダヤ人を普段見慣れていないので、イベントのための仮装をした人たちなのかと最初は思いました。(というかコントっぽかった。)
子どもまで黒装束に帽子だったんですよ。
Commented by SGA屋伍一 at 2009-07-26 21:10 x
こんばんは
かえるさんにひとつ質問です
『フランダースの犬』がフランスでもなくオランダでもなくベルギーの話というのは目にウロコでしたが
この物語の舞台がベルギーはアントワープであるのなら、「フランダース」ってのはいったいなんなんでしょう? 昔の地名?
すんません。検索するのが面倒なもので・・・
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-27 01:08
SGA屋伍一 さん♪
よい子は自分で検索しませうー!!!
フランダースはねぇ、地域名って感じでしょうかね。
ベルギーは主にオランダ語圏とフランス語圏に分かれているのですが、オランダ語圏である北の方がフランダース地方で、フランス語圏の南の方がワロン地方であります。
いわば、日本の猪でも、熱海の猪でもなく、東海の猪って感じでしょう。
でもって、フランダースは英語で、その地の言語オランダ語でいえば、その地名はフランデルンで、フランス語で言ったら、フランドル。
フランドルっていう地名の方が馴染みがありますかね。
ベルギーワッフルにしても、フランダース地方とワロン地方のものは形や焼き具合の定番が違っているのですよー。
これであなたもベルギー通!
Commented by travelko-blog at 2009-07-27 15:41
はじめまして。トラベルコちゃんです。
トラベルコちゃんでもブログを始めたので、時々こうして皆さんのブログへお散歩しています。

ベルギー旅行のお写真、素敵ですねー!!
重厚感あるのに繊細な彫刻が施された建物、うっとりしてしまいます。
それにしてもたくさん観光されましたね。うらやましいです。
ベルギーの良さをみんなに知ってもらえるといいですね!

よろしければトラベルコちゃんのブログにも遊びにきてくださいね!
Commented by SGA屋伍一 at 2009-07-28 08:03 x
丁寧なご説明ありがとうございます
良い子じゃないけど次から自分で検索しますー

でもついでにもひとつ質問
もうじき『タンタン』が映画化されるそうですけど、そっちの方ではなんか盛り上がってたでしょうか
そういや彼の相棒も犬だったな・・・ パトラッシュと違ってあんまし役に立たないヤツ

ネロが生き延びてしまうという映画版、かえるさんは見ました?
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-28 22:26
トラベルコちゃん♪
訪問ありがとうございますー。
トラベルコちゃんもブログ訪問をされるのですねー。
日々の検索ワードでは旅行記ページのヒットも常にありまして、みんなそうやって旅の計画を立てているのねーと嬉しくなったりします。
旅行の情報収集や手配は八割がたネットですましている私なので、トラベルコちゃんサイトの充実も期待しますー。
今回は私は航空券はやふーで、ほてるはBooking.comでー。
ベルギーの良さをみんなに知ってもらえてももらえなくてもどっちでもいいですが、今の20代の人々なんかは、不況のせいなどで、海外旅行者数がずいぶん少ないそうなので、若い世代に旅の歓びを知ってもらう機会があればいいのになぁって思います。
なんてことをトラベルコちゃんに語ってどうするー
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-28 22:56
SGA屋伍一 さん♪
どういたしましてー。
が、先のコメントのワッフルの件はちと間違ってました。あらら・・

『タンタン』のハリウッド映画化によって、その地で何がどう盛り上がるかなんて知る由もありませーん。
や、意地悪で言っているんじゃなくて、まじで。
だって、例えば、「マッハGOGO」や「ドラゴンボール」や「忠犬ハチ公」がハリウッドで映画化されるからって、海外からの観光客の目を引くような盛り上がりが日本国内で何かあったか?っていったら、別に何にもなかったんじゃないかというのと一緒で。超タンタンフリーク達の間では話題になっているのかもしれないけれど、私には発見できなかったっす。
漫画博物館には行かなかったので。そこに入場していたら、映画化関連の盛り上がりを垣間見ることができたかもしれないけどね。

フラ犬の映画版は観たことないでーす。存在も知らなかった・・。
タンタンのことも実は全然知らないの。
私、アニメ関係は伍一さんのお話相手にはなれないですわ。ごめーん。
ヨーロッパ生まれのキャラなら、バーパパパ、ムーミン、カリメロは好きなのだけど。
パトラッシュは好きだけどね。

タンタン、ジェイミー・ベルくんなんだー

<< 7月25日の公開映画ちぇーっくなど PageTop ベルギー旅行記 3 美術鑑賞の... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon