かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
ベルギー旅行記 6 完
2009年 07月 29日 |
まとめとブリュッセルフォト



というわけで、写真を中心に、テキストはシンプルに済ませちゃった簡単旅行記もこれでお終いです。
旅の行程を事細かに記すという作業は、危機一髪だったりトホホな出来事が多ければ多いほどに意欲的になる傾向にありまして、もはや西ヨーロッパ旅行の場合は、概ね順調に旅を進めることができる感じで、それほどに斬新なカルチャー・ショックを体験する機会もなく。よくも悪くも(っていうか事件がないのはまぁいいことなんだけど、ネタには不足するのね)特記事項なしなので、どこへ行ってどこへ行って・・・と行動を細かに記すよりは、ちゃちゃっと写真でも見ていただければ幸いーというところ。

同じ西ヨーロッパでももうちょっと治安のよろしくない国の場合はどこかで神経を使ったりするものだけど、胡散臭い人や危険な雰囲気の人に遭遇することもなく。へんにフレンドリーな人がいるわけでも、へんにアジア人に冷たい人がいたわけでもなく、いたってスムーズな展開。日本人観光客にもあんまり会わなかったなぁ。中国人の方がよく見かけました。

でも、相変わらずの筋金入りの方向音痴な私なので、いちいち道に迷ったりはしましたね。ただ単に駅からホテル、駅から観光スポットへ移動するだけのことでも、「ここはどこ?」状態に陥り、同じところをぐるぐるしてしまうことが二度、三度。ガイドブックの地図って、微妙に実在のものと配置が違うことがあったりするので、地図と方位磁針を持っているのに何故か迷ってしまうという事態に。自分の感覚はあてにはないないけれど、ベルギーの交通機関そのものはわかりやすくてよかったです。自分の行動した範囲においては、電車での移動は迷わずサクサクできて、地下鉄もトラムも変な乗り間違いをすることもなく。いつもの旅行だと、降りるべきところでバスが降りられなかったり、切符をどこで買うかもわからずあたふたしたり、っていうことがもっと多いのですが、ちょっとは私も進歩したということかしら?ベルギーという国のシステムがたまたまちゃんとしているだけということかもしれないけど。

緯度が高いので、結構涼しいのかと思っていたのですが、この時期、日中は思いのほか暑かった。夜はやや冷え込むのだけど、天気のいい日の日中はまぶしくて暑くて、歩け歩けの観光ではかなりへとへとになりました。でも、そう、日本のジメジメな暑さとは違って、ヨーロッパはカラっとした暑さなので不快感はなく。そして、適度にいつも暑さに見舞われるからこそ、水辺がとっても気持ちよかったり、ビールが思いきりおいしく飲めるのでありました。広場に面したオープンレストランは常に観光客でびっしりっていう賑わい状況は、本当は私の理想的な旅シーズンではないのだけど、バカンスシーズンの日が長くて陽光のきらめく時にこの地を訪れることができるのは嬉しいもの。

観光地冒険的要素は少ないながら居心地はよく、ストレスなく朗らかに進めたベルギーの旅でありました。お土産はやっぱりチョコレート。

こないだ、『小便小僧の恋物語』(1995)っていうブリュッセル舞台の映画をVIDEOで観たのだけど、とても好みなテイストだったな。

d0029596_2348396.jpg


グラン・プラスの王の家
d0029596_23454324.jpg


セルクラースの像(右手に触ると幸せになるんだって)
d0029596_23451997.jpg


サン・ミッシェル大聖堂
d0029596_23465732.jpg


d0029596_23473910.jpg


d0029596_23474957.jpg


女の子ちゃん(ジャンネケ・ピス)
d0029596_23462152.jpg

[PR]
by CaeRu_noix | 2009-07-29 23:58 | 旅 行 記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/10044316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by manimani at 2009-07-30 01:32 x
>方位磁針を持っている
↑これにビックリですよ(笑)
さすが旅のプロ
Commented by たかこ at 2009-07-30 11:19 x
女の子の像はすごいですねぇ。思い切った角度でお写真が。
小便小僧と恋をしてたりして。人通りが少なくなったら。動き出して。おもむろに。
からっとした暑さだとからっとしてるから幾分かマシですネ。湿度が高い暑さは体力が異様に消耗します。へなーって。
#はらはら・どきどき#はなかったようですが、写真がみな綺麗なのでステキな旅行だったんだなぁと思いました♪
方位磁石はうちにないかも。。分度器とかも。
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-31 01:39
manimani さん♪
ワインオープナーと方位磁針は必需品。
といっても、100円ショップで買った中国製のやつですけど。
だから、時々信用できない方向を指すんですよねー。
都内でもコンパス必要な気がする自分・・・
Commented by CaeRu_noix at 2009-07-31 01:46
たかこさん♪
女の子ちゃんのはちょいと卑猥なかんじですよね。
イタズラ防止のために、鉄格子でガードされていて・・・。
それはいいのだけど、何故か高い位置に飾られていて(収容されている)。
どうしても下から見上げる感じになっちゃうのよ。
決して私の趣味趣向でそういう角度だったわけではなくてー。
というわけで、深夜にこっそり逢引をする際は、男の子の方が女の子に会いにこなくちゃなりません。(2人は結構離れている)
鉄格子があるから、彼女は自由に外デートもできないのー。
カラっとした暑さは案外と心地よいですよね。湿気はホントに不快。
ネタには不足するけれど、トラブルのないスムーズ旅行は精神衛生上もよくて何より。
方位磁石は100円ショップで買いましょうー。分度器も円を書くコンパスもあるよー
Commented by mig at 2009-08-01 22:51 x
こんばんは♪いやーん、かえるさん、ベルギー行かれたんですね。
旅行記ざーっと読ませて貰いました!
写真みてすっごく行きたくなっちゃった。貝大好きなのでムール貝にはよだれでそう。(笑)
いやいや、街並も堪能させてもらいました

アントワープの王立美術館  行きたい!!
Commented by CaeRu_noix at 2009-08-02 23:57
mig さん♪
旅行記に目を通していただきありがとうございますー。
ベルギーよいですよー。
ヨーロッパ方面に行かれる際にはぜひー。
貝類は私も好きなんですよー。
ムール貝って、日本だとパエリアにしてもサラダ類にしても、数えるほどしか入っていないものなのに、ヨーロッパだとあさりちっくに山盛りが当たり前なのでビックリ嬉しいのですー。
アントワープの王立美術館はよかったですよー。
ゆとりある展示の仕方で見ごたえのある名作がいっぱいあるのに、館内はガラスキでー。
そういう歓びに浸っちゃうと、日本の美術展のフェルメール展とかゴーギャン展とかの作品数は少ないのにバカ混み状態があほらしくなっちゃうのですー。
<< 『セントアンナの奇跡』 PageTop ベルギー旅行記 5 食べ物のこ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon