かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
8月7、8日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 08月 07日 |
むしますね。



[eiga.com 映画ニュース]
米EW誌が最近20年間のホラー映画ベスト20発表。第1位はあの日本映画!
という話題はとらねこさんの専門です。
でも、私も半分は観ているかも。

『バーダー・マインホフ 理想の果てに』のレヴュー記事にも書いたのですが、映画・ビデオの配給、制作、宣伝会社であったムービーアイ・エンタテインメントが自己破産してしまい、またまたガックリです。
この不況では、資金調達もままならないのですね。
『ヤンヤン 夏の想い出』から、『そして、ひと粒のひかり』とか、『今宵、フィッツジェラルド劇場で』とか、素晴らしき映画をたくさん配給してくれたのですが。
今思えば、去年あたりからは宣伝が控え目な印象だった作品が多く、面白い映画なのに劇場はすいていたなーってのがいくつも・・・。
ミニシアター系の良質映画を配給してくれた会社がまた一つなくなるのは本当に残念無念。

関係ないけど、カンヌのコンペに出品されたイサベル・コイシェ監督作は大丈夫でしょうかね?
せっかく日本が舞台なのに、まだ配給ついてないのに、出演者のOshioっちが話題の人になっちゃって・・・。
映画は映画なんだけど。


ミルミルー

縞模様のパジャマの少年 /恵比寿ガーデンシネマ.角川シネマ新宿

ホロコーストの悲劇を少年の視点から綴ったジョン・ボインのベストセラーの映画化。
監督は、『ブラス!』のマーク・ハーマン。

ココ・シャネル ( ピックス ) /ル・シネマ.新宿武蔵野館..TOHOシネマズシャンテ

TVものというのがあれなんだけど、英語なのもあれなんだけど。

3時10分、決断のとき ( シナジー ) /新宿ピカデリー

3:10 TO YUMA!
ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル主演の異色西部劇?
ルークを見逃すなー

-ミルカナ

HACHI 約束の犬

上映規模的に、物語的に、興味は薄いのだけど、
監督は、ラッセ・ハルストレムですからね。
約束の犬って、相変わらずヘンな日本語。

--ミルカモ

G.I.ジョー

---キニナルモノ

未来の食卓 ( アップリンク )/シネスイッチ銀座
農薬や化学肥料による食物汚染が、子ども達の未来を脅かすすべての学校給食をオーガニックにしようとフランスの小さな村が立ち上がった

◆童貞放浪記 ( アルゴ・ピクチャーズ ) /ヒューマントラストシネマ文化村通り

◆南極料理人 /テアトル新宿

◆花と兵隊 /シアター・イメージフォーラム

----ホカ
◆空の境界 第七章
◆さそり
◆劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
◆侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦
----


傑・力・珍・怪 映画祭
8月 8日(土) ~ 9月 4日(金)  UPLINK X


「映画史上の名作2」
8月1日(土)~28日(金)  シネマヴェーラ渋谷
  16mmフィルムによるクラシック作品の特集!
 8(土)「襤褸と宝石」「オリヴァ・トウィスト」
 9(日)「無謀な瞬間」「さらば草原」
 10(月)「陽気な巴里っ子」「ノートルダムのせむし男」
 11(火)「襤褸と宝石」「ノートルダムのせむし男」
 12(水)「無謀な瞬間」「陽気な巴里っ子」
 13(木)「さらば草原」「オリヴァ・トウィスト」
 14(金)「無謀な瞬間」「襤褸と宝石」
 15(土)「ヒズ・ガール・フライデー」「靴みがき」
 16(日)「フランケンシュタインの花嫁」「モロッコへの道」

ロシア・ソビエト映画史縦断 1943-1995
 ~8月15日(土)(日月休) アテネ・フランセ文化センター

ジャック・タチ フィルム・フェスティバル
 ~8月14日(金) 新宿K's cinema
「左側に気をつけろ」+「郵便配達の学校」+「のんき大将」、「プレイタイム」

「没後四十年 成瀬巳喜男の世界」
 ~8月14日(金) 神保町シアター
 8(土)「はたらく一家」「晩菊」「乱れ雲」「妻として女として」
 9(日)「旅役者」「流れる」「ひき逃げ」「はたらく一家」
 10(月)「乱れ雲」「妻として女として」「はたらく一家」「ひき逃げ」
 11(火)「流れる」「ひき逃げ」「妻として女として」「旅役者」
 12(水)「妻として女として」「はたらく一家」「流れる」「晩菊」
 13(木)「晩菊」「乱れ雲」「旅役者」「流れる」
 14(金)「ひき逃げ」「旅役者」「晩菊」「乱れ雲」

「特集・逝ける映画人を偲んで 2007-2008」
8月6日(木)~9月13日(日) フィルムセンター
 8(土)「下落合焼とりムービー」「復讐するは我にあり」」
 9(日)「天平の甍」「復活の日」
 11(火)「魚影の群れ」「愛の陽炎」
 12(水)「BU・SU」「黒い雨」
 13(木)「ファンシイダンス」「12人の優しい日本人」
 14(金)「阿賀に生きる」「シベリア超特急2」
 15(土)「君待船」「弥次喜夛道中」
 16(日)「田園交響樂」「銀嶺の果て」

シネパトスでは「日本映画レトロスペクティブ-PART2-戦争と人間 良心の重さ~」
~ 8(土)「肉弾」「私は貝になりたい」
 9(日)~12(水)「人間の条件 第1部/第2部」
13(木)~16(日)「人間の条件 第3部/第4部」

シアターN渋谷では、レニ・リーフェンシュタール「意志の勝利」(1934)が
8月1日(土)~28日(金) モーニング&レイトショー上映

8月はクラシックな日本映画がいつもより観たくなるような気がするー。
と、クラシックなアメリカ映画もイタリア映画もロシア映画もだけど。

BON
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-08-07 23:59 | 映画週チェック | Comments(6)
Commented by mi10kuma at 2009-08-08 01:01
私も予告編で「HACHI」をみて「ええ〜アメリカに秋田犬っているの?てかなんでこの話?」と思わずつっこんだのですが、私もこの監督好きなんですよ。「ショコラ」「ギルバート・グレイプ」!もしかして資金集めの為かなとも勘ぐったのですが。「バーダー・マインホフ」はまたギリギリかもしれないけど観ます!
Commented by CaeRu_noix at 2009-08-08 02:12
シリキ さん♪
そもそもなんでハチ公話がアメリカで映画化されることになったんですっけ?
なんだかよくわからないけど、HACHIはないだろうって感じですよね。
エイトじゃだめ?
でも、そう、ハルストレム監督なので、観なくちゃって思うんですよねー。
『ギルバート・グレイプ』はいいですよね。
私はやかまし村が大好きでー。
ハルストレムって、今は自分のやりたい企画を撮っているっていう感じじゃないですよね?
アメリカでは雇われ監督な仕事の仕方をしているというか。
でも、そうだったらいいですね。

「バーダー・マインホフ」は必見ですよー。
Commented by mayumi-68 at 2009-08-08 02:49
かえるさん、こんばんは。「HACHI」はいい映画でしたよ。犬好きなので、結末がわかっていても泣けました・・・。ちなみに確かプロデューサーの人が日系3世か何かで、それでリチャード・ギアに脚本を見せた・・・とかいう経緯だったような・・・。あと「HACHI」と名付けた理由は映画の中にちゃんと出てきて、それなりに納得できますよ。

「バーター・マインホフ」はすごく観たいのですが、時間帯が・・・無理。どうもシネマライズのタイムテーブルって私の生活サイクルとずれてます・・・。
そうそう、「不灯港」見ました!アキ・カウリスマキっぽいですよね。
万造はついつい応援したくなっちゃうキャラでした。武骨なのに、お裁縫も上手・・・。ちなみにPRビデオに写りこんでいた二人、笑う場面なのかもしれませんが、正直言って私は怖かったです・・・。自分の部屋のクローゼットに人が入ってたら怖いよー。
Commented by nijibabu at 2009-08-08 22:52
はじめまして!
ご訪問、そして、アクセス数急増の件について教えて頂きまして、ほんとありがとうございました<m(__)m>

『オーディション』がアメリカで評価が高いのは存じ上げていたんですが、まさか1位になるとは!
googleで1位ヒットするので、どうりで1日アクセス数が1300以上いくはずですね。

ミニシアター系を中心に観ていらっしゃるということで、共通点も多いかもしれませんので、これからも遊びに来させて頂きますね!
よろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2009-08-09 10:03
mayumi さん♪
おお、そうですか。よかったですか、「HACHI」。
この筋書きは感動作になることは間違いないと思うのですが、逆に、子どもからお年寄りまで、広く心を動かず、わかりやすいおしつけがましいベタベタな泣けるオハナシになっていないのか・・・というのが危惧するところでした。でも、ハルストレム監督ならば、その点も信用できそうですよね。
私も動物は大好きなんですけど、犬好きの人や猫好きの人のその一種のみの偏愛ぶりがちょっと苦手?で、犬映画、猫映画等はやや敬遠しちゃう自分もいまして。だから、動物ものには惹かれるのに、ペットものは結構スルーしていて、今年観たのは『ビバリーヒルズチワワ』くらい?でも、これは観に行きますよー。

『不灯港』、ご覧いただき嬉しいです。シネコンでも注目のミニシアター系はたくさんかかる今、ユーロあたりでやっている単館ものに足を運んでもらえることは。男万造は漁師なのにお裁縫上手だったりもして微笑ましかったですよねー。
確かに、自分の部屋の押入れに人がいたら戦慄しますよね。でも、あれが映った瞬間は素直に笑えましたー。
Commented by CaeRu_noix at 2009-08-09 11:00
nijibabu さん♪
はじめまして。訪問ありがとうございます。
実は、エキブロのマイページにて、にじばぶさんのブログにエキサイトリンクをしていまして、時々ケイタイから、更新情報を眺めて、興味のある記事は拝読させていただいていたのですよ。
で、一昨日「アクセスが殺到。」の記事を発見し、同じ疑問をいだいていたとらねこさんの件がちょうどあったばかりだったので、ついついお知らせしたくなったのでした。
1日で1300というのは何事かと思いますよねー。

にじばぶさんブログは参考になるので、私はこれまでも密かにROMっていたのですが、こちらにもぜひぜひまた遊びにいらしてくださいませー♪
<< 『屋根裏のポムネンカ』 Na ... PageTop 『バーダー・マインホフ 理想の... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon