かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2009年9月のしねまとめ-
2009年 09月 30日 |
芸術の秋、映画祭の秋が始まり、じゃじゃん。



英語の映画よりも、スペイン語やフランス語の映画の方が多かったりな九月。

キョンキョンにも会えた 「アニエス・ ヴァルダの世界」 第1部
「第6回ラテン・ビート映画祭2009」
「Sintok シンガポール映画祭」
などに通いつつ。

「アジアンクィア」、「ケベック」、「キューバ」にもちょいと。
「キューバ映画祭2009」で観たのは、『コロンビアのオイディプス』

「ケベック映画祭」では、『忘却の彼方』、『生きるために必要なこと』を。
大好きなドゥニ・アルカン映画を久しぶりに観られて感激。面白かったよー。

「ダンス・フィルム・ヴァリエーション」では『若き日のベジャール』を。
私は生舞台よりフィルムの方が好きかもって思えるほどにダンスものって面白い。

「第10回カナダ・アニメーション・フェスティバル」 にも行って満足。

ワイズマンには行けなかった。ざんねん。

それと、上映期間が延長していたレニ・リーフェンシュタール監督作のプロパガンダ映画『意志の勝利』(1934)も観たよー。
おもしろかった。美しかった。
今月はドキュメンタリーにも多くの感銘が。


で、
2009年9月に
鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)


★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上) ↓

空気人形
リミッツ・オブ・コントロール
アニエスの浜辺
ディズニーネイチャー ― フラミンゴに隠された地球の秘密

★★★★   (星4つくらい) ↓

ココ・アヴァン・シャネル
幸せはシャンソニア劇場から
のんちゃんのり弁
南極料理人
SING FOR DARFUR

★★★☆ (星3つ半くらい) ↓

96時間
女の子ものがたり
プール
しんぼる

★★★  (星3つくらい) ↓

グッド・バッド・ウィアード


-レヴューを省略したもの-

「グッド・バッド・ウィアード」は、ほとんどノれなかったのでした・・・。

「しんぼる」は面白かったです。
メキシコパートの撮り方はすごくいい感じだったしね。
天使ちゃんたちが浮き出てきてまた壁に戻っていく映像などはスクリーンで観る意味があったし。
天使がステキな存在感を発揮しようとも、境地な人の風貌が新興宗教教祖風なのがいかにも日本人だなぁと。
パジャマがシマシマではなく水玉風なのがグー。
でも、まぁ、どうでもいいといえばどうでもいいんだが、TVを全然見ない私なので、久しぶりにまっちゃんのギャグを見られて楽しかったよ。

「プール」は、素材が好み系でありながら、その料理の仕方がイマヒトツな感じでした。
せっかくチェンマイまで行っておいて、もったいないと思う・・・。
やりたいことはまぁわかるんだけど、心揺さぶるドラマにはなっていなかった。
主人公の女の子がキャラ設定含めてあまり好みじゃなかったというのもあるし。
プールサイドでまったりするより、チェンマイ地元散策をしようよー。
ハセキョンの「七夜待」とは全然違うタイ旅行。
雰囲気は好きなだけに、ざんねん。

「96時間」は、ノンストップな面白さでしたね。
こんなに時間が早く過ぎて行ったアクション大作は久しぶりー。
パリ舞台というのも嬉しいところだし。ジャン=クロード!
それにしても、この盲目的な父は達成感でいっぱいなのだろうか?
夢見が悪かったりしないのかな。
あの娘ちゃんは大きなトラウマに苛まれそうなものだし。とか。

「SING FOR DARFUR」は、好みのタイプでした。
直接的でないこういう手法は大好きなのです。
目の前のことをこなすのに忙しく、ダルフールになんて関心のもてない私たち。
チャリティ・コンサートには行くけど、ただそれだけの私たち。
押しつけがましくなく少しだけ考えさせてくれる感じがいい。
エンディングもいい。
日本人夫婦の台詞の不自然さ(というか演技のマズさ?)だけはちょっとこっぱずかしくなりましたが・・・。

「南極料理人」は、料理がとにかくおいしそうだったし、いいドラマでしたね。
こういう仕事の人にスポットを当てるっていうのが素晴らしい。
本国にいる薄給の人よりも地の果てにいる人の方がいいもの食べてる?なんてことを初めは思ったのですが、それくらいの福利厚生は約束されていて当然ですよね。
ご飯作りだけのために、家族のいる人をそんな所へ送らなくても、と思ったりするのですが、誰かがやらなければならない仕事なんですよね。
そういう人たちが体をはってがんばっていて、僕らの世界は成り立っているっていう感じがよかった。
電話の会話なんかもリアルな感じでよかったし、娘が生意気ちゃんなのがよかった。


検索ワードでね、
「ハ ピネ ス エ グ ザ^イ ル」っていうのがやたらに多くて困りました。

みなさんが探しているのは、ダンスユニットのエグザ~の妹分?な女の子ハピ~についてのことらしいんですが・・・。
そんなの知らねーよ。
何故か、私のところのホ・ジノ監督の韓国映画のレヴューにヒットしちゃうらしい。
確かに同じタイトルだけど、HAPPINESSって、思いきり一般名詞なのに・・・
エグ~、はジョニー・トーの映画のタイトルだと思うのだけど。
アクセス多ければいいってもんでもなく、無関係の検索ワードが圧倒的に多いのは哀しいかも・・・。

映画タイトルでは、「かもめ食堂」、「愛のむきだし」、「闇の子供たち」あたりが多かった。
「美しいひと」も20件以上あったのが嬉しい。DVD発売!

-2009年8月のしねまとめ-    .  .  -2009年10月のしねまとめ-
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-09-30 23:59 | 映画月まとめ | Comments(2)
Commented by ぱる at 2009-10-07 21:29 x
しんぼる、釜山の国際映画祭でも上映されるらしいですね
海外での評価がどうなるのか楽しみです
Commented by CaeRu_noix at 2009-10-08 00:34
ぱるさん♪
はじめましてー。
私に『しんぼる』の話題を振られてもなぁ・・・って感じでもあるのですがー。
どっちかといえば、『空気人形』担当ですのでー。
そうそう、『しんぼる』はこないだのトロント国際映画祭でも上映されましたよねー。
その時の評価はどうだったんでしょう?
ま、せっかくの海外映画祭出品なのですから、釜山でもワルシャワなどでも、よい評判を得られるといいですねー。
<< 10月3日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 「1Q84」  BOOK 1&... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon