かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
「西島秀俊 目撃」 更新。
2009年 12月 02日 |
おひさしゅう。



 なんてことはないんだけど・・・。

検索ワードに、"西島秀俊 目撃"というのがしょっちゅうあってね。
"西島秀俊 目撃情報"とか"西島秀俊 遭遇"ってのもたまに。
件数はそんなに多くないんだけど、断続的にもうずっとあるの。
今日も誰かがにしじーの目撃情報を探しているのねーって。

で、私はふと申し訳なく思ったの。
いちいちチェックはしていないんだけど、その検索ワードでヒットしているmyブログの記事って、たぶん一昨年のものだよねーって。
一昨年の検索ワードについて書いた記事かな。
探している人はたぶん、どちらかといえば最近のものを求めているんじゃないかって思う。
でも、ここで提供できる目撃ネタは、一昨年とかその前の年とかのものなんすよ、残念ながらー。

って、しばらく寂しく思っていたので、はりきって更新だー。
フィルメックスには、去年もいらしていたらしいけど、私は見かけなかったもので。
というわけで、彼の姿を最後に見たのは、一昨年のフィルメックスのシネカノンの会場だったのだ。

単純に生の姿が見たいっていう話なら、トークショーとかシンポジウムとか舞台挨拶とかに行けばいいんだけど、そういう望みは別にないわけで。
同じ目的、同じ映画を観に来たのさーっていうバッタリが嬉しいだけ。

あれから、2年。
ハナちゃんの映画を観て、次のゴバディ映画までにあいた時間に、同じマリオン内のTOHOで 時間がちょうどいい『ゼロの焦点』でも観ようかと思ったの。
そのチケットを下のチケ売り場に買いに行こうと思ったの。
そうしたら、さりげなくさりげなく、にしじーハッケン。
お痩せになっていたので、すぐにわからず、似てる人かと思ったんだけど。
いや、フィルメックスなんだから、ご本人よね。わーい。

にしじーの姿を見て、「そーいやー、これから見る『ゼロの焦点』に彼は出ていらっしゃるんじゃん。」ってことを思い出したのだった。(すっかり忘れてた。)
きゃー、さっきこの界隈にいた人が今度はスクリーンに登場したよーって、映画のストーリーとは違うテンションでゼロ焦を鑑賞。

別の日のスリランカ映画の時にもシネカノンにいらしてました。
ちらしを物色するあなたには大いなる親近感。
フレンチ・カンカンではたぶん泣いてない私は、お友達にはなれないみたいだけれどー。

でも、とにかく、あれですよ。
こういうアート系の極みってな独創的な映画を観に来てくれていることが、同志よって感じで私は嬉しいわけだ。
『2012』を観に来たっていうんじゃなくて、スリランカ映画だもん。
夜遅くまでのフィルメックスの連続鑑賞に疲労している時、それで何だかちょっと元気になれたりして。
映画を愛する思いを共有できたかのようで。
そう、映画を観るのだー。

ユーロとかヴェーラとかアテネとか日仏とかではとんとだけど。
有楽町であいましょうー。

2007のにしじのフィルメックス
2005のにしじのフィルメックス

追記(2010.1.29)

そんな思い出のシネカノン有楽町が閉館してしまいました。
ワイズポリシー、ムービーアイ、そしてシネカノンという良作を手がけてきた配給会社までが。
まったくもってピンチです。
「西島秀俊 目撃」と検索している場合でなく、単館系映画を観に行きましょうー。

[PR]
by CaeRu_noix | 2009-12-02 23:59 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/10540047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『春風沈酔の夜』(スプリング・... PageTop -2009年11月のしねまとめ- >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon