かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『マイマイ新子と千年の魔法』
2009年 12月 13日 |
心の中を清流が流れるよ。映画館で体感すべし。

昭和30年代の山口県防府市で暮らす小学3年生の新子。ある日、東京からの転校生貴伊子がやってくる。
芥川賞作家、髙樹のぶ子の自伝小説が原作。



たくさんありすぎるアニメ映画をいちいち全部は観ていられないので、この手のタイプのものは公開時にはノーチェック。と、そこに聞えてきたの本作に対する力強い大絶賛の声の数々。これは映画好きとして見逃しちゃいけないのかもと察知して、いそいそと観に行ったのだった。ジャパニメーションは得てして人物の絵が好みじゃないから、自分の心の琴線にふれるものは少ないんだけど。いくつかの宮崎アニメがそうであるように、本作もまた人物の絵の好み具合なんてほとんど気にはならないほど、この物語世界/世界観にぐわしっと心をつかまれてしまった。カールじいさんでは涙はこぼれなかったのに、これはもうたまらなく、とめどなくナミダがあふれてしまった。

そもそも少女ものはツボなのだ。それも大自然の中を無邪気に跳びはねるオテンバイタズラ大好きカケッコスキップ大好きな空想少女だなんて。日本映画ではなかなかお目にかかれなかった麦畑にキューン。主人公新子が、視界いっぱいに広がる美しい麦畑を、水面がキラキラと輝く川べりを、ヒューンと駆け抜ける描写が映画的に素晴らしくいいの。なんてさわやかですがすがしい疾走感なんだろう。新子のわかめちゃんカットがちと気に入らないなんて思ったのもつかの間、大らかに元気で新子ちゃんの魅力にすっかりとハマってしまったのだった。皆から敬遠されていたお上品な転校生のきいこちゃんと、キャラクターは正反対の新子が心を通わせて、仲良しになっていくという展開も私の心を大きく揺さぶるの。二人の交流が始まったあたりから涙腺はゆるゆる。

こんなにものどかで雄大な景色の中で遊びまわった経験はないけれど、子どもの頃は仲良しの友達と川原で遊んだり、空想ごっこをしたり、自分たちの世界の中で数々の冒険をした思い出はあるから、懐かしさでいっぱいになる。懐かしいのと同時に、子ども時代の自分より、或いは現代社会を生きる多くの子ども達より、格段に寛容で伸び伸びと自由な精神をもっている新子にあこがれの思いすら抱く。きいこが笑顔を見せてくれるようになるのはそれはもう嬉しくて、きいこが新子とお友達になれて本当によかったなぁって。新子の気持ちになったり、きいこの気持ちになったり、時には保護者の視線で、彼女たちから見れば未来を生きている人間の目線で、そこにあるキラキラに胸をうたれるの。

実写ハリウッド映画、邦画大作もしかり、ディズニーアニメも宮崎アニメも音楽が過剰に主張しすぎだと感じられることが多いのをいつも残念に思っていたのだけど、本作の音楽は透明感があって軽やかに弾む感触があってとてもよかったな。水のイメージそのままに、雄大な自然の中で戯れる空想少女たちの生命感に呼応。マイナスイオンが出てくる感じというか、そこに精霊が宿る感じというか、脳にアルファ波が増加する感じ。新宿ピカデリーの音響でズンズン心に響く。メロディのある音楽ばかりでなく、夜の屋外で、虫の音や蛙の声によって盛大な大合唱もまたリアリティ満点で素晴らしかった。CGアニメの質感とは異なる映像、自然描写のやわらかさにも和やかな気持ちになれるのだ。青空の一部分にやわらかに広がる光線がとても美しくてリアルで、その丁寧な仕事ぶりを実感。

千年とは何のことかと思いきや、清少納言の登場にもまた嬉しくなった。世の中は大きく変わっていくけれど、清少納言も新子たちも私たちも、をかしと感じる感性・感受性は同じなんだよね。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-12-13 10:30 | CINEMAレヴュー | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/10553755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2009-12-27 05:26
タイトル : [映画『マイマイ新子と千年の魔法』を観た(少女万歳!^^..
☆休みがないと言いつつも、本日は雨で現場作業は中止、現場監督の私は、事務所に数時間、顔を出すだけでOKの日だった。  故に、夜勤前にMOVIX昭島に行き、『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。    ◇  全くノーマークの作品であったが、そして、それほどに派手さのない物語であったが、終盤には、昭和三十年代の奔放な女の子の日常の断片が、私の心に蓄積されていき、私は涙を流してしまった。  良作である。  イメージ的には、女の子同士の『スタンド・バイ・ミー』的でもあり、ゲーム『僕の夏休み2』風で...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-07-29 10:52
タイトル : マイマイのしあわせ
「しあわせの隠れ場所」 「マイマイ新子と千年の魔法」 ... more
Commented by ゆうこ at 2009-12-14 10:45 x
劇中の音楽、素敵でしたよねぇ。
思わずサントラCD購入してしまいました。
ヘビロで聞きながら、映画を思い出してます。
Commented by CaeRu_noix at 2009-12-14 22:35
ゆうこさん♪
コメントありがとうございます。
音楽、よかったですよねー。
日本のアニメの音楽がいいって思えたのは久々です。
光や風や水のイメージがそのまま音になった感じでとても心地よく。
サントラよいですね。聴くたびに心洗われそうです。
音楽を聴くと、麦畑が頭の中に広がりそうですねー。
<< 「スペイン映画祭2009」 鑑賞メモ PageTop 12月12日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon