かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
12月23、26日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 12月 25日 |
めりくり。らすとすぱ。



今回は年始の休みが短くて悲しいのであります。
というわけで冬休み中はそんなに観られないかなぁ。
出来る限りがんばりましょうー。とりこぼすなよっ。


ロジャー・エバートが選んだ2009年ベスト。

・メインストリームベスト10(順不同)。

「バッド・ルーテナント」(ベルナー・ヘルツォーク監督)
「クレイジー・ハート(原題)」(スコット・クーパー監督)
「アン・エデュケーション(原題)」(ロネ・シェルフィグ監督)
「ハート・ロッカー」(キャスリン・ビグロー監督)
「イングロリアス・バスターズ」(クエンティン・タランティーノ監督)
「ノウイング」(アレックス・プロヤス監督)
「プレシャス」(リー・ダニエルズ監督)
「ア・シリアス・マン(原題)」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
「マイレージ、マイライフ」(ジェイソン・ライトマン監督)
「ホワイト・リボン」(ミヒャエル・ハネケ監督)

・インディーズ映画ベスト10(順不同)。

「おくりびと」(滝田洋二郎監督)
「ディスグレース(原題)」(スティーブ・ジェイコブス監督)
「エバーラスティング・モーメンツ(原題)」(ヤン・トロエル監督)
「グッバイ・ソロ」(ラミン・バーラニ監督)
「ジュリア(原題)」(エリック・ゾンカ監督)
「静かな光」(カルロス・レイガダス監督)*
「闇の列車、光の旅」(ケイリー・フクナガ監督)
「スキン(原題)」(アンソニー・ファビアン監督)
「トラッカー(原題)」(ジェームズ・モッターン監督)
「愛おしき隣人」(ロイ・アンダーソン監督)*

ここに出たやつ全部配給してくれくれー。


さて、

トーゼンミルミルー

ずっとあなたを愛してる (ロングライド)/銀座テアトルシネマ

フランスの小説家フィリップ・クローデルの長編監督デビュー作。

海角七号/君想う、国境の南 (ザジフィルム)/シネスイッチ銀座

台湾で大ヒットした話題作。日本人も登場。

ヴィクトリア女王 世紀の愛 (GAGA)/ル・シネマ、シャンテ

出演は、エミリー・ブラント/ルパート・フレンド/ミランダ・リチャードソン/ポール・ベタニー/ジム・ブロードベント
美術衣装が楽しみ。

アバター

トーゼン3D!

-ミルカナ

よなよなペンギン

--ミルカモ

ライブテープ(SPOTTED PRODUCTION)/ 吉祥寺バウスシアター(レイト)

ティンカー・ベルと月の石

---キニナルモノ

◆書の道 (モブキャスト)/K's cinema

◆釣りバカ日誌20 ファイナル


--


「ヌーヴェル・ヴァーグの50年」
12月12日(土)~1月8日(金) シネマヴェーラ渋谷
 26(土)「女は女である」「石の微笑」
 27(日)「ミュリエル」「パリところどころ」
 28(月)「美しきセルジュ」「夜と霧」
 29(火)「女は女である」「夜と霧」
 30(水)「美しきセルジュ」「ミュリエル」
 31(木)「パリところどころ」「石の微笑」
1/1(金)  休館
1/2(土)「愛の世紀」「シェルブールの雨傘」
1/3(日)「ゴダールのマリア」「ヒロシマ・モナムール」
1/4(月)「幸福」「10ミニッツ・オールダー イデアの森」
1/5(火)「10ミニッツ・オールダー イデアの森」「愛の世紀」
1/6(水)「幸福」「ゴダールのマリア」
1/7(木)「ヒロシマ・モナムール」「シェルブールの雨傘」
1/8(金)「愛の世紀」「ゴダールのマリア」

 フィルムセンター
「生誕百年 映画女優 田中絹代(2)」
12/25(金)「楢山節考」「少年死刑囚」「月夜の傘」
12/26(土)「お吟さま」「色ざんげ」「銀座化粧」
12/27(日)「お遊さま」「おかあさん」「西鶴一代女」
「映画監督 大島渚」
1/5(火)「月見草」「どんと行こうぜ」「明日の太陽」「愛と希望の街」
1/6(水)「青春残酷物語」「太陽の墓場」「日本の夜と霧」
1/7(木)「飼育」「天草四郎時貞」「東京戦争戦後秘話」
1/8(金)「悦楽」「白昼の通り魔」「忍者武芸帳」
1/9(土)「日本春歌考」「無理心中 日本の夏」「絞死刑」
1/10(日)「帰って来たヨッパライ」「少年」「宵闇せまれば」「新宿泥棒日記」

「シネマ歌舞伎 法界坊」


レベッカ・ホルン展は年内に行きたいのだけどー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-12-25 08:06 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by templeclub at 2009-12-26 19:36 x
町山という映画評論家(?)が、アバターの映像はアイマックスの3Dで観ないと本当の凄さは理解できないし、ストーリーは「ポカホンタス」に「ダンス ウイズ ウルブス」を混ぜた様な物語で、大したことない、なんてTBSラジオで何度も言うので、ナンダカナァ~、と機先を削がれました。
Commented by CaeRu_noix at 2009-12-27 09:56
templeclub さん♪
アバターはやはりアイマックスがいいらしいですねー。
でもわざわざそのために私は出向いてられないので最寄のシネコンの3Dで観ましたよー。
「サタンタンゴ」が見られるなら、首都圏どこへでも出向きますが、アバターには私はそこまではこだわらなくていいかなと。
にしても、町山さんの発言は何度も繰り返すとは、ナンダカナーですね。「アイマックス」で観ればより楽しめる、可能な人はそうすべきだっていうおすすめの仕方をしてくれるのはありがたいと思うけど、理解できないなんて表現しちゃうのはいただけないですね。
これから観る人も多いのに、たいしたことないなんて言ってしまうのもねぇ。
私はラジオを聞いたこともないし、著名人のレヴューなども読まないので、何も知らずに観て、予想外の楽しさがありましたよー。
先に情報が入りすぎちゃうのは良し悪しですが、あまり人の言う事に影響されすぎずに、それぞれに楽しめたらいいですよねー。
<< 2009年12月鑑賞作メモメモ PageTop 『倫敦から来た男』 A Lon... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon