かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2009年☆外国映画myベスト
2009年 12月 31日 |
今年のまとめ 洋画篇



洋画不振な昨今。とりわけミニシアター系、アート系は大ピンチで悲しい限り。
ワイズポリシーのような秀作を手がけてきた配給会社の倒産ニュースは本当にショックでありました。
もはや、普通に配給されている映画だけでは、自分が本当に観たい映画の一握りしか観られないということを実感。
そんなわけで、今年観た洋画は、一般公開新作よりも映画祭や特集上映で観た未公開作、旧作の方が若干本数が多め。
本当のマイベストを出すならば、それらの配給されていない映画も含める必要がある感じなのだけど、ひとまず今日のところは、一般公開作品の中でランキング。
(ただし、来年以降配給されるらしいもの1本と、未公開だけどDVDリリースされたもの1本の映画祭上映作も入れちゃいました)


-- 2009年外国映画myベスト50 --

第1位 『夏時間の庭』 (オリヴィエ・アサイヤス)d0029596_14344860.jpg
第2位 『ベルサイユの子』 (ピエール・ショレール)
第3位 『シングル・マン』 (トム・フォード){TIFFにて}
4位 『イングロリアス・バスターズ』 (クエンティン・タランティーノ) 
5位 『リミッツ・オブ・コントロール』
6位 『美しいひと』 (クリストフ・オノレ)(フランス映画祭にて→DVDリリース)
7位 『スラムドッグ$ミリオネア』 (ダニー・ボイル)
8位 『扉をたたく人』 (トム・マッカーシー)
9位 『ミルク』 (ガス・ヴァン・サント)
10位 『バーダー・マインホフ 理想の果てに』 (ウーリー・エデル)
11位 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』 (エミール・クストリッツァ)
12位 『マン・オン・ワイヤー』 (ジェームズ・マーシュ)
13位 『アニエスの浜辺』 (アニエス・ヴァルダ)
14位 『ボヴァリー夫人』 (アレクサンドル・ソクーロフ)
15位  『チェ 28歳の革命』
16位 『チェ 39歳別れの手紙』
(スティーヴン・ソダーバーグ)
17位 『シリアの花嫁』 (エラン・リクリス)
18位 『そして、私たちは愛に帰る』 (08公開)(ファティ・アキン)
19位 『キャラメル』  (ナディーン・ラバキー)
20位 『ロルナの祈り』  (ダルデンヌ)
21位 『ワルキューレ』
22位 『カティンの森』
23位 『3時10分、決断のとき』
24位 『エレジー』
25位 『屋根裏のポムネンカ』
26位 『失われた肌』
27位 『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』
28位 『グラン・トリノ』
29位 『レスラー』
30位 『倫敦から来た男』
31位 『ディズニーネイチャー ― フラミンゴに隠された地球の秘密』
32位 『REPO! レポ』
33位 『レイチェルの結婚』
34位 『誰がため』
35位 『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』
36位 『サンシャイン・クリーニング』
37位 『マルセイユの決着』 (08公開)
38位 『アンダーカヴァー』 (08公開)
39位 『ココ・アヴァン・シャネル』
40位 『パリ・オペラ座のすべて』
41位 『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』
42位 『脳内ニューヨーク』
43位 『フロスト×ニクソン』
44位 『それでも恋するバルセロナ』
45位 『九月に降る風』
46位 『ダイアナの選択』
47位 『マラドーナ』
48位 『彼女の名はサビーヌ』
49位 『ホルテンさんのはじめての冒険』
50位 『インフォーマント!』


アストレとセラドン、子供の情景、クリーン、アンナと過ごした4日間、ジャック・メスリーヌ、戦場でワルツを、は2008年鑑賞。

---
やっぱり今年はアサイヤスという思いが強かったので、上半期の1位を年間1位に。
そして、殺人が描かれる血みどろ映画をあんまり上位に入れ込まない傾向にある私なのに、今回のタランティーノにはやられちゃった感じ。(ヨーロッパ舞台というのもポイントだったかも。)
ホントに順位は適当で、明日になったらまた入れ替えたくなってしまうかもしれないけど。
とりあえず、これで。
では、また来年、映画祭や特集上映鑑賞作を含めた真のマイベストやら、俳優賞等部門賞のセレクトをしたい意向。
ゼロ年代ベストもやりたいんだけど、三ヶ月くらい考えさせてくれーって感じ。

なんだかんだいいながら今年も映画ばっかりばっかり観てきたわけで、洋画配給の不遇はありつつも、個人的には素晴らしき映画にたくさん出逢えましたよー。

ではでは、みなさん、よいお年をー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-12-31 14:34 | 映画年間myベスト | Trackback(21) | Comments(32)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/10614662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from レザボアCATs at 2009-12-31 17:48
タイトル : とらねこのオレアカデミー賞 2009年
今年もベストを決める時期がやって来ました。独断と偏見に基づくベスト10です!自分の好みに忠実に決めたもので、もう一度見たいかどうか、が評価基準になってます。年間ベストが一番言いたいことが詰まっているという。これがやりたくてブログをやっている、とすら言えるの....... more
Tracked from Days of Book.. at 2009-12-31 23:33
タイトル : 2009縲€MY BEST 10
今年もたいして映画を見られなかったけど、自分の楽しみと記憶のためにベスト10をリ... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2010-01-01 21:45
タイトル : 2009年を振り返って・・・
HAPPY NEW YEAR縲・!... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2010-01-01 22:54
タイトル : 2009年Nakajiの映画ランキング
今年も終わりですね。。。 今日はアバターをみてからこのランキングをかこうと思っていたのですが、なんと。。。69本だったので、思わず70本と思い、のだめを再度みてきました さてさて2009年はNakajiの映画館でみたのは、70本ですその中でのランキングで....... more
Tracked from 地球が回ればフィルムも回る at 2010-01-02 23:27
タイトル : 2009年に観た映画ベストテン
あまり深く考えず、個人的に文句なしに面白かったというものを素直にあげてみる。 『ラースと、その彼女』 この手の人形ものが何本も出て来たのは、一体、なんなんだと思いましたが。何も感想を書いてないけど、実は『空気人形』もけっこう面白くて、これまでの是枝監督作品で観たもので一番、好きかもしれない作品だったんだけど。(でも、『空気人形』の感想を書いてないのは、書くとほんとにぐちゃぐちゃなことしか、書けなさそうだったからだ。男を自虐的に描いているところが面白いとか・笑。) 『真心話』 『ベルサイユの子』 ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-01-03 08:28
タイトル : 2009年を振り返って<映画>
さてさて今年も一年の映画の総括の時期になってきました。 今年は例年に比べて良作が... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-01-03 10:25
タイトル : いよいよ発表!2009年私の好きな映画ベスト20☆ミニシ..
お待たせしました!(って誰も待っていないけど。。。。)それでは、ミニシアターで鑑賞した作品、ベスト20を発表します。今回ミニシアターでの鑑賞作品が結構多かったのもあり・・・・こちらは20作品紹介したいと思います。 それではいってみょう ?母なる証明 チェイサーが私の中ではダントツ1位だったのですが・・・・。本作が覆しました。母が子を守るための執念に驚き、震撼しました。韓国映画のレベルの高さに思わず唸る〜〜。 ?チェイサーハ・ジョンウの猟奇的な殺人犯がマジで怖かった。何と監督はこれがデビュー作。...... more
Tracked from Mi cinema log at 2010-01-03 11:19
タイトル : ’09  個人的ベスト10   1~10位
1位 マイケル・ジャクソン THIS IS IT ’09 アメリカ 2回目 1位 映画は映画だ ’08 韓国 2回目 DVD 特典映像 3位 チェ 28歳の革命 ’08 アメリカ・フランス・スペイン      4位 画家と庭師とカンパーニュ ’07 フランス 5位 チェ 39歳 別れの手紙  ’08 アメリカ・フランス・スペイン 6位 私の中のあなた ’08 アメリカ 7位 ミルク ’08 アメリカ 8位 三国志 ’08 中国・...... more
Tracked from tomozoのうれし★た.. at 2010-01-03 15:18
タイトル : 2009年総まとめ
2009年は序盤にかなり仕事が忙しかったのと、夏に入院などしてしまったので、映画の本数は2008年比べると少なめの42本。すごく見たいのに、未だ見のがしている映画も多数あって、心残りなんだけど、「映画館で見る」ことにちょっとこだわった年でもあったかも。 そんなわけで鑑賞本数少なめだけど、 2009年の映画総決算。今年も独自のカテゴリー分けで2008年の映画を... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2010-01-04 00:20
タイトル : 2009年、マイフェイバリットムービー
2009年は映画館・試写会での観賞が全部で91本。 12月の観賞本数失速も手伝って、今年も100本オーバーは達成できず。。。 2010年、今年こそは頑張りたいと思いますー。 ということで、2009年のお気に入り映画を振り返ってみようかなーと。 1.『キャラメル』 なんだかん... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2010-01-04 02:49
タイトル : 2009年ひらりんアカデミー賞 ノミネート編
明けおめでございます・・・ 今年の一発目も、恒例の「ひらりんアカデミー賞」のノミネートから。 2009年は合計220本鑑賞(うち100本が劇場鑑賞)。 その中から厳選した作品・俳優です。... more
Tracked from Spice Cafe -.. at 2010-01-04 13:21
タイトル : 2009年映画ベスト10
新年あけましておめでとうございます。 2009年に見た映画のべスト10を決めてみました。 2009年映画ベスト10 1位  あの日、欲望の大地で 2位  スラムドッグ$ミリオネラ 3... more
Tracked from C note at 2010-01-04 17:14
タイトル : 2009年劇場公開映画☆ベストテン
過去のベストはこちら↓ 2006映画ベスト 2007映画ベスト 2008映画ベス... more
Tracked from 『パパ、だ〜いスキ』と言.. at 2010-01-07 19:35
タイトル : 2009年ブロガーが選んだ映画ベスト10
皆様、あけましておめでとうございます。ブロガーのベスト10を調べるのも今回で6回目。 2008年 ブロガーが選んだ映画ベスト102007年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 2006年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 2005年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 2004年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 今までのブロガーのベスト10に入ってたやつで自分が見てないやつを何本か見たんですが、これが本〜当に面白かった!やっぱりこれ作っててよかったよ〜と自画自賛したうえで、なんとかがんばって調べました。去...... more
Tracked from Swing des Sp.. at 2010-01-08 10:41
タイトル : 2009年映画マイベストテン
新年あけましておめでとうございます。ブログ記事の更新頻度は、おそらく去年と同じようなゆるいペースになるとは思いますが、本年もよろしくお願いいたします。2009年の映画を振り返ってみると、松たか子の主演作品2本のみならず、『空気人形』の劇場公開の際にはペ・....... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2010-01-09 22:47
タイトル : 2009年度 映画マイベストテン
外国映画ベストはグラン・トリノ、日本映画は市川準監督の遺作に... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2010-01-09 22:47
タイトル : ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテン
ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテンを募集しています。現在15のブロガーがエントリー中!! エントリーはこの記事から。映画ブロガーの皆様。お気軽にご参加いただければ幸いです。別にエントリーして何の得もありゃしませんが、10年間の映画を映画好きたちとともに振り返っていってください。... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2010-01-11 16:14
タイトル : 2009年・映画館で観た映画・好きな順
2009年に私が映画館などの大きなスクリーンで観た、初見の映画の「好きな順番」を考えてみました。... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2010-01-13 19:49
タイトル : 決定! 2009バカデミー賞! 幕内編
ちゃんら~ん 太陽系で十名くらいの人が注目してくれている(希望的観測)バカデミー... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-01-14 00:41
タイトル : §2009年マイベスト映画§ 2:欧米映画
2:欧米映画の作品賞・部門賞。... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-01-22 17:41
タイトル : 2009年ベストシネマ15(洋画編)
2009年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、仕方がないでしょうかねぇ(笑) 観たいと惹き付けられる映画が僕的に少なかったことも事実です。 今年はどんな洋画が上映されるのか楽しみにしています〜   ベスト15   ? 『グラン・トリノ』   ? 『THIS IS IT』   ? 『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』   ? 『チェンジリング』   ? 『私の中のあなた』   ? 『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』    ? 『7つの贈り物』...... more
Commented by とらねこ at 2009-12-31 18:02 x
こんばんは。もうすぐ明けましておめでとうございます〜。
お世話になっております。かえるさんは年末をいかがお過ごしでしょうか?
Google日本語入力はものすごく使い易くて、チャカチャカ使用しております。 tab押しtab押し!

今年のベストは、かえるさんとは1本だけカブりました。やはり全く予想のつかないベストでありました・・。そしてかえるさんのベスト10だち、『夏時間の庭』と『美しいひと』と『ベルサイユの子』、3つも見ていないのがショック・・と、例年であれば言いそうなところなのですが。
ツイッターを始めて以来、かえるさんがいかに映画のことばっかり考えているか、マイナー・メジャーともにいかにたくさんの映画をご覧になっているか・・それを目の当たりにしていますので、特にショックを感じずに済むようになってしまいました^^;
今年から、忙しくなってしまう(予定)ですので、あまりかえるさんの後を追うことが難しくなってしまうかと思うのですが、どうぞ今後とも、よろしくお願いしま〜す!そしてまたお暇な時にでも、飲みを付き合ってくださいませ♪
Commented by Nyaggy at 2009-12-31 22:42 x
かえるさん、こんばんは♪
駆け込みで、年内最後のご挨拶に。

『夏時間の庭』が一位なんですね~。
自分のランキングには入れてないものの、私もお気に入りの作品です。
圧倒的に鑑賞数が違うので、もちろん見ていない作品も多いんですが、
個人的なベストも、案外かえるさんの上位に入ってて嬉しいです~。

来年もまた、かえるさんのレビューを楽しみにしています。
これからもよろしくお願い致します。
Commented by シャーロット at 2009-12-31 22:47 x
ゆく年くる年~♪
かえるさんにはいつも引っ張ってもらって感謝しておりまする。
でも今年は全然追っかけられなくて、息切れしてて;
たくさん私は見逃してきたココロの栄養がここにはたくさん載っていて
よだれが出ちゃいましたw
夏時間の庭、ホント良かったですよ~。
私もベスト5に入るかな。でも今年はベスト記事作れるほどではないし、、、
来年はもうちょっとシャーロットモードに戻れたらと思いますぅ。
そうそう、ついったーツブヤキも楽しみにしてますよ♪
また2010年もよろしくお願いしまーす
Commented by mi10kuma at 2010-01-01 20:20
こっちにもあけおめですー。
おおー、やはり私の好みとかなり重なってますねー。かえすがえす「夏時間の庭」「ロルナの祈り」がみられなかったのは残念!「ベルサイユの子」「スラムドッグ」「バーダー」「ウェディング」「チェ」。良かったですよねえ。「カティン」はこれから観賞予定です。来年も素敵なレヴュー楽しみにしてます♪
Commented by templeclub at 2010-01-02 03:22 x
洋画、邦画、のかえるさんのベストテン、私とかなり重なる部分もあって、楽しく読ませていただきました。
邦画では、「やられた!その手があったのか!」的にノックアウトされた「愛のむき出し」(やられた男子、周りに多いです)、外国映画では、大昔にブルース・リーの映画を封切時に観た時の興奮が再来した「チョコレート・ファイター」が、この一年の収穫でした。
’09年に日本公開されるはずだった「ハートロッカー」(米)はいつになるのかな。
一時、全米興業成績第一位に躍り出た「ハングオーバー」は、日本ではいきなりDVDらしいので、ちょっと残念。

心に染みる作品は、なぜかユーロスペースや日仏で出逢う事が多かった’私の09年でした。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-02 20:00
とらねこ さん♪
明けました。昨年はお世話になりましたー。
夏時間、美しいひとなどはとらねこさんのツボ映画じゃないと思うので観なくてよろしいです。w
トランシルヴァニアで見事に1位が一致した年もあったけど、基本的にはやはりとらねこさんと私の映画のツボは違うんですよね。
というのは日々実感しつつも、やはりマン・オン・ワイヤーとかよかった映画がかぶれば嬉しいし、自分の範囲外と思いつつも、マーダーズを見てみたくなるんですよねー。

この2ヶ月のほんの200あまりの呟きに、3年以上のブログ交流より、何時間も飲みながらしゃべったことより、印象付けるものがあったというようなくだりはちと哀しい悲しいような気もしますし、つぶやいたことが私の行動/考えていることのすべてではないのよーとも言いたいのですが、まぁ実際映画のことばかり考えているのは事実だしな。
頭の中は飽和状態になり、でも時間がなくてブログの記事にもできないことなんかを、ちょっとしたコメントのやりとりやつぶやきや、飲みながらのお話で放出することができるのは貴重な機会です。
とことん飲んでくれる女友達というのもとても貴重。w
こちらこそ、今年もよろしく。おつき合いくださいませー
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-02 23:35
Nyaggy さん♪
お正月いかがお過ごしでしょうかー。
今年もよろしくお願いします。
『夏時間』も気に入ってもらえて嬉しいですー。
私のベストにはNyaggy さんがご覧になっていないものもあれこれ含まれているのかもしれませんが、Nyaggy さんのベストはモレなく私のお気に入りばかりって感じで嬉しいです。
映画生活は衰えずなのですが、ブログ活動はちょっと減速気味で、以前ほどにむやみにコメント(TBはもっとどうでもいい)し合う気力がなくって、ただここぞという自分のお気に入り作品についてだけ、その感動を共有できれば充分って思うのです。
というわけで、好みの合うことはとても嬉しいのです。
自分にとて、これという映画についてはちゃんとレヴューを書きたいなぁと。
こちらこそ、今後ともよろしくですー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-02 23:50
シリキ さん♪
おめー。今年もよろしくお願いします。
ベストにかぶっている映画が多くて嬉しいですー。
シリキさんといえば、まずは英国なのだけど、フランス映画もヒットしてくれたのはなにより。
ポピュラーなあたりでも、フィルなあたりでも、ちいともタイトルが挙がっていない「バーダーマインホフ」の名前などを出してもらえると俄然嬉しいし。
みんなが上げてるイーストウッド作なんかもそりゃあいいんだけど、そういうタイトルでお話ができるってホントにウキウキ。
今年もまたよい映画に出会えるといいですねー。
その感銘を共有できたらなお嬉しいです。
お互いがんばりましょう。ありがとうございますー
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-02 23:57
templeclub さん♪
明けましておめでとうございます。
おお、そうですか。ベスト、かなり重なってますかー!
templeclub さんのベストはどこかで公開されてはいないのでしょうか?
気になりますー。
『愛のむきだし』はインパクトありましたよねー。すごかった。
漫画や小説の映画化作品が主流の邦画界でこういうオリジナルな映画が作られるっていいですよね。
園子温監督はさすがです。
『チョコレート・ファイター』も素晴らしいアクション映画でしたよね。
アクションシーンに退屈になりがちな私も彼女の本物のファイトシーンには魅入っちゃいました。
『ハート・ロッカー』は今年3月6日に公開されるようです。楽しみですねー。
私、『ハートブルー』が好きだったんですが。
そうそう、ユーロスペース上映作は気に入るものが私も多いです。イメフォなども。
去年の日仏の特集上映には格別に気に入った映画がいくつもありましたよー。
今年も期待大ですよねー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-02 23:59
シャーロットさん♪
くるくるくるくる年~。
今年は映画以外でお忙しい日々だったようでー。
映画祭の友、ヨーロッパ映画好きの友のひとりであるシャーさんが不在がちだったのは寂しかったですけれど、完全にそっぽを向いちゃったわけでなく、タヒチの傍ら、アキンやツァイ・ミンリャンにかけつけてもらえてよかったですー。
映画はその時観なくてもまた観る機会はある・・・といいいつつ、やっぱり旬なものもあるし、次々と新しいものも生み出されているわけなので、どうか興味を持続していただけたら嬉しいですー。
ぜひぜひ来年はより多くの映画に共鳴したいものですー。
ブログの記事は時間と気力体力がないと書けないんだけど、ツブやっきーは手軽なのがいいっすね。
iPhoneの操作性がもうちょっともうちょっと・・・なんだけど。
手際のいい方法、アプリなどあったら教えてくださーい。
どうぞよろしくお願いしますー。
Commented by acine at 2010-01-03 11:17
かえるさん 明けましておめでとうございます!

おぉ~!凄い!50位まで出されてるなんて・・・!
いつもそのエネルギッシュな映画愛に感心しきりです♪
”夏時間の庭”私も、どうしよう?!と思いながら、結局
見過ごしてしまったんですよ~。かえるさんが1位に挙げられてる
んだったら、やっぱり私も見れば良かったな~と後悔!
そして、”スラムドッグ”と”ミルク”2作、ベスト10カブってます♪
嬉しいな~!
今年はどこか好みがカブるリンク先の方の中でも、けっこうベストが
分かれて、1作しかカブらない・・・というパターンが多かったのですよ~。
チェ・・・は39歳もエンディングなど圧巻なんだけど、映画としては
瑞々しい28歳の方が私も好みでした。
”リミッツ・・・”はやっと来週見れそうです♪ 楽しみ~!

最後になりましたが、今年もかえるさんの偉大な映画愛
楽しみにしております♪ そしてよろしくお願い致します~!
Commented by tomozo at 2010-01-03 15:17 x
あけましておめでとうございます♪

すごいですね〜、ベスト50!
私なんか全部列記しても足りないぞ(笑)。
こうやって、かえるさんのベストを見ると、
映画館に走りたくなります!
(走っても公開してないけど^^;)
「ベルサイユの子」はほんとに見にいきたかったんです!(涙)

去年より、見逃して悔しい映画が多いということは、
2009年は案外良作揃いだったのかも知れないですね。

今年も良い映画に出会いたいですね〜。

よろしくお願いいたします。


Commented by mezzotint at 2010-01-04 00:23 x
かえるさん
今晩は☆彡
TB&コメントありがとうございました!私も頑張ってマイナー単館系作品紹介したいと思います。そういえばつい最近もバグダッドカフェ情報を、あるブロガーさんに紹介したところです。そういう感じで作品情報を紹介することで、きっと単館系マイナー作品の存在も知られるんじゃないかなあと思いました。今年もそういう作品をバンバン観て、紹介したいですね。
またかえるさんのブログにも頻繁にお邪魔するつもりですので。。。。。
宜しくお願い致します<(_ _)>
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 01:20
acine さん♪
あけましておめでとうございます。
いや、いつももっといっぱいランキングしてるんだけど、2009年は新作洋画の分母がやや減ったので、50位までにとどめておきました。
本当は4ツ星以上のものは全部タイトルあげたいんだけどー。
『夏時間の庭』は人によってはやや薄めな大したお話じゃないタイプなのかもしれないけれど、ワタシにとっては限りなく完璧に近い理想的な逸品でした。
庭師が高評価だったacine さんならいけるかも。
アカデミー賞を制したスラムドッグなんだけど、巷ではやはりイーストウッドなんかの方が好評な感じですよね。
ダニー・ボイル×インドなんてサイコーなのに。
そして、ずいぶん前に観たものゆえ、不利であるはずなのに、チェの素晴らしい印象は色濃くて。
そのあたりを共鳴できて私も嬉しいですー。
ありがとうございます。
あれやこれやの愛の欠乏を感じる私ですが、とりあえず映画愛は健在です。
今年もよろしくお願いしまーす。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 01:30
tomozo さん♪
あけましておめでとうございまーす。
いやー欲張りですみません。
普通はもっと厳選するのかなと思いますけど、気になったものはほとんど劇場体験したくなるという・・・
それでも、たぶん観たかったもの全てでもないんですよね。
「ベルサイユの子」はねぇ、夜の闇をとらえたカメラが素晴らしいので、スクリーンでご覧いただきたかったですわん。
代わりに、私が二度観に行ってみましたー。
良作揃いだったと思いますよー。
(不作だったことなんて、ありゃしないのに、最近面白い映画がないなんて言う人、たまにいますよね。
あなたの映画の選び方と、感受性・感性の問題デス!って感じなんだけど。)
今年も映画祭などに足を運んで、素晴らしき映画を観ていきましょうねー。
よろしくお願いします。
Commented by ★しんぽん★ at 2010-01-04 13:36 x
かえるさん、明けましておめでとうございますー。
コメントありがとうございましたー。
今年もよろしくお願いしますー。
50位まであげられるなんて、それだけ鑑賞されてるってことですもんねー。すごいですー。
自分も今年こそはもうちょっと鑑賞本数増やしていきたいなーと思ってみたり。
『シングル・マン』が3位なのが嬉しいですー。
Commented by kenko at 2010-01-04 17:13 x
きたー!かえるさんのベスト50☆
一昨年はもっと知らないタイトルもあったような気もするのに
今回のは私も観てる映画とか、観ようと思って見逃した映画とか
聞いたことあるタイトルもけっこうあって嬉しいです!(←レベル低い)
ベスト10作の中では1作だけカブってます♪
そして35位ヘルボがキラキラと輝いて見える(笑)

かえるさん、今年も時々お話していただけると嬉しいです。
3ヶ月後のゼロ年代も楽しみにしております!
Commented by kazupon at 2010-01-04 19:23 x
かえるさん

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
どうもまたまたTBできないようなんでまた後ほど!
いやいや挙げられてる映画の数パーセントしか観れてないです。
ほとんどミニシアターにも行けず・・この映画群の中でイングロを
置いてくださってるのもなんか嬉しいです(笑)そういえば
映画館主役のマギー・チャンのシーンって完全にカットされた
んですよね。アサイヤスさんがんばってる一方。観客に想像して★から
DVDにも入れない!ってタラちゃん言ってるらしいですよ。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 23:10
mezzotint さん♪
再訪ありがとうございますー。
そこらじゅうで宣伝されている大作はみんなが知っているのだから、一ブロガーの力なんてないに等しいですけど、低予算のマイナーものに関しては、ブログの記事によって誰かの興味を引くというのは、いくらか意義があることだと思うのですよね。
なので、話題性はないけれどよい単館作品に出逢ったら、声を大にして紹介してくださいませー。
バグダッド・カフェは今回のこちらの上映では大盛況でしたよー。
そんなふうに、かつてのミニシアター系黄金時代のヒット作のことを知っている人はリバイバルに足を運んだりするんでしょうけど、そういう系に関わらずにきている映画ファンというのもいるのかもしれませんよね。
というわけで普及・布教活動よろしくです。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 23:16
★しんぽん★ さん♪
あけましておめでとうございます。
こちらこそありがとうございますー。
50位までに絞るのも心苦しいほどにステキな映画にいっぱい出逢えましたよー。
イマイチなものが多かったらあえてこんなには観なくていいと思うのですけど、楽しめる映画がとても多いので、欲張ってしまっていますー。
多ければいいっていうもんじゃないですけど、自分の好みがわかってきたり、感受性がぱわーあっぷしたり、増やしたなりによくなる部分もあるので、物理的に可能ならば是非ー。
『シングル・マン』のステキさを分かち合えて嬉しいですー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-05 00:51
kenko さん♪
キタキター
ふふふ。かぶってよかった。
何十本、何百本観ようとも今回のタラちゃんは格別ですよねー。
思えば、去年のダークナイトなどは、観た時はすんごい面白かったんだけど、時間が経つと、ま、アメコミは他の人にまかせよう・・・という感じになったのでした。
けど、タランティーノのは思い起こすほどに探究心がわいちゃう映画なんすよねー。
で、アメコミじゃーんとはいえ、人まかせにはできないきらきらヘルボ。
だって、クリーチャー、キャラが魅力的なんだもーん。
どっちかといえば非エンタメ系を軸に置いている私なんだけど、オタク監督の手がけた世界にはがっつり心掴まれちゃうんですよねー。
そんなオタク魂に共鳴しちゃうあたり、今年も語らいましょうねー。
よろしくお願いしまーす。
kenkoさんのゼロ年代ベストはまだ見ていないのだけど、さてさてどうしようー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-05 01:01
kazupon さん♪
あけましておめでとうございまーす。
ミニシアターに足を運んでもらえないのは残念でありますが、2009年はダニー・ボイルの映画がシネコンで観られたりしましたからねー。
多くはないながら、ここぞといういくつかの映画の素晴らしさを共有できてよかったですー。
イングロあっての2009年ですよねー。
はい、マギー・チャンの出演シーンがなくなったというのはホント寂しかったですー。
せっかく久しぶりに会えると思ったのに。
『クリーン』は一応、遅れて今年が劇場公開ってカンジなんですけどね。
アサイヤスの夏時間はアメリカの批評家協会賞などに好評で嬉しいです。
マギーの役柄のことは最近、海から始まるさんの記事で読んじゃった・・・。
ステキなシーンがイメージできるだけに甚だざんねン。

今年もよろしくお願いします。
Commented by Minita at 2010-01-07 12:53 x
かえるさん、今年もよろしくお願いいたします♪

さすがの充実した50本。壮観です~。私が見たのは30本程度かな。
TBは飛ばせなかったのですが、私のベスト12(中途半端!)も
ほぼかえるさんのリストの中にはいっていてちょっと嬉しかったり♪

私は「夏時間の庭」は、お婆さんが亡くなった後、いまどきのギャルである孫が、実はその想いを引き継いでいて、庭で泣くラストシーンにじーんときました。
オルセー美術館が全面協力したという美術品の数々も素敵でしたねー。
ルーブル美術館がツァイ・ミンリャン監督に制作を依頼した「ヴィザージュ」も素晴らしかったし、芸術の国の貫禄。
最近少しずつアーティスティックな映画も好きになってきたので、
今年もいろいろかえるさんのお勧め作品を見たいと思っています~!
また、美味しいお酒を飲みにいきましょう!
Commented by aq99 at 2010-01-07 19:31 x
あけましておめでとうございます。今年も、ブロガーのベスト10を作りました。当然の結果ですが、よろしくご覧下さいませ~。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-08 01:23
Minita さん♪
ことしよろし。
(ことよろが苦手とのことなので、これなら!?)
30本ご覧いただいているとは嬉しいですー。
鑑賞作は常々かなりかぶってましたもんね。
こないだ話した通り、私はどうもジャンル映画はそんなに好きじゃなく、一般的に評価されがちな、血と暴力と殺しにあふれた映画をどうも感覚的に、心底好きになりきれないタチらしく、鑑賞時は感動に打ちひしがれたイーストウッド作品なんかも、なんとなく順位が下がっちゃうんですよね。
で、そうなの、悲劇をもあえてユーモアをもって軽やかに描く、潜水服みたいな映画がいっとう好みなんです。
夏時間のエンディングはサイッコー大好きです。
ツァイ・ミンリャンのようなヘンタイ的個性派監督にあんなに豪華な映画を撮らせちちゃうフランスのおおらかさには心底感動しちゃいます。
ふっふっふ。アート系に寄っていただき嬉しいですー。
でも、ホント、Minitaさんとは好みは結構近いと思うので、おすすめがあったら、じゃんじゃんアピールいたしますー。
ぜひぜひ、映画話を肴に美味しいお酒もご一緒しましょうー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-08 01:32
aq99 さん♪
あけましておめでとうございます。
毎年ありがとうございます。
継続されているなんて素晴らしいですねー。どれどれー
Commented by 丞相 at 2010-01-08 10:40 x
明けましておめでとうございます。
2009年は、特集上映を含めて、オリヴィエ・アサイヤスの作品が
立て続けに公開されたのが収穫でしたね。
といっても、私は『夏時間の庭』と『クリーン』しか見ていないのですが…。
『夏時間の庭』は、同じくオルセー美術館がバックアップした
『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』とテイストが似ていて、
私もかなり満足できました。『夏時間の庭』の作中にさりげなく登場した
美術品について知りたくて、DVDも買ったほどです。
オリヴィエ・アサイヤスは、まだ『感傷的な運命』が劇場未公開なので、
去年の勢いに乗じて、今年に劇場公開されることを願っています。

ほか、私も10位に『バーダー・マインホフ』を入れたのですが、
作品自体の内容と、ムービーアイの倒産のニュースを合わせて、
いろいろと印象深い作品でした。
去年の事業仕分けで、東京国際映画祭の予算も削られてしまったりして、
映画をとりまく環境はいろいろと厳しいものがあるものの、
引き続き良い作品をひとつでも多くしてほしいですね。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-09 00:57
丞相 さん♪
おめでとうございまーす。
今年もよろしくお願いします。
2009年はアサイヤスに惚れ直しまくった年となりました。
DVDを買われたなんて素晴らしいー。
あの美術品の一つ一つに惹かれましたよねー。
そう、2008年のベストがレッドバルーンだった私は、2009年に同じ美術館企画ものの夏時間がTOPに。
この手のものがどうも好きらしいです。
フィルメックスで上映されたツァイ・ミンリャンのルーブル美術館ものもよかったし。
リミッツ・オブしかり、映画に登場する美術館という空間っていいですよねー。
『感傷的~』はベアールなのに何故配給されなかったんでしょうねぇ。

『バーダー・マインホフ』は本当に思い出深いです。
こんなに手応えのある映画なのに、シネマライズなのになんでこんなにすいているんだという状態で観て、すぐ後にムービーアイの衝撃。
せっかくの映画が結局は東京以外では上映されなかったんですっけ?
本当にゾッとしてしまうほどにある系統の映画は大ピンチですよね。
厳しい状況ではあるけど、不遇に抗う力もないわけじゃないし、私たちは変わらずより一層、素晴らしい映画との出会いを求めていきたいですねー。
Commented by SGA屋伍一 at 2010-01-13 19:47 x
いまごろぬけぬけとあいさつに来ました
わたしの普段の行動範囲(小田原市~沼津市)でかかったものは、上位五十本の中ではちょうど半分くらいでした。これがもうちょい西の静岡市とか浜松市だと、もっと環境いいのですけど
ちなみに『夏時間の庭』はかかってましたよ

かえるさんのベストで特に思い入れが深いのは、『スラムドッグ』『マン・オン・ワイヤー』『ポムネンカ』『ヘルボーイ』『グラントリノ』あたりでしょうか

観たかったんだけど都合がつかなくて泣いたのは『3時10分、決断の時』ですね。そちらには含まれてないけど『映画は映画だ』も観たかったな。男同士の切磋琢磨ものに弱いということで

Commented by CaeRu_noix at 2010-01-14 01:13
SGA屋伍一 さん♪
ことしよろし。
今日どうしてもこの記事にコメントしたくなったというなら、それはそれでいいのですけど、コメント返しの義理とかそういうのだったら、全くもって不要ですので、よろしくです。
もう三日早ければ、ゆるりとレスできたのですが、なぜ水曜。w
とりあえず半分くらいはかかっていてよかったです。
それとも半分しかかからないなんてがっかりです、と言うべきなのかよくわからないが・・・。
SGA屋さん、定期的に東京に映画鑑賞にいらっしゃるのなら、去年はバーダーマインホフをご覧いただきたかったですよ。
これは東京でしかかからなかった貴重な上映でしたもの。
『マン・オン・ワイヤー』は静岡では上映されたのでしょうか。
『ポムネンカ』はあんまり全国展開しなかったのかな・・・。
『3時10分、決断の時』は劇場鑑賞していただきたかったです。残念。
あれは新宿ピカデリー上映だったから、逆にミニシアターより上映期間や回数が少なくなるのが難点でしたね。
今年は、これこそ、東京で観るべきというのを厳選して、また東へ西へおでかけくださいましー。
Commented by SGA屋伍一 at 2010-01-17 21:14 x
『バーダー・マイン保父』はなんか難しそうな感じだったのでついスルーしてしまったのですが、惜しいことをしたかしら。あのころシネマライスでは同時期に『蟹工船』がかかってて、「ずいぶん政治くさい劇場になっちゃったなあ」なんて思ったものでした

『マン・オン・ワイヤー』はわたしが見た数ヵ月後に静岡東部でもかかりやがりました。でもいいのです。あれはテアトルタイムズスクエアへのお別れのつもりで観にいったので

わたしが見た限りユーロスペースさんでかかるものはあんましこちらには来てくれませんね。つーわけで、ポムネンカは都まで足を運んで正解でした。うーん、でももう一回見たいなー。新ピカさんでやるマイナー作品も来ない感じですね

というわけで、今年もミニシアター系の情報いろいろあてにしてます。よろしく
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-18 01:12
SGA屋伍一 さん♪
おしいことをしました。
私の主観では、SGA屋さんの東京鑑賞映画のセレクトが若干間違っている気がするんです。w
話題な映画より、自分にとって価値のある映画をご覧よーって思うこともあるのだけど、東京大阪なネット上の友人と共通の話題をもつことも大事なのかもしれませんしね。
SGA屋さんのよく言う、「真面目」とか「難しい」とかが、わたし的にはどうもピンとこないのですが、そういう意味では、政治的な題材のものはみんな敬遠しなくちゃいけなくなるのでもったいないです。
私は知らなかったことを映画で知り得ることによろこびを感じる方なのですが・・・。

『マン・オン~』は私もテアトルタイムズで観られてよかったですー。

そうですね。ユーロのはあんまり全国展開しないかも。
イメフォ、アンジェリカなども。
いわゆるミニシアター系の中にも王様のブランチに取り上げられ話題になるものと、人知れずなものがありますからね。
話題性に左右されずに、ぜひとも宝物を見つけてくださいましー。

マイマイ新子は今、小さな劇場でやっているので今日も満席でしたって。
コララインは飛行機の中でちょっとだけ観ましたよ。スクリーンで観るのが楽しみー
<< 賀正 PageTop 2009年☆日本映画myベスト >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon