かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
賀正
2010年 01月 02日 |
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



飽きもせず今年も映画を観ましょうー。
愛すべき映画たちのことをネット上で、時にはリアルで呑みながら語りましょうー。
ガオーっ

今年の目玉はなんだろう。
『かいじゅうたちのいるところ』、『Dr. パルナサスの鏡』、『アリス・イン・ワンダーランド』なんかのポスターが貼られていて、ミニシアター派の私もシネコンのロビーでワクワクしたり。
賞レースを賑わせている映画の早速の日本公開も楽しみだよね。
まずは、『(500)日のサマー』

アルモドヴァルの『抱擁のかけら』とか、待ち望んだオムニバス『ニューヨーク、アイラブユー』の公開も嬉しい。
『ボーイズ・オン・ザ・ラン』も要チェック。

そうだ、そうそう岩波ホールでは、5月上旬から長老・巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督の『コロンブス 永遠の海』、6月中旬からはカンヌを賑わせたローラン・カンテ監督の『パリ20区、僕たちのクラス』、8月上旬からはセザール賞で7冠の『セラフィーヌ』が公開予定なんだよね。トレビアン!


ええっと、今年の「フランス映画祭」は、3月18日(木)~21日(日)に開催されるもよう。
で、今年の関連企画はアラン・レネ全作上映!
例年通り、ユーロスペースと日仏で上映。
これはちょっと嬉しいっす。
新作も大々的に公開してほしいー。

その前に、ユーロスペースは今月、「ジャック・ロジエのバカンス」という素晴らしい特集が!
真冬の寒さを吹き飛ばすバカンス気分に浸るのが楽しみー。

イメフォのタルコフスキー特集なども是非行かなくちゃ。

ケン・ローチの『エリックを探して』も公開されるらしいし。
フィリップ・ガレルの新作も公開されるらしいし。
『シルビアのいる街で』も公開されるらしいし。
『クリスマス・ストーリー』もようやく?
うーん、ステキだ。


というわけで、今年は寅年。
(鬼のパンツはいいパンツ。強いぞ~♪)

トラで思い出すのは、ちびくろサンボで四匹のトラがぐるぐる回ってバターになっちゃうエピソード。
あれは是非、映画化してほしいよね。
トラがグルグル回ってバターに変わっていく様を最新技術では超迫力いっぱいに映像化できるに違いない。
IMAX-3Dで是非!(アバターの次は、「あ、バター」なカンジで~)

で、トラで思い出す映画といったら、アピチャッポン・ウィーラセタクンの『トロピカル・マラディ』だよね?

『Tropical Malady』は、「Film Comment's 150 Best Films of the decade」 の8位ですよ。
アピチャッポンはあれこれランクイン。

とこういうベストをじーっくり眺めるのが楽しくて。
自分の年間ベストを決めるのって大好きな楽しい作業なのに、今は各紙のゼロ年代ベストに並ぶタイトルを眺めている方がウキウキ。
(maplecat-eve さんメルシー)
Reverse Shot's Best of the Decade
Time Out's top 50 movies of the decade

「海から始まる!!」↓でご紹介いただいているものも参考になるー。
10年間のベスト100! 「ロンドン・タイムズ」
10年間のベスト100 「デイリー・テレグラフ」
ダブリン映画批評家協会が選ぶ10年間のベスト20など

これらを参考に私も自分なりのゼロ年代ベスト選出がしたくてたまらなくなった。
というわけで、3ヶ月くらいかけて、セレクトしてみようかと思います。
誰もゼロ年代という言葉を使わなくなった頃に、ささやかに記事にできたらいいなっ。

と次の目標に向かうので、2009年作品ベストはアレでよしとする。

でも、一般公開作ベスト50と同レベルに気に入った映画の旧作、映画祭上映作のベスト30もあげておくーの巻。
(2009年に初見の劇場鑑賞作。特集上映篇)

SOUL KITCHEN  (ファティ・アキン/ドイツ) 072.gif
Welcome  (フィリップ・リオレ/フランス)
悲しみのミルク  (クラウディア・リョサ/ペルー) 072.gif
ヴィザージュ (ツァイ・ミンリャン/フランス,台湾)
春風沈酔の夜 (ロウ・イエ/中国)
ペルシャ猫を誰も知らない (バフマン・ゴバディ/イラン)
天国の七分間 (オムリ・ギヴォン/イスラエル)
セルアウト! (ヨ・ジュンハン/マレーシア)
メアリーとマックス (アダム・エリオット/オーストラリア) 072.gif
二つのロザリオ (マフムト・ファズル・ジョシュクン/トルコ) 072.gif
キング・オブ・エスケープ (アラン・ギロディ/フランス)
時の彼方へ (エリア・スレイマン )
タレンタイム (ヤスミン・アフマド/マレーシア) 072.gif
夜と霧 (アン・ホイ/香港)
西のエデン (コスタ・ガヴラス)
イル・ディーヴォ (パオロ・ソレンティーノ/イタリア)
ゴモラ  (マッテオ・ガッローネ/イタリア)
キッスをよろしく (エマニュエル・ムレ/フランス)
「イジー・バルタ短編集」 (『謎かけと飴玉』『プロジェクト』『手袋の失われた世界』『最後の盗み』『見捨てられたクラブ』『セルフポートレイト』) 072.gif
囚われの女 (2000/シャンタル・アケルマン/フランス,ベルギー) 072.gif
感傷的な運命 (2000/オリヴィエ・アサイヤス/フランス) 072.gif
8月の終わり、9月の初め (1998/オリヴィエ・アサイヤス/フランス) 072.gif
ワンダ (1971/バーバラ・ローデン/アメリカ)
エリアナ、エリアナ (2002/リリ・リザ/インドネシア) 072.gif
一緒にいて (2005/エリック・クー/シンガポール)
ひとりで生きる (1991/ヴィターリー・カネフスキー/ロシア,フランス)
アレクサンダー大王 (1980/テオ・アンゲロプロス/ギリシャ)
意志の勝利 (1935/レニ・リーフェンシュタール/ドイツ)
フォーエヴァー・モーツァルト (1996/ジャン=リュック・ゴダール)
デカローグ 10話 (1998/クシシュトフ・キエシロフスキ)


おまけで、Jさんの2009年ベスト

1 イングロリアス・バスターズ
2 ワンダ
3 Her Sisters Secrets
4 RR
5 愛のそよ風
6 エッセネ派
7 我が至上の愛
8 わが町わが青春石川さゆり水俣熱唱
9 キング・オブ・エスケープ
10 狼の死刑宣告

3は何??

明日はそうそう、部門賞を。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-01-02 23:19 | 映画ネタあれこれ | Comments(17)
Commented by でぃんぶら at 2010-01-02 23:39 x
明けましておめでとうございます。
そうそう今年、「ジャック・ロジエのバカンス」という素晴らしい特集するんですよね!これは是非行きたいです。フランス映画際は3/18~21ですか、これも行きたいな。
去年はあまり映画館に足を運べなかったので、今年はがっつがっつ行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-03 00:05
でぃんぶら さん♪
おめでとうございます。
「ジャック・ロジエのバカンス」、素晴らしいですよねー。
去年の日仏の特集上映の時、(記事内に勝手にベストをのせた)Jさんという方に「オルエットは観た方がいいよー」って勧められたのですが、その時は上映中止になっていてがっかりしていたところ、今年のこの豪華な特集の知らせが飛び込んできて嬉しかったのでした。
予告を一度観ましたが、ホントに幸せになれました。楽しみですよねー。
フランス映画祭は最近はいまいち盛り上がりにかけるのですが、フランス映画ファンとしてはやはり欠かせないイベントなのです。
今年はがっつがっつと映画館に通ってくださーい。
と、今年からwよろしくお願いしますー。
Commented by でぃんぶら at 2010-01-03 01:07 x
確かにフランス映画祭は盛り下がってきてるような・・・。出来ればフランス映画社のBOW映画祭をやってほしいです。あれは名作がずらりと上映されて素晴らしい。
シネマヴェーラやユーロスペース好きなら、アテネフランセとかは行かれないんですか?あそこも良いのをよく上映してますよね。劣悪環境だけど(笑)
「オルエットの方へ」楽しみだ。必ず観ます。
Commented by mezzotint at 2010-01-03 01:41 x
かえるさん
明けましておめでとうございます!
私も、『(500)日のサマー』、『ニューヨーク、アイラブユー』 楽しみにしています♪『抱擁のかけら』はぺネロぺさんでしたね。
今年も観たい映画が目白押しです。
本年も何とぞ宜しくお願い致します<(_ _)>
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-03 01:46
でぃんぶら さん♪
フランス映画祭は年々豪華さがなくなっている感じで残念なのですー。
いい映画はもちろんあるのですけど、イベントとしてあまりにも寂しい・・・。
いつぞやのBOW映画祭は素晴らしいものでしたね。
そう、またああいう感じのラインナップの映画祭をやってほしいですよね。
アテネフランセにもたまに行きますよー。
自分の行ける日曜が休みなことと、上映環境がよくないというのがあるので行く回数は日仏ほどに精力的には通っていないんですけど、貴重な特集上映の時にはもちろんでかけます。
この記事の中では『エリアナエリアナ』というインドネシア映画がアテネ鑑賞作です。
どうせなら他の劇場で観たいっていう感じなんですけどねー。
ジャック・ロジエは全部観たいですー。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-03 01:52
mezzotint さん♪
今年もよろしくお願いします。
TBの冒頭でちらちら観た限りでは、gooとかTBさかん系ブロガーさんでは100本超えしている人はあまりいない感じで・・・。
そんな中、マイナー単館系もしっかりご覧になって超えているmezzotint さんは頼もしい存在です。
ぜひぜひ今年も多くの人があまり観ていない、マイナー国の映画のことを取り上げてくださーい。
観たい映画を観たいだけ観ましょうー。
あれもこれも楽しみですよねー
Commented by ぺろんぱ at 2010-01-03 11:25 x
明けましておめでとうございます。

『かいじゅうたちのいるところ』、『Dr. パルナサスの鏡』、『(500)日のサマー』は私も気になるところです。といいますか、『Dr. パルナサス・・・』は監督も出演者も非常に魅力的で外せません。(『エネミー・・・』のジョニデはスルーしてしまいました(>_<)、もうファンとは名乗れません、しゅん。)

あとはかえるさんは既に御鑑賞済の『カティンの森』『誰がため』も、京阪神では公開が間近です~。(*^_^*)
今年も実り多い鑑賞年になりますよう、どうぞ宜しくお願い致しますね。
Commented by ぺろんぱ at 2010-01-03 11:42 x
すみません、追記です。
かえるさんの「ゼロ年代ベスト」、凄~く楽しみにしています!
Commented by BC at 2010-01-03 15:59 x
かえるさん、明けましておめでとうございます☆
今年もよろしくお願いしますね♪

某3D大作映画を観に行った時に『アリス・イン・ワンダーランド』の予告編を観ました。
3D向きのファンタジックな作品のような感じでした。

フランス映画祭の日程決まっているのですね。
昨年では大阪では開催されなかったので、今年は大阪でも開催してほしいな。

ケン・ローチの新作も公開されるのですね。

かえるさんのゼロ年代ベスト楽しみにしていますね♪
(私はマイベスト始めたのは某掲示板時代の
2002年からなのでゼロ年代ベストは無理だなぁ~。)
Commented by Yuko at 2010-01-03 21:54 x
明けましておめでとうございます。
「ジャック・ロジエのバカンス」「タルコフスキー特集」見逃さないようにします。
「かういじゅうたちのいるところ」「エリックを探して」「抱擁のかけら」などなど、見たい作品がいっぱい。
今年は映画館にがっつりと通いたいです。
今年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 01:23
ぺろんぱ さん♪
あけましておめでとうございます。
『Dr. パルナサスの鏡』 こんなに話題性いっぱいに製作、公開の運びとなって、ギリアムファンとしては嬉しい限りー。
って、誰が出てるのかあまりわかってないけど、ヒースの姿が見られるんですよね。
エネミーのジョニデもステキでしたよ。
ジョニデといえば、クストリッツァの映画に出演するかもっていうニュースがまた嬉しかったです。
『カティンの森』『誰がため』は重いけれど、手応えのある素晴らしい映画でしたよ。
アバター二回観に行くヒマがあったら、ヨーロッパ映画も見てくれよ、と世の人々には言えないので、ぺろんぱさんが味わってくれることに期待。
めるしー、「ゼロ年代ベスト」も長期計画で少しずつがんばりまーす。
今年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 01:39
BC さん♪
あけましておめでとうございます。
『アリス・イン・ワンダーランド』は予告はお預けにしているのだけど、ポスターだけでわくわくしちゃいます。
そうですね。こういうのが3Dな方がより面白かったかも。

フランス映画祭はいきなり大阪会場がなくなちゃいましたよね。
運営サイドから見たら、合理的な判断だったのかもしれないけど、せっかくの映画祭なのに寂しいですよね。
運営資金がもっと集まれば、もっと大規模にできるのかもしれないのだけど、ここのところは何だか何だかなカンジですよね・・。

これまでいつもケン・ローチ作品を配給しているシネカノンがちょっと元気がないようでどうなることやらと思ってましたが、どうにか配給の運びにはなっているみたいです。

2002年以降の記録があるなら、ゼロ年代ベストいけると思いますよー。
製作年が2000年代のものなはずなので。
結局は今思い浮かぶ印象深い映画を選出するっていうカンジになるのかも。
今年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-04 01:44
Yuko さん♪
あけましておめでとうございます。
「ジャック・ロジエのバカンス」は本当に素晴らしい企画だと思いますので、ぜひぜひ足を運んでくださいー。
「タルコフスキー特集」はどこかでしょっちゅうやっている気もするのだけど、名画座などでは上映回数の少ないことが多いから、今度の特集はじっくり確実に鑑賞するチャンスですよね。
未見の『殺し屋』なども是非観たいですー。
洋画不況ではあるのだけど、それでも楽しみな作品はたっくさんありますよね。
がっつりがっつり通い倒してくださいませー。
今年もよろしくお願いします。
Commented by at 2010-01-04 23:44 x
明けましておめでとうございます。

かえるさんのmyベスト、興味深く拝見しました。それにしても、Film Commentsやロンドン・タイムスのゼロ年代ベスト面白いですね。いつまでも見飽きません。「マルホランド・ドライブ」人気はすごい。

かえるさんのゼロ年代ベスト楽しみにしてます。かえるさんに倣って、私もやってみたくなりました。うーん、やってみようかな。ともあれ、今年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-05 01:09
雄 さん♪
あけましておめでとうございます。
ありがとうございます。
そうなんですよ。ゼロ年代ベスト、見始めるとキリがないですよねー。
こっちにあって、こっちにないものは何だとか、この監督なら他に何かあったんじゃないか・・・とかどんどん気になってしまうんです。
パッと見たカンジは結構似通っているんですけどね。
「マルホランド・ドライブ」は自分だったらそんなに上位にはしないものの、10年のくくりで見ると、すごーく重要な1本であることは確かですよね。
「花様年華」が上位なのは嬉しい。
と、いくらでもあーだこーだ言いたくなります。w
雄 さんのゼロ年代ベストもとーっても興味がありますので、是非やってみてくださーい。
あんまりいろんなのを見ちゃうと自分の思いもゆらぎそう・・・。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Commented by かりおか at 2010-01-07 17:33 x
あけましておめでとうございます、かえるさん!
昨年はあまりたくさん映画が観れませんでした。。。
かえるさんのベストはとても参考になります!
ファティ・アキンの新作も映画祭で上映されてたんですね~。
ファティ・アキン作品は、鑑賞するとその年のベストに入るので、未見作品を観るのも楽しみです。
ゼロ年代ベストもわくわくしますね♪自分で選ぶのは大変そうですが^^;
かえるさんの、楽しみにしてますね!
あまりたくさん訪問できませんでしたが、かえるさんの記事を読むのは楽しいです。今年もよろしくお願いいたします。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-08 01:30
かりおか さん♪
明けましておめでとうございまーす。
ご挨拶にいらしていただきありがとうございます。
そうか、去年は鑑賞数は少なかったのですね。
でも、ロウ・イエ作品などをしっかりご覧いただいてよかったですー。
そうですね。私のベストは、好みがゼンゼン違う人からみたら、首をかしげたくなるような感じかもしれないけど、かりおかさんにはきっときっと共鳴してもらえると思ったりしています。
そうそう、ファティ・アキンの新作はラッキーなことにドイツ映画祭で上映されたんですよね。
これは多くの人が楽しめるタイプなので、一般公開してほしいなーって思います。
本当はオールタイムベストをやりたいって前に思ったんだけど、そのためには昔の名作をもうちっと観なくちゃってのがあって・・・で、ゼロ年代ならば今の私でもいけるかもと思ったのです。
実行しないまま年を越しちゃってゴメンナサイなんですが、アート映画のおすすめセレクトのことも頭の片隅にはあるのですよ・・
そんな私ですが、今年もよろしくお願いします。
<< 2009年myベスト・シネマ ... PageTop 2009年☆外国映画myベスト >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon