かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
1月15、16日の公開映画ちぇーっくなど
2010年 01月 16日 |
寒い日はロメールの陽光のあたたかさを思い出して。



ヌーヴェルヴァーグの長兄、巨匠エリック・ロメール監督が1月11日に逝去されました。ご冥福をお祈りします。メガホンをとるのは『我が至上の愛~アストレとセラドン~』が最後と発表されてはいましたが、まだまだ別のかたちで元気に活動を続けられるのであろうと思っていたので、とても残念です。
でも、とにかくエリック・ロメールの映画に出逢え、活躍中に間に合ってその魅力を大いに感じることができて幸せでした。

それから、映画評論家の双葉十三郎さんも12月に死去されていたと15日に知りました。安らかに。双葉先生はこの生涯でいったい何本の映画をご覧になったのでしょうね。

さ、
トーゼンミルミルー

シャネル&ストラヴィンスキー  /シネスイッチ銀座、ル・シネマ、新宿武蔵野館

『ドーベルマン』のヤン・クーネンがこの題材をどう撮るんだろう。
マッツ・ミケルセン×アナ・ムグラリスっていうのもカッコいい。

かいじゅうたちのいるところ

スパイク・ジョーンズ!

-ミルカナ

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 /シネマライズ

スウェーデン発の傑作ミステリー「ミレニアム」3部作の映画化第1弾。
『歓びを歌にのせて』の人なんだ。

BANDAGE バンデイジ

岩井俊二×小林武史というと見逃せないのだけど、赤西ファン以外にはつらい映画というのはホント?
でも、高良健吾くんとか出てるし。

--ミルカモ

今度は愛妻家

板尾創路の脱獄王 /シアターN渋谷、角川シネマ新宿

---キニナルモノ

ザ・クレイジーズ  シアターN渋谷(レイト)

ジョージ・A・ロメロの初期の傑作。

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実/シネカノン有楽町2丁目、UPLINK X、ポレポレ東中野

水の現状を追った社会派ドキュメンタリー

ホカ----
◆作戦 "The Scam" (エスピーオー)/シネマート六本木
◆ランブリングハート
◆ 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~
----

「World Classics @ CINEMA」

「くるみ割り人形」:1/16~1/22- 新宿バルト9.イクスピアリ

マザー・テレサ映画祭
1月16日(土)→2月14日(日)  東京都写真美術館

「アメリカの偉大なドキュメンタリー映画作家 巨匠 ワイズマンに出会う」
1月9日(土)~1月22日(金)  川崎市アートセンター アルテリオ映像館
 16(土)「BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界」
 17(日)「福祉」
 19(火)「福祉」
 20(水)「病院」
 21(木)「法と秩序」
 22(金)「エッセネ派」

「マヤ・デレン全映画」
1月9日(土)~    シアター・イメージフォーラム 
> ☆マヤ・デレン全映画(7本 合計:87分)
* 『午後の網目』(14分/1943年)
* 『陸地にて』(15分/1944年)
* 『カメラのための振付けの研究』(4分/1945年)
* 『変形された時間での儀礼』(15分/1946年)
* 『暴力についての瞑想』(12分/1948年)
* 『夜の深み』(15分/1952~59年)
* 特別参考上映:『魔女のゆりかご(未完)』(12分/1944年)
22日までが が21:10で、23日からが19:10
  むしろこちらが観たい。

「消えゆく曽根中生!?」
1月9日(土)~1月29日(金) シネマヴェーラ渋谷

「女優・高峰秀子」
    ~2月5日(金)  神保町シアター

「大雷蔵祭」
    ~2月26日(金)    角川シネマ新宿

フィルムセンター では、
「映画監督 大島渚」 1月5日~1月29日(金)
 16(土)「月見草」「日本の夜と霧」「白昼の通り魔」
 17(日)「どんと行こうぜ」「青春残酷物語」「御法度」
 19(火)「太陽の墓場」「忍者武芸帳」「天草四郎時貞」
 20(水)「夏の妹」「白昼の通り魔」「日本春歌考」
 21(木)「日本の夜と霧」「悦楽」「愛のコリーダ」
 22(金)「絞死刑」「少年」「宵闇せまれば」「新宿泥棒日記」
 23(土)「儀式」「明日の太陽」「愛と希望の街」「愛の亡霊」
 ・小ホール
「川喜多かしこ生誕100年記念事業 川喜多賞受賞監督作品選集」
 16(土)「裸の島」「赤い殺意」
 17(日)「炎上」「生きる」
 19(火)「復讐するは我にあり」「山中常盤」
 20(水)「炎上」「おとうと」
 21(木)「家族」「幸福の黄色いハンカチ」
 22(金)「東京流れ者」「ツィゴイネルワイゼン」
 23(土)「山中常盤」「早池峰の賦」

文芸坐の土曜のオールナイトは素晴らしいタイミングで
「エリック・ロメール “四季の物語”」


四季の物語の中では何が好き?っていう話題は永遠なのだー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-01-16 07:57 | 映画週チェック | Comments(4)
Commented by manimani at 2010-01-16 12:54 x
いつも情報集約おつかれさまです。ありがたく参考に。
強いて言うならば16日からカネフスキーアンコール上映がありますね。また観に行きたいのであまり知られてしまうと立ち見?ということになったら困るのですが。
あとウチのブログでかえるさんとこをリンク貼りたいのですがいいですか?いまさらながら。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-16 22:27
manimani さん♪
どもども。
あ、アンコール上映、16日からでしたかー。
で、manimaniさんたら何をご覧になってないんだ?と思ったりしたのですが、そうではなくて再鑑賞にお出かけだったんですね。
それは素晴らしきことです。
大方の人はこないだ観に行かれたと思うので今回は立ち見ということはなかったかと思いますが。
イメフォのタルコフスキー特集はこみますかねぇ?
あ、ということは、今日はマヤ・デレンには行かれなかったんですよね。
鏡の~は観るべきか、感想がききたかったのですがー。

おお、リンク、嬉しいです。どぞどぞ。ありがとうございます。
私の方は、サイドバーにブログリンクは設けていないんですが、リンクのページの方ではmanimaniさんとこのもはってますよー。
Commented by manimani at 2010-01-16 23:27 x
アンコール上映に応えてアンコール観賞なのですw

で、かえるさんとこのリンク集のページをいま初めてみました!(笑)すみません全然気づいていなかったです。ウチのほうにもさっそくリンク貼らせていただきますね〜
ではでは。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-17 01:09
manimani さん♪
アンコールにはアンコール。えらーい。
アンコール・ワット、アンコウ鍋。鮟鱇売る。

マヤ・デレンはハイチに行ってるみたいですね。
映画はいつも現実の出来事とつながる。

myリンク集は協賛を誇示するためじゃなくて、自分が使うためのものなので、気づかなくてもいいのですー。
よろしくお願いしまーす。
<< 『(500)日のサマー』 (5... PageTop 『ずっとあなたを愛してる』 I... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon