かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
3月19、20日の公開映画ちぇーっくなど
2010年 03月 19日 |
ぼんじゅーる。



さてさて、わくわくのフランス映画祭2010が開幕しましたねん。
ジャック・オディアール監督の来日キャンセルは残念ですが、他の皆さんは予定通り来日されたようで。
ジェーン・バーキンは成田からヘリで六本木に来たらしい。
マチューとデプレシャン監督の仲良しぶりを早く見たいものだ。
「AntenneFrance」の画像ギャラリーUst

そんなわけで、私はまずはフランス映画祭参戦。
なので、今週の一般公開作を観るのはちょい後回しになるけれど。

あと、みなとみらい、桜木町駅前に新しいシネコン「横浜ブルク13」がオープン。
新宿のバルト9の仲間なのかな。施設はなかなかいいらしい。
『NO DISTANCE LEFT TO RUN a film about blur』のアンコール上映など。

さて、
トーゼンミルミルー

NINE

だって、豪華ミュージカルだもの。
これ、あーんまり評価されてはいないみたいだけれどね。
フェリーニ作品を引き合いに出したりなんてしないもん。
22日にろっぽんぎで観ちゃおうか。

マイレージ、マイライフ (パラマウント)

ジェイソン・ライトマン!

息もできない (ビターズエンド)/シネマライズ

皆が絶賛の韓国映画。

ウディ・アレンの 夢と犯罪  (アルバトロス)/恵比寿ガーデンシネマ

2007年のものでこれはあんまり評価がよくなかったんだよね。
それでもミルミル。ユアンだし。フィリップ・グラスなんだー。

ブルーノ (クロックワークス)/新宿バルト9

サシャ・バロン・コーエンがゲイのファッション評論家に。

--ミルカモ

狙った恋の落とし方 (非誠勿擾)/キネカ大森(4/16 迄)

これ、スーチーなのに、フォン・シャオガン監督なのに、北海道ロケなのに、全然注目されてなくない?
配給がお馴染みの配給会社じゃないからかなぁ。
北海道を代表する家具・インテリアメーカー・ニトリの子会社ニトリパブリックの配給だそうで。
だから、こなれていないというか、ちらしのコピーやテキストが堅くていただけません。
ハリウッド・ラブコメ定番系の邦題をつけちゃうのも絶対間違っていると思うんだけど。
(映画祭タイトル、『誠実なおつき合いができる方のみ』の方がよろしいのに。)
キネカ大森封切りというのも不思議だ。
でもでも、映画そのものは雰囲気よさげじゃない。
少なくとも風景はステキそうだ。
中国では『レッドクリフ』を超えるメガヒット作だったらしいのに、日本じゃやっと公開で本作の知名度はエイベックスのレックリとは雲泥の差のような・・・。
全ては宣伝なのか??もったいない。



---キニナルモノ

アイガー北壁 

チャンドマニ モンゴル ホーミーの源流へ  /UPLINK X

THEAGE OF STUPID  (ティ・ジョイ)/横浜ブルク13、4/3~新宿バルト9

◆スパイ・アニマル Gフォース

◆ダレン・シャン

ホカ-----
*ちちり  /シネマート六本木
*TEKKEN 鉄拳
* 映画 プリキュアオールスターズDX(デラックス)2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!
-----

*ローカルボーイズ  3月19、20日 /渋谷シアターTSUTAYA

あと、岩波ホールでは、
『抵抗 死刑囚の手記より』が始まり(4/16迄)
必見のロベール・ブレッソン。

「祝★還暦 ラジニカーント」 
3/20(土)~4/9(金) シアター イメージフォーラム
 「チャンドラムキ ~踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター~」
 「ヴィーラ ~踊る!ONE MORE NIGHT~」

「スイートリトルライズ」公開記念 矢崎仁司監督作品1980-2000 IN 新宿
3月13日(土)~4月2日(金)レイトショー K's cinema
--『三月のライオン』を観てきたよ。美しき16ミリフィルム。
その質感がたまらなくよいの。ガラス瓶に反射する光の美しさったら。
矢崎監督の映画は劇場で味わうべきものですよ。
偶然にトークショーをやっていて、矢崎監督&七里圭監督のお話が聴けたのもよかったな。--

「フェリーニ!フェリーニ!」
3月13日(土)~4月2日(金) K's cinema

「ボブ・ディラン・フィルム」
3月13日(土)~ 4月9日(金) シアター・イメージフォーラム

桃まつり presents うそ
3月13日(土)~26日(金)  ユーロスペース(レイト)

「百軒店・シネマ・ウィーク」
3月20日(土)~26日(金)12:00より ユーロスペース

「第1回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」
3月16日(火)~22日(月)  座・高円寺

「三鷹オスカー 一日だけ、復活!! ~35mmフィルム上映会 みたか DE CINEMA~」
3/22(月) 三鷹市芸術文化センター
 「地下室のメロディー」、「いとこ同志」、「死刑台のエレベーター」 
死刑台はチケット完売らしい。でも、今年リバイバル公開するんだよね?

「地球映像フィスティバル」
3月20日(土)~4月16日(金) キネカ大森

ローラン・カンテ特集
3月19日(金)-20日(土) 東京日仏学院

アラン・レネ全作上映
3月20日(土)~26日(金) ユーロスペース

『映画史』 8章、一挙上映
3月23日(火)~27日(土) アテネ・フランセ文化センター

10日間ほどはフランス映画三昧ー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-03-19 07:08 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by mi10kuma at 2010-03-24 23:12
シリキです。高円寺の是枝監督のトークショー行ってきました!ひとりでなく監督セレクトのNHKドキュメンタリの相田ディレクターとの対談という形でしたが。思いがけず収穫だったのは上映作品がとても興味深かったのと、相田さんの話が余りにも面白かったことです。堅物なイメージのNHKにも昔は型破りな作り手がいたのだなあと思いました。あ、勿論是枝監督は予想通りとても素敵なひとでした。とにかく深く多面的に物事をとらえる事が出来る人だなあって質問内容の鋭さからも伝わってきた。あと、観客からの質問にも丁寧に答えていろいろな側面が判ってますます大好きになりました!(長文失礼)
Commented by CaeRu_noix at 2010-03-25 01:15
シリキさん♪
「第1回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」に行かれたのですねー。
それも是枝監督のトークショーなんて羨ましいです。
そういえば私、是枝ファンなのに、生コレエダにお会いしたことは一度もないかも。
この連休中は黒沢監督のトークにウキウキしておりましたー。
最近はめっきりTVとは縁をきっている私ですが、見ていた頃の終りの方ではいつもNHKつけてました。
そこで始まるドキュメンタリーって興味深いものが多かったです。
NHKは組織が堅いイメージですけど、作り手のひとりひとりは民放よりも志が高く自由な人がいそうな気がします。
個人を認識している人はいないのですが、その相田さんはそんなによかったんですねー。
そして、是枝監督もそのままの聡明な方だったんですね。
そんな充実感のあるトークショーに参加できて何よりでした。

"是枝裕和監督の視点で「バラエティとは何か」を描く。チャンネルΣ 『悪いのはみんな萩本欽一である』3月27日(土)10時40分~11時40分放送"っていうフジの番組も面白そうですねー。
<< フランス映画祭2010☆Photo PageTop 3月12、13日の公開映画ちぇ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon