かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第63回カンヌ国際映画祭結果-2010
2010年 05月 24日 |
第63回カンヌ国際映画祭が閉幕。あぴちゃっぽーん。まちゅー!



コンペティションの受賞結果は以下の通り。

パルムドール
『Loong Boonmee raleuk chat (Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)』/ブンミおじさん(タイ・スペイン・ドイツ他)
 ・・・・ アピチャッポン・ウィーラセタクン監督 

タイ出身の1970年生まれの監督が栄冠に輝き。
タイな映画のパルムドールは史上初ということでめでタイ。
私自身も魅了されてやまないアピチャッポンの不思議な世界が最高峰だなんて嬉しい限り。

グランプリ
『DES HOMMES ET DES DIEUX』 男たちと神々(フランス)
 ・・・・ グザビエ・ボーヴォワ監督

監督賞
マチュー・アマルリック監督(フランス)
 ・・・・ 『TOURNEE』/On Tour

国際映画批評家連盟によるFIPRESCI賞受賞に続き、見事に監督賞までとってしまうとは素晴らしすぎる。
プロの俳優を演出するというのではなく、本物の米国人ストリッパーたちとともに限りなくリアルなバーレスクツアーを作り上げたという監督手腕が評価されたというのはとてもステキなこと。
ハリウッド映画出演もするマチューだからこその大陸をまたにかけたこんな企画も実現できたのかなぁと思うし。
落ち目なヌードダンサーたちの物語を選んだマチューの心意気が評価に結びついて大変喜ばしいー。

脚本賞
『POETRY』(韓国) イ・チャンドン監督

女優賞 
/ジュリエット・ビノシュ/『COPIE CONFORME』 (アッバス・キアロスタミ監督)

男優賞 
ハビエル・バルデム/ 『BIUTIFUL』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
エリオ・ジェルマーノ / 『LA NOSTRA VITA』 (Our Life) (ダニエレ・ 
ルケッティ監督)

審査員賞
『UN HOMME QUI CRIE』
  ・・・・ マハマット=サレー・ハルーン監督

---
今年からカンヌ映画祭の公式サイトに日本語ページもオープンしていたのはよかったですね。
あとツイッターで現地にいる方やCS生中継を見ている人からフレッシュな情報が届いたのが重宝でした。
ゴダールの突然の欠席の件、審査員のイランのパナヒ監督の拘束の件、気になるニュースもあれこれありました。


そして、受賞した映画もそうでない映画もより多くのものが日本で見られることを毎年のことながら期待。
賞には絡まなかったけれど北野武監督『アウトレイジ』も楽しみだし。
マチューの監督作も一般公開されたりなんかしたらいいのになー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-05-24 12:48 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/11171268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2010-05-25 12:18
タイトル : エリオ君 おめでとう!
 おそらくこの写真見ても、名前のエリオ・ジェルマーノと聞いても・・ 日本の映画ファンの皆さんでご存じの方はほっとんどいらっしゃらなかったでしょう〜昨日までは。。。エリオ・ジェルマーノ1980年生まれのイタリアの俳優さんでっす。はい! 第63回カンヌ映画祭で見事!主演男優賞を受賞したんです!!『我々の人生/LA NOSTRA VITA』という作品で。『ビューティフル』のハビエル・バルテムとW受賞ですけど。受賞結果、作品詳細は→ コチラ なんせ、ムービー・プラスの授賞式ライブを観ていたら、レッド・カーペッ...... more
Commented by テンプルクラブ at 2010-05-24 17:51 x
イニャリトウ監督、ギレルモ・アリアガ脚本ではない「ビウテフル」での受賞は逃しました。「アモーレ・ペロス」を超えるのは、容易ではないようです。

今回のコンペ作品、このうちいくつ日本に来るのかな。

「夏夏夏」も観たいなァ。
Commented by CaeRu_noix at 2010-05-25 07:17
テンプルクラブさん♪
イニャリトゥ監督作品は残念でした。
でも、評判はかなりよかったみたいですよね。
ハビエルの男優賞受賞からも興味は増しますし。
日本で配給されると信じていますー。
アモペロを超えるのは確かに難しいのだろうけど。

ホン・サンスのも観たいですねー。
去年のTIFFでやったやつも観られなかったんだけど。
イ・チャンドンのも観たいですし。
日本で一般公開されるのって本当数えるほどにすぎないんでしょうけど、映画祭や特集上映の機会などを通してできるだけ多くが観たいなと。
去年のコンペ作はどれくらい観ることができたか後で数えてみようー。
Commented by エマ at 2010-05-25 12:22 x
こんにちは~ ちょっとご無沙汰しました~
受賞良かったですよね マチューさん!! おめでとうございます!
CS授賞式ライブを録画したのを昨夜やっと観て、マチューさんの監督賞受賞を知り、かえるさん喜んでいるだろうなぁ~と思ってました^^
コンペ出品作、どれも魅力的ですね! タイのもみたいし。
わたしはというと、主演男優賞受賞のイタリア俳優エリオ君を想って小躍りしていたのでした。。
Commented by CaeRu_noix at 2010-05-25 21:04
エマ さん♪
ごぶさたですー。
そういえば、イタリア映画祭でバッタリお会いできませんでしたねー。
今年のイタリア映画祭はベロッキオを二本見られたこともあってなかなか満喫したのですが、忙しかったり、パソコンが壊れたりで、まとめ記事をUPする機会を失ってしまいました。
パソコン重体中のため、iPhoneから記事エントリという面倒なことをやったのですが、悲しいことにiPhoneだとエキブロは画像のアップロードができないんですよね。
マチューの写真をのせたかったのにー。
マチューの受賞で私を思い出していただき嬉しいですー。
カンヌのコンペに出品というのも驚き嬉しかったのに、監督賞受賞なんて素晴らしすぎですよね。
そして、エリオくんの受賞もめでたい!
エリオくんて、モニカ・ベルッチのナポレオンのやつに出てるんですよね。
なかなかステキは青年かと。
Commented by mezzotint at 2010-05-26 00:12 x
今晩は☆彡
マチューさん、監督賞おめでとうございます!
かえるさん、嬉しいですね。何とか日本での公開が実現すると
いいですね。そうそうマチューさん、リュック・ベッソンの新作
「アデル」にも出演していますね。でも特殊メイクなもので、
素顔は分かりません(涙)7月公開だそうです。
パソコンはいかがですか?
Commented by CaeRu_noix at 2010-05-26 13:38
mezzotint さん♪   
マチューの受賞に祝辞ありがとうございます。
ほんと日本公開を願ってます。
監督作一挙上映などもあるといいな。
そうそう、『アデル』にも出てるんですよね。
本人とはまるでわからない化け方をしてるらしいですが。
一応楽しみ!
パソコンはダメです。買わなくちゃ。
今もiPhoneからちまちまうってます。
<< 『ローラーガールズ・ダイアリー』 PageTop 5月22日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon