かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第23回東京国際映画祭 鑑賞メモ
2010年 11月 27日 |
タイトル羅列のみ。



フィルメックスに移りたいので、TIFF鑑賞メモをとりあえずのこすの巻
一言感想を後で入れられたらいいのだけど。


<コンペティション>

・『ブライトン・ロック』 Brighton Rock  イギリス
監督:ローワン・ジョフィ
キャスト:サム・ライリー ヘレン・ミレン アンドレア・ライズボロー ノンソー・アノジー ジョン・ハート
 文豪グレアム・グリーンの名作の映画化。英国南部の行楽地ブライトンを舞台に、不良少年と純情少女の偽りの関係を軸に語られる愛と裏切りの物語

・『フラミンゴ No.13』 Flamingo No.13 イラン
監督:ハミド・レザ・アリゴリアン

・『一粒の麦』 If the Seed Doesn't Die [ DACA BOBUL NU MOARE / AKO ZRNO NE UMRE  ]ルーマニア=セルビア=オーストリア
監督:シニツァ・ドラギン
 コソボで売春を強いられている娘を探すルーマニア人の父親と、ルーマニアで自動車事故を起こして遺体となった息子を探すセルビア人の父親。

・『隠れた瞳』 The Invisible Eye [ LA MIRADA INVISIBLE ]
監督:ディエゴ・レルマン 撮影:アルバロ・グティエレス
キャスト フリエタ・シルベルベルク オスマル・ヌニェス マルタ・ルボス ガビ・フェレロ
 1982年、軍事独裁政権末期のアルゼンチン。厳格なエリート養成学校の女教師

・『サラの鍵』 Sarah's Key  [ELLE S'APPELAIT SARAH]
監督/脚本:ジル・パケ=ブレネール 脚本:セルジュ・ジョンクール 原作:タチアナ・ド・ロネ
キャスト クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ
 ジャーナリストのジュリアは、1942年フランスのヴェルディヴで起きたユダヤ人迫害事件を取材するうちにあることを知る。


<アジア中東パノラマ>

・『愛に関するすべてのこと』 All About Love [得 炒飯] 香港
監督:アン・ホイ(許鞍華)


・『恋の紫煙』 Love in a Puff [志明與春嬌] 香港
監督:パン・ホーチョン(彭浩翔)


・『燃え上がる木の記憶』 Memories of a Burning Tree [Kumbukumbu Za Mti Uunguao]
監督:シャーマン・オン  タンザニア=オランダ=シンガポール=マレーシア 

・『ラーヴァン』 Raavan  インド
監督:マニ・ラトナム


<WORLD CINEMA>

・『エッセンシャル・キリング』 Essential Killing  ポーランド、ノルウェー、アイルランド、ハンガリー
監督:イエジー・スコリモフスキ
キャスト ヴィンセント・ギャロ エマニュエル・セニエ

・『ゴースト・ライター』 The Ghost Writer [The Ghost] フランス=ドイツ=イギリス
監督:ロマン・ポランスキー
キャスト ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン
元英国首相の回想録の仕上げを依頼されるゴーストライターが巻き込まれる政治スリラー

・『ゲスト』 Guest
監督:ホセ・ルイス・ゲリン


・『ハンズ・アップ!』 Hands Up [Les Mains en L'Air] フランス 
監督:ロマン・グーピル
キャスト ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

・『ジャック、舟に乗る』 Jack Goes Boating
監督:フィリップ・シーモア・ホフマン

・『神々と男たち』 Of Gods and Men [DES HOMMES ET DES DIEUX]
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ 撮影監督:キャロリーヌ・シャンプティエ
キャスト ランベール・ウィルソン マイケル・ロンズデール オリヴィエ・ラブルダン フィリップ・ロダンバック ジャック・エルラン ロイック・ピション グザヴィエ・マリー ジャン=マリー・フラン

・『素数たちの孤独』 The Solitude of Prime Numbers [LA SOLITUDINE DEI NUMERI PRIMI]
監督:サヴェリオ・コスタンツォ
キャスト アルバ・ロルヴァケル ルカ・マリネッリ イザベラ・ロッセリーニ


・『聖トニの誘惑』 The Temptation of St. Tony [Puha Tonu kiusamine] エストニア=フィンランド=スウェーデ
監督:ヴェイコ・オウンプー



・『刑事ベラミー』 Bellamy
監督:クロード・シャブロル
キャスト ジェラール・ドパルデュー クロヴィス・コルニアック ジャック・ガンブラン マリー・ビュネル
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-11-27 23:46 | CINEMAレヴュー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/11580972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 11月27日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 11月19、20日の公開映画ち... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon