かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『借りぐらしのアリエッティ』
2010年 07月 29日 |
アリエッティの目線を忘れないでいたいね。



アリエッティ、よかったよ。ポニョや千尋ほどじゃないにしても。宮崎監督作じゃないんだってことに気づいたのは本編を鑑賞した日だったりするほどにジブリに疎い私。そうか、ハヤオのじゃないから、ポニョの時のように大いなる感動に包まれなかったのかな。そのこじんまり感がいいともいえるのだけど、終わってみるとややあっさりした印象のシンプルな物語世界でありました。ほとんど一軒の家の敷地内が舞台という空間的な狭さががそのまま、物語世界の壮大さ、そして感銘の大きさに等しいような感じになってしまったのは少し残念。

でも、ダメ出ししようと思うわけではなくて、宮崎アニメに対する期待値というハードルをはずせば、大いに楽しめた私好みのものでした。アニメーション、ファンタジーならではの人間以外の視点から捉えた物語って、この地球上を我が物顔で振舞う人類の一人である自分に、いくつもの気づきと思考を与えてくれるのだよね。私たちが当たり前だと思っていたことが、小さき者たちにとっては非常に困難であるという事実を、目にすることで小さなショックを受けるの。ただ慎ましやかに暮らしていくことだけでも綱渡り(文字通り)だなんて。衣食住は整っていて当たり前で、プラスアルファーの欲望がとめどなく肥大していくばかりである私たちの住む世界。アリエッティたちに申し訳ないぜ。

なにしろ、おやゆび姫やガリバー旅行記が好きだった私。単純に身体のサイズが異なるというだけの違いで起こる物語にはワクワクドキドキしてしまうのだよね。おやゆび姫ちゃんは王子様に救われるお姫様だったわけだけど、アリエッティは女の子だから家事手伝いでーすっていうんじゃなくて、次世代をうけおう一人娘として、父にならって深夜のお借りしますの大冒険に出るっていうところにウキウキしちゃうんだよね。まち針を剣にする姿のりりしさったら。かなりのハードに動かなくちゃなのにスカートなのもかわいいし。人間目線で反省してみたり、アリエッティの目線で思いきりハラハラしたり。とりわけ前半はとても楽しかったな。やはりロッククライミングはマスターしておきたいなって。

翔少年に見つかってしまうという状況では、「南くんの恋人」なストーリー展開を妄想しちゃうのだけど、もともと人間の恋人同士だった二人ではなく、全くの異種の生きもの同士においてはもちろんそれはありえなくて。これがR指定の物語だったら、飼育監禁ものになってしまうところでしょう。幸い発見者は思慮のある病弱な少年だったので、弱きものを救おうという行動に出てくれたので胸キュンなシーンにも出会うことができたのだった。それでいて、これは単なる子供だましの甘っちょろいファンタジーではない。翔がアリエッティを守る行動をとってくれたとしても、危険がないという保障は何もなく、めでたしめでたしで幸せに暮らせるわけではない。残念ながら、対等の関係にはない異種同士が共存していくことは簡単なことじゃないのだよね。ほろ苦さが残るけれど、そんな現実を描いてくれたのも味わい深いのだ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-07-29 18:30 | CINEMAレヴュー | Comments(2)
Commented by cinema_61 at 2010-07-30 13:27 x
久しぶりにファンタジーの世界を満喫しました~
親指姫を思い起こす設定だけどアリエッティ目線と翔たちの目線で捉える世界の比較がとっても新鮮!
でも、翔はアリエッティ目線に合わせてくれる優しさを持ち合わせてくれる少年!
忘れていたものに気づかせてくれる優しさにホッとする作品で、宮崎駿作品とは異質だけど、ジプリ作品らしい映像美と音楽が暑い夏の一服の清涼剤に感じました。
Commented by CaeRu_noix at 2010-07-31 08:57
cinema_61さん♪  
満喫されて何よりですー。
ファンタジーな世界を描くアニメは無数にあれど、何かというと敵が登場し、主人公がそれと戦うことが山場になる物語ばっかりで。
そういうのよりも断然興味深いテーマが描かれているし、メルヘンな美術も堪能しました。
健康な少年だったら、アリエッティのことを面白がっておもちゃ扱したかもしれないんですが、翔くんはそんながさつなこじゃなくてよかったです。
でも、アリエッティに君らは絶滅するなんてことを言ったりする残酷さも持ち合わせていたりして、いい子一辺倒じゃないところが興味深くもあり。思考はとめどなく。
緑が美しく夏に観るにふさわしいステキな作品でしたねー。
<< 7月30、31日の公開映画ちぇ... PageTop 7月23、24日の公開映画ちぇ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon