かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ルンバ!』『アイスバーグ』 Rumba ! & Iceberg
2010年 08月 27日 |
ココロ踊るー。

ブリュッセル近郊の小学校に勤務する体育教師のドム、英語教師のフィオナの夫妻はダンスが得意の幸せな夫婦だったが・・・(ルンバ!)



さすがのフランス映画社なのだ。単館系洋画の配給事情が芳しくないご時世であろうとも、巨匠オリヴェイラの新作を配給してくれる一方で、これまで日本で知られていなかった注目すべき作家の映画をちゃんと日本に届けてくれる。通常の料金で、前作と合わせての2本立てという太っ腹企画が嬉しいよね。それも大好きなジャック・タチの映画を思い出さずにはいられない映画だなんて。

製作・監督・脚本・主演をこなす夫妻、ベルギー出身のドミニク・アベルとカナダ出身のフィオナ・ゴードンは道化師になるためのパリでの修業中に出会って結婚したのだそう。そんな息の合った二人が見せるコンビネーションとすれ違いの絶妙さといったらない。台詞少なく、パントマイムによるギャグは自ずとジャック・タチのことを連想する作風・芸風ではあるけれど、男女のコンビでやっているからこそ、タチやキートンの真似では終わらない新鮮な輝きがそこにあった。

とりわけ女性であるフィオナの身体を張ったパフォーマンスには目を見張るものがあったな。TVや舞台でも女お笑い芸人というのは大勢いるわけだし、コメディ映画で見事なコメディエンヌぶりを見せてくれる名女優の存在だって珍しいものじゃない。そうではあるけれど、巷では言葉によって生み出される笑いが圧倒的に多いから。中年を越えた齢の女性がひたすら寡黙に、その長身の身体を駆使してじっくりと繰り返し繰り返し生み出されるペーソスのある笑いには、何ともいえない味わいがあるの。

『アイスバーグ』は途中ちょっとユル過ぎるかなぁと思える部分もあったけど、思いもよらないストーリー展開がそれはもう可笑しかった。そして、『ルンバ!』には大いなる進歩を感じずにはいられなかった。リズミカルな運びが気持ちよい洗練、完成度。それに、『アイスバーグ!』での二人のすれ違いドラマを見た後ゆえに、『ルンバ!』の序盤での二人の仲むつまじい姿がやけに感動的だったりして。呼吸が掴めてきたりして、2本続けて鑑賞できたことでおかしみと感慨がより深まるのだった。

身体を使ってのギャグというと、子供から老人にまでウケがいい単純でわかりやすいものも多いけれど、ここで展開される笑いは、子供にはピンと来ないであろうブラックユーモアが詰まっているのがとても自分好みであった。シュールでブラックなネタもカラフルでポップな映像によって、静かに独特のリズムで表現されちゃうと、あたりがずいぶんとソフトな感触で、ほほえましさがいっぱいになるんだよね。そういうバランス加減、ニュアンスの巧妙さがとにかくよいの。好き好き。

シルエットのルンバ!シーンは最高にグッときたな。
d0029596_381593.jpg

[PR]
by CaeRu_noix | 2010-08-27 19:08 | CINEMAレヴュー | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/11816585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-08-27 23:24
タイトル : アイスバーグ!
ベルギー出身の道化師ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンの夫婦が送る長編第一作。とある事件をきっかけに氷山(アイスバーグ)を目指す主婦とそれを追う夫、そしてそれに関わる人間たちをサイレント映画の如く最小限の台詞とコミカルな動きで描き出したコメディ映画だ。敢えてCGを使用せずクロマキーを使い、何処か現実から乖離した登場人物や映像に引きこまれる。... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-08-27 23:24
タイトル : ルンバ!
ベルギー出身の道化師ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードンの夫婦の長編第2作目。今回はルンバが大好きな夫婦が交通事故でそれぞれ片脚と記憶を失ってしまう。前作同様台詞を極力排し、道化師ならではの体の動きや、それに合わせたアナログな映像で笑いを誘う。前作に引き続き共同監督のブルーノ・ロミほか、『アイスバーグ!』から引き続いている俳優にも注目だ。... more
Tracked from NiceOne!! at 2010-08-28 06:38
タイトル : 『ルンバ!』(2008)/ベルギー・フランス
原題:RUMBA監督・脚本:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミ出演:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。...... more
Tracked from NiceOne!! at 2010-08-28 06:39
タイトル : 『アイスバーグ!』(2006)/ベルギー・フランス
原題:L'ICEBERG/ICEBERG監督・脚本:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミ出演:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトは...... more
Commented by rose_chocolat at 2010-08-28 06:40 x
何気に、ものすごい身体を張った撮影でしたよね。
水かぶったりとか・・・
息の合ったコメディでしたね。
日本にはないテイストがよかったです。
Commented by CaeRu_noix at 2010-08-28 12:43
rose_chocolat さん♪
 体はってましたよねー。さすが道化師。
いわゆるお笑いの分野って、話術だよりのものが圧倒的に多いので(日本のお笑い系の女性なんかにしても、賑やかなしゃべりがウリという人ばかりが思い出され)、言葉に頼らない表現は何やら新鮮でした。
サイレントな表現だと、不謹慎なブラックなコネタもなんとなく優雅に見えたりなんかして。
ジャック・タチも大好きなので、この作風はとても気にいりましたー。 
<< 8月28日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 8月20、21日の公開映画ちぇ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon