かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
9月10、11日の公開映画ちぇーっくなど
2010年 09月 11日 |
きゅうきゅう。



第67回ベネチア国際映画祭開催中。
三池崇史監督の『十三人の刺客』はなかなか好評だったようで。
ヴィンセント・ギャロの主演監督作はめっきり不評だったと。
でも、観たいー。

とさてそろそろ忙しくなります。

ナイト・トーキョー・デイ /新宿武蔵野館

は去年映画祭で観たよ。
イサベル・コイシェ監督が大好きなので。
でも、これはちょっと微妙な感じだったかな。
雰囲気はすごくいいんだけど、あれこれ違和感があった。
菊地凛子さんは脱ぎっぷりがいいし、話題性にも事欠かなようだけど、恋愛もの系のヒロインというのはどうもなぁ。(スパイク・ジョーンズとの熱愛って、、、。)
オシオ出演シーンももちろんカットされたまま・・・

で、
トーゼンミルミルー

彼女が消えた浜辺 (ロングライド)/ ヒューマントラストシネマ有楽町

ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝く、イランから届いた傑作心理ミステリー

ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡 (ムヴィオラ、プランクトン)/シアター・イメージフォーラム 

コンゴの路上の車イスのミュージシャンたち!

終着駅 トルストイ最後の旅 /TOHOシャンテ、Bunkamura ル・シネマ

文豪レフ・トルストイの晩年を描く。
ヘレン・ミレン、クリストファー・プラマー、ポール・ジアマッティとなかなかのキャスト。
これって、ジェームス・マカヴォイくんが年上妻アンヌ=マリー・ダフと共演だ。


-ミルカナ

悪人 /

ふかっちゃん、モントリオールでの女優賞おめでとう!
キャストもスタッフも物語も興味深い。
プロデューサーが『告白』と同じ方だそうで。

--ミルカモ

ジャーロ (ファインフィルムズ)/シアターN渋谷 (モーニング&レイト)(10/8 迄) 

イタリアン・ホラー界の巨匠、ダリオ・アルジェントが古典的ジャンルにオマージュを捧げたサスペンス・ホラー

ミレニアム2 火と戯れる女 
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (GAGA)/シネマライズ

1は見たけど。

◆リサとガスパール-とびきりキュートなパリの住人-

---キニナルモノ

◆ZERO:9/11の虚構 私たちはまだ何も知らない / 東京都写真美術館(9/24 迄)

◆君が踊る、夏


----ホカ

バイオハザード IV アフターライフ
恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~
こわれかけのオルゴール

----

映画史上の名作4
9月4日(土)~10月1日(金)  シネマヴェーラ渋谷
11(土)「スイング・ホテル」「東への道」
12(日)「悪魔の往く町」「歴史は夜作られる」

ブリジット・バルドー生誕祭
8月28日(土)~ 9月28日 新宿武蔵野館
  連日モーニングショー 各作品 朝10時30分より1回上映
 11日~17日 『月夜の宝石』 

韓流シネマ・フェスティバル2010 新しい風
8月21日(土)~9月24日(金)   シネマート新宿

「メモリーズ・オブ・市川準 三回忌追悼上映」
9月11日(土)~10月1日(金) 神保町シアター

「松江哲明『セルフ・ドキュメンタリー』刊行記念特集上映
9月11日(土)~17日(金) ポレポレ東中野

ビッグイシューウィーク IN TOKYO 「貧困を超えよう! 希望映画祭」
9/11(土)~9/16(木) *12(日)を除く。  アップリンク・ファクトリー
 ↑『ベルサイユの子』もかかるよ。

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」プレゼンツ「タマフル必修映画セレクションin新宿バルト9」
『エレクション』『エレクション~死の報復~』の二本立てが17日までレイトショー上映。

イメフォのシネマテークのメカスとドースキィも気になるが。

そして、16日には
第3回したまちコメディ映画祭in台東 
第7回ラテンビート映画祭
 17日には
ポルトガル映画祭2010  が開催ー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2010-09-11 13:03 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by templeclub at 2010-09-12 19:05 x
ベネチアはなんとソフィア・コッポラが受賞。審査委員長のタランティーノは彼女のもと彼だったっけ?

ベネチアで公開されたスコセッシの新作「エリアへの手紙」が日本に入る可能性は有るのかな?
Commented by CaeRu_noix at 2010-09-13 09:27
templeclub さん♪
ベネチアは行かれなかったのですか?
コンペの結果、ビックリですよねー。
臆面もなく、元カノに最高賞をあげちゃうタラちゃん!
ソフィアの映画好きの私としては嬉しいのですが。
『エリアへの手紙』て知りませんでした。エリア・カザンに捧いでいるのか。
日本に入ってくるといいですね。
遅ればせながら、受賞結果記事もあげたく。
<< 第67回ヴェネチア国際映画祭受... PageTop 『ミックマック』 Micmac... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon