かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2月19日の公開映画ちぇーっくなど
2011年 02月 19日 |
ベルリン国際映画祭での『ヘヴンズ ストーリー』国際批評家連盟賞おめでとうー。




「日本アカデミー賞」も決まったらしい。
▽作品賞=「告白」
▽監督賞=中島哲也「告白」
▽主演男優賞=妻夫木聡「悪人」
▽主演女優賞=深津絵里「悪人」
▽助演男優賞=柄本明「悪人」
▽助演女優賞=樹木希林「悪人」
▽外国作品賞=「アバター」
▽アニメーション作品賞=「借りぐらしのアリエッティ」

告白か悪人か、どっちでもいいよーて感じでしたが、こう来ました。
インディペンデント系好き、非エンタメ系好きの自分からすれば、こんなメジャーな話題作をもてはやすことには何の興味ももてないのだけど、まぁ確かに、制作委員会にTV局が入っていない映画でこれだけヒットしたものが、質的にも評価される(する)のは意義深いことなのかもしれないですねぇ。関係業界的には。



トスカーナの贋作 はキアロスタミ監督もゲストで来てくれた去年の東京フィルメックスで鑑賞済み。
とても味わい深い小粋で素晴らしい映画だったよー。


トーゼンミルミルー

サラエボ,希望の街角 (アルバトロス、ツイン)/岩波ホール

戦火の記憶が残るサラエボに生きるカップルのいまだ心の傷が癒されない姿を『サラエボの花』の監督ヤスミラ・ジュバニッチが描く。


ヒア アフター 

イーストウッド!
セシル・ドゥ・フランスが出てるよ。


-ミルカナ

MAD探偵 7人の容疑者  (彩プロ)/K's cinema

ジョニー・トー!


イップ・マン 序章 /新宿武蔵野館

詠春拳の達人でブルース・リーの師匠、イップ・マン(葉問)の生涯を描く。
ドニー・イェンー。公開☆祝


--ミルカモ

バレッツ (クロックワークス)/新宿バルト9

22発の銃弾を受けながらも奇跡的に生き残ったマフィアの実話を元に、ジャン・レノ主演で映画化した究極のバイオレンス・アクション。
ベッソン製作、監督は『ぼくセザール』のリシャール・ベリ


ミツバチの羽音と地球の回転  /ユーロスペース

『ヒバクシャ――世界の終わりに』『六ヶ所村ラプソディ』に続く、鎌仲ひとみ監督&グループ現代製作による三部作の“完結編”。
山口県上関原発の問題と向き合う祝島の人々と、スウェーデンでの、地域自立型のエネルギーを創り出し持続可能な社会を模索する人々の取り組みを追ったドキュメンタリー。


ありあまるごちそう (アンプラグド)/シアター・イメージフォーラム

地球上で起こっている飢餓の問題を「流通」に視点を当てて指摘するドキュメンタリー。
地球上では、120億人を養うことが出来る経済活動が行われている一方で、世界で毎年10万人もの人々が飢えで亡くなっている。


GONZO~ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて~ (ファントム・フィルム)/シアターN渋谷、シネマート新宿

ゴンゾ・ジャーナリストとして名を馳せ、カリスマ的人気を持つハンター・S・トンプソンの半生を綴ったドキュメンタリー 。


---キニナルモノ

◆男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW /丸の内TOEI、渋谷TOEI他

韓国でリメイク。


◆戦火の中へ /角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町

朝鮮戦争勃発から60周年に当たる昨年、113億ウォンの巨費を投じて製作された戦争大作。
監督は、『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』といったラブストーリーでその名を知られるイ・ジェハン。


----ホカ

◆学校をつくろう (ゴー・シネマ)/有楽町スバル座

◆劇場版 2010 BIGBANG BIGSHOW 3D (アスミックエース)/TOHOシネマズ六本木ヒルズ

◆れっしゃだいこうしんザ☆ムービー しんかんせん大集合 (プレシディオ)/ワーナーマイカルシネマズ板橋(3/13迄)

----

▲Livespire「ワールドクラシック@シネマ 2011」
バレエ「ロメオとジュリエット」 英国 ロイヤル・バレエ
  /新宿バルト9


第3回恵比寿映像祭
2月18日(金)~27日(日) 東京都写真美術館

「第一回こまばアゴラ映画祭」
2月22日(火)~27日(日) こまばアゴラ劇場

現代フランス映画の肖像
1月7日(金)~2月27日(日) 東京国立近代美術館フィルムセンター
20(日)「愉快なフェリックス」「斧」「すべての道はオーベルヴィリエへ続く」「畏れ慄いて」
22(火)「キッチン」「リトル・エルサレム」「アルフレッド・ルプティへのオマージュ」「カーニバル」「赤ちゃんザメ」「正しい恋愛小説の作り方」
23(水)「水曜日は大忙し!」「女がいちばん憧れる職業」「ヌーヴェル・イヴ」
24(木)「彼女の人生の役割」「ワイルド・サイド」「家族の再会」
25(金)「マチューの受難」「アレックス」「原色パリ図鑑2」
26(土)「将校たちの部屋」「井戸」「犬と将軍と鳥たち」「インタビュー」「運命のつくりかた」
27(日)「ミシュカ」「L.627」「故郷への旅」

「MOOSIC LAB」
2月19日(土)~3月4日(金)  池袋シネマロサ レイトショー

「シネセゾン渋谷 クロージング特別上映 1985-2011」 レイトショー
2/20(日)「リンダ リンダ リンダ」
2/21(月)「百万円と苦虫女」
2/22(火)「人のセックスを笑うな」
2/23(水)「リンダ リンダ リンダ」
2/24(木)「鮫肌男と桃尻女」
2/25(金)「PARTY7」

早稲田松竹はフィリップ・ガレル
「白と黒の恋人たち」「恋人たちの失われた革命」

TOHO「午前十時の映画祭」
六本木ヒルズは「バンド・ワゴン」
みゆき座はエブリタイム「フォロー・ミー」



「Where the Hell is Matt?」

[PR]
by CaeRu_noix | 2011-02-19 23:59 | 映画週チェック | Comments(0)
<< 第61回ベルリン国際映画祭受賞... PageTop 『再会の食卓』 Apart T... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon