かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
5月20、21日の公開映画ちぇーっくなど
2011年 05月 21日 |
カンヌ映画祭開催中ー。



カウリスマキのとか評判よいようで楽しみー。
そして、『メランコリア』も評判は上々だったようなのに・・・。
ラース・フォン・トリアーったら、軽率な発言をしてしまい、映画祭から追放されちゃった模様。
トリアーらしいジョークだったと思うのだけど、ヨーロッパではナチうんぬんの言及は慎重にしなければならないって、わからないはずはないと思うんだけど。
カンヌ映画祭側の処置も酷いとは思うけど、仕方ないんだろうなぁ。
映画祭に共に参加している出演者のキルスティンやシャーロットたちがかわいそうととりあえず思ってしまう・・・。
もうちょっと考えてほしかったなぁ。
映画作家ラースのことは応援しているけどねー。
ふー。


トーゼンミルミル

ゲンスブールと女たち  (クロックワークス)/Bunkamura ル・シネマ、新宿バルト9

フランスの伝説的なマルチ・アーティストでプレイボーイのセルジュ・ゲンスブールの半生が彼と関わった美女たちを通して描かれる。


--ミルカモ

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 /新宿ピカデリー

なぜ巨大な金融危機が訪れたのか。米の金融界にメスを入れるアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞作品


アトムの足音が聞こえる (東風)/ユーロスペース

TVアニメ「鉄腕アトム」のアトムの足音を創り出した音響デザイナー、大野松雄を追うドキュメンタリー
監督は冨永昌敬


---キニナルモノ

レッド・バロン (ブロードメディア) /丸の内ルーブル(6/3 迄)

第一次世界大戦下に列強を恐れさせた若き撃墜王“レッド・バロン”
ティル・シュヴァイガー、ジョセフ・ファインズも出演。


亡命  (シグロ)/シアター・イメージフォーラム

亡命者が語る、祖国とは、そして現代中国とは。
文化大革命から天安門事件までの間に、故郷を追われ、異国の地で不自由な生活を強いられている亡命知識人や政治活動家たち。彼らの発言を通して、中国の民主化が意味するもの、そして人間の尊厳について問いかけるドキュメンタリー。


幸せの経済学  (ユナイテッドピープル)/UPLINK X

「グローバルからローカルへ」をテーマに、世界中の環境活動家たちがこれからの“豊かな暮らし”について語られるドキュメンタリー。
消費型社会を見直し、地域に眼を向けることによって、その土地にある資源や文化を再認識し、人と人、人と自然との関係を紡いでいく「コミュニティの再生」の重要性を訴えている。


アウェイク

手術の最中に全身麻酔が効かなくなり、手術の痛みをそのまま感じるという“アネセシア・アウェアネス”(=術中覚醒)状態に陥った男性の苦痛と、その彼に襲いかかる過酷な運命。
出演:ジェシカ・アルバ/ヘイデン・クリステンセン/テレンス・ハワード/レナ・オリン


◆パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

ペネロペ


----ホカ

ファースター 怒りの銃弾 /シネマスクエアとうきゅう

エクレール~お菓子放浪記 /テアトル新宿

恐怖新聞  /池袋シネマ・ロサ(レイト)

ハードライフ 紫の青春・恋と喧嘩と特攻服  (マジカル) /銀座シネパトス

----

Livespire 「ワールドクラシック@シネマ 2011」 バレエ 「クラスコンサート/ジゼル」 ボリショイ・バレエ
 /109シネマズ川崎ほか全国にて順次公開



--

「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開名作選」
5月21日(土)~6月10日(金) シアター・イメージフォーラム

「映画の授業」
5月24日(火)~6月4日(土) アテネ・フランセ文化センター

「アニメーションズ・フェスティバル アンコール」
5月14日(土)~27日(金) 吉祥寺バウスシアター

三島由紀夫を【観る】
5月14日~6月3日 角川シネマ有楽町

バレエ映画特集「バレエ!バレエ!バレエ」
5月1日(日)~6月3日(水)21:30 銀座テアトルシネマ

カンヌ映画祭特集プログラム  
5/1~6/17 Brillia SHORT SHORTS THEATER

新文芸坐は「日本映画の遺産 巨匠たち、名優たちが生きた時代(2) 原節子」
5/21(土)「巨人伝」「河内山宗俊」
5/22(日)「晩春」「麦秋」
5/23(月)「青い山脈」「続青い山脈」
5/24(火)「ふんどし医者」「路傍の石」
5/25(水)「美しき母」「智恵子抄」
5/26(木)「愛情の決算」「女であること」
5/27(金)「忠臣蔵 花の巻 雪の巻」
5/28(土)「東京暮色」「東京物語」

フィルムセンターは
「よみがえる日本映画vol.2[東映篇] 」
小ホール :京橋映画小劇場 No.21 映画の教室2011

神保町シアターは「可憐な娘たち 守ってあげたい~芦川いづみ 胸がときめく~司葉子」

追悼 大野一雄 一周忌
(5/21~6/3) ポレポレ東中野
[PR]
by CaeRu_noix | 2011-05-21 07:58 | 映画週チェック | Comments(0)
<< 第64回カンヌ国際映画祭 -2011 PageTop 『ブラック・スワン』 BLAC... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon