かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
哀悼、テオ・アンゲロプロス
2012年 01月 25日 |
ギリシャの巨匠、偉大なる映画監督テオ・アンゲロプロスの訃報が届きました。ご冥福をお祈りします。



24日にバイクにはねられ、脳出血により搬送先の病院で死去したのだそう。病気だったというのではなく、76歳の現在も達者で新作『The Other Sea』の撮影に入っている時だったというからあまりにも無念。事故で脳出血だなんて、永遠と一日のような一日を送ることはできたのだろうか。

映像詩人テオ・アンゲロプロスに魅せられた一人である私は、アンゲロプロスの映画をスクリーンで観ることには結構熱心でありました。わざわざ北千住に足を運んだりもしたし、特集上映の機会で232分の『旅芸人の記録』を二度観たし。この監督の映画だけは必ず映画館で、そして何度でも体験したいという独特の魅力を持っていました。ああ・・・。

『第三の翼』(仮題)(The Dust Of Time)の日本公開も決まっているはずなのになかなか具体的に公開日決定のニュースを聞かぬまま年があけ、つい最近もオリヴェイラのアンジェリカとアンゲロプロスの第三の翼は一体いつやってくれるのよ、フランス映画社さん!と話題にしていたばかりだったのに、まだ観ぬうちに監督の訃報なんて・・・。一週間前も私は新宿紀伊國屋のDVD40%OFFコーナーで『エレニの旅』を手に取ったのだった。うー。

アンゲロプロスの映画などを愛しすぎてしまうと、一般的にありがちな目まぐるしく変わるカットの多い映画の落ち着きなさが辛くて仕方ないんだよね。細かいカットでクローズアップの連続だとかは本当にしんどい。もっと長回しを。もっとロングショットを。アンゲロプロスの映画魂は永遠なれ。


IMDB

Filmography

放送 (1968)
再現 (1970)
1936年の日々 (1972)
旅芸人の記録 (1975)
狩人 (1977)
アレクサンダー大王 (1980)
アテネ/アクロポリスへの三度の帰還 (1982)
シテール島への船出 (1983)
蜂の旅人 (1986)
霧の中の風景 (1988)
こうのとり、たちずさんで (1991)
ユリシーズの瞳 (1995)
 キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒 (1995)
永遠と一日 (1998)
エレニの旅 (2004)
 それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~ (2007)
第三の翼(仮題) The Dust Of Time  (2009)





[PR]
<< I Am Love 『ミラノ、... PageTop ニッポンの『ロボジー』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon