かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
311にみた きいた『なみのおと』(酒井耕、濱口竜介)
2012年 03月 12日 |
1年が経って。



その日に思考すること、行動することは人それぞれなんだと思う。その日を特別視する必要さえないわけだし、思い思いに過ごし、そのことに向き合っていけばいいのでしょう。

とはいえ、3月11日という日付を意識せずにはいられないもので。特別な過ごし方をするつもりはないけど、エンタメ系洋画を観ようという気分でもなく。そんな日に震災、津波の被害にあった人たちの語らいを映しているという濱口監督の『なみのおと』の上映があるということを知って足を運んでみた。これまでの何度かの上映機会には観ることがかなわなかった本作と、一周年の3月11日に向き合えたのは私にとって味わい深い意味のあることだった。


311以降も、TV番組などから見てとれるメディアの報道姿勢に対して、反感をもったり、考えさせられたりすることはたびたびあったのだけれど。それと共通の問題点を含みながら異なる存在である「映画」にできることは何なのだろう?と再び思いをめぐらす。

幾人もの映画の作り手が被災地に足を運んできたようで、その数字の入ったタイトルの映画やら、それを題材にしたドキュメンタリーがいくつも上映されている。意義深さを感じられるものもあるだろうし、つらい体験をした人たちに無遠慮にカメラを向ける暴力性に歯がゆい気持ちにさせられるものもあるのだろうと想像する。何かしらが撮られ作られることは必然なのだろうけど、被災者の心を更に傷つけかねない作り手の横暴はあってほしくないし、逆に何かを尊重するあまり偽善性を帯びてしまってもよい作品にはならないだろうし。あまりにも難しいテーマを含んでいて、おのおのの作品を実際に観る前から抵抗を感じてしまいがちだった。


そんな私でも、濱口竜介の撮った『なみのおと』は観てみたかった。評判に違わない誠実な素晴らしい作品であった。東北の太平洋沿岸に甚大な被害をもたらした津波の被災者に話を聞くというシンプルなスタイルなのだけど。これまでの劇映画で見せてくれたクールな映像テクニックをしまい込んで、まっすぐに人に向き合うということの真摯さに心打たれる。現場で一般の人たちにカメラ、マイクを向けて必要な一言だけを答えさせるTVニュースのインタビューシーンは好きじゃない。それと比べて、「なみのおと」の話の聞き方はとてもいいなと感じられた。

語り手が複数の時は、作り手がインタヴューするというのではなく、それぞれが語り合うというかたちをとる。それでいて、監督の濱口、酒井は常にそれを外側から撮る立場ということにはせず、語り手が1人のものでは、監督が対面して座り、質問する姿に被災地の語り手と全く同じようにカメラが向けられる。ドキュメンタリー映画監督はたびたび声の出演はするけれど、その姿をフレーム内に晒そうとはしないものが常だから、同じように話をしている時の正面からのクローズアップを映すことを選んだ作り手の聡明なる誠意にグッとくるのだ。

酒井監督の伏し目がちな顔つきなどは、初めはインタヴュアーとして好印象をアピールできない感じで、話し上手な市議会議員の方に対して分が悪いなぁと序盤は思ってしまったのだけど。相手が口下手な人ではなく、議員という表立った仕事についている上の世代の社会人だからこそ、あえて作り手が向き合って話を聞いているのが潔くていい。誰だって優しげなおばあちゃんにインタビューする方が楽なはずなのに。上辺をなぞる感じではなく、控えめながらも聞きたいことは鋭くちゃんと聞いていたようで快かった。

本作の後に、震災後の3月中に被災地を映した『大津波のあとに』も観たのだけれど、そちらは時として私の好きじゃないやり方で現地の人にカメラを向けていた。事前にちゃんと了解をとっているのかどうかはわからないけれど、被災地の人たちのありのままの姿を捉えようという意図のあまり、ぶしつけさ、相手に対する敬意の薄さが感じられてしまうシーンがあった。それをふまえてると、『なみのおと』スタイルは本当にあたたかくて誠実なやり方だと思える。語り手のみなさんが自分自身で名前を名乗るという自己紹介から始まるのがいい。とある被災者Aさんではなくて、新地町で生まれた伊藤さんのことなんだ。

通常はインタビューシーンが大半のドキュメンタリー映画はあまり魅力的だとは思わない。もっと画をとってよ、と思う。だけど、この震災というテーマにおいてはむしろ逆だったりもするのだ。作り手の独善的な美的センスで、絵になる映像にきれいな音楽をつけてカッコよく編集するなんてことをされればされるほど反感をもってしまいそう。余計な小細工は一切なしで、苦難を超えて生き抜いている人たちの素顔をそのまま記録することの方がどんなにかステキだろう。率直な語らいに耳を傾けること、ただまっすぐに話を聴くことの大切さに気づかされる。

もちろんそのまま映画にできちゃうような非の打ちどころがない話ができる市井の人はそんなに多くはないはずだ。それが、時間を惜しまずに何人もの人たちに会って話を聞くことによって、こんなにもステキな人の味わい深い話を聞く機会に遭遇することもあるのかな。とりわけあべ夫妻のお人柄とそこにある関係性、夫婦の会話の魅力はマジカルなほどに感動的だった。偶然であれ、人づてであれ、こんな体験をしながら、こんなふうにその体験を語り、こんなふうに結びつきを強めているご夫婦に出演してもらえたのは作り手の幸運か、才覚とまごころゆえのものか。どんなフィクションにも勝ると思える本物の人の姿。

この1年わが国では不信感をもつ出来事がいくつも露呈して、復興への願いは持ちつつも、「がんばろう」とか「絆」とか言葉だけが空々しく先行することには厭世的な気分にもなったものだけど。社会のあり方はさておき、何の被災をしたわけでもないし何もなしていない自分が勝手にうんざりしている場合でもなく、『なみのおと』で話を聞かせてくれた被災地の彼らが放つ希望の光に照らされて晴れやかな気持ちになった。うそ臭い言葉だと思っていた「絆」というものが、あべ夫妻やいとう姉妹の間には確かに存在していて。それが明日につながる力になっているということを実感する。「がんぼろう」と言われても、どうぞご勝手にと思うけど、がんばってきた彼らを見たら、そりゃあ私らもがんばるしかないよなぁって思ってしまう。

題材、素材が同じでも、伝え方次第、紡ぎ方次第で、受け手に訴えるものは大きくかわるのだということを改めて実感しながら、この『なみのおと』を通して、被災者の方の話を聞くことができて、しみじみよかったなと思うのであった。
[PR]
<< 『SHAME -シェイム-』(... PageTop 3月10日公開映画など。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon