かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『クレールの刺繍』
2005年 09月 20日 |
女の感性で映画を味わえることに幸せを感じてしまうような。
宝箱にそっとしまっておきたくなるような愛おしい作品。
ミニシアター系作品のこの静かさと繊細さがたまらなく好き。
フランス映画の芸術性と女性が紡いだ物語のやわらかさに魅了される。

フランスの田舎町。 スーパーで働く17歳のクレールは妊娠していた。
出産後に赤ちゃんを里子に出す「匿名出産」を選択するも、
母親にも相談できず、周りの目を気にして不安に過ごしていた。
刺繍が得意なクレールはある日、刺繍職人メリキアン夫人を訪ねる。



緑の草原にキャベツ畑。部屋の壁紙もブルー系。
白い肌にそばかす、ウェービーの赤毛がまぶしいキュートなクレール。
鮮やかなブルーやグリーンの洋服に髪の色が映える。
コントラストの効いた色彩の美しさにため息。
のどかな風景の有機的な色たちと、洋服の鮮やかな色との調和が好き。
d0029596_0335859.jpg

17歳の若さで望まない妊娠をしてしまった可哀想なクレール。
だけど、泣いたりはしないし、相手の男を責めたりもしない。
その潔さがかっこいいなと思えるし、あからさまに観客の同情を
引こうとしない過剰に訴えかけない演出がいい。
母親になる覚悟はできていなくても、母の強さを感じさせるような。

感情を吐露する場面、悲嘆に暮れる様子は映し出されないけど、
17歳の少女が頼れる人や寄り添う相手もいない状況で
身重の体で孤独に生活を続ける心細さを思うとやるせない。
戸惑いと不安だらけに違いないのに、気丈に日常をやり過ごしている。
心の内にある不安が想像できるから、目に見える彼女の元気な姿に
風を切ってバイクを走らせる姿にも一際輝きを感じて嬉しくなる。

そして、クレールが刺繍に打ち込む姿もとてもキレイだ。
不安を忘れて、好きなことに取り組むかけがえのない時間。

スパンコールを合わせて縫い込む作業工程も見ていて面白い。
布のやわらかな質感、ビーズの透明なきらめき、自由自在の糸。
メリキアン夫人のアトリエにある作品はどれもそれぞれが美しく
個性的なデザインで格調高く、作られる工程も味わいがある。
クリスチャン・ラクロワの仕事も請け負うほどの腕前なのだ。
機械では対応できないのであろう細やかな職人芸。

静けさの中で、気持ちを集中して、一針一針縫い進む2人。
ただゆっくりと流れる時間がとても素晴しい。

孤独の淵にいるメリキアン夫人は、常に厳しく素っ気なくて、
2人が仲良く楽しそうにおしゃべり場面を見ることもないのだけど、
刺繍をする時間を共有して育まれた関係性がとてもステキ。
あからさまな言葉や態度では表現されないところがいい。
だけど、しっかりと信頼関係と強い繋がりが芽生えたんだなぁ。
刺繍の技能と共に、娘の世代へ受け継がれていく大切なもの。

ギョームが釣った魚を逃がした時の台詞には感動が走った。
そして、クレールの新たなる決心には胸がいっぱいになった。
なんて素晴しい着地点なんだろう。
生命を宿した少女に息子を失った夫人が伝えたことでもあるだろう。
人との出会いや好きな仕事で、人生が以前よりも輝いたこともあるだろう。
とにかく、クレールの心が動いたんだ。希望の光が射したんだ。
クレールの心に縫い込まれた刺繍の美しさに酔いしれる。

公式サイト
BRODEUSES  2003 フランス
監督.脚本 エレオノール・フォーシェ
出演  ローラ・ネマルク、アリアンヌ・アスカリッド 、ジャッキー・ベロワイエ
 カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリ

(渋谷Bunkamura ル・シネマ)
[PR]
by CaeRu_noix | 2005-09-20 23:22 | CINEMAレヴュー | Trackback(34) | Comments(28)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/1833168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 試写会帰りに at 2005-09-22 07:14
タイトル : 「クレールの刺繍」
ヤマハホール「クレールの刺繍」試写会。 霜の降りたような土のアップから始まる。 寡黙に打ち沈んだ女性2人が刺繍によって再生していく姿を、陰影深い絵画のような映像の中、ひと針ひと針ビーズを刺繍していくように丁寧に描き出していく。 この映画の持つ質感、空気感に..... more
Tracked from ラムの大通り at 2005-09-22 14:45
タイトル : 『クレールの刺繍』
------これってタイトルやチラシの絵柄からして、 むか〜しの時代の話って気がするんだけど、 ニャんと現代なんだって? 「そうなんだよね。フェルメールの絵をモチーフにした 『真珠の耳飾りの少女』なんてのもあったし、 ぼくもその頃の話かと思ったら、まるで違っていた。 主人公はまだ17歳の少女クレール。 刺繍が好きな彼女は、妊娠を隠すために 親友の勧めもあって刺繍職人メリキアン夫人のアトリエで働くことに。 ところが夫人は息子を亡くしたばかり。 生きる希望を見出せないでいた。 一方、クレールも医者から“匿...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2005-09-22 17:18
タイトル : クレールの刺繍
針と糸が織り成す芸術、刺繍。淡々と続く単調な作業が、美しい芸術を生み出していくその様は人生そのものの様。布という人生の道に針という足で糸でできた軌跡を残していく。歩みは単調。淡々と続くその道は果てしない。しかし確実に作品は出来上がる。人生は自分のセンスでどうにでも装飾できるもの… クレールの刺繍には斬新な発想が取り入れられてあり、毛皮あり、チェーンあり、ボルト用の座金ありと、とても意気がいい。 伝統を守りながら新しいものを取り入れていくのが、また伝統を生む。 そして糸で世代をつないでいく事をエレオノ...... more
Tracked from Pocket Warmer at 2005-09-23 01:25
タイトル : 映画: クレールの刺繍
邦題:クレールの刺繍 原題:Brodeuses 監督:エレオノール・フォーシェ ... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2005-09-23 02:12
タイトル : いのちを縫い込む〜「クレールの刺繍」
ほんとは「チョコレート工場」を観るはずだったのに、寝過ごしたために行くつもりの映画館では間に合わなくなり、じゃあ近場の渋谷にしようかと思って行ってみたら満席になっていて、仕方がないから「メゾン・ド・ヒミコ」にしようかな、と思ったらやたら混んでるし、、とい....... more
Tracked from わたぼうしの日々。 at 2005-09-25 00:08
タイトル : “静かに紡がれる希望と再生の物語”(クレールの刺繍)
お休みだったので、ふと映画が見たくなり渋谷へ行った。 相変わらずの人混みを縫って、ル・シネマ へ。平日の昼間、ここに来ると街のざわめきから一瞬だけ切り離さ... more
Tracked from あ~るの日記@ココログ at 2005-09-26 20:39
タイトル : クレールの刺繍
映画『クレールの刺繍』を観た。17歳の少女クレールが妻子ある男性子供を身ごもり、匿名出産することに。しかし、大きくなるお腹を隠しながらスーパーのレジを勤める事は難しく、好きな刺繍で生計を立てようと決意して、交通事故で子供を亡くしたばかりの刺繍職人メリキアン夫人のアトリエへ通うようになる。やがて、二人が心を通うわせる様になり、お互いが励まされクレールも自分で子供を育てることを決意する。 女性のエレオノール・フォーシェ監督の長編デビュー作であり、自ら3年かけて書き上げた脚本は、彼女の半生から得た経験を織り...... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2005-09-30 00:23
タイトル : クレールの笑顔に脱帽《クレールの刺繍》
今日阪神の優勝が決まった。 世の中、特に関西は大盛り上がり。20年近く前に阪神が 優勝した時に、大阪の道頓堀で酔っ払ってカーネルサン ダースを見て「バースや!バースや!」といって盛り上 がっていた時がなつかしい。こんなネタも、今となって はわからない人ばかり。世の中のお祭りムードに反して、 今回はしっとりと落ち着いた映画を紹介。 主人公クレール(ローラ・ネマルク)は、まだ17歳の少 女。しかし妊娠5ヶ月。相手の男は結婚していて、相談 できるほどでもないしそれほど好きというわけ...... more
Tracked from ミチミチ at 2005-10-01 16:13
タイトル : 「クレールの刺繍」試写会
「クレールの刺繍」 監督 エレオノール・フォーシェ CAST ローラ・ネマルク/アリアンヌ・アスカリッド・・・ 今日は、試写会3連夜の第一夜 Christian Lacroixの特別ファッションショーつき試写会でした。場所もBunkamura ル・シネマ。しかし・・・会場のほぼ95%が女...... more
Tracked from ゴネの独り言。 at 2005-10-02 16:29
タイトル : クレールの刺繍
出演:ローラ・ネマルク、アリアンヌ・アスカリッド、トマ・ラロップ、ジャッキー・ベロワイエ他 監督:エレオノール・フォーシェ 原題:BRODEUSES                      2004年 フランス ゆる~くネタバレしてるかも。 刺繍の仕事を通して交差する2人の女の心の交流を描く。 17歳のクレールは、妊娠していた。望んでできた子ではなかったが、中絶するには抵抗があった彼女は、『匿名出産』の道をとることに。なるべく周りの人間に知られたくない彼女は、『ガンの薬の副作用で太った』と嘘をつき、...... more
Tracked from ピーナッツ日和 at 2005-10-06 10:30
タイトル : 「クレールの刺繍」
昨日は「クレールの刺繍」という映画を見てきました。 望まない妊娠をし、匿名出産を決意したすばらしい刺繍の才能をもった17歳の少女クレール」と、息子を事故で失い以来世捨て人のような生活を送っていた刺繍職人の「メリキアン夫人」が、刺繍を通して、しだいに心を通....... more
Tracked from amapola at 2005-10-07 10:47
タイトル : クレールの刺繍
片田舎の町並みははどこかくすんでいて、映画に流れる無言の時間は重いが、繊細な刺繍とひたむきに針を動かし没頭するふたりの女性の美しさに、時を忘れた。... more
Tracked from toe@cinemati.. at 2005-10-12 00:09
タイトル : クレールの刺繍
ちょっと、立て続けに3本映画を観たんだけど、これが、どれもそれなりに良い映画で、なんだか気分は上々~♪ その中から、まず1本目はフランス映画から。 <STORY> スーパーで働くクレールは、妊娠していることがわかったばかり。 医者からは、中絶ではなく匿名出産 (出産費用を無料にし、母親の名前を明かさずに子供を産むこと) を薦められる。 子供の父親は結婚して家庭もある。 スーパーでは太ったことを問わ... more
Tracked from ど風呂グ at 2005-10-16 12:10
タイトル : 「クレールの刺繍」☆☆☆☆
最近、観たい映画を、観たいときにではなく、ブログ当番のときに、観にいくようになってしまいました。 こんにちは。c-manです。 この映画、今から1ヶ月前くらいにbunkamuraに見に行きました。 (まわりのお客さんは、女性が多く、しかも、年齢層が高い。) さて、スト..... more
Tracked from ★☆★ Cinema D.. at 2005-10-22 23:17
タイトル : クレールの刺繍
鑑賞した日 : 10月22日土曜日 鑑賞した劇場 : 名演小劇場(10:00〜)   淡々とした映像。地味で動きの少ない静の作品。最初から最後まで大きな動きは全くありません。しかし惹きつけられました。恐ろしいほどに。上映開始1分から最後の最後までスクリーンに引き...... more
Tracked from 徒然なるままに・・・ at 2005-10-25 23:09
タイトル : 【映画】 クレールの刺繍 ★★☆
ストーリー: クレールはスーパーで働く17歳の少女。 家族と離れ、一人暮らしをしているが大人になりきった年頃でもなく、 まだ母親からの愛を求めている。 が、現実には、母との間は決して上手くいっていなかった。 クレールは妊娠していた。5ヶ月半を過ぎたお腹は日に日に目立ち始めている。 妊娠を母親にも話すことのできない彼女は、 産婦人科医の薦めで「匿名出産」を決めた。 フランスで通称「マドモアゼルXの出産」と呼ばれるもので、 母親の身元を伏せたまま、産後すぐに里子に出す制度である。 妊娠が周囲にバレることを...... more
Tracked from 映画でお喋り♪猫とひなた.. at 2005-10-27 09:25
タイトル : クレールの刺繍
一回くらい 予告を観ただけで どんな映画か 全く知らなかったんですが 名演小劇場が 「新作オータム女性映画特集」と 名打って宣伝しているだけあって まさに  「女性映画」  でした。 ストーリー以前に 映像がとてもきれいです! ため息が出ちゃうくらい シーンごとのカットが 「美術的」なのです。 特に クレールの着ている衣類の組み合わせ 彼女と 風景の マッチング ビーズやスパンコールなどを使った 刺繍の美しさ! (余談ですが 私の 「刺繍」のイメージは 「糸」しかなかった・・{/face_ase2/...... more
Tracked from カタログ at 2005-11-08 14:50
タイトル : クレールの刺繍
監督 エレオノール・フォーシェ 出演 ローラ・ネマルク ガエル・マーセ アリアンヌ・アスカリッド スーパーのレジ係として働くクレール。 望まない妊娠をしてしまった彼女は、匿名出産という手段で子供を生もうとする。 しかしお腹が大きくなってくるのは止められない。 ..... more
Tracked from 小人閑居日記 at 2005-11-13 15:10
タイトル : 「クレールの刺繍」
昨秋パリでこの映画がかかっていて、滞在中ずっと見たい見たいと思いつつもタイミングが合わず、結局見られなかった。これはきっと日本に来るだろうと待つこと1年、ついに京都にやってきた。 エレオノール・フォーシェという女流監督の初長編作品で、長編といっても88分と短め。結論から言うと、非常に私好みの映画だった。 ストーリーはシンプルで、望まない妊娠をしてしまった17歳のクレールは匿名出産(産んですぐ養子に出す)をするつもりだったが、息子を事故で亡くしたばかりの刺繍職人メリキアン夫人に弟子入りし、次...... more
Tracked from Paranoia Vag.. at 2005-11-19 02:55
タイトル : クレールの刺繍 Brodeuses
けっこう地味な映画だった。朝早くから見に行ったこともあり、前半は寝てしまうかと思った。 とにかく主人... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2005-11-22 09:46
タイトル : クレールの刺繍
 赤毛の髪に巻いた青いターバン。透き通るような白い肌。『真珠の耳飾りの少女』のスカーレット・ヨハンソンをも彷彿させる。  望まない妊娠をしてしまった17歳の少女クレール。畑からキャベツを掘り出してウサギの皮と交換し、せっせと趣味の刺繍に没頭する。やがて産婦人科を訪れるが、医者からは“匿名出産”の道を勧められ、働いていたスーパーにも休職願いを提出する。帰省した折、親友リュシルのもとを訪ねるが、リュシルの兄ギョームがバイクの事故で大怪我をしたことを知る。そして同乗していたギョームの友人が亡くなったのだ。...... more
Tracked from mimiaエーガ日記 at 2005-11-30 13:01
タイトル : クレールの刺繍
★★★★★原題:『brodeuses』刺繍する女たち相棒D.D.がよく見る番組... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2005-12-01 16:49
タイトル : 映画「クレールの刺繍」
映画館にて「クレールの刺繍」★★★★ ストーリー:フランスの片田舎。17歳のクレールは、妊娠を隠してスーパーのレジ係として働いている。唯一心が休まるのは、小さなアパートの一室で大好きな刺繍をしている時だけ。次第に大きくなるお腹のことも母親にさえ打ち明けられず、遂にひとりで“匿名出産”(身元を隠して出産し、養子に出すフランスの合法制度)を決意する。そんなある日、クレールは、息子を事故で失ったばかりの刺繍職人メリキアン夫人のアトリエに雇われることになる。薄暗い静かなアトリエで黙々と刺繍に打ち込むクレールと...... more
Tracked from シネマ de ぽん! at 2006-01-22 17:04
タイトル : クレールの刺繍
クレールの刺繍公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ い... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2006-01-24 22:29
タイトル : クレールの刺繍
しっとりと、ヨーロッパの伝統に息づく職人技を見せつつ、若い女性の心の動きと、子供を失ってしまった女性の悲しみ、再生を描いた小品。 あまり日本ではなじみのないビーズ刺繍がクローズアップされる。17歳のクレールは意に添わない妊娠をしてしまう。フランスでは伝統的に『匿名出産』という制度があるそうな。名前を出すことなく、出産をし、子供を養子に出す。18世紀、革命の頃、堕胎を防止するために始められたそうな。という事は、きっと、広く知られている事のような気もするのだが、クレールは医者に薦められて、母に内緒のまま...... more
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2006-04-17 21:31
タイトル : 「クレールの刺繍」
「Brodeuses 」...aka 「A Common Thread」2003 フランス 主演のクレールにローラ・ネマルク(エイブラハムおじさんとコーランの花たち/2003)。刺繍職人マダム・メリキアンにアリアンヌ・アスカリッド。監督はエレオノール・フォーシェ。 カンヌ映画祭2004国際批評家週間グランプリ受賞作品/フランス映画祭2004上映作品 スーパーマーケットで働くクレール(ネマルク)は17才。彼女は妊娠5ヶ月の身体。親とは不仲で、恋人も当てにならない。彼女は一人、匿名出産(生みの親が子...... more
Tracked from 映画評論家人生 at 2006-05-02 01:04
タイトル : クレールの刺繍
千里セルシーシアター フランスの田舎町を舞台に、静かな静かな優しくも切ない愛すべき秀作が誕生した。... more
Tracked from 銀の森のゴブリン at 2006-05-02 19:09
タイトル : クレールの刺繍
2004年 フランス 監督:エレオノール・フォーシェ 脚本:エレオノール・フォ... more
Tracked from いつか深夜特急に乗って at 2006-05-16 05:50
タイトル : クレールの刺繍
「クレールの刺繍」★★★★★ (盛岡フォーラム2)2003年... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2006-05-25 15:02
タイトル : 映画:クレールの刺繍
クレールの刺繍@TSUTAYA 「一針一針にこめたのはその命への思い」 「刺繍・針仕事」に惹かれて観たいと思ってた作品。なんだかものすごーく女性を感じます。編み物もですが手作りで凝ったものって執念がこめられてそうでコワイ(自分も作るの好きですが・笑)、でも綺麗~... more
Tracked from cinema note+ at 2006-05-31 01:14
タイトル : クレールの刺繍
クレールの刺繍BRODEUSES 2004年 フランス ジャケットが「真珠の耳飾りの少女」っぽい雰囲気ですが、これは現代のフランスの話でした。 主人公クレールの一挙手一投足を追って... more
Tracked from とんとん亭 at 2006-06-04 11:12
タイトル : クレールの刺繍
「クレールの刺繍」 2005年 仏 ★★★☆☆ 大変静かな映画です。 静寂の中で・・・・望まずとも 妊娠してしまい戸惑う少女と 最愛の一人息子を事故で失い絶望の淵にいる中年女性の 刺繍を通じての 心の触れ合いを描いた良作。 が、映画館で観たら間違...... more
Tracked from ~青いそよ風が吹く街角~ at 2006-08-23 00:32
タイトル : 『クレールの刺繍』・・・ ※ネタバレ含
2004年:フランス映画。... more
Tracked from Happy Together at 2007-08-27 14:52
タイトル : 『クレールの刺繍』(04フランス)
日本では例がない「匿名出産」を題材に、若くして予期せぬ妊娠をしてしまった少女と息子を事故で失った母親の交流を描いていきます。静かで丁寧な描写が印象的。 ... more
Commented by charlotte at 2005-09-22 17:17 x
TB&コメントありがとうございました。
台詞で物を語るというより、映像や表情で読み取る映画だと思います。
色彩感覚もすばらしく、やはりヨーロッパの映画は映像が温かいですね。日常生活も自然さが良いです。
伝えたい事をきちんと伝えると、さっと終わる潔さも実は大好きなんです。
色々読ませていただきますね。
これからもどうぞよろしく。
Commented by しろすけ at 2005-09-22 23:33 x
TBありがとうございます。
「宝箱にそっとしまっておきたくなるような愛おしい作品。」と、
ブログの記事でも書かれていましたが、まさにその表現がぴったりだなぁ、と思いました。今後もこちらに遊びに来させて頂きますね。
よろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2005-09-23 01:10
charlotte さん♪
私もヨーロッパの映画で描かれる自然な日常が大好きです。
台詞が多くないところもすごくいいですよねー。
ハリウッド・エンディングがスタンダードになっている人には
あっけないと感じられるような終わり方も、私には好みでした。
説明的でないところがよいですよね。感じる映画。
こちらこそ今後ともよろしくですー。
Commented by CaeRu_noix at 2005-09-23 01:11
しろすけさん♪
共感いただきありがとうございます。
ビーズやスパンコールのキラキラがそう思わせた
だけなのかもしれないのだけど、箱にしまっておいて
時々取り出して眺めてうっとりしたいというカンジなんです。
ぜひぜひまた遊びに来てくださーい。
Commented by しねまま at 2005-09-25 18:20 x
こんばんは。
>ギョームが釣った魚を逃がした時の台詞には感動が走った。
私もあのシュチュエーション、あのセリフには唸りました!さすが3年間脚本を練った女性監督らしい表現ですね。(思わずジ~ンと来ました・・・)
人物の背景もあえて語りすぎず、人によってはあっけないほどのあのラスト。とても好みでした♪ ギョームを謎めいた女性を惹き付ける青年として描いてるところが、『Dearフランキー』を思い出したりして、女性が描く理想像かな?なんて思ったりして(笑)。
現代劇ですけど、ちょっと古典的で絵画的な作風に感じました。『真珠の耳飾り』がお好きな人なら、ハマルこと請け合いかも♪
Commented by CaeRu_noix at 2005-09-26 00:36
しねままさん♪
台詞は少ないのに、ポイントポイントで効いていましたよねぇ。感涙。
ギョームが釣り好きだったのもこう繋がるのかーと。
この魚釣りのエピソードと、お母さんに相談しようかという結論、
すばらしい結びでしたよね。どこがあっけないというんだろう?!

ストレンジャーとギョームは「女性を惹き付ける謎めいた青年」
としては確かに、女性監督に生み出されたという共通性がありますね。

でも、わたし的にはギョームの存在がより自然だったのが好きです。
『Dearフランキー』のストレンジャーは、どこからともなく現れ、
アヤシイ奴かと思いきや、いい人で、おまけに恋の予感も、
という展開に理想的どころか都合よすぎと感じたりしたのですが。
ギョームは最初、ただの友人の兄で、働き口がなかったり、
事故で傷ついていたりして、ちっとも王子様的ではなかった。
それが最終的には、クレールに希望を与える存在になっていた
というさりげない歩み寄り方にグッときてしまったのです。
好みの問題でしょうけどね。
とにかくイケメン・ギョームには今後も注目ですねー。

『真珠の耳飾りの少女』同様に絵画のような美しさが堪能できましたね。
Commented by あ~る at 2005-09-26 21:32 x
はじめまして、TBありがとうございます。
本当に繊細な映画でしたね。
男としては、ああいった女性の強さに驚かされます。
エレオノール・フォーシェ監督、ローラ・ネマルクの次回作が期待されますね。

他にも気になる記事があったのでTBさせてもらいました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2005-09-27 01:18
あ~る さん♪
男性にその繊細さを感じていただけてうれしいです。
つらくても感傷的にならずに、前へ前へ進んでいく強さには
ハッとさせられましたよね。応援したいです。
次作にももちろん期待。

こちらこそ、今後ともよろしくですー。
Commented by at 2005-10-27 09:32 x
はじめまして 猫と申します。TBありがとうございました。
感想を読ませていただきました。語彙・感性にあふれた文章で 
私も 見習いたいな~と思いました。
こちらもTBさせていただきました。これからも宜しくお願い致します。
Commented by CaeRu_noix at 2005-10-27 23:51
猫 さん♪
ありがとうございます。
本作はとっても気に入ったので、がんばってレヴュー書いてみました。
実はそんなにあふれてはいないですよ。強引に絞ってみましたっ。
なーんか、いつも同じような言い回しをしているよなぁと思いながら・・。
感じるタイプの作品を言葉で綴るのは難しいですよね。
と頼りないのですが、さておき、こちらこそよろしくお願いします。
Commented by りこ at 2005-11-10 00:12 x
TB&コメントありがとうございました。ぜひぜひ「映画缶」http://www.eigacan.com/にも映画評かいてくだーい。名古屋での上映を中心とした映画サイトですが、ミニシアター系の作品ファンが多いので、ぜひお待ちしてます!!
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-10 15:19
りこ さん♪
「映画缶」っていうブログは初めて見るなぁーと思っていたんだけど、
名古屋のみなさんのものだったんですねー。
そういうのは地元の方々で盛り上げるのが一番じゃないのかな。
何が何でもぜひ観てほしい映画があった時には、おうかがいするかもしれません。
Commented by antoinedoinel at 2005-11-13 15:14
はじめまして。
TBさせていただきました。
東京は映画が早く見られてうらやましいです。。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-13 23:15
antoinedoinel さん♪
ありがとうございます。そうですねー。
早く観られること自体がいいとはそんなに思わないのですが、
全国で数カ所しか上映されない作品や東京でしかやらないものも
あったりするので恵まれた環境だなーと思っています。
Commented by たかゆき at 2005-11-19 03:04 x
TBありがとうございます。
「クレールの刺繍」はすごく女性的な力強い映画ですね。後半はほんとに素敵でした。人物像以外にも風景の描写が良かったですね。フランスという国が感じられたように思えました。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-20 00:27
たかゆき さん♪
女性好みの美しい作品でした。
男性の方にもそのステキさを感じていただけたのは嬉しいですー。
そうなんです。草原の緑や大地の色もきれいでしたよね。
人工的なものだけでなく、自然の美しさも堪能できましたよね。
やっぱりフランス映画はいいなーと思わせてくれる一作でした。
Commented by mimia at 2005-11-30 13:12 x
クレールが自分と重なりました。
手仕事は自分と向き合う大切な時間
それで気持ちを立て直したり…

ラストはじっくりと、それこそ腰を据えて心で対話する二人に感動しました。いい映画です~。。。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-01 12:57
mimia さん♪
お針仕事をさせているmimiaさんはきっと気に入ってくれると思っていましたー。
そうですね。自身と向き合うことのできる貴重な時間なんでしょうね。
お裁縫が苦手な私の場合は、余計にストレスがたまりそうな気もしますが・・・。
言葉は少ないけれど、徐々に心を通わせていく感じがとてもよかったですよねー。
Commented by ミチ at 2005-12-01 16:51 x
こんにちは♪
TBありがとうございました。
二人が刺繍をしている静謐な時間がとても好きでした。
同じ布に針を刺す行為は心通わす素晴らしい時間だったんですね~。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-02 01:06
ミチ さん♪
世代の違う2人が並んで刺繍する姿は感慨深かったですよねぇ。
相互に心を通わすのと同時に、夫人から若い世代へ技術や心が
受け継がれていくという図式にもジーンとしました。
Commented by まっちゃん at 2006-01-22 17:06 x
はじめまして。TBありがとうございました。なかなかいい映画だったと思います。どちらかと言えば、女性の方が、世界を理解できるのではないかなと思いました。またよろしければ、ブログに遊びにいらしてください。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-23 13:07
まっちゃん さん♪
そうですね。刺繍にしても、妊娠と母性いうテーマにしても、女性の方が共感しやすい世界だったと思います。理解というよりもほとんど感覚的にハマったという感じです。でも、きっと、描かれているものの素晴らしさは男性にもわかっていただけると思いますー。またよろしくお願いします。
Commented by とんちゃん at 2006-06-04 11:16 x
こんにちは~♪
この映画は 人物の感情は 観る側の想像に任せる、そういった部分が大部分をしめていましたね^^
でも、静けさと ゆったりムードで進む会話などの 中で充分伝わってくるものが ありました(勝手な解釈もあるかもですが^^)
「綺麗な映画」 そんな感じですね♪
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-05 12:31
とんちゃん♪
そうですねぇー。フランス映画にはこういうタイプのものは多いと思うのですが、背景や主人公の心情が明確に描かれていないんですよねぇ。だから、人によっては思い切り淡々とした物語ということになるのでしょうね。でも逆に、多くが語られないからこそ、敏感に察してしまうというか、彼女たちの思いが手にとるように伝わってくるですよねー。勝手な解釈だっていいんです! とんちゃんにも伝わったようで嬉しいです♪ 本当に美しい映画ですー。
Commented at 2006-07-26 12:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-07-28 23:28
ふぉくしさん♪
非公開コメントだったので、こちらにはレスつけずにミクちゃんの方に書いたんですが、再カキコいただきスミマセン。これはひとりで見るにぴったりな静かに味わい深い映画でしたよねー。めったに映画は観られなくても、こういうのを逃さず劇場鑑賞していただけたのはとても嬉しく。そういえば、紅茶等でしたっけ?
Commented by リーチェン at 2007-08-27 14:56 x
かえるさん、TBありがとうございました。
いつも圧巻のかえるさんのレビューですが、本作はまた素晴らしいですね♪
年齢も抱えている問題も全然違う二人の主人公が、言葉は少なくとも刺繍を通じて言葉にならない何かを感じ、前へと進みだす描写がとてもよかったです。映画館で見ていたら陶酔していたかも・・・
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-28 12:01
リーチェン さん♪
ふふ、ありがとうございます。
これ観ていただいて嬉しいです。
一昨年鑑賞作の超お気に入りでした。
プロヴァンスのような絵に描いたような美しい風景もステキだけど、こういう田舎の緑にも惹かれるものがありますよね。私は定番の家族ものなヒューマンドラマよりも、他人ものに強い感銘を受けがちなんですが、この2人の師弟関係はとてもよかったですよねー。大躍進じゃないけれど、一歩踏み出す感じがいいんですよねー。
<< ネットで航空券予約~ルーマニア... PageTop ルーマニアに行ってみようかなー >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon