かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ブラザーズ・グリム』
2005年 11月 15日 |
カエルを信じろ。
映像世界はとーっても楽しかった。
物語的なハマり度はもうヒトコエかな・・・。

19世紀、フランス占領下のドイツ、魔物退治が旅をするウィルとジェイコブのグリム兄弟は、ある村で起こった連続失踪事件の真相解明のため、呪われたマルバデンの森に入る。




マット・デイモンのヨーロッパ舞台の時代コスプレを見るのは
たぶん初めてなんだけど、意外とハマっていてビックリ。
ヒース・レジャーも今までのイメージとは違う役作り。
挙動が妙にコミカルで御伽ならではの愉快なグリム兄弟。
おどろおどろしさが漂っているのにキャラクター達はハイテンションなのがおもしろい。

グリム童話の世界って大好きだものー。
これが映像化されるというだけで、もうワクワク。
さすがのギリアム・ワールド、薄気味悪い美しさにうっとり釘付け。
19世紀のドイツの村の建物や人々の衣装のデザインも好きだし、
そんな村や鬱蒼とした森を映し出すカメラワークもいい。
見てくれだけのきらびやか鎧、水車がよかったなぁ。

まるでアミューズメント・パークのお化け屋敷アトラクション!
赤ずきんやヘンゼルとグレーテルに出逢えたのも嬉しい。
ラプンツェルの高い塔、白雪姫とエピソードは満載。
木々が動いて襲って来るし、生きている森からも目が離せない。
収集つかないほどにてんやわんや盛りだくさんで楽しかったー。

クライマックスの鏡の部屋は見ごたえ最高潮。
モニカ・ベルッチの妖艶な美貌は呪いの世界にぴったり。
醜い老婆と成り果てた実像と、美しい鏡の中の虚像を
同時に映し出すカットは圧巻。素晴しすぎるー。

カエルやカタツムリの登場もいいじゃない。
アヒルは常にバタバタ駆け回っているのがさりげなく好きで。
恐ろしい獣たちの動きもおもしろかった。
ジェヴォーダンの獣、ヴェン・ヘルシングで見たような気もするけど。
シュヴァンクマイエルっぽい映像もあったね。
ティム・バートン・ワールドには劣るかなぁ。
見ごたえあるんだけど、どこかで既に見た気がしてしまうのが残念。

冒険劇を眺めるのも楽しかったけど、
あくまでも眺めているという状態が続き、どっぷりハマリ度は薄め。
結果的には、心に強く訴える印象的な1本にはならないかも。
映像は何度でも見たーい。童話の映像化は大歓迎。

ブラザーズ・グリム  公式サイト
THE BROTHERS GRIMM 2005 アメリカ
監督 テリー・ギリアム
出演 マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、ジョナサン・プライス

-追記-
キネ旬で読んだんだけど、マット・デイモンは役作り?のために
タンゴのレッスンまでさせられたそうです。
さすが、ギリアムワールドはわけがわかんなくてステキ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2005-11-15 23:17 | CINEMAレヴュー | Trackback(21) | Comments(24)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2209420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from It's a Wonde.. at 2005-11-17 19:44
タイトル : ブラザーズ・グリム
大好きなテリー・ギリアム監督の最新作。 全作品好きな映画ですけど、特にお気に入りは 「バンデットQ」と「フィッシャー・キング」。 ギリアム監督はファンタジーで本領発揮する人。 この新作は「バンデットQ」や「バロン」 そして処女作「モンティ・パイソ...... more
Tracked from the borderland at 2005-11-17 21:47
タイトル : 「ブラザーズ・グリム 」
テリー・ギリアムといえば、「未来世紀ブラジル」や「12モンキーズ」なんだろうけど、どっちも観てません。唯一観たのが「ロスト・イン・ラマンチャ」!これは映画作りの苦労と監督のこだわりは伝わってくるけど、あくまでも失敗作のメイキングなんで、どんな監督かはよく分からないまま、この作品を鑑賞しました(^^; 【ネタばれです】 え~と、詐欺師の兄弟が改心していく物語です(^^; あんまり悪巧みしそうな感じがしない(しても失敗しそうな)マット・デイモンとヒース・レジャーの組み合わせは、案外いけてます...... more
Tracked from 日々徒然ゆ〜だけ at 2005-11-18 00:34
タイトル : ブラザーズ・グリム
 映画界の異端児・テリー・ギリアムひっさびさの新作。  『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』のおよそメジャーとは程遠い,しかし一部でカルト的人気を誇る作家に,冒険活劇娯楽作を求めちゃいかんのではないか。第一,ギリアムなら,グリム童話よりシャルル・ペロ... more
Tracked from Saturday In .. at 2005-11-18 00:51
タイトル : ブラザーズ・グリム
アメリカ&チェコ合作 117分 監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン     ヒース・レジャー     モニカ・ベルッチ     ジョナサン・プライス 19世紀のフランス占領下のドイツで兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各 地の村を旅してその...... more
Tracked from 凛大姐&小姐的極楽日記! at 2005-11-18 01:18
タイトル : 殴りこみだぜっ 「ブラザーズ・グリム」
いや〜〜、面白かった!!{/kaeru_fine/} 今年のランキング、いきなり殴りこみのベスト3入りですねっ!! 最初は、周囲への遠慮もあり、クスクス笑いで必死に我慢しましたが、 途中からフルスロット全開!{/roket/} 周囲への配慮も忘れ、ゲラゲラ笑っちゃいました!!{/face_yaho/} 30過ぎて、しかも、バツイチにもなると、周囲への配慮より、 自分の笑いを大事にするようになるのです・・・。{/face_ase2/} いやあ〜、ワイヤーアクションものは、多々見てきたけど、オオカミが...... more
Tracked from もじゃ映画メモメモ at 2005-11-18 11:07
タイトル : 【 ブラザーズ・グリム 】
テリー・ギリアム監督、久々さの作品。 ファンタジーはファンタジーでも、ダークな方ですので娯楽性は低め。見る際はお気をつけ下さい。 映像や特殊効果、雰囲気はかなり凝っていて最初から最後まで凄いよ。 でも、ストーリーは単調で少々退屈でした。 これはテ...... more
Tracked from Days of Book.. at 2005-11-18 11:17
タイトル : 『ブラザーズ・グリム』の森
グリム童話を読んだのは小学校低学年のころだから、もう50年も前のことになる。それ... more
Tracked from 0120 Blog at 2005-11-18 20:57
タイトル : 『ブラザーズ・グリム』を観ました。
独特な映像・世界観・ストーリーで観客を唸らせてきたテリー・ギリアム監督。 ギリアム監督と言えば、ジョニー・デップも出演する筈だった『The Man Who Killed Don Quixote(ドン・キホーテを殺した男)』が、撮影現場を襲った洪水と主演のジャン・ロシュフォールの怪我、金....... more
Tracked from キマグレなヒトリゴト at 2005-11-18 23:57
タイトル : 『ブラザーズ・グリム』 マット…。
今日も試写会にて1日だけ早く、『ブラザーズ・グリム』見てきました。 テリー・ギリアム、といえば、『12モンキーズ』なイメージでした。 なので今回ちょっと意外でした。確かにちょっとブラックな 笑いが多くて(そもそも「詐欺師」だし)彼らしい、といえば そうだけどま..... more
Tracked from toe@cinemati.. at 2005-11-19 00:20
タイトル : ブラザーズ・グリム
テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』が大好きで。 なんか、久しぶりにその感覚に再会して嬉しかったよ。 <STORY> ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔女退治と称して、“ウソの魔女”を登場させて、退治したフリをしながら、村人から金を巻き上げ、ヨーロッパ各地を渡り歩いていた。 そんなあるとき、フランス軍のドゥラトンプ将軍(ジョナサン・プライス)に捕まる。 将... more
Tracked from 引き出しの中身 at 2005-11-19 01:14
タイトル : THE BROTHERS GRIMM
ブラザーズ・グリム 監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、レナ・ヘディ、ジョナサン・プライス、ピーター・ストーメア 2005年 アメリカ 何百年も眠ったまま王子様を待っていた眠り姫は… 暗い森の中に、あかずきんちゃんは迷い込んで… 森で出会った狼の眼は… 王子様のキスで白雪姫は… ガラスの靴を履いたシンデレラは… お菓子の家が森の中にあると聞いて、ヘンゼルとグレーテルは… さてさて、グリム童話。 知っておいでですね? これは...... more
Tracked from I am invinci.. at 2005-11-19 07:49
タイトル : ブラザーズ・グリム
公開中なので、控えめに! ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔物退治でちょっとは名の知られた存在だった。 ところが、ドイツを占領下においているフランスのドゥラトンブ将軍(ジョナサン・プライス)に逮捕されてしまう。 恩赦..... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2005-11-19 14:35
タイトル : ブラザーズ・グリム [旬は過ぎたが、まだ旨い・・・]
ティム・バートンとファン層が相当ダブるだろうと思われるテリー・ギリアムの新作です。脂の乗り切っている霜降りティム・バートンと比べると、筋ばっかりになった感のあるギリアムですが、それでも本作は結構面白かったです。 上映前はモニカ・ベルッチ様が、もしかしてグレーテル役?、もしかして赤頭巾ちゃん役?、ひょっとして白雪姫?、・・・と有り得ない予想をしていましたが、普通に魔女っぽい役でした。グロい映像もある程度あってPGなんとかは確実に付きそうだったから、それならばなぜモニカ様は登場シーン全てで服を着ていたの...... more
Tracked from ゴロゴロしあたー at 2005-11-19 19:39
タイトル : ブラザーズ・グリム
予告編面白そ~とか思ってたら監督はテリー・ギリアム。とりあえず押さえとくか!って感じで観て来ました。全体のトーンはかなり好みでした。軽くダーク。 でも・・・なんというか、ギリアム監督作品としてのうまみはあんまり感じられませんでした。 随所に散りばめられたブラックなジョークは見事にツボだったんですが、脚本がちょっとぬるかったような気が。 前半部分の脚本、もうちょっと尺を縮めてストーリーに関わるエピソードを盛り込んだ方が良かったんじゃないかと思うほど散漫な印象。後半は一気に加速してあっという間の...... more
Tracked from 慧の映写会 at 2005-11-23 19:35
タイトル : 「ブラザーズ・グリム」
「赤ずきん」「白雪姫」「シンデレラ」 「眠れる森の美女」全部ひっくるめて・・     あれ〜そんな〜あ〜・・・ まあ〜楽しんじゃうのが一番ってことで この写真とても正統的雰囲気な「ブラザーズ・グリム」まあ〜 このイメージで スクリーンの前に座っちゃあ駄....... more
Tracked from HAPPYMANIA at 2005-11-24 03:12
タイトル : ブラザーズ・グリム<ネタバレあり>
映画館の予告編を観て公開を楽しみにしてた作品である “驚愕のファンタジーワールド” ワタクシが最も好きなジャンルである。キャ〜 わくわく ドキドキだわぁ〜(●⌒∇⌒●) 。。。。って何だこりゃ?? う゛〜〜〜っ ちょっと違ったな。。。てか騙されたわ( ̄_ ̄...... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2005-11-26 00:00
タイトル : 『ブラザーズ・グリム』レビュー/どっちが兄貴?
バイトの掛け持ちのあいだ、たまたま時間が一致したので、新宿で『ブラザーズ・グリム』を観ることにした。予備知識としては、モニカ・ベルッチが出演していることと、グリム兄弟の話なんだ、という程度。観終えて…いやぁ、フランスびいきの私としては、なんとも(苦笑)将軍の、ところどころで出てくるフランス語に気を取られているうちに、ストーリーがわからなくなっちゃって。もう、普通に全部英語でいいよ。あと、フランス兵よ、みんな太りすぎじゃない?イタリア人の側近のいいかげんさは、ああ、これぞイタリア人という感じでほほえまし...... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2005-11-26 21:47
タイトル : 森に彷徨ったら〜「ブラザーズ・グリム」
「ブラザーズ・グリム」を観に行く。水曜日だったためか劇場は女性率が高く、というかなぜか何を期待してなのかおばさま率が高く、予告がひとつ終わるごとにひそひそ声が聞こえる。韓流に飽きたのかしら。内容はというと、グリム兄弟やグリム童話の蘊蓄を期待して観ると裏....... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2005-12-31 17:43
タイトル : 「ブラザーズ・グリム」
「ブラザーズ・グリム」THE BROTHERS GRIMM / 製作:2005年... more
Tracked from cinema capsule at 2006-01-04 13:41
タイトル : ブラザーズ・グリム
鬼才(奇才?)テリー・ギリアムグリム兄弟の童話からインスピレーション を受けた、素晴らしいイマジネーションの世界へ誘われる。 ★「ブラザーズ・グリム」  2005年アメリカ 117分   監督:テリー・ギリアム  出演:マット・デイモン     ヒース・レジャー     モニカ・ベルッチ ★Story 19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にして...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-10-26 01:19
タイトル : 映画『ブラザーズ・グリム』
原題:The Brothers Grimm グリム童話を知らない人はいないと思うが、この映画にヘンゼルとグレーテルが突然登場なんて驚かされる。ちょっぴり気持ちの悪い虫も蠢くファンタジー・・ 魔女に妖怪、いまだ暗黒時代の尾を引く19世紀はフランス占領下のドイツ、ウィル(マッ... more
Commented by kana3160 at 2005-11-17 14:11
この土日に観ようかな~と思っています。
この映画はDVDでなくて、劇場で観たいし・・・娘も行くだろうから、かなりの出費となります。。。
Commented at 2005-11-17 14:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-11-17 15:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-17 23:14
kanaさん♪
そうですね。どうせ、観るならスクリーンで!
でも、ちょっと悪趣味系なので、娘さんは楽しんでくれるか不安・・・。
出費の穴埋めはKanaさんのやりくり上手で何とかしてくださーい。
Commented by RIN at 2005-11-18 01:27 x
コメント&TBありがとうござました♪
「チャーリーとチョコレート工場」も「コープスブライド」もまだ
記事にしてないんですが、また記事にしたら、TBさせていただきます。
ブラックユーモア好きな点ではティム・バートンも、テリー・ギリアム
も同じだと思うんですけど、どうも両者は違う毛色を持っているように感じます。
Commented by もじゃ at 2005-11-18 11:24 x
TBさせて頂きました!
テリー・ギリアム監督、久々さの作品だったので、自分はちょっと期待し過ぎてしまいました。
でも映像は凝っていて凄かったなぁ。
マット・デイモンはタンゴのレッスン受けてたんですかー。...な、なんでタンゴ?w
Commented by 0120 Blog at 2005-11-18 21:03 x
はじめまして、こんばんは。
当BlogへのコメントならびにTB有り難うございました。
気になった点は、グリム兄弟の詐欺仲間2人が塔の場所から“カエル”を使わずに森を脱出していた所と、フランス人の拷問役将校?が掌を返したようにグリム兄弟の肩を持つようになった経緯が解りづらかった点ですかね(笑)。
その他はとても満足しています♪
もう一回じっくり観て、セットや小物、隠れた監督のこだわりを発見したい気分です。
Commented by minori at 2005-11-18 23:57 x
こんばんわ。
え!タンゴ?!
意味わからず(笑)でも面白い。
いいですねぇ。こういう発想。
私はこれ、嫌いじゃないです。とりあえず面白ければ
いいや、みたいな感じですけど(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-19 01:18
RINさん♪
そうですねぇー。私がバートン作品を好きなポイントと、
ギリアム作品を好きなポイントは似ている気がするんだけど、
じゃあ、両者の作品は似ているかといったらやっぱり異質。
このへんは今後、研究していきたいですー。
RINさんのバートンワールドの旅がどのように金城くん達に
着地するのかを楽しみにしておりますー♪
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-19 01:20
もじゃさん♪
苦労人の久々の新作といったら期待しすぎてしまいますよね。
確かに、期待したほどに心は掴まれなかったかなぁ。
でも、評判がよくなかった割に、そこそこ楽しめてよかったですよね。
タンゴは謎なんですが、流麗な動きが身に付いたのかも??
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-19 01:21
0120 Blog さん♪
ありがとうございます。
はい。わかりづらかった箇所は結構あったような気がしますー。
整合性を求めちゃーいけないのかなかと思ってましたー
でも、カエルは最後まで使ってほしいところですよね。
カエルは大事です。何度でもなめていただかないとー。
細かいこだわりはそこらじゅうにありそうですよね。
アヒルじゃなくてガチョウの向きにもかなりこだわっていたらしいです。
やっぱりその職人気質は大好きですー
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-19 01:22
minori ちゃん♪
ギリアムの頭の中は凡人には理解できないのでしょうー。
マット・デイモンが役のために付け鼻をつけようとしたら、
マットがマットだと見た目でわからなくなるのはダメだ!
ギャラを減らすぞーって言われてやめたんだそうですー。
なんかとにかく変でおもしろかったよねー。
好きか嫌いかっていう話ならかなりラブかな♪
Commented by toe at 2005-11-19 01:28 x
こんにちは~。

映像が本当に面白かったですね~。
私は、ストーリーをほったらかしにして、映像に潜んでいる笑えるネタばかりを探していました (^^;)
ギリアムには、また昔のようなブラックたっぷりの傑作を撮って欲しいですね~♪
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-19 01:51
toeさん♪
そうなんですよー。いわゆるストーリーはよくわかってません。
なんかとにかくわくわくニヤニヤ楽しかったというカンジですー
まだまだエネルギーは充ち満ちているようなので、
もっとパワー炸裂な作品をまたとってほしいですよねー。
とりあえず、悪趣味らしいけど、アリスmeetsサイコの次回作も期待。
Commented by 哀生龍 at 2005-11-19 07:48 x
>おどろおどろしさが漂っているのにキャラクター達はハイテンションなのがおもしろい
哀生龍は映画を楽しむ時に“キャラから入る”傾向にあるので、この作品は初っ端からやられました(笑)

>心に強く訴える印象的な1本にはならないかも
>映像は何度でも見たーい
この作品は“小説”じゃなくて“絵本”ですよね!!
Commented by sheknows at 2005-11-19 09:22
2本も新作が公開されるなんて〜、と思っていたら、片方はギリアム・仕様のファンタジック映像、一方は「出た〜!…他の監督では作れない〜」という感じのもののようですね〜。タイドランド。

哀生龍さんの「“小説”じゃなくて“絵本”」に賛成。思えば、バロンも。
Commented by bi_ka at 2005-11-19 19:43
はじめまして。コメント・トラックバックありがとうございました。
タンゴのレッスンですか・・・?意味がわかりませんね(笑)
カエルがお好きなんですか?この映画でのカエル婆さん可愛かったですねー。仰向けにゴロンしてたりとか(^^)
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-20 00:36
哀生龍 さん♪
グリム兄弟のキャラはおっかしくてよかったですよねぇ。
共感などはあまりできないんだけど、奴らの挙動から目が離せなかった。
蠢く虫も何もかも笑えるから、あまり気持ち悪いとは感じなかったし・・。
ギリアム的、ねじれた絵本ワールド楽しかったです。
笑える系はやっぱり哀生龍さんの感触もよいのね。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-20 00:40
sheknows さん♪
この手のファンタジーは似たような作品はありますよねぇ。
といっても、細部は二つとないギリアム節が効いていましたが。
そして、タイドランドはそんなにもギリアム・ワールド炸裂なんですかね?
どんなんが作られたのかとっても楽しみですよね。
『バロン』の映像世界も大好きですー。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-20 00:45
bi_kaさん♪
タンゴ・レッスンについては調査しなければいけませんね。

蛙が好きかというと微妙なんですが、かえるという名を名乗っているので、カエル贔屓なんですよ。
カエルが登場する映画は意外とよいものが多いですし。
水陸両棲なんてかっこいいじゃないです。
カエルばあさんラブリーでしたね。
Commented by at 2005-11-23 19:48 x
はじめてお邪魔します そしてTBさせてください
よろしくです 
追伸:この作品お好きなカエルが出てきて良かったですね
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-24 10:38
慧 さん♪
はじめまして。よろしくですー。
カエルを信じろです。どっこい生きてます。水陸両用っす。
動物、それも普段は大して可愛がられもしないやつらが
登場する映画はとても好きなのですよ。よかったです♪
Commented by chatelaine at 2005-11-26 00:03
こんばんは。
言われてみれば、シュヴァンクマイエルの奇怪さもうかがえましたね…。撮影がプラハだったということも一因かもしれません。
私はギュスターヴ・モローっぽさを感じました。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-26 01:14
chatelaineさん♪
泥人形がカタチをかえる時の動きはシュヴァンクマイエル風味でした。
クッキーはまた違うやつだけど・・・。
はいはい。今chatelaine さんのレヴューを読んで、
塔の上の鏡の間はなるほどモローっぽいなぁと思いました。
ベルッチの衣装も結構似ていたようなイメージかも。
いろんなもののエッセンスを取り込んでいるようですねっ。
<< 米ピープル誌の最もセクシーな男... PageTop ビエルタンとその要塞教会 ~ル... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon