かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ミリオンズ』
2005年 12月 09日 |
なんてファンタスティック!晴れやかに気持ちいいー。
可愛いダミアンの無垢さとステキなエンディングに大いに感動。
とてもよいお話。本物の聖なるクリスマス映画かも。

母親を亡くし、カニンガム家の10歳のアンソニー、8歳のダミアンと父親の3人は新しい家へ引っ越してきた。



まもなくイギリスのポンドがユーロに切り替わり、ポンドがただの紙くずになるという頃、段ボールで作ったダミアンの秘密基地に22万ポンドもの大金の入ったバッグが降ってきた。

「自分の子供たちに堂々と見せられる映画を」という思いでダニー・ボイル監督が取り組んだ今作。舞台は監督の故郷イングランド・マンチェスター。

『トレインスポッティング』 のダニー・ボイルが子ども主人公の映画だなんてちょっと不思議な気もしたけれど、この新境地はすごくよかった。『28日後..』も怖くっておもしろかったけど、それ以上に気に入ったのはDVDで観た劇場未公開作の『ストランペット』と『ヴァキューミング』!ハリウッドへなんて二度と行かず、イギリスを舞台にこぢんまり素朴でもセンスのいい作品を作り続けてほしいなぁ。
d0029596_23343136.jpg

曇り空のイメージが強かったイギリスだけど、この空の青さに心躍る。
澄み渡る青空の下、広がる黄色の花畑の間を子どもが駆け抜けるシーンは最高。
こういうシーンをサラッと入れるセンスが大好きなんだな。
スタイリッシュな映像にわくわく。そのテンポが気持ちいいんだよね。
エレクトロニックなサウンドも効いていて躍動感もアップ。

経済観念がやけにしっかりとしている現実的、合理的な兄と信心深くひたすら純粋な心を持つマイペースな弟のやり取りがおもしろくてほほえましい。どちらの性格も彼らの長所だよね。支え合ってがんばってねー。
可愛い子どもを主人公にした映画はあざとくて好きじゃないとしょっちゅう言っている割に、またしてもひたむきな純真さが可愛くってたまらないダミアンにやられちゃった。すっかりダミアンくん応援態勢で一挙一動を見守った。彼のちょっとすっとぼけた善良なる行動にたびたびジーン。

ファンタジー映画に、妖怪や魔女や天使や妖精が出てくることには慣れっこになっているけど、聖人に出逢っちゃうというのには新鮮な感動があった。ナザレのヨセフ、ミラのニコラウス、アッシジのフランチェスコ・・・。21世紀、8歳の子どもが遠い昔の聖人に相談にのってもらうなんてすごくステキな場面じゃない。幻影なのかな。でも、清らかな心を持つ信じる者の前にだけ現われるものなのかもしれない。清貧なフランチェスコにほど遠い私たちには見えないけど。

通貨がユーロに切り替わる直前という設定もナイスなアイディア。まもなく紙くずになってしまうポンド紙幣。そもそも私たちの通貨はただの紙切れでもあり、その一束一枚の価値は日々変動しているんだよね。たかがお金、されどお金。市場にはお金で買える魅力的なものがあふれていて、私も何度も買っていない宝くじが当たった時の使い道を構想したし。多くのお金を所有できたらそりゃあ嬉しいし、ほしい物はいくらでもある。だけど、資本主義社会なのだからある程度は当然とはいえ、世の中の拝金主義傾向が強すぎることに不安を覚えたりもする。お金の魔力は目に見えない大切なものを失わせているよね。そんなふうに常々感じていたから、この物語のテーマはとても心に響いた。

『マザー・テレサ』 は映画のつくりが気に入らなくて、あまり感動しなかったのだけど、キリスト教の教えを重んじて、貧しい人たちを助けようというダミアンの姿勢からマザーテレサのことを思い出した。映画に限っては、テレサよりもダミアンに胸をうたれた。テレサの中でも、奉仕活動をするにもこの世界ではお金の問題がどうしても絡み、お金を配分することイコール善行になってしまっていた。お金を使うことからは免れないのなら、やっぱりとにかく使い道を考えようということなんだよね。ミリオンズでできること。

ママ登場のシークエンスにもジンときた。そして、ミラクル。
エンディングはサイコー。島国イギリスから大陸への心地よい瞬間移動。
途中、何度か映った線路上を電車が走り抜ける場面が印象的だったのだけど、最後にはそれと同じスピード感で水路を水が流れていったのが爽快。感動もほとばしる。

ミリオンズ 公式サイト
MILLIONS  2004 イギリス/アメリカ
監督 ダニー・ボイル
脚本 フランク・コットレル・ボイス
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
出演 アレックス・エテル、ルイス・マクギボン、ジェームズ・ネスビット

(渋谷 シネマライズ) 
[PR]
by CaeRu_noix | 2005-12-09 23:11 | CINEMAレヴュー | Trackback(33) | Comments(28)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2352270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from I am invinci.. at 2005-12-12 00:05
タイトル : ミリオンズ
公開中なので控え目に。 イギリスの貨幣が、もうじきポンドからユーロに替わると言う時期。 8歳のダミアン(アレックス・エテル)は、10歳の兄アンソニー(ルイス・マクギボン)とパパ(ジェームズ・ネスビット)と共に、新興住宅地へ越して来た。 母を亡くしてそう間が..... more
Tracked from デコ親父は減量中(映画と.. at 2005-12-12 16:23
タイトル : ミリオンズ−映画を見たで(今年156本目)−
監督:ダニー・ボイル 出演:アレックス・エテル、ルイス・オーウェン・マクギボン、ジェームズ・ネスビット 評価:78点(100点満点) 公式サイト 心の汚れた私には、非常に痛い映画だった。 ああ、そんなことしたら見つかる!早く隠せ!とばか...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2005-12-12 16:48
タイトル : ミリオンズ
空から大金が降ってきたら・・・誰もが一度は空想したコトがあるはず。 そんな仰天な出来事に遭遇してしまったダミアン。 だけど間もなく時代はポンドからユーロへ切り替わる。 それまでにこのお金一体何に使えばいいの? 色、色、色の大洪水! 子供たちのおそろいのブルーのトレーナー 校庭でころがる大玉転がしみたいな真っ赤なボール 青空をすごい速さで移動する羊みたいに真っ白な雲・・・ 現実離れしたカラフルな色使いとちょっとファンタジックなストーリー。 「ボクの子供たちに堂々と見せられる映画...... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2005-12-12 18:37
タイトル : ミリオンズ
ダニー・ボイル監督の出身地でもあるイギリス北部が舞台の新作は、 ちょっとほろっとする楽しい映画でした。 少年の想像力がそのまま映像になっていく手法はなんとなく 「アメリ」っぽいかも。現代を舞台にしたファンタジー要素の強い作品。 ダミアンとアンソニ...... more
Tracked from 極私的映画論+α at 2005-12-12 20:29
タイトル : ミリオンズ (2004) MILLIONS 98分
 信心深い8歳の男の子ダミアンと10歳になる現実主義者の兄アンソニー。ママを亡くしたばかりの2人は、パパとともに郊外の街へと引っ越しをする。そんなある日、秘密基地で遊んでいたダミアンの目の前に、大きなバッグが降ってきた。中身はなんと22万ポンドの札束。折しもイギリスではユーロへの切り替えを控え、ポンド紙幣も12日後には紙クズになってしまう。アンソニーは大人には内緒にして自分たちで使い切ろうと言い出し、さっそく欲しかった物を買いまくる。一方、神様からの贈り物と信じるダミアンは、貧しい人に分け与えようと考...... more
Tracked from YUKKOのI LOVE.. at 2005-12-12 20:58
タイトル : 「ミリオンズ」
「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督の新作です。ハリウッドで撮った「ザ・ビーチ」は大失敗でしたよね。なのに、この新作・・・ウウウウッもう涙出るし、簡単にいうとハートウォーミングな作品ですが、実に楽しめる映画です。アンソニーとダミアンはお母さんを....... more
Tracked from Black-o'-Lan.. at 2005-12-12 21:02
タイトル : 『ミリオンズ』
はいはい例の如く交番でおまわりさんに道を尋ねながら(おばあちゃんか)、『ミリオンズ』を見てきましたよ。 あらすじ。 母を亡くし新興住宅地に引っ越してきたばかりの兄弟、アンソニーとダミアン。ある日ダミアンが作った秘密基地にいきなり大金が入ったボストンバッグが降ってきて、信心深いダミアンは「これは神様からの贈り物だ!」と考える。兄のアンソニーと分け合い使用することに決めたが、このポンド札はポンドがユーロへと変換されるクリスマスにまで使用してしまわなければただの紙きれになってしまう。 アンソニーは金をダシ...... more
Tracked from HIROMIC WORLD at 2005-12-12 21:16
タイトル : ミリオンズ
本日の1本目は「ミリオンズ」 イギリスの通貨が、ポンドからユーロに変わる直前、8... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2005-12-12 23:02
タイトル : 【映画】ミリオンズ
"Millions" 2004年イギリス/アメリカ監督)ダニー・ボイル出演)アレックス・エテル ルイス・マクギボン ジェームズ・ネスビット デイジー・ドノヴァン満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネマライズにて マンチェスター郊外の新興住宅地に引っ越してきたカニンガム一家。母親を亡くしたばかりの一家は、父・ロニー(ジェームス・ネスビット)が男手一つで二人の小学生の息子を看ている。兄のアンソニー(ルイス・マクギボン)はしっかり者の現実主義者。弟のダミアン(アレックス・エテル)は聖人マニアの夢見がちな...... more
Tracked from 凛大姐&小姐的極楽日記! at 2005-12-12 23:05
タイトル : クリスマス第二弾「ミリオンズ」
なぜか「クリスマス映画」第二弾!{/kaeru_fine/} だって、知らなかったんですよ{/ase/} コレ、「クリスマス映画」だってこと・・・。 大金が空から降ってくる話ですよっっ!! 「ひとまず走れ」のガキバージョンみたいな映画かな? と思ったんですもん・・・{/face_ase2/} でも、コレはいいです。{/kirakira/} 「金ナシ、彼氏(or彼女)ナシ、予定ナシ」のナイナイさんが観ても とてもイイ気分になります。{/kirakira/} キリスト教徒じゃなくてもオッケです。{/h...... more
Tracked from the borderland at 2005-12-13 00:38
タイトル : 「ミリオンズ」
子供が大人を出し抜く物語?いや、ワクワクするファンタジーでした。 母を亡くして、父と一緒に新しい街に引っ越してきたダミアンとアンソニー。引越しのダンボールで作った秘密基地(庵と字幕ではありました)に22万ポンドが入ったナイキのバックが落ちてきた。ちょうどイギリスはユーロへの切替えを12日後に控えている。それまでに使いきれるか! ユーロの切替えと同時にポンドが使えなくなるってのは、ちょっと無理があるような(^^; ちなみにフランスでは今でもレジでユーロとフランを同時表記してましたよ。 ...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2005-12-13 00:40
タイトル : ミリオンズ
ダニー・ボイルよ。 『トレインスポッティング』が大好きでさぁ~、あれもう9年前なんだね~。 でも、それ以来あまりパッとしないダニー・ボイル。 この映画でねぇ~、そうだなぁ~、少し復調してきなかなぁ・・。 <STORY> お母さんをなくしたばかりのカニンガム一家は、心機一転新しい土地と家で、新しい生活をと、新興住宅地に引っ越してきた。 彼らは、パパ(ジェームズ・ネズビット)と、10歳の兄アンソニー(... more
Tracked from 目の中のリンゴ at 2005-12-13 01:55
タイトル : 爾・゜・・ェ・・,・發・△譴
爾・ネ・ぅ鵝Ε好櫂奪謄・鵐・當未犬磴覆・離瀬法次Ε椒ぅ覺篤弔”僕の子供たちにも堂々と見せられる映画を作りたかった”と 作った映画。 予告を観て、なかなか良さそうだなーと楽しみにしてました。 公式HP 死んだお母さんの思い出をあとに、新しい家に引っ越してきた ダミアンとパパとお兄ちゃん。 このダミアン君、そばかすいっぱいの、まだ幼い男の子。 1年生くらい?カワイイ~。 (まだ赤ちゃんっぽい、ぷっくりした感じが残ってる。) 夢見がちで 聖人マニア。 キリスト教で有名な数々の聖人を崇拝していて、 時々彼ら...... more
Tracked from cinema capsule at 2005-12-13 02:06
タイトル : ミリオンズ
ダニー・ボイルって「トレインスポッティング」や「シャロウ・グレイプ」 のドラッグ、暴力・・・といったハードな映画を撮るイメージがあるけど、 最新作はとってもハートウォーミングな快心作! ★「ミリオンズ」 2004年イギリス  98分 監督:ダニー・ボイル 出演:アレックス・エテル    ルイス・オーウェン・マクギボン    ジェームズ・ネスビット ★ストーリー キリスト教マニアの信心深い8歳の男の子ダミアンと10歳になる現実主義者 の兄アンソニー。ママを亡くしたばかりの2人は、パパとともに郊外の...... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2005-12-13 13:53
タイトル : [ ミリオンズ ]子供ならではの発想を楽しむ
映画[ ミリオンズ ]@渋谷で鑑賞。 昨日の[ 狼少女 ]に引き続き子どもが主人公の作品。 監督は[ トレイスポッティング ][ 28日後... ]の ダニー・ボイル。ちょっとドキドキのサスペンスあり、 ファンタジーあり、アドベンチャーありのハートウォー ミングなお話。 子どもが主人公の映画を観るときは、僕は2つのことをい つも楽しみしている。 ひとつは、未知のものに体験し、辛さや厳しさを乗り越え ていこうとする子どもの成長の姿が描かれているかどうか。 もうひとつは、大人に...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2005-12-14 01:05
タイトル : 「ミリオンズ」
 2004年/イギリス・アメリカ  監督/ダニー・ボイル  出演/アレックス・エテル  監督ダニー・ボイルが、自分の子供たちに観せられる作品を、という想いで作られた作品。確かに、「トレインスポッティング」や「28日後・・・」は、子供には観せられないよね(笑)。  通貨がユーロに切り替わる直前のある日、大量のポンド紙幣を拾った8歳のダミアン。実はそのお金は強盗が盗んだお金だったため、彼は騒動に巻き込まれる・・・というお話。  お金に対してはシビアで、しかもちゃっかり者のお兄ちゃんと...... more
Tracked from 桂木ユミの「日々の記録と.. at 2005-12-14 11:17
タイトル : マジメすぎて面白みが足りない◆『ミリオンズ』
12月10日(土)シルバー劇場にて 母親が亡くなり、父親と共に8歳のダミアンと10歳のアンソニーは、新しい町へと引っ越してきた。ある日、引っ越しで使った段ボールで線路近くにダミアンが作った秘密基地に、スポーツバッグが降ってきた。バッグの中身は22万ポンドのお札だ...... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2005-12-14 12:11
タイトル : ミリオンズ
神様に 比べりゃ紙幣も ただの紙   マルクやフランやポンドが全部ユーロになる話。私たちにはちょいとピンと来ないよね。でも、そんなのはどっちでもいい。ここに出てくる金銭感覚は痛快だよね。  信心深いソバカス小僧のダミアンと現実主義者の兄アンソニー。母親を亡... more
Tracked from サバペ at 2005-12-14 18:58
タイトル : 映画/ミリオンズ 見てこれまた
映画「millions」 監督:ダニー・ボイル 『トレインスポッティング』 『28日後…』 撮影:アントニー・ドッド・マントル 編集:クリス・ギル 音楽:ジョン・マーフィ キャスト ダミアン…アレックス・エテル アンソニー…ルイス・マクギボン... more
Tracked from 泥海ニ爆ゼル at 2005-12-14 23:21
タイトル : ミリオンズ
「ミリオンズ」 ダニー・ボイル監督作品。「トレインスポッティング」「28日後・・・」を手がけた監督が今度は「子供に胸を張って見せられる映画を作りたかった」と、心温まる、夢のような映画を作り上げた。 ダミアンとアンソニーは母を亡くし、父と共に引っ越してきた。兄のアンソニーは頭がよく切れ者で弟の面倒をよく見、弟のダミアンは心優しく、聖者を好み、彼らの幻影を時折見ることがある。はじめ学校になかなか馴染めないでいた彼らのもとに、突然何百万ポンドもの大金が降ってきた。さてこの大金をどうする? ボイ...... more
Tracked from まつさんの映画伝道師 at 2005-12-18 07:09
タイトル : ミリオンズ
第291回 ★★★★(劇場)  もしも宝くじが当たったら。  これは誰もが考える「妄想」だ。庶民は親族の遺産も自分の給与も「莫大な富」を生んでくれそうもない現実に眼を背け、今年も「年末ジャンボ」に夢を託す。  しかし最近集計されたアンケート結果を....... more
Tracked from LA SPECTATRICE at 2005-12-22 22:13
タイトル : ミリオンズ('04)
        空から突然大金が降ってくる。そんな夢物語が現実に起こったら? 現実主義者で大人のような考え方を持つ兄・アンソニーと聖人を信じ純粋な心を持つ弟・ダミアンの二人の視点から物語は描かれる。   母を亡くし、父と新しい家に引っ越したアンソニー... more
Tracked from Soup of the .. at 2005-12-24 22:47
タイトル : 96.『ミリオンズ』
ダニー・ボイルの作品。『トレインスポッティング』の監督でもある彼が、自分の子供たちに見せたい作品を作ったらしい。  母親を亡くした兄弟が新天地に引越ししてくる。弟が作った隠れ家にバックが落ちてきた。中には、たくさんのお金が入っていた。弟は、神様からのプレゼントだと信じて、貧しい人たちに配っていくが、兄は、投資したり、友人にお金で手懐けたりした。そんな時に怪しい男が兄弟に近づく。その男は強盗団の1人だった。こんな奴に奪われるくらいなら、いっそうのこと使い切ってしまおうと・・・・。  弟は、...... more
Tracked from ワンダーあーちゃん(*´.. at 2006-01-15 15:31
タイトル : 「ミリオンズ」@スペースSF汐留
今日の東京地方は雨…。悲しいかなスペースFS汐留めは屋根のない階段に並ぶので、30分近く傘をさして雨の中開場待ち。早めに入れてくれればいいのになぁ・・・って思ったけどそうは問屋が卸さない。が、こまったちゃんがぷりん(そんじょそこらのプリンじゃないよ!写真を撮っておけばよかった…)を持ってきてくれてウキウキ気分で開映に望めました。ごちそうさまでした。いつもありがとうございますあ、もちろん会場内飲食禁止ですのでロビーにて食させていただきました★ {/kaeru_en1/}STORY 日本語オフィシャルサ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-02-03 00:46
タイトル : 映画「ミリオンズ」
原題:MILLIONS  -お金なんか・・でも少しは・・- ユーロへの通貨統合が迫り来る中、母を亡くした英国の8歳と10歳の兄弟、ダミアン(アレックス・エテル)とアンソニー(ルイス・オーウェン・マクギボン)が突然空から降ってきた(犯罪がらみで列車から投げられた)大金を... more
Tracked from Diarydiary! at 2006-02-04 22:24
タイトル : ミリオンズ
《ミリオンズ》 2004年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - MILLIO... more
Tracked from 映画をささえに生きる at 2006-02-14 16:32
タイトル : ミリオンズ
ダミアンに真っ直ぐ眼を見て「そっれて正しいの?」と聞かれ、目をそらさずにいられる大人は果たしてどれだけいるんでしょう。... more
Tracked from 銀の森のゴブリン at 2006-07-15 12:26
タイトル : ミリオンズ
2004年 アメリカ・イギリス 2005年11月公開 監督:ダニー・ボイル 脚... more
Tracked from とんとん亭 at 2006-07-23 22:46
タイトル : ミリオンズ
「ミリオンズ」2005年 英 ★★★☆☆ ダミアン(アレックス・エテル)は、兄のアンソニー(ルイス・マクギボン)とパパ、ロニー(ジェームズ・ネビット)の3人暮らし。ママは 死んでいない。 イギリスでは クリスマスの日に、ポンドがユーロに替わろうとし...... more
Tracked from cinema note+ at 2007-03-11 23:49
タイトル : ミリオンズ
ミリオンズ スペシャル・エディションMILLIONS2004年 イギリス当たり外れの大き... more
Tracked from bibouroku at 2007-10-31 00:57
タイトル : ミリオンズ
トレインスポッティング のダニー・ボイル監督が 珍しく撮ったハートウォーミングなストーリーです。 あらすじは・・・ キリスト教マニアの信心深い8歳の男の子ダミアンと10歳になる現実主義者の兄アンソニー。ママを亡くしたばかりの2人は、パパとともに郊外... more
Tracked from ソノトキシネマ Film.. at 2008-04-13 20:24
タイトル : vol.23. speciality 特技 『ミリオンズ』
先日、過去のアメトークで「この芸人が凄い!」というのを見てたのですがダンディ坂野... more
Tracked from Blossom縲€Blog at 2008-04-15 09:19
タイトル : ミリオンズ
ミリオンズ MILLIONS 監督 ダニー・ボイル 出演  アレックス・エテル ルイス・マクギボン      ジェームズ・ネスビット デイジー・ドノヴァン クリストファー・フルフォード イギリス アメリカ...... more
Commented by 哀生龍 at 2005-12-12 00:22 x
>聖人に出逢っちゃうというのには新鮮な感動があった
幼い子は“空想の友達”を作り出す設定は良くあるけれど、聖人たちとお話しちゃっているとは、かなりのキャラですよね(笑)
可愛らしかったです!!
しかし、お兄ちゃんも良かったなぁ~♪♪

>この新境地はすごくよかった
想像以上にいつものダニー・ボイルの強烈さがなくて、良い意味で裏切られました。
と同時に、もうトレスポ2は望めないな・・・と(涙)
ユアンの馬鹿・・・
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-12 09:45
哀生龍 さん♪
聖人は空想の産物ではなくて、そこに現れたのですー♪
そのピュアさがとっても可愛かったですよねぇ。
お兄ちゃんも将来カッコいい俳優になりそうで期待。

トレスポ的なものを期待した人にはたぶんちょっと物足りないのかもしれないけど。
私はこのファンタジー感がとても気に入っちゃいましたー。
トレスポ2はやるとしたら、もっと年を経てから?
だけど、ユアンはすっかりしっかりハリウッド・スターになっちゃっているからなぁ。
近年のボイル作品の主演俳優のシブさ(地味さ?)を思うと遠い存在なゆあんー。
Commented by sabunori at 2005-12-12 16:51
こんにちは!
TBありがとうございました。
カラフルな色彩と心地よい音楽、ダミアンなんて名前なのに聖人オタクな
主人公の男の子!
私もストライクゾーンど真ん中にバ〜ン!とはまってしまいました。
ホント、クリスマスプレゼントみたいな作品でしたよね。
Commented by THOM at 2005-12-12 18:27 x
うわー観たいっ!!なかなか観に行けなくて、最近行けなくてもいいかーって思ってました。
で、記事を読んで観たい気持ちが爆発しました。
絶対行ってやるー
Commented by kazupon at 2005-12-12 18:42 x
TBありがとうございました。自分、ポンドがほんとにユーロに変わるんだ!と思いながら見てました。(苦笑)
なんというかいい意味でかる~い映画でした。おしつけがましく
ないというか。日本映画にもアメリカ映画にもあまり無いこの
テイストはイギリス映画ならではなのかな~と思います!
Commented by HIROMIC WORLD at 2005-12-12 21:27 x
CaeRuさん。こんばんわ。TBありがとうございました。
>ステキなエンディングに大いに感動。
って、私も本当にそう思います!誰もが最高の笑顔で、しかもイキイキと描かれてましたね。
スピード感がシンクロするあたりも、心地よさを高めていた要素だったのですね。言われて納得です。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-12 22:36
sabunori さん♪
ど真ん中HIT嬉しいです。
そうそう、ダミアンというと真っ先にオーメン2の悪魔の子を思い浮かべてしまいますもんね。
むしろ天使みたいに清らかなダミアンくんでした。
そうかー、この映画がクリスマスプレゼントなのかもしれませんね。
プレゼント=物と結びつけてしまう自分を反省。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-12 22:38
THOM さん♪
わーい。ぜひ観に行ってくださいな。
評価は人それぞれ違ってくるとは思うのですが、
この時期に観る方が気分も盛り上がるに違いないし、
あの青空やポップな映像はぜひスクリーンで堪能してほしいですー。
Commented by RIN at 2005-12-12 23:09 x
コメント&TBありがとうございます♪
兄弟ふたりの子役もすごくよかったし、人間くさい聖人達も
よかったですね~!
もうすこしあざとかったらでシラケモードになったと思うんですけど、
ギリギリのラインで上手く作ったなあ、と思います。
お兄ちゃんなんかね、最初はイヤなガキだなあ、と思うんですけど、
最後の方で「いつもお前の子守役でっ!」って泣きそうになりながら
怒るシーンにヤラレましたよぉ~!
Commented by Ken at 2005-12-12 23:11 x
こんにちは!TBありがとうございます。
ダミアン、ちょっと変わってるんだけど、子供らしい一途さがすごく健気で良かったですよね!それだけにお母さんに出会えたシーンはホンワカした気持ちになりました。あの場面はお兄ちゃんもよかったなあ。

自分の記事にも書いたのですが、ラスト・シーンがなあ・・・すいません・・・僕はちょっとダメでした・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 00:30
kazupon さん♪
私も最初、そうかぁイギリスもユーロになるんだっけ?と思って見はじめました。その説明の仕方なんかがホントっぽかったですよねー。
イギリスのヒューマン・ドラマのにユーモアに満ちたポップさっていいですよねぇ。ハリウッドの子ども映画は泣かせよう姿勢が強すぎるから・・・。
この押しつけがましくないところが気持ちいいです。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 00:33
HIROMIC WORLD さん♪
ラストよかったですよねー。
そうなんです。言葉でグダグダ状況説明されるより、人々の輝いた笑顔を映しだしてくれれば、それで充分にハッピーが伝わるんです。それをボイルはわかってくれているなーと。
ハートウォーミングな感動映画はたくさんあれど、あー気持ちいいなーって感じるのは稀でした。
Commented by toe at 2005-12-13 00:40 x
こんにちは。

私、これ、ちょいダメでした・・。
何に感動するのか、微妙に分からず・・。
が、子供がかわいいのは良く分かりました(^^;)
Commented by borderline-kanu at 2005-12-13 00:56
こんばんは。子供はあざといとは私も思うんですが、これは最後まで爽やかな作品でしたね。でもラストはあんまり好きではないんだけど(^^; カヌ
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 01:11
RIN さん♪
聖人たちは確かに人間くさくて親しみがわきましたねぇ。
そんなキャラクターとして描いたことも好感ポイントでした。
べたすぎないラインでうまーく作ったなーと思いますよ、ほんと。
身内もそれぞれにちょっとズルをしようとしている描写あって、
偽善的な空気に押されないリアリティがよかったです。
対照的なしっかり者のお兄ちゃんのキャラも効いていましたよね。
なんだかんだいって兄弟愛にもジーン。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 01:11
Ken さん♪
不思議ちゃんなダミアンくんですがとにかく健気でしたよね。
ママとのシーンはとてもよかったですよね。泣けました。

ママのところまではよかったのに、おしかったですー。
私はファンタジーが現実的な貧困問題に寄り添ったことに
すっごく感動してしまったんですが・・・。
みんなを感動させるエンディングではなかったようですねぇ。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 01:14
toe さん♪
残念でしたー。すっごく感動的なんだけどなー。(笑
ダミアンの純な健気さにとにかく腹黒い私は心うたれたというのが大きいです。
貧しい人を助けようと確固たる思いにもとても感動しました。
やっぱりそれも自分や多くの人が簡単にそういうふうにはできないからかなぁ・・。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 01:16
カヌさん♪
さわやかさがよかったですよねー。うーん、ラストはダメでしたかぁぁ。
聖人達の教えを実行するのって感慨深かったんだけどなーー
Commented by kino at 2005-12-13 01:56 x
TBありがとうございました。
私は大好き、コノ映画。映像とダミアン君の可愛らしさにやられました。
あざとくてもやっぱり可愛いんですもん。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-13 13:02
kino さん♪
大好き仲間、嬉しいです。
一昔前のハーレイ・オズメント的子役使いのあざとさは好きじゃなかったけど
ダミアンくんの可愛さには斜めに見る気持ちも吹き飛びましたよ。
Commented by アハハン at 2005-12-13 19:27 x
こんばんは。内容について突っ込んでるひとは多いんですけど、映像のセンスとリズムについて書いてるひと少ないですよね。突っ込みドコロはいっぱいあったってイーんです。ダミアンくんの冒険につきあってドキドキできるかどうかが評価の分かれ目かな。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-15 00:50
アハハン さん♪
そうですかー。リズム・テンポがこの映画のポイントですよねー。
平凡な語り口/演出だったら、私はひょっとしたらノレなかったかもしれない。
このスピード感がダミアンくんの冒険を盛り上げてくれたというのに。
ツッコミどころというのも、人それぞれの常識や価値観の違いですよね。
ユーロに切り替わった後はポンドが紙くずになってしまうというのは確かに現実にはありえないと思うけど、それ以外は出来過ぎだとかきれい過ぎだとかあり得ないとかは感じませんでした。
ハリポタなファンタジーはみんな当然のように受け容れるのに、こういう現実的なアプローチのファンタジーにはツッコんでしまうというのはちと残念ですね。
Commented by たけちゃ at 2006-02-03 19:35 x
少し前の記事にも懐かしさを込めてまとめてTBさせてもらってます。
(TB返しとか面倒でしたら無視してくださるようにお願いします)
Commented by CaeRu_noix at 2006-02-04 11:29
たけちゃ さん♪
返答ありがとうございます。
面倒だとかではなく、『SAYURI』や『インハーシューズ』は、私の琴線に触れる映画ではなかったため、手抜きして書いたレヴューなので、はりきってTB返しをしたいものでもないんですよね。その点、『ミリオンズ』は2005年のベスト10入りしたほどにお気に入りなので、これは送っておこうと思ったのですが、たけちゃさんのレヴュー記事を読んで、ちょっとガックリしてしまったんです。私のレヴューの内容を読んでくれたうえでのTBだったのかなぁ?と・・・。評価が正反対であることはかまわないのですが、最近観た作品でもないのに、否定的なコメントを含む記事を、その作品を気に入っている当方にあえて今さら送るのはどういうことだろうと思ってみたりしました。すみません。深い意味はなくて、たまたま共通したのがそういう作品だったということなんですね。了解しました。私の方はとりわけミニシアター系に力を注いでいますので、そちらに共通作品があった時はまたよろしくお願いしますー。
Commented by Hitomi at 2006-02-05 19:41 x
こんばんは、ダニー・ボイルには本当にハリウッドなんかよりこうしたイギリスの田舎町を舞台にその町の若者や子供を主役とした映画を作って欲しいです。ユアンくんもそろそろハリウッドからイギリス映画界にもどってこられては・・・と思います(どうも彼には爽やかなイメージが湧きません(苦笑))
それはさておき、この映画スピード感が溢れしかも色使いも綺麗。そして兄弟の対比も素晴らしい。大好きな映画です。

Commented by CaeRu_noix at 2006-02-06 12:33
Hitomi さん♪
カラフルな色使いにほほえましい兄弟、語り口の心地よいスピード感。ステキな映画でしたよねー。
ノーラン監督なんかはハリウッドでもなかなかよい仕事をしているなぁと感じられましたが、ダニー・ボイルに関してはハリウッドじゃあ持ち味が全然発揮されませんでしたよね。本当にイギリスで自由に柔軟にステキな作品を作り続けてほしいですねー。ユアンが戻ってくるというのは難しそうな気もしますが、興業の失敗を俳優のせいにする『アイランド』の件に嫌気を感じた可能性はありますよね。イギリス製作の映画にも出てほしいですよねぇ。
Commented by minori at 2008-04-13 20:23 x
かえるさん、こんばんわー。過去の記事に失礼しますね。
いやいや、ダミアン君かわいかったです。が、私は姉なせいなのか
かわいいのにイライラしましたよ(笑)かわいいからこそお前もっと現実
みろよ、と言いたくなる兄貴の気分でした。ラストのママもそこらへんの本質をしっかり見抜いた現実に根ざしたママだったのが好感持てましたねー。こんなかわいい息子たちを残していったのは悔しいだろうなーなんて余計なことを思いつつ。それにしても守護聖人。守護聖人といえば「リトル・ランナー」を思い出しますがこれも面白い使われ方をしていましたよね。やけに人間臭い聖人たちもステキでした(笑)それにしてもあれだけの金、降ってこないかな、とやっぱりベタなことに思いを馳せた自分がちょっと情けなくなりました。ではではまた。
Commented by CaeRu_noix at 2008-04-16 00:37
minori さん♪
ダミアンくん可愛かったねー。。
いえ、私も姉なんですが、彼はまだまだちびっこだったからイライラはしなかったかな。もちろん教育的な目で見たら、ちょっと何とかしたい余地のある困った子だったけど、観客として見ている限りではとことんカワイイって思うばかりだったような・・・。兄さんならば、弟をたくましく育てなくちゃって感じですよね。
そうそう、「リトル・ランナー」も守護聖人が出てきましたね。私はこっちを先に見ていたので、リトルを観たときに本作のことを思い出したのでした。こういうファンタジー映像って楽しいよねー。ダイモンもいいけど。
まぁこの世の中お金はあるにこしたことがないのだけど、拝金主義な社会にうんざりもしているので、この物語のテーマにはとびきり感動したのでありまする。
<< 『ロバと王女』 PageTop ヨーロッパ映画賞受賞結果 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon