かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
五つの修道院 ~ルーマニア旅行⑦
2005年 12月 18日 |
ブコヴィナ地方にある世界遺産の五つの修道院 
(Cinci Mana stiri Bucovinene )



16世紀初頭、オスマン帝国が領土を拡大、モルドヴァ公国は
自治を許されて繁栄しており、いくつもの修道院が建てられた。

外壁を埋めつくすフレスコ画が見どころ。
(普通、宗教画は聖堂の内壁のみで建物外壁には描かれない)
聖書の一場面やオスマン朝との戦いの様子が描かれている。

1.フモール修道院 (Manastirea Humorului)

1530年建立。壁画は宮廷画家トーマによる。
d0029596_2334037.jpg


2.ヴォロネツ修道院 (Manastirea Voronet)

シュテファン大公の命で1488年建立。
外壁、東面に「聖人伝」、南面に「エッサイの樹」
西面に「最後の審判」が描かれている。
d0029596_234313.jpg


「最後の審判」 天国か地獄行きか神の裁きを受ける。
d0029596_2343010.jpg


3.モルドヴィツァ修道院 (Manastirea Moldovita)

1532年建立。南面の壁画ははペルシャ軍襲来の戦闘場面
d0029596_2344934.jpg

鮮やかな色彩の細やかなフレスコ画は見ごたえがあり。
壁画の有名なヴォロネツ修道院には、学校の生徒らしき団体がいたものの、ほとんどの修道院は観光客も少なく人影まばらで、ゆっくり聖堂内部や壁画を見て回れた。町とは離れた緑豊かな丘陵地の中に点在する修道院。真っ青な空の下、緑もあふれ、すがすがしい空気の中、趣ある修道院と側を歩く修道女の姿を眺める一時はゆったりとしてとても心地よいものだった。
もしも私が修道女になるのなら、周りの草花や全体の雰囲気がいい感じのモルドヴィツァ修道院にするかな。

4.スチェヴィツァ修道院 (Manastirea Sucevita)

1586年建立。五つの中で最大の規模と敷地をもつ。
しかし、ここは世界遺産に登録されていない。北面に「天国の梯子」、
d0029596_235826.jpg

d0029596_2353524.jpg


5.アルボーレ修道院 (Manastirea Arbore)

1503年建立。もっとも小規模。
 (略)

- - -
d0029596_2355899.jpg五つの修道院巡りは食事タイムも入れて数時間かかった。
私が修道院を観る間はドライバーさんは外で待っていて、私がそれぞれを満喫したら車に戻って、次の目的地に向かうというかたち。
基本的には運転するのみのドライバーさんなんだけど、ランチは同じテーブルでとった。食事込みツアーでもないのに、同じテーブルに座るものなのかぁと意外。彼は積極的にメニューを見て、これがいいよとすすめてくれた。一番ロープライスなランチプレートだったのでそれにした。が、しかし、ソーセージだとかいろんな肉類が主役のこってり油っぽいシロモノでした。最初の何口かはおいしいんだけど、これは飽きますね。ルーマニアで見かける男性はがっしりしてスポーツ選手みたいな風貌の人が多い気がしていたのだけど、いつもこういう食事をしているのならそれも納得。彼の名前を聞いたり、写真を撮ってもらったり、和やかに食事を終え、なぜかお会計は私持ちだった。あれれ?
<10/22>
[PR]
by CaeRu_noix | 2005-12-18 23:03 | 旅 行 記 | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2396974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スパム撲滅研究所 at 2005-12-20 01:05
タイトル : 迷惑トラックバック撃退方法、ついに解禁!!
迷惑トラックバックに関して今まではそのブログの運営側に頼るしか方法がなくユーザー側はこれをいちいち手動で削除するしかありませんでした!しかし2ヶ月間のモニター実験により99パーセントの迷惑トラックバックの撃退に成功しました!!... more
Tracked from Chocolate縲log at 2006-04-17 08:03
タイトル : 再びロンドンへ
どうしようかな~って悩んでた旅行の目的地と日程がとうとう決まった! 再びロンドンへ。昨年の全く同じ時期にロンドンに行ったんだけど、 ものすご~~く気に入ったので「また来よう」と思ってはいたけど、 こんなに早く実現するとは思わなかった。 EUに行く..... more
Commented by kana3160 at 2005-12-20 11:15
すばらしいですね・・・。全身刺青のようなフレスコ画ですね。
やはり、外壁に描かれているものは、初めて見ました。と言っても他のも写真ですが。
私は仲間がいないと寂しくて死んじゃう兎なので、ヴォロネツ修道院で修道女になるわ。
お近くだから、遊びに来てね。。。って、一人の世界で危ない人になりかけました。
ランチ・・・納得いかないわ。だったら、初めから言って欲しいしネェ~。
ところで、CaeRuさんは、フランス人なの?
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-21 22:51
kana さん♪
全身刺青!的確な表現です。ナイス♪
そうなんですよ、ブルーがとても鮮やかで美しかったです。
クリスチャンな暴力団組員さんにはこういう刺青を彫ってみてほしいかも。
神を冒涜しているって叱られちゃうかな。
ヴォロネツ修道院とモルドヴィツァ修道院は30km以上離れているので、あまり頻繁には行き来できなそうですー。寂しがり屋のkanaさんは田舎の修道院より都会の大きな教会の切り盛りが似合うかも。
関係ないけど、ポニーの家の先生はシスターでしたよね。レイン先生。
はい、私、身も心もフランス人です。(よい子は真似しないでね)
Commented by kana3160 at 2005-12-22 09:22
私は、かわいくてお洒落なフランス人に憧れる、豪快なイタリア人です。。。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-23 01:38
kanaさん♪
陽気なイタリア人ですねー。そんな気がしていました。
ラテン気質はいいですよねぇー。まんじゃーれ!
私はフランス人、それもパリジェンヌですねん。
Commented by Chocolate at 2006-04-17 08:05 x
かえるさん

おはようございます。

色々ご相談にのって頂きありがとうございました~
今回の旅の目的地が決まりましたー。(^.^)
予想以上に安く行けるので一安心です。
(ちょっと話題が違いますがTBさせて頂きましたー)

かえるさんは目的地決まったんですか?
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-18 12:43
Chocolate さん♪
決まったんですね!楽しいロンドン、愉快なロンドン♪
いいなぁー。そうか、ロンドンはやっぱり安いんですね。
ゆっくりじっくり旅の計画をたててくださいー。

私はもちろん例によって、頭の中で思いをめぐらすだけで、ネットで検索さえもしていません。とりあえず旅雑誌を立ち読みして、インスピレーションを!と思いつつそれもやっていません。だから、ダメなんだー。そうして、取れるチケットが見つからないパターン。いえいえ、今月中にちゃんと取り組めるようにしたいです。うー
<< EXILS 『愛より強い旅』 PageTop 『ロバと王女』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon