かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
ワダエミの衣装世界
2005年 12月 22日 |
世界的な衣装デザイナー、ワダエミさんの多彩な活動によって生み出された作品が一堂に会した展示会



① 映画 「HERO 英雄」 (2002年 張芸諜監督)
② オペラ 「マクベス」 (2004年  野田秀樹演出 新国立劇場)
③ 新春TVドラマ 「里見八犬伝」 (2006年1月2-3日21時放送 TBS)
④ 映画 「LOVERS」 (2004年 張芸諜監督)
⑤ 演劇 「浪人街」 (2004年 山田和也演出 青山劇場)
⑥ 清水寺の仏事 「青龍会」
⑦ 映画 「夢」 (1990年 黒澤明監督)
⑧ 映像コーナー
⑨ 音楽劇「コーカサスの白墨の輪」(2005年 串田和美演出)


屈指の映像美を誇る「HERO 英雄」や「LOVERS」の衣装を間近で見られてうっとり。
映画の登場人物や場面を思い浮かべつつ色鮮やかな世界を堪能。
素材感やデザインの細かい部分を目にすることができておもしろかった。
とりわけ「LOVERS」の牡丹坊でチャン・ツィイーが着ていたピンクやブルー基調で豪華な刺繍が施された衣装はきらびやかで美しくてしばらく眺めていても飽きないほど。

オペラ 「マクベス」の青から緑にうつる繊細なグラデーションの40色の衣装がずらりと並んでいるのも見ごたえがあり。シルクビロードの質感がまたいい感じ。東洋の衣装がほとんどの中で、この40体オペラ衣装には惹かれるものがあった。

黒澤作品も見なくちゃ。

16分間のドキュメンタリー映像もまた興味深かった。
北京のアトリエでチャン・イーモウ映画の衣装の準備をする様子などが映し出されていて、ワダさんの想像力とセンスとそのこだわりに感心することしきりでした。微妙な色を出すことに妥協をしない。すごくかっこいい仕事ぶり。こんな日本人女性が世界で活躍していることはとても誇らしいかも。勉さんすごい。

(梅窓院 祖師堂ホール / 外苑前)
[PR]
by CaeRu_noix | 2005-12-22 23:23 | Art.Stage.Book | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2416419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゃむ at 2005-12-24 22:48 x
CaeRu_noixさん、こんにちは。
そしてメリ-クリスマス。(^^
これからも寄らせてください。
楽しい映画の話待ってます。
Commented by sheknows at 2005-12-24 22:57
ああ、羨ましい〜。観たいな〜〜〜。
「ワダエミの衣装」と聞くだけで、その映画を観に行こうと思いますもんね。東京だけなんでしょうね〜。う〜。
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-26 12:28
じゃむ さん♪
ありがとうございますー。
またぜひぜひお越しくださいー。
メリクリは終わったので、よいお年をー!
Commented by CaeRu_noix at 2005-12-26 12:29
sheknows さん♪
すばらしかったですよー。
「ワダエミの衣装」は別格というカンジですよね。
展示会は、東京の後、札幌に移るらしいのですよ。
ならば、他の都市にも行く可能性がありそうなものなんですがどうなんでしょうね。
<< myベスト・フライヤー選出 -... PageTop EXILS 『愛より強い旅』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon