かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ロード・オブ・ドッグタウン』
2006年 01月 06日 |
青春の疾走に高揚。
カリフォルニアの太陽の下では何もかもが輝いてみえる。

70年代、カリフォルニアのヴェニス・ビーチ。ドッグタウンという街では若者がスケートボードに夢中だった。サーフ・ショップ「ゼファー」のオーナー、スキップは店に集まる若者たちを集めて、スケートチーム“Z-BOYS”を結成。



70年代アメリカ西海岸で、スケートボード・ブームに火をつけ、ムーブメントを巻き起こしたスケートチーム“Z-BOYS”のステイシー・ペラルタ、ジェイ・アダムズ、トニー・アルヴァたちの物語。

脚本を担当したのは、Z-BOYSのオリジナルメンバーだったステイシー・ペラルタ自身。

ステイシー役は 『エレファント』のコなのね。ジェイ役はどこかで観たことがあると思ったら、それは『卒業の朝』。知人のHくんに似ているなーと思って見ていました。負けん気の強い反骨キャラなところまで似ている。『ディア・ウェンディ』での姿が記憶に新しいシド役のマイケル・アンガラノくんは役柄的には3人より下なんだけどウェンディの時よりかわいくっていいかも。そしてやっぱり私は案の定、サーフショップのオーナーがヒース・レジャーだとは気づかなかった。だってブロンドがなびいているんだもん。

ジェイ役のエミールは西海岸育ちでスケボーには慣れ親しんできたらしいけど、トニー役のヴィクターは未経験者だったというのが信じられない。ドキュメンタリーなのかと思えるほどに文字通り板についたクールな滑りが展開。臨場感満点の迫力あるスピーディなスケーティングのシーンを見ているだけで爽快なのだ。同監督の前作 『サーティーン』 の青春の暴走のPV的にテンポよい演出をかなり気に入った私は、今回もこの疾走感に心躍る。

サーファーがボーダーになったのか。スポーツ少年がムーブメントを巻き起こし、カルチャーを生んだっていうのは知らなかったので知り得ておもしろかった。
やっぱり本場西海岸のストリート・ボーイズはカッコイイ。ニッポン人が同じファッションを真似てもこうはいかない。こういうストリート系のファッションって本当はこれだけ明るい太陽と青空の下じゃないと映えないものなのかも。スポーツにチャレンジするのにカタチからファッションから入るという人も巷には多いけど、当然のことながら逆なんだよね。

序盤の金網をよじ登って越えるシーンがよかったな。そして、空のプールでの練習場面は最高に気持ちいい。高い使用料を払って、出来合いのスポーツクラブで運動をすることに満足する現代の大人達を憐れんでしまいたくなるほどに、彼らの軽やかさとエネルギーがまぶしくて仕方ない。4人の個性もしっかりと描かれていて、それぞれの身の振り方や思いに共感したり、友情の揺らぎにハラハラしたり。そして、シドを見舞っての再会の滑りは感動的だった。

焼けた桟橋も象徴的で美しい。青春は永遠には続かないからこそ輝く。

ロード・オブ・ドッグタウン 公式サイト
LORDS OF DOGTOWN  2005 アメリカ/ドイツ
監督 キャサリン・ハードウィック
出演 エミール・ハーシュ、ジョン・ロビンソン、ヴィクター・ラサック、ヒース・レジャー
2本目
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-01-06 23:07 | CINEMAレヴュー | Trackback(17) | Comments(14)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2490271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from April april at 2006-01-07 19:20
タイトル : クソガキ達の永遠に続く夏休み!映画「ロード・オブ・ドッグ..
どーも。サーフィン映画大好きエイプリルです。... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-01-07 20:10
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
スケートボードが出てくる映画らしい!という事以外は全く予備知識無しで 観ましたが、意外と拾い物作品でした。 スケボーチームZ-BOYSの伝記的青春映画で、脚本はその中心人物の一人 ステイシー・ペラルタ。最近同じく自身の事を描いたたドキュメンタリー "DOG T...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2006-01-15 01:11
タイトル : ロード・オブ・ドッグダウン
サーフィンもスケートボードもやったこと無いけど(ーー;)、できると楽しいんだろうなぁ。と感じさせるこの映画。 70年代の10代も、今の10代もあまり変わらないみたいね。 <STORY> 1975年、カリフォルニア州ヴェニスビーチにあるドッグタウンの若者たちは、サーフィンに夢中だった。 ファーフィンショップZEPHYR(ゼファー)のオーナー・スキップ(ヒース・レジャー)は、その中で海を仕切っていた。... more
Tracked from Production R.. at 2006-01-20 08:01
タイトル : 映画レビュー#20「ロード・オブ・ドッグタウン(Lord..
基本情報 「ロード・オブ・ドッグタウン(Lords of Dogtown)」(2005、アメリカ) 監督:キャサリン・ハードウィック 脚本:ステイシー・ペラルタ 出演:ジョン・ロビンソン(エレファント)、ヴィクター・ラサック、エミール・ハーシュ 公式サイト http://www.sonypi...... more
Tracked from cinema mix box at 2006-01-21 14:37
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
【Z-BOYS】? ・・・知りません! そんな状態で無謀にも見に行ってしまいまし... more
Tracked from るるる的雑記帳 at 2006-01-22 13:48
タイトル : 「ロード・オブ・ドッグタウン」
「ロード・オブ・ドッグタウン」を観ました。 70年代のカリフォルニア、ステイシー&トニー&ジェイの3人はサーフィン仲間。スキップが経営する憧れはサーフ・ショップ「ゼファー」に出入りし、スケボーで街を走りながら腕を磨く。新しいスケボーを開発したスキップは彼...... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-01-23 12:21
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン LORDS OF DOGTOWN
ヴィクター・ラシュク、エミール・ハーシュ、 ジョン・ロビンソン、マイケル・アンガラノ主演 1975年アメリカ西海岸ドックタウンはサーフィンが盛んでした トニー、ジェイ、スティシー、シドの 4人のティーンエィジャーもサーフィンに夢中です しかし海岸には常連が占めていて なかなか波に乗ることが出来ません 4人はしかたなしにスケートボードに乗りうっぷんを晴らしていました 家庭もさほど裕福でなく家庭内でも色々と問題を抱えていました サーフショップを持っているスキップはそんな彼らたちを見て 彼らを競技...... more
Tracked from 逡ウTHEATER at 2006-01-26 02:49
タイトル : 「ロード・オブ・ドッグタウン」“ストリート”の誕生。
【渋谷シネマライズ】にて 1975年、カリフォルニアのドックタウンと呼ばれるスラ... more
Tracked from デコ親父は減量中(映画と.. at 2006-02-03 00:45
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン−映画を見たで(今年18本目)−
監督:キャサリン・ハードウィック 脚本:ステイシー・ペラルタ 出演:エミール・ハーシュ、ジョン・ロビンソン、ヒース・レジャー、レベッカ・デモーネイ 評価:89点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) いかにもアメリカの青春映画....... more
Tracked from いつか深夜特急に乗って at 2006-05-23 05:53
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
「ロード・オブ・ドッグタウン」★★★★ (盛岡フォーラム1)... more
Tracked from 。○o。.1日いっぽん映.. at 2006-07-27 11:31
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
伝説のスケーター「Z-BOYS」×キャサリン・ハードウィックの「ロード・オブ・... more
Tracked from Subterranean.. at 2006-08-02 03:26
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン (Lords Of Dogt..
監督 キャサリン・ハードウィック 主演 エミール・ハーシュ 2005年 アメリカ/ドイツ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ 子供の遊びってのは、ちょっと目を離した隙に激変するもので。先週まで皆と一緒に遊んでいたものが、数日一緒に遊ばなかっただけでルールやらなにやら変わ..... more
Tracked from とんとん亭 at 2006-08-07 20:28
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
「ロード・オブ・ドッグタウン」 2006年 米 ★★★★ アメリカ西海岸ベニス・ビーチ周辺、通称 “ドッグタウン”。 70年代、スケートボードに革新をもたらした“Z-BOYS”の3人。実話を元にその友情と別れを描いた青春ムービー! 1975年 サーフボードを...... more
Tracked from 雑記のーと Ver.2 at 2006-08-21 01:19
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン
「ロード・オブ・ドッグタウン」を観た。 カリフォルニア州ヴェニスビーチの貧しい人々が暮らす通称“ドッグタウン”で育った3人の少年トニー、ステイシー、ジェイは毎日サーフィンとスケートボードに明け暮れていた... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-08-21 14:17
タイトル : ロード・オブ・ドッグタウン/LORDS OF DOGTOWN
何となく気になってたのに、劇場に行きそびれた作品☆ DVD化したのでやっと観てみました~{/shootingstar/} このお話、実話をベースに「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」 の女性監督、キャサリン・ハードウィックがメガホン。 {/book/}舞台は70年代のカリフォルニア。 ステイシー&トニー&ジェイの3人はサーフィン仲間。 スキップが経営するサーフ・ショップ「ゼファー」に出入りし、スケボーで街を走りながら腕を磨く。 新しいスケボー商売に加えようと、スキップは彼らを集めてスケート...... more
Tracked from どうなんかね、国際結婚。 at 2007-01-31 23:37
タイトル : スケボー好き必見!! ロード・オブ・ドッグタウン
どうせノリがいいだけの青春ストーリーでしょ。 とか思ってなめてた私がバカだったよ。 チョーーーーΣd(ゝ∀・)イイヨッ!! 『ロード・オブ・ドッグタウン』 (原題 Lords of Dogtown) 70年代のスケボーブームに革命を起こした少年3人の実話に基づく物語。なので、ノリノリの青春ストーリーに間違いないんだけど、大人も子供も顔の知れた役者が揃ってて演技バッチリだし、ファッションもかわいいし、ちょっと粒子の粗いざらついた映像も元気イッパイに走り回る少年たちの物語にはピッタ...... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-09-04 10:20
タイトル : 『ロード・オブ・ドッグタウン』
ロード・オブ・ドッグタウン (UMD Video)(2006/07/26)エミール・ハーシュ、ヴィクター・ラサック 他商品詳細を見る監督:キャサリン・ハードウィック  CAST:エミール・ハーシュ、ヴィクター・ラサック、ジョン・ロビンソン、 ヒース・レジャー 他 STORY:...... more
Commented by April at 2006-01-07 19:29 x
かえるさん、こんにちわ。
TBさせて頂きました。
金網をよじ登るとことか空のプールではしゃぐとことかホントに楽しかったですよね。
楽しかった分、最後のシーンは切なかった。
いくつになっても、こんな映画を良いと思える気持ちをなくしたくないですね。
Commented by kazupon at 2006-01-07 20:15 x
この作品は結構気に入りました!
特にヒース・レジャーが良かったです。ああいう周りに若い子が取り巻いてて子供みたいな大人になりきれていない大人って知り合いでも
いますけど、かなりリアルに感じました(笑)実はマジメに働いているのは
彼ひとりだったんですけど、周りはその事には気付かないんですよね。
この映画ヒットしたらいいなぁと思ってます^^若い俳優達もヒットしたら
人気出るでしょうね~
Commented by ふぇあるーざ at 2006-01-08 00:19 x
昨年のベストに入りそうな勢いの作品でした!
水不足に新しく開発された部品。偶然重なった出来事もきっかけの1つですが、何よりも若い人たちの創造性が起こした革命でしたね。
わたしも胸が熱くなった再会のシーンは、キャストやスタッフにとっても再会だったらしいです。
なんとキャサリン・ハードウィック監督が撮影中に重症を負い撮影が3週間中断(長い!)、完成が危ぶまれていたとか。監督が無事に帰ってきたこととストーリーとが合わさって、出演者たちにも特別なシーンになったようです。
ヒース・レジャーはマイ優秀助演男優5強に入れたいです♪
彼のラストシーン、シェィパー姿がやっぱり似合う。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-08 15:48
April さん♪
青春ものはいいですよねー。楽しくてせつなかったです。
動な映画だからこそ、静なシーンが余計に染みたのかも。
本当にいつまでもこういう映画に感動する心を失いたくないです。
若いモンの考えることはわからんだとか言いたくないですよね。(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-08 15:59
kazupon さん♪
気に入りましたか。よかったですよねー。
そうそう、ヒース・レジャーはよかった。(気づかなかったクセに)
なるほど、年下に囲まれて大人になりきれない大人っていますよねぇ。(どこのコミュニティでも主導権を握ったリーダー格の人はそういう客観性を失う状態に陥りやすいかも。)主人公3人プラス1人はもとよりスキップ兄貴の物語も感じるものがありましたよねー。
予告で観た時はその時代のブロンドストレートロングがどうかと思ったんですが、彼らのすべりを見たら、みんなカッコいいじゃーんって思いました。人気が出るといいですねー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-09 01:06
ふぇあるーざ さん♪
革命的でしたね、ホント。
ボードの部品の革新によって走りと技がパワーアップしたなんておもしろかったです。そんなエピソードも躍動感あふれる展開のの中で語られていて、まとめてわくわく。そして、やっぱり若さゆえのチャレンジ精神と柔軟な創造性なのでしょうね。青春映画の醍醐味がつまっていました。

>キャストやスタッフにとっても再会

おぉ、そうなんですか。耳寄りな情報をありがとうー。
スクリーンにその喜びが広がっていたのも頷けますー。
重症だったなんて・・・・。なんとか復帰できてよかったですね。
たいへんだったでしょうがこの映画を完成させてくれて何より。

ヒース・レジャーの演じ分けの幅広さにも感服っす。
サーファー役なんて今まで想像できなかった。
(気づかなかったけど^_^;)シェィパー姿よいです。
優秀助演男優5強入りに異論はありませんー。
ふぇあるーざさんはブラザー・グリムはご覧になってましたっけ?
あのメガネも姿もよかったのですよ。
Commented by ふぇあるーざ at 2006-01-14 16:43 x
>ブラザース・グリム

観ていないんです。
グリム童話の世界は好きなんですけど、映像化されると大抵そのおどろおどろしさに悪酔いしてしまうので、今回踏ん切りがつきませんでした。
腹決めて行けばよかったな。

ヒース・レジャーには兄貴体質というか、長男体質というか、そのようなものを感じているので、弟な彼も観てみたいです。

ハードウィック監督は空のプールに頭から落ちてしまったらしいです。
そういえば、プールから体せり出して撮ってんじゃないか、ていうようなアングルありましたね。
本当にこの作品が完成してよかったです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-15 11:00
ふぇあるーざ さん♪
ブラグリはギリアム作品としては物足りない部分もあったけど、映像世界はかなり楽しめましたよ。人によっては気持ち悪いレベルのものもあり、悪酔いの可能性は確かにあったかも。でも、いつもと違うヒースとマットもおもしろかったし、美しくすばらしい映像もあるので機会あったらお試しあれー。
そうか、やっぱりヒースは長男体質かもしれませんね。グリムも最初はヒースが兄でマットが弟という設定だったらしいけど、イメージ通りじゃつまらないと逆になったそう。ロマンチストなナイーブ弟役もよかったっす。
『サハラに舞う羽根』は映画はイマイチだったけど、スタントを使わないで群れで走る馬に飛び乗るシーンをこなしたヒースの運動神経と根性には感嘆しました。(私は止まっている馬にも飛び乗れないのに・・) というわけで、ヒースの活躍には今後も期待。

ハードウィック監督も体当たりな人なのね。
そんな危険な撮り方をしているからこそ、あんなにワクワク臨場感満点のカッコいいシーンが撮れるのですねー。そんなアクシデントに屈せず完成を見ることができてよかった。
女性監督がこういう男の子映画をいいカンジで撮っちゃうこともとても嬉しいです。
Commented by るるる@fab at 2006-01-22 13:39 x
小粒ながらなかなかステキな作品でした。
当人達もカメオ出演していたらしいです、かえるさん気付きました?私は彼らの顔すら観るまで知らなかったから気付くはずもなく。
この映画を機にまた集まれて友情も復活したらしい、やはり現実はそううまくはいってなかったのかもしれないですね(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-23 12:53
るるる さん♪
ヒース・レジャーに気づかなかった私が、カメオ出演な当人に気づくはずはありませんー。
本人が脚本を書いたり、メンバーのそれぞれに話を聞いたりしたということなので、確かに劇中に登場するのも当然だったかもしれませんね。どのへんだろう?
夏休みが永遠に続くと思っていたというような言葉がせつなく響くのは、私たちがそうはいかないことを知っているからなんですよね。あのまま続くわけがない・・。でも、映画を機に途切れていた友情が復活したなんてステキですねー。
Commented by IZO at 2006-01-28 01:30 x
かえるさん、はじめまして。
TBとコメントありがとうございました。
ステイシー役のジョン・ロビンソンは素の少年ぽさをまだ持っていて、とても良いですね。
ラリー・クラーク監督「KIDS」でブレイクしたクロエ・セヴィニーみたいなるかもしれませんね。

これからもよろしくです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-29 09:01
IZO さん♪
"クロエ・セヴィニーみたいに"というのは具体的にどういうことかなと思いつつも、何となく納得してしまいましたー。透明な存在感を輝かせて男性版クロエ・セヴィニーになってくれたらいいですねぇ。そんなトーンのフィルモグラフィーを紡いでくれたら嬉しいです。
こちらこそよろしくお願いしますー
Commented by myums at 2007-01-31 23:59
遅まきながら見ました!TBしました!
久々にツボの映画でした。演出、役者、音楽、ストーリー、どれも素晴らしかったです。ヒースは最高の演技でしたね。あんなロレロレな役がはまるとはビックリでした。ヒースには今後もあの線でいってもらいたい!
ジャッカスのジョニー・ノックスヴィルもトニーのスポンサーで出てましたね。かえるさんはジャッカスなんて見ないでしょうか・・・?
るるる@fabさんのおっしゃってる当人たちのカメオ出演ですが、Booが一人だけ発見しました。スケボーですっころぶ宇宙飛行士が本物のステイシーだそうですよ。探してみてください✽
あ、今更なんですが、リンクさせてもらいました。なにか不都合あったらお知らせくださいませ~。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-02 10:53
myums さん♪
おお、久々のツボ映画でしたかー。
私として年間ランキングの上位に食い込むほどのツボ映画ではなかったんですが、青春ものは大好きなので、本作もすごくよかったたーっていう印象が色濃いです。
このヒースはサイコーでしたよね。こういう役がハマるとは意外でした。BBMの役がそんなに好きじゃなかった私だけど、このアニキキャラは大好きです。
ジャッカスは観てないっす。すみませーん。
これを観たのはもはや1年も前なので、スケボーですっころぶ宇宙飛行士などは全然憶えていない私ですが、そういうのを発見できるとまた楽しいですよね。
私は今度は『ワサップ』というスケボー少年ズものを観に行きますー。
リンクは嬉しいです。ありがとうございます。
<< 『ロード・オブ・ウォー』 PageTop 日本インターネット映画大賞/外国映画 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon