かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2005年my Favourite DVD/VIDEO篇 今後のためのチェック
2006年 01月 09日 |
まだ振り返る? 2005年にDVD/VIDEO鑑賞した作品。
初見のもので、気に入ったものを挙げてみまーす。
ブログをはじめて、自宅鑑賞の時間は少なくなったものの
上半期に結構観ていたので、そこそこの数はありました。
観ないで返却したレンタルものがかなり多かったのが悔しいが・・・

--お気に入りの25本を製作年順で--
(例によって、映像・雰囲気にハマったものが多いです)



恋人たち (58 仏 ルイ・マル /ジャンヌ・モロー)
行きずりの二人 (63 仏 クロード・ルルーシュ)
ひなぎく (66 チェコ)
ハンガリアン (77 ハンガリー)
ウエディング (78 米 ロバート・アルトマン)
ファニーとアレクサンデル (82 スウェーデン I.ベルイマン)
グロリアの憂鬱  (84 スペイン ペドロ・アルモドバル)
司祭  (94 英)
メフィストの誘い  (95 仏葡 マノエル・デ・オリヴェイラ)
ロシアン・ブラザー  (97 露 アレクセイ・バラバーノフ)
オスカーとルシンダ (97 米濠 )
アイ ウォント ユー I Want You  (98 英 M.ウィンターボトム)
HOTEL  (01 英伊 マイク・フィギス )
ストランペット (01 英 ダニー・ボイル)
チェチェン・ウォー  (02 露 アレクセイ・バラバーノフ)
夢見る頃を過ぎても  (02 米)
美しい夏 キリシマ (02 日 黒木和雄)
さよなら、さよならハリウッド (02 米 ウディ・アレン)
歌え!ジャニス・ジョプリンのように  (03 仏)
Mの物語 (03 仏 ジャック・リヴェット/E.ベアール)
レディー・キラーズ (04 米 コーエン )
恋の門  (04 日 松尾スズキ)
犬猫   (04 日 井口奈己 /榎本加奈子)
CASSHERN (04 日 紀里谷和明)
赤いアモーレ (04 伊 セルジオ・カステリット)


ヨーロッパの映画は気になったものは大体映画館に観に行くので、レンタルして観るのは名匠の過去作品などが多くなってきました。ハリウッド映画と邦画は話題作でも観に行かなかったりするので、レンタルで後追いしています。
みなさんのベストにランクインしているのを見て、観なくちゃ感が強まったもの。

--邦画--
レイクサイドマーダーケース
埋もれ木
いつか読書する日
さよならみどりちゃん
ヴィタール
パッチギ!
フライ、ダディ、フライ
空中庭園
蝉しぐれ
NANA-ナナ-
亀は意外と速く泳ぐ
サマータイムマシン・ブルース
ALWAYS 3丁目の夕日

--アジア映画--
カンフーハッスル   
香港国際警察
受取人不明
私の頭の中の消しゴム
七人のマッハ!!!!!!

--洋画--
セルラー
火星人メルカーノ
フェスティバル・エクスプレス
スプラウト
メリンダとメリンダ


それから、映画館で寝ちゃったので、ランクインさせようがなかった
アワーミュージック、ライフ・アクアティックもちゃんと観なくちゃ。
それでいて下手な新作よりも観るべき名作追求もしたいですー。
ヌーヴェルヴァーグ祭りも断続的に実施中。
がんばって時間配分できるようにしたいですー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-01-09 23:10 | 映画年間myベスト | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2504923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from あ~るの日記@ココログ at 2006-01-12 22:09
タイトル : 2005年ベスト
お遅ればせながら、2005年の映画、ライブのベストセレクション。但し、順位はつけ難いので五十音順にした。 昨年は観た映画は80本、ライブは49本に行った。(CDやDVDは殆どブログに書いてないので除く)... more
Commented by pezhetairoi at 2006-01-10 01:44
ヨーロッパの映画はたしかに映画館で見ておかないといつDVDになるかわからない作品も結構ありますよね。下手すると10年近くかかるのもありますし・・・。
Commented by ぼんべい at 2006-01-10 21:47 x
昨年はかえるさんの魚座的おすすめ映画のおかげでたっくさんの素敵な映画が観れました。ありがとう(^^)
今年もヨロシクです♪
かえるさんのお気に入り25本のうち、三本しか観てないですぅ。。。

で、去年は一昨年のラのつく韓国純愛もののようなあまりの映画作りに対する愛情の伝わってこなさ加減に悲しくなってしまうような映画には当たらなかったのは良かったんですが、
かえるさんの観たいリストのヴィタールは、私の中にある愛の形と違いすぎるせいかさっぱり何を伝たいのかわからない&女優さんの演技下手すぎでは?という理由で私のワースト3位なんですよね。
ワーストといっても映画の出来というより、ただ単に理解できなかっただけなんですけど。
かえるさんは私よりセンシティブな部分を多くお持ちな感じがするので、是非観賞していただいて、私に見所をレクチャーして欲しいです。
なんで浅野さんあんな髪型なのか???わかんないです。。。

今日、夫が飲んできてくれれば無事『ミモラ』観賞できるはずです。
お願い、帰ってこないでー!←大恋愛で結婚してこんなだから恋愛映画が苦手なの^_^;
Commented by mayumi-68 at 2006-01-11 01:15
こんにちは。「オスカーとルシンダ」は、この間偶然にも、AmazonでDVDを注文しました。今から届くのが楽しみです♪

ところで、ヨーロッパ映画に強いCaeRuさんに質問ですが、フランス映画で「うつくしい人生」ってご存知ですか?3、4年前にミニシアター系で公開された作品なんですけど、大好きな映画なのです。DVD化されるのを待ち続けてるんですが・・・。この映画の存在を知ってる人があまりにも少なくて、ちょっと寂しいです・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-12 00:14
pezhetairoi さん♪
そうなんですよ。邦画とハリウッド映画はDVD発売はすごく早いけど
ヨーロッパ作品は遅いです。地味な作品はそのままDVDが出なかったり・・・
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-12 00:15
ぼんべい さん♪
せぼーん。そういっていただけるととても嬉しいでっす。
もちろん、ツボにハマろうがはずそうがじゃんじゃんオススメしますー。
3本って、赤いアモーレと後はなんだろう?
この25本は劇場鑑賞ベストよりも気に入るポイントが偏っているので微妙ですがー。

「ヴィタール」は題材と映像に興味があって観てみたいのですが、気持ち的にはしっくりこない可能性は大いにあります。塚本監督の『六月の蛇』はそうでした。モノクロ映像の美しさには惹かれたもののそこに描かれたエロスなストーリーはあり得ない感でいっぱいでした。男の願望を描いただけじゃないの?ってカンジでした。そういうエロシーンを撮りたいがためのものでしかないように思えて、ハラがたってきたりました。なので、気に入らない、わからない可能性も大なのですが、そのうちチャレンジしてみますー。

『ミモラ』はご覧になれたでしょうか?長いのでなかなか大変よね。
ミモラは前半は賑やかミュージカルを楽しむのが主で、後半は意外にせつないラブストーリーに移行するんですが、こういうピュア系の恋は大丈夫よね?
『ミモラ』と一緒に『ギャベ』を貸そうと思っていたことを思い出しちゃった・・・
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-12 00:15
mayumi さん♪
オスカーとルシンダのDVD激安価格でしたよね?
タイトルからみっちりラブストーリーを想像していたんですが、
そういう枠にハマらないヒューマン・ドラマなところが気に入りました。

わー、「うつくしい人生」は知っているんですけど、観ていないんですよー。
新宿だったかでやっていたのは憶えているんですけど観てなくて、観た人の評判をきいて、VIDEO発売を心待ちにしたのですが、気配のないまま・・・。ご覧になったのですね。うらやましー。
Commented by mayumi-68 at 2006-01-13 01:23
CaeRuさん、お返事ありがとうございます。
そうですか。「うつくしい人生」ご存知ではあるけれど、観た事はないのですね。
この作品、新宿武蔵野館(昔はシネマ・カリテでしたね)でやっていて、2002年の私のナンバーワン作品なのです。プログラムまで買いましたからねー。ちなみに主演はエリック・カラヴァカでした。「ソン・フレール 兄との約束」に出演してましたね。そういえば、彼が出ていた「将校たちの部屋」というフランス映画も、日本で公開してくれることを待ち望んで数年・・・。もう無理ですかね・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-14 11:21
mayumi さん♪
うー。『うつくしい人生』 を観に行かなかったことがとても悔やまれますー。
DVD発売をしてもらうためには、監督の巨匠入りか俳優の大ブレイクくらいしかないのかな・・・。アイドル映画的しょーもない未公開作なんかはわりと簡単に発売されていますよねぇ。がんばれ、エリック・カラヴァカ!
『ソン・フレール 兄との約束』にしたって、ベルリン映画祭で銀熊賞とっているのにまだDVD発売されていないしー。わが国では静かなヨーロッパ映画の置かれている状況は厳しいですよね。一般公開されているのもホントに一握りなんですよね。うーん、悲しい。「将校たちの部屋」も観てみたですー。
<< キネマ旬報ベスト・テン 作品チェック PageTop 批評家協会賞の結果 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon