かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
スチャヴァを引き上げる ~ルーマニア旅行⑧
2006年 01月 15日 |
10月22日(土) 第4日目の夕方。
五つの修道院観光を終えて、スチャヴァの町の中心に戻る。



旅立つ前には、きっちり決めていなかった後半の宿泊予定。
ルーマニア入りしてからにわかに構想したのは、
夜行列車での移動を一度ではなく、二度する大作戦。
それをしなかったら、ゆったり過ごしたいはずの
マラムレシュの村滞在が慌ただしいものになってしまう。
スチャヴァの町自体にはもう用はないのだから、
ここで1泊するよりも早く西へ移るにこしたことはない。
前夜に夜行列車体験をして、危険もなかったし。

え? 効率的に移動できるというのは素晴らしいけど
二夜連続ホテルに泊まらないということは、
東ヨーロッパの国へ清潔大国ニッポンからやってきて
二夜シャワーも浴びないっていうことですかー?
ダー。そういうことです。背に腹はかえられません。
私だけの秘密にしておきましょうー。
ダメもとで、町のホテルを2、3軒訪ねて、
宿泊はしないけど、シャワーをつかわせてくれないか
と頼んでみたけど、断られました。
個人経営のホテルならば可能だったかもしれないけど
それらのホテルは二つ星でも、レセプションにいるのは
雇われ従業員という感じだったので柔軟な対応はしてもらえず。
ホテルを探しつつ、町の教会観光など。

ホテルを探すべく、キャリーケースを引いてウロウロする
アヤシイアジア人の私が、道に迷っていると思ったのか
親切な女性が「Can I help you?」と話しかけてきた。
ご親切にありがとう。シャワーが使えるところ探しているの、
とは言えずに、笑顔でノーサンキュー。

歩き疲れて広場のベンチで休憩していたら、
ローラースケート遊びをしていた男の子が近づいてきた。
会話はほとんど成り立たないので、気休めに持ってきた
ルーマニア語の「旅の指さし会話帳」なるものを開く。
この本はイラスト入りのテーマ別単語/会話集。
これを見て会話を試みるというよりは、一緒に絵本を
眺めて楽しみましょうって感じで場を持たせてみた。
そのうちその子がこの本をちょうだいと言い出した。
いや、この本はまだ使うんだってば、高かったんだってば。
物をねだるのは子どもらしさなのかもしれないけど、
日本の子どもなら見ず知らずの外国人にねだらないよねぇ。
時間つぶしにはなったけれど、ちょっと困った。

シャワーにはありつけそうになかったので駅へ向かう。
切符を買い22時8分発の電車を待つ。
しばらく時間があったので、駅構内の椅子で読書。

ルーマニアの人はベンチに座って電車を待つ習性が
あまりないようなのだけど、隣に2人の女の子が座った。
12、3歳位? 座っている椅子の近くに野良犬が来て
その犬に反応をしていたら、隣の女の子が一緒になって
犬をかまいはじめ、そのうち英語で私に話しかけてきた。
英語のレベルが私にはちょうどよく、大人と話すよりラク。
ミアとクローディアというとてもかわいい女の子。
この町の駅でアジア人の姿なんてめったに見ないのだろう。
好奇心いっぱいにフレンドリーに接してきてくれた。
そして、またフォーメーションA。「旅の指さし会話帳」作戦。
興味深そうにページをめくりつつ、まさに指さし会話。

映画なんかを観ていると、言葉が通じなくても、
人と人とは心通じ合えるものだよねーということに
感動することは多々あるけど、それには親密さが必要で
旅の途中、移動したり食事したりする局面においては
やっぱり言葉が通じないことって致命的だよねー
という失望感を抱いてしまうことも何度もあった。
でも、こんなふうに電車を待つ間のささやかな対話で
きっちり言葉を理解し合えなくても、コミュニケーションは
成り立つものじゃないかーということをやっと実感。
好奇心旺盛なお年頃のキュートな2人の少女に感謝。

ミアがケイタイ電話をさして、番号を教えてくれと言う。
残念ながら通じないっすよーと思いつつ、一応書いてみた。
それだけじゃ寂しいのでEメールアドレスもね。
そうこうしているうちに電車の到着時刻が近づいてきた。
2人に別れを告げて、ホームへ向かった。
退屈で心細いはずの駅での待ち時間を楽しく過ごせてよかった。
d0029596_3192455.jpg

22時08分の列車で、北東のブコヴィナ地方から
北西のマラムレシュ地方へ一晩かけて移動。
乗り換えのための下車時刻は真夜中3時3分。
この乗り換えが正しくできなかったら命取り。
ドキドキしつつ、アラームをセットして睡眠。
ホームを眺めても駅名をちゃんと確認できないので
時間だけを頼りにして、様子をうかがいつつ無事降車。

こんな真夜中に乗り換えをする人も結構いるもんだ。
駅構内には入れなくて、ホームで立って待つ40分。
近くに輪になって賑やかに話す若者グループがいたのだけど
途中何やら彼らが私の方をちらりと見て何かをはやし立てた。
ひょっとして、アジア人蔑視発言でもしているのだろうか?
近くにいた女性が私に手招きをして、
彼らと離れた所で待ちなさいと言うように導いてくれた。
何言っているか全然わからないので不快でもないんだけど
そんなふうに配慮をしてくれる人がいるのは嬉しいかも。

その時にその女性と話をしていた別の若者が何やら、
乗り替えの列車が着いてからもなぜか面倒をみてくれた。
私の切符を確認して、その車両はここだよと教えてくれて
彼も私と同じコンパートメントの席に座った。
近くに来てくれなくてももう大丈夫よと思ったりしたけど
他意があるわけでもない、ただの親切らしいので、
拒絶するほどのことでもなく、だまってしばし眠る。

ウクライナ国境近くのシゲット・マルマツィエィへ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-01-15 23:16 | 旅 行 記 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2536486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kana3160 at 2006-01-16 12:33
あいかわらず、ドキドキ(ハラハラ)するよ・・・。良かった何はともあれご無事で。
ルーマニア語の「旅の指さし会話帳」・・・私もいつか行きたくて、
フィンランド語のを買って、日夜勉強中です。この本は面白いね。
Commented by pezhetairoi at 2006-01-16 21:07
読んでいるとハラハラドキドキしてしまいますね。
ご無事で何よりです。

風呂・・・一辺夏に山登りに行ったとき、一週間以上入れなかったこともありました。山の上は涼しい(と言うか寒かった・・・)のでまだよかったのですが、降りてからが大変でした・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-17 12:46
kana さん♪
旅の指さし会話帳、kanaさんももっているのですねぇ。
そうそう。イラストが可愛くて、眺めているだけで結構楽しいんです。
実用性はあんまりなかったですけどね・・・。
ムーミンの国フィンランドにもあこがれますわー。
フィンランドの響きも不思議ですよね。バッチリ習得してくださーい。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-17 12:46
pezhetairoi さん♪
一週間お風呂に入らなくたって死にはしませんよねー。
自然の中ならあまり気にならないかもしれません。
人口密度の高いところではさすがに人の反応が気になってしまうかも・・・。
Commented by chocolate at 2006-04-08 09:40 x
おはようございますっ。

旅関係のことなのでここから書き込みしてます。
次回の旅の目的地は今悩んでて
ロンドンに行くかドイツとデンマークに行くか迷ってて。
仕事は暇なんですが、その他のことがめちゃ忙しいので
旅に行くにしても調べ物をする時間があまり取れなさそうなので、
土地勘のあるロンドン(昨年も行ったんですよー)に行くかもしれないですね。
ロンドンはすごく好きな街なんですよ。

まだ始めたばかりだけど旅行・映画・海外ドラマを中心としたブログをやってますので
よかったら遊びに来て下さいませっ。(^.^)

ハネケの映画祭は私も行きますよ~~
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-10 13:03
chocolate さん♪
そうですよねー。旅行は下準備の時間がとれなくていつも困ってしまいます。ある時期にどこかに行きたいと思っても、あれこれ調べる時間がとれないままその時期が近づいてきて旅行の機を逃してしまったことは何度かあります。ネットでいろいろ手配ができるようになって大部便利にはなりましたが、なかなか手間がかかるものですよねー。
デンマークには行ったことがないので興味ありますー。ロンドンに土地勘があるなんてスゴイですね。英語の国だし、行きやすいかもしれませんねー。私は卒業旅行でロンドンに1、2日寄った以来なので、スコットランドの方だとかにあこがれたりしますー。アイルランドも行ってみたいー。
私も6月くらいに旅に出たいなー。ならば、もう計画をしなくちゃですよね。
それから、この記事・・、ルーマニア旅行記の続きもイイカゲンに書き終われよってカンジだしー。
がんばって、旅計画をたててくださーい。後ほどブログ訪問もさせていただきますねー。
わー、ハネケ映画祭ですれ違うかもしれないですねぇ。
Commented by chocolate at 2006-04-11 16:29 x
しつこく旅ネタでスミマセン。(苦笑)
実は旅の目的地の1つにルーマニアが浮上してきたんですが、
物価とかってどうなんですかね~?
ちょっと気になったので書き込みさせてもらいました。

今候補はロシア・イギリス・ルーマニア
ドイツやデンマークも行きたかったけど、
エアーだけでもうとんでもない金額で・・・
6月って東欧・北欧は高いですよねー。
西欧方面はエアーそんなに高くないんですが。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-11 23:58
chocolate さん♪
旅バナ、全然OKっす。おー、ルーマニア浮上しましたかぁー。
物価は西ヨーロッパに比べたら割安な感じでしたよ。
ホテル代や食事代なども通貨がユーロの国々より安めな印象。
直行便はないし、見どころは都市ブカレストよりも地方だと思うので、料金よりも時間的な問題がネックかもしれませんー。旅の目的や期間によるかなぁ。

そういえば、6月ってワールドカップ開催シーズンなんですよね。
だから、ドイツ便は高騰しているのかもしれませんね。
で、周辺国便も取りにくい可能性があるのかもしれないし。
北欧って夏はやっぱり高いのか。ロシアっていうのもよさげ。
ワールドカップって長い間やっているんですね・・・。
私もチケットのチェックをしてみようかなぁぁ・・・。悩みますよねぇ。
Commented by Chocolate at 2006-04-14 13:52 x
こんにちわっ。

まだまだしつこく旅の話です。
ルーマニアは時間的な問題がネックなんですね~
ムムム、どうしよう・・・

6月から7月にかけてはワールドカップでただでさえ
エアーのチケット高いのにどうやら便乗値上げみたいの
してるらしいですね。(笑)
それでもFF行きの便に関してはもう取れないみたいです。
ロシアもエアーだけで93000円ぐらいでサーチャージ入れると
多分115000円ぐらい・・・高い・・・
はぁ~時間とお金がもっと欲しい~(笑)
ってことで話があまり進んでません。

ちなみに旅の目的はいつも気分転換と飲食です。(笑)
フラリと出るのが好きなんです。
なので実は結構フラフラと旅に出てたりします。
去年も結構旅に出ました。

ローマ→韓国→ロンドン→タイ→NY スッカラカンです。
今年はソウル→上海と行ってきました。

ロンドンの旅行記を依頼されて書いたのでよかったら見てくださいれ~
(ちなみにすごーく長いのでお暇な時にどうぞ、笑)
http://www.studioeddies.com/uk/travel/area/yu_london01.shtml
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-15 12:51
Chocolate さん♪
便乗値上げは困りますな。本来夏休み前はバカ高ではないはずなのに。ロシアは近い割に高いのね。去年、ロシア行きもちょっと検討したんだけど、ネオナチが怖いので?やめました。スペインなんかも行きたいんだけど、治安の悪さにやや二の足を踏み・・。

とりあえずエアーをおさえないことには前に進まないですよねぇ。そうやって時間ばかりが経っていく・・。7月8月は高くて無理なので、爽やかな6月がねらい目だというのにー。前もサッカー関連で旅の時期を延期したことがあったような。うーん。困る。

ふらっと出かけちゃう身軽さはよいですね。私も計画段階ではかなりふらり感があるんだけど、結局限られた期間となると欲張り観光の道を歩んでしまうことが多いです。自然も建築物も遺跡も美術館も好きなのでー。そして、もちろんその土地ならではのおいしい物を食べることもかかせません。といいつつ、忙しいスケジュールの旅が多いので、食事の回数を間引きしがちだったりもします。慌しい旅が多いかな。Chocolateさんの旅はゆったりしていそうでよさげですねー。

ロンドンの旅行記、時間のある時に見させてみらいますねー。
<< 『ダウン・イン・ザ・バレー』 PageTop ユーロスペースのOPEN HOUSE >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon