かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『TABOO』
2006年 01月 23日 |
生舞台が見たいと思わせられるライブ映像。

80年代に一世を風靡したカルチャー・クラブのボーイ・ジョージがプロデュース、出演、オリジナルスコアもすべて書き下ろしたミュージカル「TABOO」のライブ映像。
ロンドン、ウェストエンドの小劇場からブロードウェイへ躍進し、トニ-賞で4部門ノミネート。



ボーイ・ジョージ本人は当時のファッション・アート界に多大な影響を与えた伝説のアーティスト、リー・バウリーを演じており、ユアン・モートンが演じるボーイ・ジョージはその当時の本人にそっくり。

伝説のクラブ「MUDD CLUB」を中心にクラブの実在のオーナー“フィリップ・サロン”が狂言廻しとなりクラブへ集う人々とボーイ・ジョージの半生を中心に描かれる儚くもグラマラスだった80年代ニューロマンティックへのオマージュ。

ミュージカル映画ではなくて、あくまでもミュージカルのライブ映像なので、映画としてスクリーンに向かう私たちは熱演する彼らとの間に距離感を感じてしまう寂しさはあったけれど、ミュージカルそのものはとても楽しかった。ぜひとも生のステージが見てみたい。ブロードウェイよりもオフシアターなノリの場所で。

"『ロッキー・ホラーショー』よりも華やかでシニカル
 『へドウィグ&アングリーインチ』よりもクールで切ない・・・。"
なんていうコピーがついていたけど、その2作は映画だからなぁ。
同じようにミュージカル映画として作られたら同じレベルで比較できるかもと思わせてくれる華やかで猥雑で魅力的ミュージカル世界ではあった。
ロッキー・ホラーショーもヘドウィグも大好きなので、TABOOな世界もたまらない。

派手なメイクに衣装の個性的なキャラクターたちがおかしく存在感満点。
青年ビリーの歌うシーンなんかは「RENT」風味にせつなく。
ビリーのお母さんの歌が意外と聴きごたえあったなぁ。
賑やかで毒々しいハチャメチャさもあり、しんみり感もあり。
生で聴くことができたら、極上のエンタメに違いない。

先日観た『綴り字のシーズン』内に登場したクリシュナがここでネタになっていたのが興味深かったりした。人生に絶望した後に走る宗教なのか?
カーマは気まぐれ改め、業(カルマ)は気まぐれと歌ってた。
エンディングの「カーマは気まぐれ」の大合唱は楽しかったな。

TABOO タブー 公式サイト
演出 クリストファー・レンショウ
出演 ボーイ・ジョージ、ユアン・モートン、ポール・ベイカー

(渋谷 ライズエックス) 9本目
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-01-23 23:24 | CINEMAレヴュー | Trackback(3) | Comments(1)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2579733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画と文庫とMDと at 2006-01-24 16:06
タイトル : 『TABOO』
渋谷・ライズXにて、クリストファー・レンショウ監督。 ロンドン、ブロードウェイで上演されて話題を呼んだミュージカルのライブ映像を映画として公開。 1980年代ロンドン、ニューロマンティックの波にのり、独自のファッションセンスとジェンダーレスな魅力で注目を浴びる“ボーイ・ジョージ”(ユアン・モートン)。 彼が率いるカルチャークラブはヒットを連発し、一躍スターダムに躍り出る。 しかし大衆は常に彼の音楽性よりも彼の性癖と発言にしか注目せず、そんな状態に苦悩した彼は、ドラッグに依存するようになってしまう… ...... more
Tracked from 海から始まる!? at 2006-01-25 06:57
タイトル : 自分らしく生きようとする人への賛歌 映画『TABOO』
 ボーイ・ジョージの半生をミュージカル化した同名の舞台をライブ収録した作品。予備知識として知っていたのは、それだけだったのですが、観てみたらちょっと違っていました。... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2006-01-27 00:35
タイトル : バトンを受け取りました
バトンとは、「イメージバトン」というらしいです。 ヒューマン・ブラックボックスのjamsession123goさんから回ってきました。 ブログ上を巡る連想ゲーム!!(かなり古いっす(ーー;))のようなものです。 私には、回ってこないと思ったので、やや焦り気味ですが、まわしてみます。 jamsession123goさんまでの連想ゲームは、 笑顔→自分を支えるもの→記憶→母の声→無償の愛→太陽→芽生え... more
Commented by toe at 2006-01-27 00:38 x
かえるさん、こんにちは。

今回は、私からお願いなのですが、
私のところに、イメージバトンというものが送られてきまして、
イメージを連想して、3人の人に回すようです。
もし良かったら、かえるさんも3人の方に回してみてください・・。
詳しくは私のブログ↑をご覧下さい。
すみません、よろしくお願いします。
<< 『ホテル・ルワンダ』 PageTop 『プライドと偏見』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon