かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
オスカーノミニーなど
2006年 02月 01日 |
アカデミー賞のノミネーションが発表されましたね。
8部門ノミネートの『ブロークバック・マウンテン』強し。



OSCAR.COM
俳優賞等主要部門は他の方におまかせして・・。

<美術賞> ART DIRECTION
 「グッドナイト&グッドラック」
 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
 「キング・コング」
 「SAYURI」
 「プライドと偏見」

「キング・コング」と「プライドと偏見」は納得。
「SAYURI」の美術はアメリカ人から見るといいの?
ハリポタ観に行かなくちゃ・・・

<撮影賞>  CINEMATOGRAPHY
 「バットマン ビギンズ」
 「ブロークバック・マウンテン」
 「グッドナイト&グッドラック」
 「SAYURI」
 「ニュー・ワールド」 

美術&撮影賞Wな「グッドナイト&グッドラック」の映像世界が楽しみ。
「ニュー・ワールド」も気になるー。

<衣装デザイン賞> COSTUME DESIGN
 「チャーリーとチョコレート工場」
 「SAYURI」
 「Mrs. Henderson Presents」
 「プライドと偏見」
 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

「SAYURI」は・・・?
ウォーク・ザ・ラインの衣装に注目しよう。

<編集賞> FILM EDITING
 「シンデレラマン」
 「ナイロビの蜂」
 「クラッシュ」
 「ミュンヘン」
 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

<メイクアップ賞> MAKEUP
 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
 「シンデレラマン」
 「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

「シンデレラマン」は誰のメイクがよかったの?

<音楽賞> MUSIC(SCORE)
 「ブロークバック・マウンテン」
 「ナイロビの蜂」
 「SAYURI」
 「ミュンヘン」
 「プライドと偏見」

「プライドと偏見」のピアノ曲はステキでしたー。
「ブロークバック・マウンテン」も楽しみ。
「SAYURI」?

<音響賞> SOUND MIXING
 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
 「キング・コング」
 「SAYURI」
 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
 「宇宙戦争」

「宇宙戦争」の音は怖かったですね。
「SAYURI」?

<視覚効果賞> VISUAL EFFECTS
 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
 「キング・コング」
 「宇宙戦争」

コングのクリーチャーたちは迫力ありました。

<脚本賞> WRITING(ORIGINAL SCREENPLAY)
 「クラッシュ」
 「グッドナイト&グッドラック」
 「MATCH POINT」
 「THE SQUID AND THE WHALE(イカとクジラ)」
 「シリアナ」

「シリアナ」は作品自体はもれているけど、脚本はよいのかー。
イカとクジラが何やらとても気になりますー。
久しぶりにウディ・アレン作品が評価されるのも嬉しく。

<外国語映画賞>
 「Don't Tell」(イタリア)
 「戦場のアリア」(フランス)
 「Paradise Now」(パレスチナ)
 「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」(ドイツ)
 「Tsotsi」(南アフリカ)

全部日本で公開されるといいのだけど。
個人的にはいつも外国語映画賞のラインナップにわくわく。

オスカーの受賞結果には私はそれほどの関心はないんだけど、
受賞することによって、娯楽大作系ではない良質な作品が
日本で大々的に公開される結果につながることに意義はあるかな。

---
おまけに、ゴールデン・ラズベリー賞は、

・最低主演男優賞に トム・クルーズ(宇宙戦争)
・最低主演女優賞に ジェシカ・アルバ(ファンタスティック4、イントゥ・ザ・ブルー)
・最低助演男優賞に ヘイデン・クリステンセン(シスの復讐 他)
・最低助演女優賞に ケイティ・ホームズ(バットマン・ビギンズ)

などなどがノミネート。カップルそろいましたね・・。

---
サンダンス映画祭の最優秀作品賞は

・ドラマ部門   「Quinceanera」 (スペイン系家族の文化を描く)
・ドキュメンタリー部門 「God Grew Tired of Us」 (スーダン人移民の物語)

---
ついでのロイターニュース情報
今年のベルリン国際映画祭は政治色が濃い内容になりそうとのこと。
コンペ作品のマイケル・ウィンターボトム監督の「The Road to Guantanamo」は、アフガニスタンで捕らえられた3人の英国人が米軍基地で過ごした2年間を描いた人権擁護というメッセージを伝える映画なのだそう。

そんなこんなで注目していきたし。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-02-01 23:02 | 映画ネタあれこれ | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2625461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 徒然なるままに・・・ at 2006-02-19 22:29
タイトル : 【映画ネタ】 アカデミー賞ノミネート発表!!
アメリカ現地1月31日、第78回アカデミー賞のノミネートが発表されました。 詳しくは、こちらをクリック! 最後にノミネート一覧を載せますが、それにしても、 地味。 華やかさにやや欠ける気がしますね。盛り上がるかどうか心配です。 ノミネートに対して、個人的寸評つけてみました。 ◇作品賞 『ブロークバック・マウンテン』 『カポーティ』 『クラッシュ』 『グッドナイト&グッドラック』 『ミュンヘン』 賞レースを賑わしている『ブロークバック・マウンテン』が本命。 全て観ていないので、どれがいいのか...... more
Tracked from DVD レンタル Check at 2006-05-11 03:27
タイトル : プライドと偏見
プライドと偏見... more
Commented by pezhetairoi at 2006-03-06 22:18
結果出ました。
SAYURIが3つも賞を取っています・・・。
あれが向こうの人にはいいんでしょうかね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-07 01:17
pezhetairoi さん♪
そのようですね。アメリカの人たちがキモノ!ビューティフルネ!と思うのはわかりますが、SAYURIのよさは私にはわからなかったですー。撮影賞はちょっと納得いかないです。プライドと偏見の方がよかったけどねー。
<< 『MASAI マサイ』 PageTop 『スパングリッシュ 太陽の国か... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon