かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
2006年 02月 03日 |
やっぱりわくわく。



シリーズものを追い続ける根性のない私は、もう観に行かなくてもいいかなぁと思いつつもどうせならゾロよりハリポタだよねぇ。原作を読んでないと、もう次回作あたりからは内容がわかりづらいという噂。復習もしていなくて、登場人物の役割をすっかり忘れていたもので、私にとってはよくわからない台詞や描写もたまにありました。が、そんなことはどうでもよし。今回の映像世界もバッチリ楽しめた。

主人公の彼らが身体的にもどんどん成長していくから大変だよなーと思っていたけど、ダニエル・ラドクリフくんは背が高くなってもイメージが壊れることなくまっすぐなイイコのハリーのままであることに感激。ハーマイオニーの勝ち気なところもカワイイー。プロム風味なダンスパーティに誘う誘われないのドキドキ青春模様も甘酸っぱくってよかったな。

事前に知っておけばよかった。ヴォルデモートがレイフ・ファインズだったなんてーー。

世界の三大魔法学校の集いっていうのが何やら楽しかった。私はやっぱりリセエンヌなボーバトン校の生徒になりたーい。あの登場の仕方がツボ。フゥ~の動きが好き。
お風呂に現れる嘆きのマートルの挙動もかなり気に入ったし。ナイスなキャラが盛りだくさんで楽しかった。登場人物の多い物語はキャラ立ちが大事だよねー。そこをおさえているのがさすがな世界のハリポタ!

水中もハラハラ楽しかったな。
なんだかんだいってもやっぱりファンタジー映像の醍醐味をワクワク満喫。
六本木あたりに800万画素のデジタルシネマ映像を観に行けばよかったかも。

ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン
ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
フリットウィック先生:ウォーウィック・デイビス 
マダム・マクシーム:フランシス・ド・ラ・トゥール(イアン・ホワイト)
マッド-アイ・ムーディ:ブレンダン・グリーソン
シリウス・ブラック:ゲーリー・オールドマン
ヴォルデモート:レイフ・ファインズ
ルシウス・マルフォイ:ジェイソン・アイザックス
ピーター・ペティグリュー:ティモシー・スポール
アーサー・ウィーズリー:マーク・ウィリアムズ
フレッド&ジョージ・ウィーズリー:ジェームズ&オリバー・フェルプス
ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト
ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン
ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス
ビクトール・クラム:スタニスラフ・イアネフスキー
嘆きのマートル:シャーリー・ヘンダースン
チョウ・チャン:ケイティ・ルング
バーテミウス・クラウチ:ロジャー・ロイド=パック
バーテミウス・クラウチJr:デビッド・テナント
リータ・スキーター:ミランダ・リチャードソン

ハリー・ポッターと炎のゴブレット  公式サイト
HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 2005 アメリカ/ワーナー
監督 マイク・ニューウェル
脚本 スティーヴ・クローヴス 原作J・K・ローリング 
美術 スチュアート・クレイグ
 17本目
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-02-03 23:05 | CINEMAレヴュー | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2641697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 小人閑居日記 at 2006-02-05 15:04
タイトル : 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
インドで映画館に入ると、インド人観客は映画が終わるや否やさっさと席を立って出ていってしまう。早い人は最後を見ずに終わる1分ぐらい前からサカサカと帰り始め、まるで早ければ早いほどいなせだと言わんばかりである。誰も見ていないエンドロールは猛スピードで流れるが、アッという間にそれが終わる頃には館内はほぼ空っぽになってしまっているのだ。 この「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のエンドロールは、私が今までに見た映画の中で最長だったように思う。何分掛かったか計り忘れたのが残念だが(誰か時間を計った人がいた...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-02-05 19:30
タイトル : 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」HARRY POTTER AND THE G... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-02-06 09:28
タイトル : ハリー・ポッターと炎のゴブレット HARRY POTTE..
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン主演 人気のハリーポッターシリーズ4作目 ロンの一家の招待でハリーはハーマイオニー達と共に アイルランド対ブルガリアのクイディッチ・ワールドカップ Quidditch World Cupを観に行きます そこでハリー達は不可解な一味に襲われ危うく難を逃れるのですが ハリーは気を失っている間に不思議な夢を見ていたのです・・・・ ホグワーツ魔法学校が始まり 三つの魔法魔術学校の間で生徒が魔術の腕を競い合う トリウィザード・トーナメントが開かれ...... more
Tracked from あ~るの日記@ココログ at 2006-02-10 00:25
タイトル : ハリー・ポッターと炎のゴブレット
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を観た。 2時間半を超える長編だが、飽きることなく最後まで楽しめたのは流石。ただ、このシリーズ全作に共通して言えることだが、枝葉のエピソードが盛り沢山で、ちょっと本筋の物語が判り難い。しかも本作は、これまでの作品とのつながりが強いので、初めて観る人は判らなかったのでは。 前評判ではハリーの初恋や、ロンとハーマイオニーの関係など、思春期を迎える彼らが描かれているとのことだったが、大したエピソードもなく全体の物語にはあまり関係なかった。 そんな彼らが毎作成長するのを...... more
Commented by antoinedoinel at 2006-02-05 15:13
第7話の頃には、ハリーたち三人はもうすっかりオトナになっているでしょうね。今回は三人と大男ハグリッドが並ぶシーンがあまりなかったように思います。前は手を繋いだりしていたのに。
Commented by CaeRu_noix at 2006-02-06 11:17
antoinedoinel さん♪
ダニエルくんたちはずっと出演するんでしたっけ?
シリーズものの映画も大変ですよねぇ。
なるほど。そういわれてみると、ハグリッドと並ぶシーンはほとんどなかったですねー。
Commented by kana3160 at 2006-02-07 14:05
行っちゃおうかな~、やっぱり、ハリポタ見るなら映画館が楽しそうだし。
お勧めは六本木ですね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-02-09 10:51
kana さん♪
あら、まだご覧になっていないのですかー。
この手のファンタジーはスクリーンで観るに限ります。
六本木での上映はもう終わっちゃっているんですよね。
800万画素のデジタル上映をやっていたのは、
六本木とシネマメディアージュとTOHOシネマズ高槻だけだったらしいですー。
私もそれが観たかった・・・。ザンネン!
<< 『カミュなんて知らない』 PageTop 『MASAI マサイ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon