かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第31回セザール賞受賞結果
2006年 02月 25日 |
第31回 セザール賞 の受賞結果が決まりました。



作品賞
「真夜中のピアニスト」 De battre mon coeur s'est arrêté
 「ある子供」 L'enfant
 「戦場のアリア」 Joyeux Noe"l
 「若き警官」 Le Petit lieutenant
 「行け、生きろ、生まれ変われ」  Va, vis et deviens

監督賞
◎ジャック・オーディアール「真夜中のピアニスト」
 ジャン=ピエール/リュック・ダルデンヌ「ある子供」
 ミヒャエル・ハネケ「隠された記憶」
 グザヴィエ・ボーヴォワ「若き警官」
 ラデュ・ミヘイレアニュ「行け、生きろ、生まれ変われ」

主演男優賞
◎ミシェル・ブーケ 「シャン・デ・マルスの散策者」 Le Promeneur du champ de Mars
 ジョゼ・ガルシア 「斧」Le Couperet
 ロマン・デュリス  「真夜中のピアニスト」
 ブノワ・ポールヴールド「イン・ヒズ・ハンド」 Entre ses mains
 パトリック・シェネ 「愛されるためにここにいる訳じゃない」 Je ne suis pas la pour etre aime

主演女優賞
◎ナタリー・バイ「若き警官」
 イザベル・カレ「イン・ヒズ・ハンド」
 イザベル・ユペール「Gabrielle」
 アン・コンシニュイ「愛されるためにここにいる訳じゃない」
 ヴァレリー・ルメルシェ「パレ・ロワイヤル!」 Palais royal!

助演男優賞
◎ニールス・アルストラップ「真夜中のピアニスト」
 モーリス・ベニシュー「隠された記憶」
 ジョルジュ・ウィルソン「愛されるためにここにいる訳じゃない」
 ダニー・ブーン「戦場のアリア」
 ロシュディ・ゼム「若き警官」

助演女優賞
◎セシル・ドゥ・フランス「ロシアン・ドールズ」 Les Poupees russes
 ノエミ・ルボフスキー「Backstage」
 シャーロット・ランプリング「レミング」Lemming
 カトリーヌ・ドヌーヴ「パレ・ロワイヤル!」
 ケリー・ライリー「ロシアン・ドールズ」

有望若手男優賞
◎ルイ・ガレル「Everyday Lovers」Les Amants reguliers

有望若手女優賞
◎リン・ダン・ファン「真夜中のピアニスト」

オリジナル脚本賞
◎「行け、生きろ、生まれ変われ」ラデュ・ミヘイレアニュ他

脚色賞
◎「真夜中のピアニスト」ジャック・オーディアール、トニーノ・ブナキスタ

新人監督作品賞
◎「Le Cauchemar de Darwin」Hubert Sauper

音楽賞
◎「真夜中のピアニスト」アレクサンドル・デプラ

撮影賞
◎「真夜中のピアニスト」ステファーヌ・フォンテーヌ

音響賞
「皇帝ペンギン」

編集賞
◎「真夜中のピアニスト」ジュリエット・ウェルフラン

美術賞
◎「Gabrielle」

衣装デザイン賞
◎「Gabrielle」

外国映画賞
◎「ミリオンダラー・ベイビー」  クリント・イーストウッド
 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 デヴィッド・クローネンバーグ
 「海を飛ぶ夢」アレハンドロ・アメナーバル
 「マッチ・ポイント」ウディ・アレン
 「Walk On Water」Eytan Fox

d0029596_085249.jpg

ロマン・デュリスが主演男優賞を逃したのは残念ですが、「真夜中のピアニスト」が圧勝なのは嬉しい限りー
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-02-25 23:26 | 映画ネタあれこれ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2750557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Puff at 2006-02-27 00:25 x
うおー!!「真夜中のピアニスト」がブッチギリですね!!
んー・・・、しかし、ここまで来たら、ロマン・デュリスに主演男優賞を上げて欲しかったなぁ、、ちと残念!!
ええと、助演男優賞のニールス・アルストラップってどんな役をしてましたっけ・・・?(←もう忘れている。汗)
それにしても、「真夜中のピアニスト」
ホントにおめでとうー!!!
Commented by マダムS at 2006-02-27 10:06 x
うおー!!「真夜中のピアニスト」がブッチギリー! 2!(笑)
やっぱり嬉しいですよね、自分も観て良かった作品が公の賞に輝いてくれるのは・・
ロマン君は残念でしたが・・ 彼の関わったもう一つの作品「ロシアン・ドールズ」からも助演賞に二人もノミネートされてたなんて!! 彼はまさに今のフランス映画界では中心にいるっちゅう事ですよね^^
掲載 いつもながら有難うございました!!
Commented by CaeRu_noix at 2006-02-28 10:38
Puff さん♪
「真夜中のピアニスト」、ぶっちぎりっす! せぼーん。
そーなんですよ。ミシェル・ブーケがどんなに素晴らしいかは知らないけど、ロマン・デュリスのあの演技で主演男優賞がとれないというのは.ガックリしないこともない・・・。残念。
ニールス・アルストラップは父さんですね。なるほど確かに、あのパパのでっぷりとした威圧感はたいそうなものでしたよね。そんなパパへの複雑な思いを体現する息子もたいそうなものだったしー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-02-28 10:45
マダムS さん♪
雄たけびください!バンザーイ!
嬉しいですよねー。自分のお気に入り作品が自国おフランスで最高栄誉をつかむなんて。こういうカッコイイ映画が作品賞をとっちゃうおフランスはやっぱりいいなーとつくづく思うのです。(教育的にもよさげな作品が選ばれがちなじゃぱんと比べてみるにつけ・・・)
そうそう。若手俳優の中では人気実力ともにロマン君はTOPクラスに位置していると思います。はばたけー。
アカデミー賞の話題はそこかしこでやっているのに、セザール賞を取り上げているニュースは全然発見できませんでした・・。おかげでフランス語とにらめっこする羽目に・・・。
フランス映画祭上映作もセザール賞ノミネートに絡んでいるものがいくつかあって楽しみですね。
<< 『イベリア 魂のフラメンコ』 PageTop 『クラッシュ』 CRASH >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon