かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『イベリア 魂のフラメンコ』
2006年 02月 27日 |
独創的な音楽とダンスの美しい世界をうっとり堪能。

ダンス・パフォーマンスのアート映像。
スペイン音楽界の巨匠イサーク・アルベニスの組曲「イベリア」をベースに作られた18幕。



エボカシオン/アラゴンイントロ/アラゴン/椰子の木陰で/
グラナダ/コルドバ/カディス/トリアーナ/
朱色の塔/アルメリア/セビリアの聖体祭/ロンデーニャ/
エル・アルバイシン/ソルツィコ/エル・プエルト/グラナダ/
アストゥリアス/エル・アルバイシン/セビリア/カスティーリャ

"ダンス・ドキュメンタリー"として紹介されている記事があったけど、
こういうのって、ダンス・ドキュメンタリーではないんじゃないかな。
被写体がまず先に存在して、それを記録したのがドキュメンタリー?
そして、これは完璧にカルロス・サウラの創り出したアート作品。

前作の『サロメ』 は"舞台のついでにその模様を映像にもしてみた"
というようなオマケ映画の印象を受け、やや物足りなかったんだけど。
今作は、全体に流れるストーリー、ドラマというものはなく、
潔くシンプルに音楽とダンスを堪能する映像作品になっていて、
ダンスのステージやコンサートを楽しむように身を任せた。
その美しい調べと華麗なダンスがとても魅惑的でウットリ。

全体にストーリーはないけれど、一幕ごとには存在するドラマ。
その物語性にもついつい目を奪われ、イマジネーションを刺激。

ステージ的ではあるんだけど、ステージをただ撮ったわけじゃなく
小道具やカメラワークによって映像作品としても魅せてくれる。
生の舞台で味わえる興奮がないかわりにアートとしての味わいがあった。
照明、鏡の使い方がとても面白く、やわらかな布の動きさえ美しい。

フラメンコ音楽がベースになっているようだけど、
楽器も衣装も振り付けも予想外に多彩で驚いた。
弦楽器はクラシックなバイオリンからエレキまで登場。
ジーンズを着崩した男のストリート・ダンス風の振り付けまであって
フラメンコ・ダンスはここまでアレンジされてしまうのかとビックリ。
ほとんどモダン・ダンスなんだけど、時折刻まれるフラメンコのリズムがポイント。
マシュー・ボーン演出の舞台のように斬新。
少しだけ中学生の体育の時間の創作ダンスチックでもあり・・。

一流の舞踊家、演奏家たちのパフォーマンスをリーズナブルに体感できるのは幸せ。

IBERIA 2005 スペイン 公式サイト
監督 カルロス・サウラ
振付 ホセ・アントニオ 音楽 ロケ・バニョス
出演(舞踊)  サラ・バラス、ホセ・アントニオ、アントニオ・カナーレス、
   アイーダ・ゴメス、パトリック・デ・バナ、ミゲル・アンヘル・ベルナ
 (演奏)マノロ・サンルーカル、ヘラルド・ヌニェス、ロサ・トーレス=パルド、
  チャノ・ドミンゲス、ホルへ・パルド、エンリケ・モレンテ、エストレージャ・モレンテ
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-02-27 23:28 | CINEMAレヴュー | Trackback(7) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2758102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-03-01 08:03
タイトル : 『イベリア 魂のフラメンコ』
スペインの作曲家イサーク・アルベニス(1860~1909)のピアノ組曲「イベリア」からイメージを得て、カウロス・サウラが贈る現代最高のアーティストたちによる音楽と舞踏の饗宴。 2005年 スペイン 監督・脚本:カルロス・サウラ(「急げ、急げ」ベルリン映画祭金熊賞..... more
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2006-03-01 20:50
タイトル : 「イベリア 魂のフラメンコ」
「Iberia」2005 スペイン/フランス スペインを代表するダンサーである、サラ・バラス、アイーダ・ゴメスetc.が華麗なフラメンコのパフォーマンスを披露するドキュメンタリー映画。監督、脚本、美術は「サロメ/2002」のカルロス・カウラ。「サロメ」も観てなきゃ、サラ、アイーダのダンス・パフォーマンスも見てないのに、いきなりこの映画を観てしまった。フラメンコと言ってもかなりアヴァンギャルドである。 サラとアイーダのダンス・パフォーマンスは堪能できる。これを観たらフラメンコ習ってみようか...なん...... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2006-03-05 13:30
タイトル : 『IBERIA ~イベリア 魂のフラメンコ』レビュー
いま、卒業旅行のルートを練っているところなのに、こんな映画を観たら、スペインに行きたくなること必至ではないか! と、ほぼ確信犯的に観にいった、『IBERIA ~イベリア 魂のフラメンコ』。 フラメンコは、これまでに一度しか、生で観たことがない。その一度も、なかばむりやり連れていかれた公演だったから、ほとんど記憶にないのだけれど…。 そんなフラメンコ映画を観てみようかと思ったのは、1月に観た映画『愛より強い旅』の中で、フラメンコのシーンが、なんとも匂いやかな印象とともに、脳に鮮烈に焼きつい...... more
Tracked from 極私的映画のススメ at 2006-03-09 19:01
タイトル : 一息コラム 名監督たち ≪カルロス・サウラ≫(西)
典型的なスペインのわびしさや、ほの暗い部分を 実に巧みにえがくことのできる監督です。 彼の映画は、フラメンコ的な色彩が母体となるものが多いのですが、 そのフラメンコというものは、きらびやかなショーと化したフラメンコではなく 洞窟の奥でひっそりと伝承され... more
Tracked from 極私的映画のススメ at 2006-03-09 19:01
タイトル : 『フラメンコ』(西)
スペインという国の名前を聞いて初めに連想するものってなんですか? 闘牛だったり、サッカーだったり、ピカソだったり そしてフラメンコだったりするのではないでしょうか? イメージとしては情熱の国でしょうか。 でも、実際情熱の国というイメージがぴ... more
Tracked from Happy Together at 2006-04-28 19:46
タイトル : 『イベリア 魂のフラメンコ』(05スペイン)
組曲「イベリア」誕生100周年を飾るのは、極上のコラボによるダンス・パフォーマンス。フラメンコの概念を覆す独創的でより芸術性を高めた舞踊の数々、パフォーマーの熱気がヒシヒシと伝わってきます。 ... more
Tracked from フラメンコだいすき at 2006-05-01 14:22
タイトル : フラメンコだいすき
フラメンコの名盤やおなじみの曲、スタンダード集です。... more
Commented by マダムS at 2006-03-01 08:06 x
”中学生の創作ダンス” で笑♪
中・高とさんざやらされたので思い出してしまった・・(^^)/
フラメンコについてもっと勉強してから観に行けば良かったと後悔しました~ ってこれほんと創作ダンスですよね(まだ言ってる) 怒られそうだ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-02 01:02
マダムS さん♪
創作ダンスっぽい動きのダンスありましたよねー?
もちろん自分たちはあんなに華麗な動きはできなかったけど、ちょっと似てました。反抗期の中学生的にはかなりウンザリだったあの頃を思い出してしまいましたー。
これって、たぶんいわゆるフラメンコじゃあないですよね。副題に惑わされてしまいましたが・・。ほとんどバレエの幕もあったし。ガトリフのフラメンコ曲ともまた全然違っていたし。でもハワイアンで心地よい音楽でしたわー。私たちにもきっと踊れます!
Commented by margot2005 at 2006-03-02 22:35
かえるさん、こんばんはコメントありがとうございました。わたしも映画の中でもっと、もっとフラメンコ!!やって!!と思いましたわ。あまりにもアヴァンギャルド過ぎるのと、レッスン風景のジーパン姿にはがっくし来ましたわ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-03 16:44
margot さん♪
ギャルギャルアヴァンギャルドでしたよねぇー。芸術家って、新たなるものにチャレンジしたくなるものなんでしょうか・・・。これはこれで興味深かったんですけど、本来の土着的なフラメンコが堪能できなかったのはちょっと残念ですー。『愛より強い旅』の酒場のシーンみたいなのが体験したかったかな。
フラメンコをやりたい願望のある私ですが、こんな創作ダンスみたいなのはやりたくなーいと思いました・・・。
Commented by chatelaine at 2006-03-05 13:40
かえるさん、お返事遅くなってしまいましたが、TB&コメントありがとうございました~。
創作ダンス!どこの学校でもやるんですね。うちの高校は創作エアロビクスでした(しかもコンテスト制/笑)
私も『愛より強い旅』の影響で観にいったので、庶民がウサばらしにわーっと踊るのが観られるかと思ったんですが…アートでしたねぇ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-06 23:45
chatelaine さん♪
エアロビ!なのねー、最近は。
私の頃の創作ダンスはくねくねした動きがメインだったけれど、エアロビだったら恥ずかしさも少な目でいいかも。コンテスト制っていうのがまたステキですね。
これは、庶民的じゃーなかったですね。とことん芸術的。
サウラ作品は、ステージやレッスン場が舞台のものがほとんどかもしれない。ストリートや酒場やそこらへんで踊ったりしないのですよね。

関係ないけど、『踊れ、トスカーナ』のテーブル・フラメンコも好き。
<< 『PROMISE』 PageTop 第31回セザール賞受賞結果 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon