かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『PROMISE』
2006年 03月 01日 |
首を傾げつつ、時々見ごたえあり。 

無敵を誇る大将軍・光明が、俊足の昆崙を自分の奴隷としていた。そして反乱の企てから王を救おうと、光明と昆崙は城へと向かう。



観る前は、チェン・カイコーは『HERO』や『LOVERS』 みたいな作品をつくりたかったんだろーなーって思ったんだけど、そうじゃなくて、目指していたのは 『カンフー・ハッスル』の世界?
コメディだなんてどこにも書いてなかったけど、あのチャン・ドンゴンの猪走りは真剣には観られないよねぇ? 俊足なんてもんじゃなーい。

衣装や美術は見ごたえあり。かぶりもののデザインなどがいい感じ。
豪華絢爛で美しいセット。籠の鳥ショットはかなり気に入った。
なんだけど、カメラワークが気に入らない。落ち着かない。
スピーディなのがウリなのかもしれないけど、美しさが活きていなーい。
だからといって、戦闘シーンなんかに迫力があったわけでもなく・・・。
以前 『LOVERS』 に文句をつけたことを取り下げたくなるほどに、
これってなんだか映像センスがいまいちじゃない? 
『グリーン・デスティニー』の撮影監督なのになんで?

ニコラス・ツェーくんが一番よかったな。指さし棒もグー。
真田さんもこんなに表情豊かに演技するとは知らなかったかも。
でも、どうも主人公3人のキャラクターは滑稽で真剣に観られず・・・。
アジアのスターの競演は素晴らしいと思うけど。

"プロミス"って、本来はステキな言葉なのに、
イコール消費者金融業者の名称になってしまっているように、
この映画も本来の壮大さは感じられつつ、陳腐な印象でした。

『セブンソード』の方が見ごたえがあったような・・・。

『北京ヴァイオリン』のような感動作をまた撮ってねー。

無極 2005 中国  公式サイト
監督.脚本 チェン・カイコー
出演  真田広之、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-03-01 23:02 | CINEMAレヴュー | Trackback(7) | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2765471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-03-02 08:57
タイトル : PROMISE 無極 THE PROMISE
チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、真田広之主演 傾城は幼い時に女神に「欲しいものは手に入れる事ができるが 本当の愛は手に入れることが出来ない」と約束させられる これが THE PROMISE 主題です 古代中国を背景にしているのでしょうか 大将軍光明は絶大な力を持ち戦で素早く走る奴隷の昆崙を供につけます 王妃になった傾城を冷酷な公爵は主君を倒し奪おうとしています 大将軍は主君を救うため都に向かいますが途中で負傷してしまい 自分の身代わりに奴隷昆崙に赤花の鎧着せ主君の救出に向かわせます 奴隷...... more
Tracked from Saturday In .. at 2006-03-02 10:20
タイトル : PROMISE 無極
中国 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之     チャン・ドンゴン     セシリア・チャン     ニコラス・ツェー 戦乱の世で親を亡くし行き倒れ寸前だった少女・傾城は女神から真実の愛と引き 換えにすべての男からの寵愛と何不自由ない暮らしを約束され...... more
Tracked from April april at 2006-03-02 23:20
タイトル : 爆笑チッチキチー「PROMISE」
アナタがトゥキダカラ~。エイプリルです。ひつこい? いやいや、なかなか笑いどころ満載でしたよ。... more
Tracked from the borderland at 2006-03-03 22:25
タイトル : 「PROMISE」
監督は違っても「HERO」、「LOVERS」の流れを汲む武侠映画だと思ってました。ど派手な「華鎧」を着た光明(真田広之)が出て来たときは期待度がグッと上がったのですが・・・ 四つんばいの奴隷・昆崙(チャン・ドンゴン)が走り出したあたりから、どちらかと言うと「カンフー・ハッスル」系だったんですね。真面目な顔して映像はおちゃらけなんで、バカさ加減を楽しめないと辛いでしょうね。 【ネタバレです】 「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お前は決して真実の愛...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-03-06 15:07
タイトル : 無極THE PROMISE
むむむ・・・摩訶不思議。 ふと考えてみると陳凱歌(チェン・カイコー)監督の作品って・・・ほとんど観たコトがない。 観たのは「子供たちの王様」くらいだろうか。 この作品は笑いを狙っているのか、それとも直球シリアスを狙っているのか? いや、どう考えても私としては笑っちゃうシーンがいくつも襲ってくる。 チャン・ドンゴン演じる奴隷・昆崙が猛牛の群れから逃げる冒頭のシーン・・・ ストーリーを考えると決して笑うようなシーンではないのだが あれを観て笑うな、という方がムリというもんだろう。 彼の...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-03-10 23:35
タイトル : ★「PROMISE」
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン主演。 日本、韓国、香港のトップスターを主演に迎えるとはちょっとスケールがでかそう。 監督はチェン・カイコー。 ... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-10-04 11:51
タイトル : PROMISE 06年162本目
無極 The Promise 2005年   チェン・カイコー 監督・脚本真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン 、ニコラス・ツェー 、リィウ・イエ かなり微妙、、、てか、冒頭の戦闘シーン、ギャグでしょ??その後もほとんどギャグのようなVFX、、、 いやぁ、、...... more
Commented by April at 2006-03-02 23:23 x
かえるさん、こんばんわ~。
いやあ~、なかなか面白いなんじゃこりゃ映画でしたね。
指差し棒、グッズとして発売すべきですよね。
欲しい!
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-03 17:15
April さん♪
芸術性重視のチェン・カイコーがこんなオモロイ映画をつくったのはビックリです。コメディの割には笑う箇所は少なかったような気もしますけど、とても斬新でしたわ・・・。
そうそう、指差し棒は大ヒットでしたよね!私もほしいー。
ニコラス・ツェーのキャラを主役にしてもう1本撮ってほしいかも。
Commented by pezhetairoi at 2006-03-03 19:16
食べ物にまつわる恨みって怖いですねえ・・・。
で、これって主役はニコラス・ツェー扮する無歓ということでよろしいんですよね?
Commented by borderline-kanu at 2006-03-03 22:29
こんばんは。コメディと認めたくないと監督は思ってるでしょうけど、間違いなくコメディでしょうね(^^; 確かに『プロミス』はイメージ悪いかも。 カヌ
Commented by nouilles-sautees at 2006-03-04 05:10
この映画、どうやら近日フランスに来そうです。

>首を傾げつつ、時々見ごたえあり。 
>主人公3人のキャラクターは滑稽で真剣に観られず

真田広之の気合の入り方からして、こんな映画とは思いませんでしたが、その滑稽さを是非見たいと思いました。

息抜きに笑いに行ってきます。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-04 10:57
pezhetairoi さん♪
饅頭の恨みは絶大です。食い気と色気。
一番おいしく見せ場があったのはニコラス・ツェーですよね。3人よりも・・・。でも、みんなそれぞれによく頑張っておりました~。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-04 10:57
カヌ さん♪
間違いないですよね、やっぱり。
チェン・カイコーの真意が知りたいような、どうでもいいような・・・。
無極!っていう方がカッコいいですよね。
でも、プ・ロ・ミ・ス♪っていう軽薄さの方があっているのかも・・・
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-04 10:58
nouilles-sautees さん♪
そうですかー。フランスではどんなふうに受け入れられるのか興味ありますー。割り切って見れば、かなりおもしろいと思いますよ。CGはちゃちいんですが、衣装やセットの美術面はなかなか素晴らしかったです。東洋の美の世界はフランスのみなさまにも堪能していただけると思いますー。ちょっと荒唐無稽なんですけどね・・・。フランス人はドンゴンの走るシーンを笑ったりするのかなぁ・・。
Commented by sabunori at 2006-03-06 15:10
かえるさんこんにちは。
TBさせていただきました。
この作品でニコラス・ツェーはかなり株を上げたとみました。
でも私が一番気に入ったのは鬼狼を演じたリウ・イエでした。
彼だけは唯一ギャグなしキャラでしたね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-07 01:07
sabunori さん♪
ニコラス・ツェーはかなりいいですー♪ 麗しいー
前に、『ティラミス』ってのを観ておりました。
鬼狼もよかったですねぇ。山の郵便配達の彼なんですねー。
ギャグなしだったのかどうかもよくわからない微妙さがそこかしこに・・・。
<< 『RIZE ライズ』 PageTop 『イベリア 魂のフラメンコ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon