かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『RIZE ライズ』
2006年 03月 02日 |
ギャングにならずに踊ることに生をささげる若者のエネルギーに感動。

暴力と犯罪の絶えないロサンゼルスのサウスセントラル地区。
誕生会やパーティの余興でピエロ(クラウン)の姿でダンスをしたトミー・ザ・クラウンが始めたダンスが若者達の心をつかみ、クランプという新しいダンスが生まれた。ダンスに興じて、そこに生きがいさえ見出したの若者達の姿を有名フォトグラファーがとらえたドキュメンタリー。



ピエロという存在は大好き。ピエロの格好をしたトミー・ザ・クラウンが子どもたちを喜ばせるためのダンスが始まりだっていうのがまずはとてもステキじゃない。

『ベルリン・フィルと子どもたち』 というドキュメンタリーがあった。出身国が多様な少年少女たちが美しいベルリン・フィルの演奏に合わせてのダンスに取り組んでいた。熱心に踊る彼らの姿には心打たれたけれど、それほどに大きな感動を受けたわけではなかった。それは天下のベルリン・フィル主導の教育プロジェクトであったから。クラシック音楽に馴染みのない少年少女が芸術に親しみ、努力して一丸となってステージを成功させるという機会を得られたことはよかった。だけど、大人のお偉方の自己満足的な押し付けをどこかに感じてしまったのかもしれない。

そのベルリン・フィルのドキュメンタリーのことを思い出しつつ、RIZEの若者たちが自ら踊らずにはいられなかったことがとてもいいなぁと思った。犯罪が横行するこの町では皆がごく当然のようにギャングになっていくらしい。そして、ギャングになる代わりに彼らはダンスすることを選んだのだ。部外者が秩序のためにおせっかいをやいたのではなくて、町の住民の一人であるトミーがそんなお手本を示し、多くのアフリカ系アメリカ人の若者達が仲間に加わったというのが胸を打つ。自ら切り開かれ、生み出されたポジティブ・エネルギー。小さな子どもも女の子も巨体くんもみんなが楽しそうに踊っている姿が輝いていた。

クランプ・ダンスというのは一見とても単純な動き。個々のアレンジは多様だけど、とにかく激しく、腰を中心にカラダを前後にゆする。小刻みな振動が繰り返される。よくそんな動きができるものだと、その身体能力と情熱に圧倒される。

スクリーンを通して鑑賞する私にとっては、それほどに魅了されるダンスではなかったかもしれない。ブレイク・ダンスのようなものの方が釘付けになりやすいかな。個人的には、素早い動きよりも、優雅な舞踊を眺める方が好き。興味深いのだけど、見るダンスとしては途中で少し飽きてしまったかも。だけど、その場所にいたら、すごく楽しいんだろーなっていう躍動感と熱気は大いに伝わってくるから、目は見飽きてしまっても、つま先とハートでリズムを刻み続けてしまった。

ダンス自体がそんなに好みじゃなかったし、美しい映像はあったけど、構成や編集の仕方はシンプルで作品としてそれほど独創的な魅力は感じなかったかな。だけど、ここに映し出されていた若者たちの笑顔とエネルギーには心を動かされた。彼らが犯罪に走ることなく夢中になれるものを見つけたというのが何よりも感慨深い。

RIZE 2005 アメリカ 公式サイト
監督 デヴィッド・ラシャベル

(渋谷 シネマライズ)
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-03-02 23:03 | CINEMAレヴュー | Trackback(11) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2771869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-03-03 20:17
タイトル : ライズ RIZE
ドキュメンタリー映画 ロスアンジェルス サウスセントラルでは暴力と犯罪が絶えない場所です アフリカ系の若者は 麻薬常用者、マフィアの手先になるのが常です トミー・ザ・クラウンはパーティでピエロ(クラウン)の格好で踊ります 若者はトミーからダンスを習い そんな日常から逃れる方法とします そのうちトミーはその踊りを教え始めクラウン・ダンスと呼ばれます クラウン・ダンスからタイト・アイズはクランプと言うチームを作り クラウンVSクランプのダンス・バトルが開催されるのです 無力感が漂う若者がダンスに...... more
Tracked from Take it easy. at 2006-03-04 02:42
タイトル : 「RIZE」・・・頑張れトミー!
銃声と暴力が絶えないロサンゼルスの サウス・セントラル地区。 そんな過酷な日常を強いられる地区が舞台の ドキュメンタリー映画「RIZE(ライズ)」。 これはただのダンス映画ではありません。 たしかにそのダンスシーンからは凄い迫力とエネルギーを感じます。 でもそれはカッコよさとは別で生きてる証というか命というか・・・。 ギャングが多いこの地区で生きるために若者がとった行動。 それは世の中への怒りをぶつけたクラウン・ダンス。 その生みの親、トミー・ザ・クラウン曰く 「僕...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-03-06 01:18
タイトル : RIZE
【映画的カリスマ指数】★★★★★  アドレナリン大放出だあ!!... more
Tracked from のら猫の日記 at 2006-03-11 11:24
タイトル : RIZE(2005/アメリカ/監督:デヴィッド・ラシャペル)
【新宿ジョイシネマ】研ぎ澄まされた肉体を激しく振り動かして踊る最先端のダンス・スタイル“クランプ・ダンス”に人生を掛ける人々の姿を活写した長編ドキュメンタリー。全米でもっとも危険な地区とも言われるLAのサウスセントラル。犯罪と暴力に溢れ、死と隣り合わせのこの街で、若者たちが生き残る... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-04-05 23:13
タイトル : RIZE ライズ
 セクシーな腰の動きに加え、体全体を激しく振り動かすクランプ・ダンス。日本人がこれを真似すると江頭2:50になってしまう・・・... more
Tracked from 徒然なるままに・・・ at 2006-04-08 09:26
タイトル : 【映画】 RIZE<ライズ> ★★☆
ストーリー: L.A.サウスセントラル地区。 暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、 トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生会やパーティの余興として、 ピエロ(クラウン)の姿でダンスを披露しはじめた。 やがてトミーは、地元の若者にダンスを教え始める。 「クラウン・ダンス」と呼ばれるこのユニークな踊りは、 若者たちの心を捉え、やがて彼らは独自の踊りを生み出していく。 彼らにとってダンスは、底辺の生活の中に見出した希望の光だった。 (goo映画より引用) 出演: トミー・ザ・クラウン 監...... more
Tracked from 憔悴報告 at 2006-04-10 10:29
タイトル : 考えるな、感じるんだ!@SPIRIT & RIZE
『エミリー・ローズ』が「究極の恐怖」を目指した映画ではないように、『SPIRIT』は、純粋なアクション映画ではない。 ... more
Tracked from mixi@ミクシィバンキング at 2006-04-22 00:35
タイトル : クラシック音楽専門のSNSを紹介しますよ!
テレビCMなどでよくクラシック音楽聴きますよね?リラックス効果のあるクラシック音楽の話題で盛り上がろう。... more
Tracked from レザボアCATs at 2006-08-16 01:38
タイトル : 75.RIZE
フォトグラファー、デイヴィッド・ラシャペルによるドキュメンタリー映画。 ダンス映画というより、真摯なドキュメンタリー。サウスセントラルのスラム街に生きて、すぐ隣で犯罪が多発する、悲惨な境遇にあって、前向きに生きるのがいかに難しいか・・・ ダンスをするとい....... more
Tracked from soramove at 2006-08-22 20:24
タイトル : 「RIZE/ライズ」這い上がってやる
「RIZE/ライズ」★★★DVD鑑賞 デビッド・ラシャペル監督、2005年 L.A.サウスセントラルは 世界で最も危険な地区と言われている。 黒人の多く住むこの地域に住む若者は ギャングかダンサーに分かれている。 もちろんそんなに単純には 割り切れな...... more
Tracked from ひるめし。 at 2007-01-09 20:24
タイトル : RIZE ライズ(DVD)
踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。... more
Commented by とらねこ at 2006-08-16 01:30 x
また来ましたー。なんだかしょっちゅうROMってしまっている私で、スミマセン(汗アセ)
かえるさんのコメント欄がゼロって、初めて見ましたあ。
かえるさん、もうすぐ夏休み終わりですが、かえるさんは後、何を見るのかしら?
最近、更新が多いようで・・・(余計なお世話w)楽しみにしてますね♪わくわく
Commented by CaeRu_noix at 2006-08-17 00:53
とらねこさん♪
あら、そんなにヒマなんですか?(笑) 
や、コメント0って、結構あるんじゃないかなぁ。マイナー映画は特に。
私はナツヤスミというほどのお休みはなかったんですけど、ちょびちょび休みました。まぁ年中夏休み気分なんですけどねー。夏休みは関係なく、映画の公開状況や映画祭の開催に応じて、ばかみたいに映画を観まくるWEEKが続いております・・・。7月8月の鑑賞数はすごいかもー。
更新作業もあっぷあっぷでござるよ。そんなお言葉を励みに何とかー。ありがとうー。
<< 『アメリカ,家族のいる風景』 PageTop 『PROMISE』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon