かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』
2006年 03月 05日 |
音が不快なのではなく、劇が不快。

西暦2015年。世界中でウィルスが蔓延していた。



ヴェンダースの映画みたいだーって、まず思った。
そう感じたのは、ただ単に 『アメリカ、家族のいる風景』を観たすぐ後だったからかもしれない。この映像を観たら、西部劇と結びつけるのがツウらしいのだけど、私は西部劇というものをほとんど観ていないので、それを直接連想するよりも、それに何らかの影響を受けているヴェンダース映画風味なところにまず興味をもった。日本映画ではめったにお目にかかれない雄大な風景。その広がる景色にうっとり。登場する2人の男がつけていたガスマスクみたいなやつは、『ことの次第』の冒頭で撮影していたSF映画の中の登場人物がつけていたものを思い出させたし。馬は登場しないけど、木馬があったね。そんな感じで始まり部分は好感触。

青山真治監督作品は、『EUREKA ユリイカ』 しか観ていないや。だから、よくわかりません。あのワンレンな長髪はやめてほしいと思っていたんだけど、今はもう違うのかな。とよた真帆を射止めたのはあの髪型の時?ついでにいうと、中原昌也もスクリーンに登場されるのはちょっと・・・。多才な方なんでしょうけど、それはそれ。観客的には、そんな友情出演はやめてほしいっす。出すな、出るな。オダギリジョーを出せー。西島秀俊を出せー。(関係なし) 浅野忠信はいつでもイイんだけど、その魅力は本作では大して感じられなかったし。筒井氏もちょっとなー・・・。

音集め、音作りの場面なんかもおもしろかった。本当は『リスボン物語』の録音技師の作っている音の方がもっとステキだと思うけど、こういう職人芸みたいなのを見せられるのは好き。ノイジーな音は好みではないんだけど、彼らが熱心に音をつくっていく姿は、現実とかぶるからなのか興味深いものだった。洗濯物干しに吊した貝殻なんて好きだなー。

だけど、登場人物達が集まって、台詞をしゃべって劇をするシークエンスはどうもいただけなかった。近未来に古めかしさを合わせたのが斬新なおもしろみだったのかもしれないけど、おもしろくないどころかちょっと苦痛。物語に関心が持てないから、レミング病のことはどうでもよかったんだけど、得体の知れない奇病への恐怖感をもっともっと演出してみてもよかったんじゃないのかなぁ? こんなに入り込めない映画でいいの?

"エリ・エリ・レマ・サバクタニ"とはイエスが十字架に張り付けられながら唱えた最期の言葉で 「神よ、何故に我を見捨てたもうや」の意。容易く使うなよって、キリスト教関係者からクレームはこないのかなぁ? こんな舌噛みそうな長いタイトルを何度も呼びかけなくちゃいけなくて、劇場係員の人に同情しちゃった。でも、彼はもうこの言葉を忘れないだろうね。それがどうした。スリランカの首都名言える?

クライマックスの演奏シークエンスもビジュアル的には好き。空が青いんだもん。でも、そんなノイジーな大音響は好きじゃない。『愛より強い旅』のトランスの方が全然いい!音楽が病気を封じる力をもつなんていう発想は嫌いじゃないけど、『マーズ・アタック!』 のオチに感動した後は、そんなモチーフにすらときめかない。音や音楽へのこだわることはステキなんだけど、出来上がったこの映画はまるで好きじゃない。『アメリカ、家族のいる風景』の投げ出されたアンプとギターでの路上演奏シーンはよかったなぁ。

ELI, ELI, LEMA SABACHTHANI?  2005  公式サイト
監督.脚本 青山真治
出演  浅野忠信、宮崎あおい、中原昌也

(シネセゾン渋谷)
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-03-05 23:06 | CINEMAレヴュー | Trackback(8) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2784338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2006-03-07 18:32
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ@テアトル新宿
自殺願望が湧くウィルスが蔓延した近未来、二人のミュージシャンが奏でる音だけが、発病抑制に繋がる。映像も発想もいかにも青山真治らしい、たむらまさきと仙頭武則とのトリオ5作目。あうんの呼吸だと思われる。 様々な音に音楽を見出す二人。彼らのノイズ、世界を救うと... more
Tracked from 「朱雀門」という方法・第2章 at 2006-03-10 23:06
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ:爆音は福音たり得るか?
★監督:青山真治(2005年 日本作品) 再び京都シネマで鑑賞。 3月4日はダブ...... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-03-13 05:33
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ
 この作品を観たあとでふと思いつきましたが、ひょっとしてこの作品の主人公は、浅野忠信演ずるミュージシャンのミズイではなく、実は宮崎あおい演ず... more
Tracked from 泥海ニ爆ゼル at 2006-03-18 23:20
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」 最近邦画を観ていない。味のある俳優を見たい。一癖ありそうな映画を観たい。そんなマイナー作品欠乏症にかかっていた時にすっ飛んで観にいった作品。浅野忠信を見るのは、「乱歩地獄」以来。「誰がために」観たかった~。監督は「EUREKA」の青山真治。 2015年、世界中に人を自殺に追い込むレミング病という奇病が蔓延していた。ミヤギ(筒井康隆)はレミング病に罹ったハナ(宮﨑あおい)を救うべく、症状を抑制する音楽を作るミュージシャン、ミズイ(浅野忠信)とアスハラ...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-05-11 07:26
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ
 終盤、眠くなる箇所があったりするけど、眠ってしまったあなたはすでにレミング病に感染しているのかもしれません。... more
Tracked from mountain77 D.. at 2006-09-18 20:47
タイトル : 「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」85点。
エリ・エリ・レマ・サバクタニ監督:青山真治出演:浅野忠信 , 宮崎あおい , 中原昌也 , 筒井康隆Story『レイクサイド マーダーケース』の青山真治監督が、浅野忠信、宮崎あおいら豪華キャストの共演で贈る近未来SFドラマ。世界中に正体不明の...... more
Tracked from 悩み事解決コラム at 2006-09-21 11:01
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ
{amazon}  青山真治監督映画「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」 2015年、現在よりさらに情報過多社会なのでしょうか? あまりにもノイズが多すぎる。随分前にノイズ耐性をつける事が 大事と書いたのですが、それもある度を越すと耐えれるレベル ... more
Tracked from 39☆SMASH at 2007-09-21 13:15
タイトル : エリ・エリ・レマ・サバクタニ
『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』 ++ あらすじ ++ 『西暦2015年。 日本をはじめ、世界には正体不明の致死ウィルスが蔓延していた。 感染者が “自殺” という方法で死に至ってしまうその病を、メデ... more
Commented by 現象 at 2006-03-07 18:37 x
やー、もう何だか青山がいかにも付けそうなタイトルだなぁと思いました。
「博識なんですね(棒読み)」みたいな。
いやそういうことではないと思うんですがw
嘘のような青い空と緑の草原には息を飲みました。
オーディエンスが少なめの野外フェスとか行きたひです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-09 00:47
現象さん♪
キリスト教国の人たちも観るであろう作品のタイトルに、イエスの最期の言葉なんてものを使っちゃうのってそれなりの自信と覚悟が必要なんじゃないかと私は思ったんですが・・・。マイペースな方なのかな?
北海道はデッカイドーの風景は本当に素晴らしかったですねー。
ああいう場所でのんびり音楽を聴くのはステキかなーと思いつつ、いや、自然の中では音楽なんて聴かずにゆっくりしたいかもしれない。・・と、青山氏の感性と私の求めるものはやはり違うってわけだ。
オーディエンスが少なめの野外フェスっていいですね。人口密度低めがいい。
Commented by 朱雀門 at 2006-03-11 00:18 x
トラックバックありがとうございました
手厳しい評価ですね。私も「愛より強い旅」のトランスを思い出しましたよ。
しかし、ノイズ演奏自体はトランスほどの意味合いを持っていない、むしろ無意味なのではないか・・・と思います。
ただ「聞くこと」が、他者との共鳴であり「生きること」なんだ・・・とのメッセージがあるように思えたのですが、いかがでしょうか。

音作りの場面は楽しそうでしたね。音楽に熱意を傾ける人の姿は私も好きです。近日公開のドキュメンタリー映画「タッチ・ザ・サウンド」もそんなテイストが満載のようで楽しみであります。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-11 15:13
朱雀門 さん♪
うーん。素材やモチーフや映像は嫌いじゃないんですよ。好みのものを使っているのに、手ごたえがないから余計に嫌悪の気持ちがわいてしまうというか・・。

>ただ「聞くこと」が他者との共鳴であり「生きること」
と朱雀門さんが映画を観て感じたならそれでよいと思います。私は鑑賞中に何のメッセージも読み取れなかったし感銘もなかったので、今そう投げかけられても、ピンと来ないというのが正直なところですが。
映画は別にして "耳を澄ませて拒否せずに受け入れることが大事"という物事の捉え方自体は私も好きなんですよ。でも、この映画にそういったものは感じなかったし、本当に「生きる」なんていうテーマを扱っているんだとしたら、もっと心に響く他のやり方で伝えてほしかったです。というか、むしろそんなメッセージは込めてほしくないかもしれません。浅野がギターを弾く所を撮りたかったに始まった企画に、命や神という壮大なものが半端に使われているのが嫌なのかな。私の感じる「生」と青山監督の表現するそれとはたぶん全然違うんですよね。ごめんなさい。

音作りのシーンは興味深かったですよね。「タッチ・ザ・サウンド」もおもしろそうです。
<< アカデミー賞受賞結果雑感ー   PageTop 『アメリカ,家族のいる風景』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon