かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
アカデミー賞受賞結果雑感ー  
2006年 03月 06日 |
発表されましたね!



いやー、嬉しいです。圧勝でしたね。
8部門で受賞だなんて。
作品賞と監督賞ダブルでなんてすごい。
脚色賞に音楽賞に編集賞。
ただ、唯一残念だったのは、主演男優賞を逃したこと。
あんなに素晴らしい演技だったのにねぇ。

でも、まぁよかった。おめでとう!
ジャック・オーディアール監督!
バンザイ、『真夜中のピアニスト』
って、それはセザール賞の結果 でしたー。


じゃなくて、本日のお題は、
第78回アカデミー賞(ACADEMY AWARDS)!

☆フィリップ・シーモア・ホフマン(Philip Seymour Hoffman)が主演男優賞受賞!
d0029596_23222674.jpgこれはおめでたいっ。
"変化自在のファットマン"の異名をとるあの名わき役PSHが、まさか主演男優賞でオスカーを手にする日がくるとは思いもしなかった。感無量。ここに辿り着くまでに、『ハピネス』での演技があったわけだ。ううう。ポール・トーマス・アンダーソン作品が大好きな私にとって、PSHはずっと注目のお気に入りわき役俳優で、常々その演技の幅の広さには感心していたから。いつのまにやら主演俳優になってトントン拍子・・・と驚きつつも嬉しいなっ。オスカー俳優だからと気取ったりせずにこれからもキワモノをいっぱい演じてほしいなー。

☆アン・リーが監督賞受賞!
おめでとうー。
作品賞受賞できなかったのは残念だけど、アジア人監督がハリウッドで評価されるのはやっぱり喜ばしいー。
『ブロークバック・マウンテン』 は脚色賞、作曲賞も受賞。
グスタホ・サンタオラージャの音楽にも期待。

☆『クラッシュ』(CRASH)が作品賞を受賞!
おめでとうー。
もしかしてと・・・思いつつもまさかの受賞結果だったかな。
やっぱりゲイの物語はふさわしくないということなのか?
でも、私自身も大いに心揺さぶられた本作の受賞はとても嬉しいー。 →myReview
ののしりや卑猥な言葉は182語、暴力は62回、性的内容は16箇所でもオスカー!

ノミネート作品の『ミュンヘン』以外の4作はメジャー作品じゃないというのも個人的には嬉しかった。

☆『Tsotsi(ツォツィ)』(南アフリカ)が外国語映画賞受賞!
へぇー。おめでとうー。
『パラダイス・ナウ』 は抗議があったから除外されたのかな。
南アフリカの作品というのはあまり観る機会がないので興味深し。
2005年トロント映画祭の受賞作
貧困と暴力のあふれるストリートで育ったギャング団のリーダーの少年Tsotsiの物語?
公式サイト
こういうのもちゃんと一般公開してほしいー

などなど。
とにもかくにも、受賞/ノミネート作品を観るのが楽しみー。


ラジー賞は、『Dirty Love』
『シスの復讐』のヘイデンくんは最低助演男優賞をとってしまったのね。

ところで、日本アカデミー賞って、何なの?
アメリカのようにその賞をインデペンデント作品がとれる日はくるのかなぁ・・・。
いえ、来なくていいや。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-03-06 23:18 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2788554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-03-08 07:30
タイトル : アカデミー賞授賞式 生放送鑑賞しました♪
いや~びっくりしました! プレゼンテーターのジャック・ニコルソンから『クラッシュ』と発表されたとたん、会場は一瞬驚きの大歓声に包まれましたね~!! 誰もが作品賞は『ブロークバック・マウンテン』に行くと思ってましたから・・ オスカーの前哨戦と言われる賞はすべて..... more
Commented by kana3160 at 2006-03-07 17:29
すみません・・・・、「例えバトン」が回ってきました。お願いします。
1,自分を色に例えると?
2,自分を動物に例えると?
3,自分を好きなキャラクターに例えると?
4,自分を植物に例えると?
5,バトンをまわす5名を色に例えると?
Commented by マダムS at 2006-03-08 07:35 x
こんにちは♪
そうそう!『ハピネス』がありましたね!PSH・・ あれは良かった。
『マグノリア』も良かったけど。 私は『セント・オブ・ウーマン』が彼とのお初でした。ミョーに目だってたですよあの頃から・・ それにしてもメデタイですね~
『クラッシュ』も『ブロークバック』も メイン・テーマがいいですよね~作品ともにずっと忘れられない曲になりそうです。
Commented by M. at 2006-03-08 13:10 x
おじゃまします〜
インディ系作品が認められるのは大いにうれしいのですが、もっとメジャー系製作会社もリメイクとか続編ばっか作ってるんじゃなくてもっと頑張ってほしいなーと思いましたです。
日本アカデミー賞…あっ、映画館でディナーショー?の予告が流れるアレですね。そういえばもう終わったんでしたっけ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-08 23:33
kana さん♪
やってみましたー。
ところで、私を何色にたとえてくれたのでしょかー? うふ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-09 01:01
マダムS さん♪
『セント・オブ・ウーマン』のPSHは覚えていないんですよねぇ。
『マグノリア』はいつもの変人役とは違う役柄をPTAが与えてくれたんですよねぇ。
演技がうまくても、地味なままで終わってしまう俳優も少なくないと思うんですが、PSHはいい感じで上に昇っていきましたよねぇ。よかった、よかった。MI3も観に行くべきか・・・。
『ブローグバック~』、ご覧になったのですねぇ。楽しみですー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-09 01:08
M. さん♪
そうなんですよねー。ハリウッド映画の低迷は前から言われていますが、メジャースタジオの人たちは危機感をもって対策をたてていらっしゃるのでしょうかね?プライドを見せてほしいです。本当に、笑っちゃうくらいに、リメイクと続編ばっかりですよね。せっかく大きな資金投入ができるのだから、もっともっとがんばってもらいたいですねー。
日本アカ~はちょっと前に発表されていました。ALWAYSの総なめ一歩手前。キネ旬ベスト読者投票の方がよほどに真っ当な評価をしている気がしました・・・。
Commented by 伽羅 at 2006-03-09 20:08 x
ぼんそわ~♪
フィリップ・シーモア・ホフマンが大好きな私としては、上機嫌♪の一日でした。
そうそう、セザール賞も忘れてはなりませんっ!!
祝☆『真夜中のピアニスト』8冠達成!!
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-10 12:49
伽羅 さん♪
めでたいですよね、ホント! 伽羅さんもお好きでしたか。
『カポーティ』の上映も待ち遠しいですねー。MI3も。
そうなんですよ。セザール賞もよろしくです!
ハリウッド映画の市場が世界規模で莫大なのだから仕方のないことですが、どちらも同じ外国の国内の映画賞レースなのに、こうもメディアの扱いや人々の関心に格差があるのは寂しいです。真夜中のピアニストぉ!
来週はフランス映画祭ですぜー
Commented by アキ(アンチハリウッド的映画論 at 2006-03-11 12:05 x
こんにちは~。
なんか「ブロークバックマウンテン」を受賞作にしちゃうと、あとでゴタゴタが起きそう・・みたいな観点から「作品賞」から外したっぽい気がしないでもないですが、私個人としては、「クラッシュ」の受賞に大満足です♪
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-11 18:52
アキ さん♪
ちは~。そうなんですよねぇ。
作品の出来映えではなくて、お堅い団体などからのクレームを避けるべく、という感じもしましたよねぇ。でも、一応投票で決まっているんですよね? 『ブローク~』をまだ観に行っていないので何ともいえないけど、『クラッシュ』はよかったですよねー。
<< 『夢と現実の日々』 -シリア映画- PageTop 『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon