かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
フランス映画祭2006  その3 ~ブノワ・マジメルー
2006年 03月 19日 |
最終日です。午後から2本。
金曜日には閑散としていたお台場もさすがに日曜の昼は大にぎわい。
やっぱりここはレジャースポットなのですね。

『they came back(仮題)』 →『奇跡の朝』
大勢の死者が蘇ってしまうというシリアスなタッチの物語。
個人レベルだけでなく、社会の問題として取り上げられるというのがおもしろい。アイディアはなかなかで興味深いのだけど、映画として展開するのは・・・・。

『Trouble(原題)』 →デッドリンガー
ブノワ・マジメルが一卵性双生児の一人二役に挑んだサスペンス。
双子のアイデンティティっておもしろいテーマかも。
サスペンスストーリーとしては・・・・。
d0029596_255256.jpg
ブノワをサスペンスの主人公に使うのは正しくないと思った。
突如現れた双子の兄に生活がかき乱されていくスリラーな物語の中では、ブノワは怯えた表情や驚きや怒りばかりを表しているんだもん。せっかくアップが多くてもそんな形相はどうも魅力的じゃないのだよね。
映画の後で、本物のブノワ☆スマイルを見て、こうじゃなきゃダメだって納得。
甘いマスクのブノワは優しい微笑みが一番なんだよなー。

というわけで、本日のMain は映画じゃなくてゲストですー。
何だかイマイチ盛り上がりにかけている気がしたこのフランス映画祭でしたが、さすがにブノワ・マジメルの登場となると、フラッシュがバシバシ光り続けて、お祭り的な高揚感が感じられましたね。

d0029596_212079.jpg
ブノワ・生ジメルー!感激です。はい、とってもステキでした。
黒のタキシードをルーズに着ての登場。(セレモニーの時はちゃんと着ていたのでしょう。)そこらのお兄ちゃんが同じ恰好したらちょっとカタギじゃない感じになりそうなものなんだけど、その崩し方もブノワなら様になっちゃうのです。フォーマルな衣装のポケットに手をつっこんで話す姿がまたステキ。それが何だか自然。質問に答えるだけじゃなく、積極的に熱心に饒舌に映画のことを語り、会場に笑いを提供するサービス精神にもあふれていました。
他の映画の時にはなかった写真撮影タイムがあったのも嬉しかった。
そして、しっかりサインと握手をしてもらいました。わーい。この笑顔を間近で見られるのはかなり幸せ♪ こんなに大勢の客にサインをしなくちゃいけないのに笑顔を絶やさないなんて。去り際も、手を振り続け、投げキッスまでしてくれてました。スターだなぁ。

そんなわけで、今年のフランス映画祭も終了しました。
素晴らしい映画と素敵なゲストに出逢えて満足です。
よい作品はじゃんじゃん一般公開してほしいですー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-03-19 23:20 | CINEMAレヴュー | Trackback(4) | Comments(18)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2851012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-03-20 10:53
タイトル : 「Trouble(原題)」~フランス映画祭~
VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズにて フランス映画祭に行って参りました~今回は毎日でも通いたかった~ 仕事の合間をぬって本日と日曜のクロージング作品「戦場のアリア」は見る事が出来るようになりました。 本日はサプライズ!監督と主役お二人の舞台挨拶とQ&Aがありました!六本木では舞台挨拶なしだと思っていたのでラッキーでしたわ♪ 現れたハリー・クレヴァン監督とブノア・マジメル&ナターシャ・レニエさん、な~んか普通の外人さんに見えちゃった… 映画に現実逃避している自分(また言ってる...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-03-20 15:11
タイトル : フランス映画祭2006 クロージング
六本木での最終日のクロージング・セレモニーはさすがに満席でした。 フランス映画祭は写真バチバチOKだったんだわ・・ 取り合えず 速報です♪ 観客賞を受賞した「戦場のアリア」のクリスチャン・カリオン監督、 ブノワ・マジメル、ジュリー・ロペス=キュルバル監督など..... more
Tracked from The Good Lif.. at 2006-03-21 01:05
タイトル : 日曜のお台場激寒
どう考えたって良識あるシネフィルはオリベホールか国際フォーラム向かうよなあ、とひとりごち乍ら、びゅーびゅー大風すさぶ中お台場に行くのであった。海風は更に厳しく、か弱き我が身は何度飛ばされそうになったことか・・・は?何か? 「フランス映画祭」という歴史もあり熱心な参加者も多いと評判の映画祭、これまで行く気にならなかったのは横浜という開催地への距離感故(多分に精神的・・・言うほど遠くはないのです)だったわけですが、今回から開催地が変わり、まあお台場ならついでにウェス・クレイブンも見れるし、ということで...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2006-04-12 01:18
タイトル : 「Trouble(原題)」
 2005年/フランス  監督/ハリー・クレヴァン  出演/ブノワ・マジメル      ナターシャ・レニエ  ブノワ・マジメルが2役に挑戦した作品。  孤児として育ったカメラマンのマチアスは、妻と息子と共に幸せに暮らしていた。そんなある日、彼のもとに母の死を知らせる手紙が届く。そして彼は双子の兄・トマと出会うことになる・・・というお話。  過去の記憶がないマチアスと、マチアスの家族に溶け込んでいくトマ。疎外感を感じたマチアスが孤独を深めるシーンは切ない。奥さんが間違えてしまった...... more
Commented by charlotte at 2006-03-20 10:58 x
こんにちは~!
ブノワ・生ジメルー 笑
素敵でした?ヒルズにも舞台挨拶に訪れてくれましたよ。
この後お台場に直行したのでしょうか・・・
よかったですね~!サインと握手まで!!一緒に写真は無理だったのでしょうか・・・それにしても笑顔が素敵ですよね
私もどちらかというと俳優で見る映画を選択した感じです(^^ゞ
作品はちょっと・・・ですが、公開されるならまた見に行きますわ。
Commented by マダムS at 2006-03-20 15:10 x
かえるさんはお台場で 生マジメルだったんですね~
私はお台場で生スタ君→六本木のクロージングで生マジメル君でした(笑)
最近並ぶのが苦手で、六本木への移動もあったので、スタ君のサインは我慢・・
確かに昨日は満席でしたねどちらも・・やっぱりゲストでお客集まる。
映画のほうはイマイチでしたか? 
公開されたら一応観に行くつもりです~
Commented by M. at 2006-03-20 17:17 x
あっ、こちらにも生マジが!*^^*
今年はもうちょっと行けるかなーと思ったけれどG・ジュニョおじちゃんの出ているコスプレコメディ1本しかみられず残念でした。
コリーヌ・セローの作品などもみたかったんだけど。ホントよい作品はバシバシ公開してほしいですよねー。
Commented by めかぶ at 2006-03-20 23:04 x
うぎゃー、生ジメルーっ。
フランス映画祭って今頃でしたっけ?横浜が定番じゃなかったのねー。
去年のフランス映画祭でたくさん出ていたロマン・デュリス。
私が一番楽しみにしていた「ロシアン・ドールズ」がやっと公開のようです。
この分ではマジメルの新作が観られるのは来年ですかねぇ。
でも、私もマジメルが幸せそうな美しい顔してるラブストーリーなんぞをそろそろ観てみたいと思ったりしております。
Commented by margot2005 at 2006-03-20 23:56
どうもこんばんは!フランス映画祭終わっちゃいましたね。かえるさんマジメル、ファンでしたのね。デニーロそっくりでびっくりしましたの。
あれから彼らは六本木で大いに遊んだんでしょうね!?と想像いたしましたわ。
「ラヴ・イズ〜」のブザンソン監督が滅茶イケメンでサインもらちゃいましたの。写真はひどくって載せる状態ではありませんが...一人でnitaと喜んでおります。
Commented by marion at 2006-03-21 00:34 x
かえるさん、マジメルお台場に来てたんですね!
私は別のを見ていてすれ違いだったみたいです。ざんね~ん。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 10:55
charlotte さん♪
素敵でしたよ。生ジメルー!
クロージングでも歓声があがっていたことでしょうね。 
さすがに一緒に写真は許されないようでした。
でも、プレゼントをあげた人だかなんかはホッペをくっつけての西洋式あいさつをしてもらってましたよ。うらやましいったら。
そうなんですよ。こればっかりは当然に主演俳優で作品を選びました。いつもは監督や内容で選ぶ私なのにー。しっかりブノワがゲストに来てくれたのでホントによかったですー。映画はたぶん私は観に行きません。(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 10:57
マダムS さん♪
マダムはくろーじんぐで生ジメルでしたんですね。
生スタくんはいかがだったでしょうか?やっぱり『恋は足手まとい』が速攻で売り切れたのはスタくん目当ての人が多かったということなんですかね。
余談ですが、アジャーニの『惑い』などもやっぱりブノワの方がよりハマったかなーということをふと思ってしまったりしました。年上女性を翻弄する男はやっぱりブノワが最適。
私も並ぶとか待つとかは大嫌いなんですが、今回は当然のごとく並びましたとも。去年のフランス映画祭では、電車や移動時間の関係でゲストのサインをあきらめちゃったので、念願かないました。
映画の方は、私にはうーん・・という感じでした。サスペンスって微妙なものが多いんですよね・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 10:58
M. さん♪
1本のみ鑑賞でしたか。残念でしたね。でも、『何事も誓うなかれ』もおもしろそうでした。
私は今回は1日仕事を休んでまで出かけてしまいましたが、作品的にはもっともっと観たかったものがありました。一般公開されないものが多いから、この機会にぜひ観たかったんだけど、スケジュール的に無理でした・・。
個人的には、コリーヌ・セロー作品は素晴らしく気に入りましたよ。これは多くの人に観てもらいたいです。ぜひとも一般公開してほしいですー。公開が決まっているのって、6、7本ほどですよね。もったいないです。公開してくれー
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 11:01
めかぶ さん♪
今年からこの時期開催になったんですよ。で、会場もかわってしまいました。
去年の映画祭ではロマン・デュリスに会えなかったことがヒジョーに残念だったので、今回は生ジメル体験できて満足ですー。
そうそう。『ロシアン・ドールズ』はようやく公開ですよ。とても楽しい映画でしたよん。ロマンがよかったのは『真夜中のピアニスト』の方だったけど、めかぶさんはコミカルなロマンの方がいいんですよね。
マチュー・アマルリック主演の『キングス&クイーン』も6月に渋谷イメフォで公開されますので、こちらもよろしくー。
そうなの。ブノワは甘い言葉を笑顔でささやくラブストーリーが最適だとしみじみ思いました。そういうのが観たいなー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 11:04
margot さん♪
デニーロにそっくりでしたか。そう言われてみれば・・・。
私は、ショーン・ペンに顔のつくりが似てるなーと思ったりしてました。
ええ、ブノワファンです。いや、この映画を鑑賞中は、正直いってあまり彼が魅力的に感じられなくて、昔の方がよかったかなーなんて内心思っていたのですが、いざ本人を目の前にしてみたら、ブノワ熱は急上昇しちゃいましたわ。
どこかのブログで期間中の六本木で目撃されたことが記されていました。やっぱり六本木で遊ぶのですねー。誰とつるんでいるんでしょう。
ブザンソン監督って、金曜日にブルーのインナー着ていた方ですかね?『愛する勇気』が終わった後に、1Fでやっていたサイン会の席にいた人がステキだったので、誰かも知らず写真を撮ったのですが(笑)、それは時間的に『ラブ・イス~』の人なんですよね。俳優さんかと思っていたのですが、その風貌に近い出演者の写真はないから、たぶん監督ですよね。はい、確かにイケメンでした!
私もブノワの写真を見て、脳裏に焼き付いた笑顔を思い出して、にたり・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-21 11:05
marion さん♪
いらっしゃっていたのですね、まりおんさんも。
時間的には惜しいところでしたね。ざんね~ん。
ブノワがロビーにいたのは22時頃だったでしょうかー。
生ジメル、ホントにステキでしたよー♪
Commented by DEME at 2006-03-25 13:46 x
かえるさん、こんにちわ!
ウチのサイトへお越しいただき、書き込みしてくれてありがとうございました。
ブノワ本当に本当に本当に本当に本当に素敵でスターで紳士で素晴らしい方でしたね!!!惚れ直す...というか益々好きになりました!生ジメル万歳!!w

ところでかえるさんは、ブノワの作品で一番好きなのは何ですか??私は迷わずブノワとの出会いの作品『ピアニスト』です!!!
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-26 10:01
DEME さん♪
生ジメル万歳!ますます好きになりました。
実物よりも銀幕の方がいいと書いていた方の記事も見かけたのですが、私の感想は全然逆でした。だってあの映画、1人二役を自然に映し出すことや、恐怖を表現することや、色を変えてみたり何だりに重きがおかれていて、主人公を魅力的に映し出そうとしていないんだもん。(監督にサイン握手もしてもらってなんですが・・) その点、演じていない素のブノワの笑顔の麗しさったらなかったですよね。もっとお高くとまっていたり、無愛想だったりするスターというのもいると思うのですが、ブノワは本当にサービス精神旺盛で、決してファンを失望させないべらぼうに素敵なスターでしたわ!
好きな作品というか、やっぱりmyベストも『ピアニスト』ですー。衝撃的でしたもの。あの美しい笑顔が残酷さを帯びるなんてサイコーですよね。私の初ブノはたぶん『王は踊る』かな。これもよかったんですが、コスプレものよりはやっぱりピアニストみたいな役の方が生ブノワの見ごたえがあったかもしれません。最近のアクション系は観ていないんですけどね・・。そして、アクション以外の甘くて残酷なドラマなんかもまた日本で観られるといいですねー。
Commented by DEME at 2006-03-26 16:48 x
かえるさん、Bonsoir♪
断然実物ですよね!あの輝く瞳は忘れられません!

かえるさんも『ピアニスト』がお気に入りなんですね♪
私もコスプレよりは現代劇のブノワがいいです。いつになるかわかりませんが、一応配給決定してる"La Demoiselle d'honneur"の公開が待ち遠しいです。最近の公開はアクション続きですもんね。アクション大作のが日本には入ってきやすいとは言え...やはりブノワには『ピアニスト』や『銀幕のメモワール』のような作品に出てもらいたいです。コメディも見てみたいかも!?とにかく色んな顔を見てみたいですよね!!
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-27 15:00
DEME さん♪
情報メルシーです。「La Demoiselle d'honneur」は配給が決まっているんですね。それは楽しみですー。クロード・シャブロル監督作なんですね。
"愛情を証明するための殺人"を提案する彼女だなんて尋常ではないストーリーですが、フランス映画ならではの世界が展開しそうで興味を誘いますねー。ブノワは翻弄されちゃうんでしょうかー?
フランス映画は公開が後送りになりがちなようで悲しいですが、しょうがないです。楽しみに待ちましょうー。クリムゾン・リバーは1がイマイチだったので興味が持てず、ナイトなんちゃらも見送ったのですが、アクションなブノワを一応観てみる価値はありますね。そうそう、いろんな役柄を見てみたいですー。コメディもいいかも。そういえば、主役ではないけど、『赤い鼻のピエロ』のブノワもかなり好きでした。周りがオッサンばかりで引き立てられたからか、やけにカッコよく見えちゃって。Tシャツ姿がステキでしたー。ブノワと2人でなら穴生活もいいかも♪と思ってしまうほどに・・・。今後の活躍にも期待したいですー。
Commented by 睦月 at 2006-03-31 00:06 x
かえるさん。こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
いやあ・・・いいなあ、生ブノワ。ちょっと好きなんですよね。来日してたなんて全然知らなかったです。・・・ス・テ・キですわ、やっぱ。
つい先日まで上映してたナイト・オブ・ザ・スカイでも、見事にヤラれてしまいましたからねえ・・。作品自体はグダグダでも、ブノワが素敵だったんですよねえ・・・。すっかりジョニーにうつつを抜かして、世の中の動きについていけてない睦月でした・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-03-31 16:17
睦月さん♪
『ナイト・オブ・ザ・スカイ』のブノワもよかったですかー。ブノワ、ステキですよねぇ。睦月さんの好みはラインはわりと共通項が多いかもしれませんー♪
わたし的にはジョニデもブノワも同じようにキラキラムービースターなんだけど、世間一般的にはハリウッド俳優に比べてフランス映画俳優の知名度は低いんだなぁって今回のフランス映画祭の賑わいで感じてしまいましたわ。世の中の動きはやっぱりハリウッドや韓流なんだろうなぁ。というわけで、フランス美男もよろしくです!
<< info イタリア映画祭2006 PageTop フランス映画祭2006  その... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon