かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』
2006年 04月 06日 |
もったいなーい。

・よかったところ
白の魔女のヘアースタイル
ライオンの声→リーアム・ニーソン



ワードローブとクローゼットはどう違うの?
クローゼットの中にはブロークバック・マウンテンの思い出があり、ワードローブの奥にはナルニア王国が!

子ども達はこの映画をおもしろいと思うのだろうか?
だったら、いいけど・・・。
それにしても、大人的にはまるでワクワクしないファンタジーでしたー。
スケールの大きさが全然感じられなかったんですが・・・。
どうせ魔法の国なんだから、思いっきりイマジネイティブにいけばいいのに、目新しさにかける映像ばかり。
なんで戦争しなくちゃいけないのかが全然わからなかったし。

ユーモアがまるでないのがいけません。
キャラクターが個性的じゃないし、魅力的じゃなさすぎ・・・。
ゴラムみたいなヤツとかドビーみたいなヤツがほしい。
スネ夫キャラとか花沢さんキャラとかキレンジャーキャラとかが必要だー。
主人公の四兄弟も揃って感情移入しにくいし。

ハリポタやLotRと比べるのは酷としても、レモニー・スニケット世界の方がまだいろいろ見どころがあったと思うし。
大人的には、ブラザーズ・グリムの森の方が楽しかったなぁ。
シュレックのユーモアを盛り込むことはできなかったの?
うーん、もったいない。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-04-06 01:45 | CINEMAレヴュー | Trackback(8) | Comments(14)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/2928797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-04-06 14:12
タイトル : ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 THE CHRO..
C・S・ルイス原作のディズニー・ファンタジー映画 第二次大戦 空襲がひどくなるロンドンを疎開する4人の兄弟 ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィ 疎開先のカーク先生のお屋敷は大きく かくれんぼうにもってこいです 4人の兄弟はかくれんぼうをして遊ぶのですが 末っ子ルーシィは部屋の中央に置いてある洋ダンスの中に隠れます するとタンスの裏板が抜けていて 雪の世界へ迷い込みます 街灯がある雪の中でルーシィはフォーンのタムナスに出会います タムナムは人間が珍しく 自分の家でお茶をルーシィに振舞いま...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-04-06 20:27
タイトル : ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」THE CHRONICLES OF N... more
Tracked from あ~るの日記@ココログ at 2006-04-06 23:59
タイトル : ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
先行上映で映画『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』を観た。 C.S.ルイス原作の英国ファンタジー「ナルニア国物語」(全7巻)の第1章を原作に、『シュレック』のアンドリュー・アダムソン監督でディズニーが製作したファンタジー映画。 第二次大戦下のイギリスで4人兄妹(ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシー)が疎開先のカーク教授の屋敷の空き部屋にある衣装ダンスの奥に入ると、そこは雪に覆われたナルニア国だった。ファンタジーというより子供向けスペクタクルになってしまった。しかもスペクタクルシーンは『ロード...... more
Tracked from April april at 2006-04-07 00:20
タイトル : 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」見て心に誓ったこと
末っ子ルーシー、かなり奈良美智風。エイプリルです。 先行上映でナルって来ました。... more
Tracked from Puff's Cinem.. at 2006-04-08 16:49
タイトル : 「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開7日目初回です。 シアター5(361席)、金曜ファストショー1300円という事もあり結構入ってました。... more
Tracked from 日々徒然ゆ~だけ at 2006-04-12 23:22
タイトル : ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
 良くも悪くも,ファミリー向けの域を出ない。ファンタジーの「何でもアリ」って,使い様によっちゃぁご都合主義になるなぁ。... more
Tracked from 徒然なるままに・・・ at 2006-04-30 10:56
タイトル : 【映画】 ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 ★★ 
ストーリー: 第二次世界大戦下のロンドン。 ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い屋敷に預けられる。 長兄のピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、 そして、無邪気な末っ子のルーシーは、 屋敷の中で静かにするように、と女執事に厳しく言われる。 しかし、遊び盛りの4人は、言いつけを破り、 怖い執事に見つからないように、屋敷中に隠れる。 末っ子のルーシーが隠れた部屋には、衣装ダンスがあった。 扉を開けるルーシー。すると、そこは一面に雪が降り積もる森だった。 衣装ダンスは、別の世界への入り口だった...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-05-19 20:08
タイトル : 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」(アメリカ 2..
衣装ダンスの奥に100年の冬に凍えていた国があった。 そして今運命の戦いが始まる。 ... more
Commented by kana3160 at 2006-04-06 10:55
そっか・・・・DVD待ちしよっかな。迫力までかけてしまうかな・・・。
Commented by minori at 2006-04-06 13:05 x
こんちわー。
あら、ダメでしたかぁ。かえるさん、こちらの本は読んだこと
あります??この魅力は七冊全部読んでから、っていう
感じがします。アスランのカリスマ性にうっとりです。
もっとも宗教観の強い作品ではありますけどね。
だまされたと思って是非本を読んでみてほしいわー。
映画化決まってからワタシも読んだんですけどね(笑)
図書館ではホント数十年触られていなかった本が急に
全部貸し出しされ、映画化パワーって凄いよなぁと思いましたよー。
あとでTBおくりまーす。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-06 14:40
kana さん♪
DVDでは確かに映像の見ごたえさえも失われてしまいますねぇー。
物足りなかったねーという感想を覚悟して、ぜひ劇場へ!(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-06 14:43
minori ちゃん♪
「ライオンと魔女」だけは小学生の頃に読みました。それだけ。って、当然のことながら内容は忘れております。
その当時も結構、小学生の想像力では状況がイメージしづらかったような記憶があります。今のコはハリポタシリーズなどをちゃんと読んじゃうんだからすごいよね。私はシートン動物記なんかの方が楽しめる児童でした。
うーん。本を読破した人しか楽しめない映画なんてイカンのじゃないかしら? (ハリポタも結構そういう傾向にあるらしいですね。) ごめーん。騙されたつもりでもさすがに7冊は読めませーん。LotRもその前の「ホビットの冒険」しか読んでない・・・。いや、もう私はそれ系小説はたぶんそんなには楽しめないと思いますよ。ごめん。映画の原作は時々読むのよ。今年は『ドア・イン・ザ・フロア』の原作の「未亡人の一年」や『Jの悲劇』の「愛の続き」などを。今はノンフィクションの「CIAは何をしていた?」でっす。カポーティの「冷血」も新訳で読みたいです。でも、ファンタジー冒険ものや探偵ものはパスかなぁ。「銀座ヒッチハイクガイド」の方がまだ読めそう。うー、スマソ。ナルニアはminoriちゃんにまかせた! 
Commented by めかぶ at 2006-04-06 22:12 x
ファンタジー好きのかえるさんのお眼鏡には適いませんでしたかー。
>ハリポタやLotRと比べるのは酷としても・・・
まあねぇ~。ただLotRより子供には判りやすいんじゃないかな。やっぱり児童文学の王道だなと思った次第。
原作は中学の時に一気に読んだきりで、衣装だんすからナルニアに行った4人兄妹という以外ほとんど憶えてませんー。
Commented by April at 2006-04-07 00:29 x
まったくかえるさんの言うとおり。
ホントに惜しいですよね~。
おいしい題材なのになあ。もったいないですよね。
もっと広げてほしかった。
全体的に薄い…。
たんすの中は別世界って皆が一度は想像する夢なのに…。
渋いアスラン以外に、私はビーバーはカワイイと思いました。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-07 01:49
めかぶさん♪
ううむ。なんかあまりほめるところがなかったですわ。
予告の時から、CGがちゃちいよなぁとか思っていたんだけど・・・。
子ども達が楽しめる作品になっているのなら、まぁいいかなと思います。LotRは確かに子ども達には理解しにくいですもんね。(大人でも)ああ、でも、もうちょっと四兄弟や主要キャラに魅力を持たせる必要はあるような・・・。
私は真面目なファンタジーよりも個性的な世界観と小ネタの楽しさが好きなんだということを今回認識することができましたわ。ハリポタ炎のゴブレットは何倍も楽しめましたもの。或いは、ナルニアの国に行くより、ウォンカのチョコレート工場見学の方がいいのかも・・・。
ちゃんと全部読んだのですか?スバラシイー。私なんて主人公が四兄弟だということも憶えていなかった。タンスの記憶のみ。
Commented by きょろ at 2006-04-07 06:41 x
かえるさん、こちらには初めてお邪魔します。ちょっとドキドキしますね。
明日、子供たちと「ナルニア~」を観に行く予定なんですが、あまりほめるところが無かったですか(*_*)そっかー。でも、もうチケット購入しているので、行ってきまーす。
ヤフーの方でうかつにもトラブルに巻き込まれ、IDを削除するハメになったので、こちらに書き込ませてもらいました(T_T)
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-07 10:51
April さん♪
まったくApril さんの言うとおり、 末っ子ルーシーはかなり奈良美智風ですね! そうなんですよ。せっかく21世紀の技術をもって、この壮大な世界を映像化することになったというのに・・・。どうでもいい企画のものならダメ出しするだけですむのですが、これに関しては、もったいないと叫ばずにはいられないー。タンスの向こうに、あれ?外の世界がある・・・というたどり着いた瞬間の映像なんかもハッとするようなスペクタクル感を出してほしかったっす。
いや正直に申しまして、アスランも、声はよかったんだけど、風貌はイマイチ気に入りませんでした。タテガミの色はもっと濃い目で毛足が長いほうがいいし、顔つきももうちょっとハンサムにしてほしかった。じ、実は、ビーバーもかなり可愛くないなーと思っていました。風景も生き物もビジュアルが全体的に好みじゃなかったですー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-07 10:53
きょろ さん♪
ようこそ、いらっしゃいませ。
トラブルというのは何でしょう、気になりますぅ。なにやら大変そうですね。再登録したりも面倒くさそうですね。復活をお待ちしていますー。
いやー、映画は正直いって、ねじれた私にはかなり物足りなかったんですが、素直なきょろさんならばもう少し楽しめるんじゃないかと思いますー。期待しないでいけば、意外といけるかも。そして、お子さんたちならば、よりそのよさがわかるのじゃないかと思いますー。お子さんたちの感想もぜひおうかがいしたいです。いってらっしゃーい。
Commented by Puff at 2006-04-08 16:59 x
ドモドモー♪
そうですねー、、大人が観て「良かった!!面白い!」と言うのはあまり無かったですね。
子供がアニメ映画からこういったファンタジー映画に入る時に一番最初に観る映画かな、、なんて思いましたです。「ハリポタ」や「LOTR」を観るにはまだ少し早いお子さん向きと言うか。
これだけ壮大な物語なのに広がりが感じられませんでしたね、、全体的に平坦な感じがしました。
ワタクシの良かったところは、アスランの声と、ワードローブの毛皮を掻き分け掻き分け行くところでした(←ここだけはこれから起きる何かにワクワクしました。ウフフ)
Commented by きょろ at 2006-04-08 17:36 x
かえるさん、私にもかなり物足りませんでしたわー。登場人物に感情移入できなかったし。吹き替えで観たので、余計に感情移入しにくかったのかもしれませんが、魅力があまりなかったような気がします。
子供たちは、面白かったと言っていました。息子(4年生)にも、よく話が解ったらしいです。娘は、ハリーポッターの方が面白いと言っていましたが、物足りない様子もありませんでした。
くらぶさんちに連絡してくださって、ありがとうございました。お願いしようかなと思ったりしていたんです。嬉しかったです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-10 13:04
Puff さん♪
なるほど。「ハリポタ」に入る前のお子さま向けなのかもしれないですねー。ハリポタはすっごく楽しかったので、私は子どもなココロもまだ忘れていないんだわって思ったものですが、さすがに本作では、自分は訳知り顔の大人になっちゃったのだなぁと思えました。PG指定の逆の場合のマーキングもあってもいいのになぁと思ったり・・・。
アスランの声はステキでしたよねぇ♪ はいはい、ワードローブの毛皮を掻き分け掻き分け行くところはよかったですねぇ。辿り着いたところの風景の広がり感はイマイチでしたが・・・。あそこはジャーンという圧倒的な壮大さを表現してほしいところなんですけどねー。ワードロープの奥に外の世界があった驚きが実感できなかったのがとてもザンネン。森もイマイチでした。かもめ食堂のフィンランドの森の方がよかったかも・・・。物語的には大人がハマりにくいものだとしても、映像表現の方はもうちょっとがんばってほしかったですー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-10 13:04
きょろ さん♪
物足りませんでしたかぁぁ、やはり。
主人公の4兄弟やアスランチームには、字幕版でも感情移入はしにくかったですよー。ダニエルくんやイライジャやフレディ・ハイモアくんほどのレベルは望まないとしても、もうちょっとどうにかならなかったものかと思わずにはいられませんー。兄弟ケンカの仕方がいい感じじゃなかったし、彼らの個性があまり伝わらないままに物語がドンドン前に進んでいきましたよね。主人公に寄り添えないから、ハラハラもしなかったし・・。
ああでも、お子さんたちが楽しまれたということならよかったです。やっぱり大人向きの映画ではないんですねー、これは。
連絡は当然の務めと思っておりましたよー。
<< 4月8日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 『ラストデイズ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon