かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『僕の大事なコレクション』 Everything is Illuminated
2006年 05月 22日 |
なかなか好みな楽しいロードムービー。そして、グッとくる展開。
フロドが指輪を探す旅ではなく、トラキムブロドで何かを見つける旅。



ユダヤ系アメリカ人の青年ジョナサンは家族にまつわる思い出の“物”が趣味だった。病床の祖母が死ぬ間際、すでに他界している祖父サフランが見知らぬ女性と一緒に写っている若い頃のセピア色の写真を渡された。裏には「アウグスチーネとトラキムブロドにて」とメモ書きされている。その女性のことを知るためにジョナサンは祖父の生まれ故郷であるウクライナへと向かう。

ロードムービーと思いきやあまりロードムービー的でなかったブロ・フラよりも、風景が移り変わる楽しさや異文化体験があり、ラストの展開も心に沁みた分こっちの方が好みだったかな。でも、その後に観た『太陽に恋して』 が最高に楽しいロードムービーだったので、ちょっとこちらも霞みつつあるのだけど・・。でも、なかなか気に入った作品ではありました。ヒマワリ畑が素晴らしい。
d0029596_0531060.jpg

イライジャ・ウッドがなんでこんな黒縁の分厚いメガネをかけているのかがよくわからないけれど、風変わりなビジュアルはわりと好み。壁にびっしり貼られたジップロック入りの思い出の品のコレクションもいい感じ。そしてやぱり旅するムービーはステキ。それもウクライナだなんてわくわく。

個人旅行にスーツにネクタイ姿の堅物ジョナサン。そのキャラクターの描き方はもう一つかなぁ。おもしろみは感じられるんだけど、あまり魅力的とは言い難いし、この個性が物語にさほど活かされていないような・・・。でもその物足りなさは、現地の通訳兼ガイドのアメリカかぶれのお調子者アレックスの登場によって救われる。キャラの個性の対比が笑いを醸し出す。ゲストのジョナサンが犬嫌いであろうがサミー・デイヴィス・ジュニア・ジュニアは大切な旅のお共だし。盲人のふりをするじいさんというのも何やらおかしい。

クストリッツァ映画風味の楽しいユーモアが続き、結局これはコメディなのかと思っていたら、物語はシリアスに憂いを帯びてくる。これは、ジョナサンの祖父の物語を探す旅であったはずなのに、アレックスのおじいさんの過去が照らし出されるなんて。じいさんの偏屈ぶりも忌々しい過去と向き合うのを避けてのことであり、ただ単にコミカルさを出すだけのものじゃなかったのだと気づく。ウクライナのユダヤ人のことを知るのは初めてだと思う。セピア色の写真に閉じこめられたその時代の悲しい出来事を彼らと共に知り、じいさんが胸の内に秘めてきた思いにせつなくなる。

小説が原作だけあって、終盤の展開は見事であった。お気楽ロードムービーかと思いきや、それは重い歴史に向き合う旅であった。タイトル"Everything is Illuminated"というテーマにグッとくる。どんな過去も思い出もすべては別のものに照らし出されるのだということが身に染みる。人が前向きに生きるためには過去と折り合いをつける必要はあるのかもしれないが、すべてをリセットするというのはありえないと思っている。歴史的なことであれ、個人的なことであれ。それはシャツの裏側のように切り離せない一体のもの。胸をうつ真理だ。

俳優のリーヴ・シュレイバーの初監督作品。初の作品にしてはよくできていると思う。好みのテイストだったし。アレックス役のユージーン・ハッツはゴーゴル・ボーデロというジプシー・パンク・バンドのミュージシャンなんだって。ジプシー・パンクだからクストリッツァ風味だったのか?エンドロールの曲がサイコー。

ユージーン・ハッツはマドンナ監督作の『ワンダーラスト』 で主演!

僕の大事なコレクション  公式サイト
Everything is Illuminated 2005 アメリカ
監督.脚本 リーブ・シュライバー
原作 ジョナサン・サフラン・フォア
出演 イライジャ・ウッド、ユージーン・ハッツ、ボリス・レスキン、ラリッサ・ローレット
.
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-05-22 00:53 | CINEMAレヴュー | Trackback(15) | Comments(14)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3121464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-05-22 05:47
タイトル : 僕の大事なコレクション
世界にはあなたの発見を待っているモノがある。 ユダヤ系アメリカ人のジョナサン(イライジャ・ウッド)はことあるごとに あらゆるモノをジプロックに入れて収集するのが趣味。 そんな彼が祖父が死ぬ前に「命の恩人」と言い残したアウグスチーネという 女性を探してウクライナへ旅立つ。 ウクライナで待つのはちょっと微妙な英語をしゃべるアメリカ文化大好き青年の 通訳兼ガイドのアレックス(ユージーン・ハッツ)と妻が亡くなって以来 盲目になったと言い張りつつ車を運転する彼の祖父(ポリス・レスキン)、 ...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-05-22 07:13
タイトル : 僕の大事なコレクション
家族に纏わる品々をコレクションしてきたユダヤ人の青年、ジョナサンは、彼のコレクションに加わった祖父の古い写真を手がかりに、祖父とともに写っている祖父の命の恩人であるアウグスチーネを探しにウクライナを旅します。ジョナサンは、時に怪しげな英語を話す通訳兼ガイドのア... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2006-05-22 09:03
タイトル : [ 僕の大事なコレクション ] 個性的な造形が光る
[ 僕の大事なコレクション ]@新宿で鑑賞。 最近では、[ ヒトラー-最期の12日間 ]や [ 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 ]の ようにナチス・ドイツの実態をシリアスに描いている作 品が多い中、本作[ 僕の大事なコレクション ]は喜劇 風演出により「ナチスのよるユダヤ人大虐殺」という悲 劇を明らかにしていく異色作。 他人が見たら、なんの役に立たないガラクタを集めるの が趣味の主人公ユダヤ系アメリカ人青年ジョナサン。 例えば、祖母の入れ歯、兄が使い捨てたコンドー...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-05-22 10:40
タイトル : 僕の大事なコレクション
きっかけは一枚の写真。祖母からもらった、祖父とある謎の女性が写った写真。 裏には「アウグスチーネとトラキムブロド」と書かれてあり、ユダヤ系アメリカ人ジョナサン(イライジャ・ウッド)はそれを頼りに亡き祖父の故郷ウクライナへと旅立つ・・・ 公式サイト ウクライナ・・・首都はキエフ。キエフ・オペラもあり、バレエも盛ん。作曲家プロコフィエフや、ピアニストのホロヴィッツ、舞踊家のニジンスキーらが有名。ミラ・ジョヴォヴィッチもキエフ生まれ。 東ヨーロッパに隣接するウクライナはヨーロッパの穀倉地帯を担い、...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-05-22 22:17
タイトル : 『僕の大事なコレクション』
観た方の評判も良いし、 公式サイトのトレーラーでの一面のひまわり畑にやられて観てきました! ... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2006-05-22 23:32
タイトル : 【映画】僕の大事なコレクション
"Everything Is Illuminated" 2005年アメリカ監督)リーブ・シュライバー出演)イライジャ・ウッド ユージーン・ハッツ ボリス・レスキン ラリッサ・ローレット満足度)★★★ (満点は★5つです)アミューズCQNにて ユダヤ系アメリカ人の青年ジョナサン(イライジャ・ウッド)は、ウクライナから移民してきた家族の記念となる物なら何でもコレクションし、ジプロックに保管したそれらのガラクタを壁に貼り付けている。ある日、ジョナサンは病床の祖母から1枚の古い写真を受け取る。それは若かりし頃...... more
Tracked from I am invinci.. at 2006-05-23 06:59
タイトル : 僕の大事なコレクション
Everything Is Illuminated 公開中なので、控えめに! ユダヤ系アメリカ人のジョナサン(イライジャ・ウッド)は、家族に関する思い出の品を収集していた。 壁に貼られた家族それぞれの写真と、それぞれにまつわる品々の入ったチャック付きビニール袋の数々。 しかし、ジョ..... more
Tracked from とにかく、映画好きなもので。 at 2006-05-25 02:47
タイトル : 僕の大事なコレクション
   子供の頃から家族にまつわるあらゆるものをコレクションしてきたユダヤ人青年のジョナサン(イライジャ・ウッド)  彼の部屋の壁には一面のジップロックに収められた品々が所狭しと飾られている。  彼は一枚の古い写真を手がかりに、亡き祖父の恩人....... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-07-06 06:14
タイトル : 僕の大事なコレクション
 ウクライナ出身の祖父を持つユダヤ系アメリカ人が、祖父の故郷を訪ねるべく北の地を訊ねるが、そこでは一癖もふた癖もある観光ガイド一家に人違いを... more
Tracked from ○o。1日いっぽん映画三.. at 2006-09-28 10:33
タイトル : 僕の大事なコレクション
~ 来週から1週間ほど出張のため映画生活ともお別れです。なので今週は死ぬほど映画を観ようと思ってます週間 ~ 「僕の大事... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-12-12 12:54
タイトル : 僕の大事なコレクション EVERYTHING IS IL..
イライジャ・ウッド、ユージン・ハッツ、ボリス・レスキン主演 ニューヨークに住むジョナサンはユダヤ系アメリカ人の青年です 彼は何でもコレクションにしてしまう習慣があるのです そのコレクションはホロコーストにより派生したようです 多くのユダヤの人たちが殺され先祖達が苦しんだ出来事と 家族、親戚達の事を忘れない為 身の回りの物を保存しておくのです ジョナサンは祖母の死に目に一枚の古い写真を渡される そこには祖父サフランと美しい女性の姿が撮られていました その女性は祖父を助けてくれた女性だったので...... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-01-06 07:22
タイトル : 僕の大事なコレクション
「僕の大事なコレクション」 2006年 米 ★★★★★ イライジャ・ウッド主演の映画は「LOTR」以来初めて観ます。 「シン・シティ」では不気味なサイコ男役「エターナル・サンシャイン」 では職権乱用する小狡い男で脇役を演じていましたが、フロドのイメー...... more
Tracked from don't worry!.. at 2007-02-12 11:31
タイトル : 映画「僕の大事なコレクション」
 昨日はDVDをレンタルしてきて映画を2本見た。 「僕の大事なコレクション」と「ナイロビの蜂」  「僕の大事なコレクション」は、ロード・オブ・ザ・リングの主役の男の子が主演。 アメリカで生まれたユダヤ人の彼は、家族のさまざまな記念のものをコレクションしている。 そこに新しいコレクションが加わった。それはおばあちゃんが亡くなる時に手渡してくれた、 一枚の写真だ。そこに若かった頃のおじいさんと女の人が写っていて、 写真の裏側には女性の名前とその写真を撮った村の名前が書かれていた。 場所は...... more
Tracked from ・*・ etoile ・*・ at 2007-02-21 01:09
タイトル : 『僕の大事なコレクション』
これも気になっていたのでDVDにて鑑賞。 「家族にまつわるものなら何でもZiplocに入れてコレクションしているジョナサン。祖母が亡くなる時、若い頃の祖父とある女性の写真を譲られる。祖父の命の恩人だというその女性を探す旅に出るが・・・」という話。でも実は主人公は...... more
Tracked from キマグレなヒトリゴト at 2007-06-14 13:45
タイトル : 『EVERYTHING IS ILLUMINATED/僕..
雰囲気、音楽、ひまわり畑、そしてサミー・デイヴィス・Jr.Jr がサイコウな渋い映画だったな。 サミーのたれ耳がうちの犬とかぶってたのでさらにかわいく 見えたし(笑)彼女はジョナサンを愛しちゃったんだね。 DVDのおまけ映像でそれがはっきり見て取れた感じでした。かわ..... more
Commented by sabunori at 2006-05-22 05:51
かえるさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
この作品、アレックスのしゃべる英語が心もとないけど味わい深くて絶妙!
それにしても「モノに導かれてそこへ行く」という言葉はかなりずしん、ときました。
Commented by charlotte at 2006-05-22 10:39 x
かえるさんの好みだろうなあと思ってましたよ~。
なんとなく不思議な世界感ですものね。
庭一面ひまわり、壁面いっぱいにジップロックや箱・・・まねしたいけど家を追い出されそっ!爆
これ見た晩、夢に庭一面の芝桜が出てきたし。。。
エンドロールはしっかり目がさえて聞き惚れました~ 
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-22 14:28
sabunori さん♪
アレックスの英語もおもしろかったですよねぇ。
ファンキーだし。差別用語ネタもおかしくて、笑っている場合でもない含みも感じられたり。オキラクに観ていたのに、そのテーマはズッシリときましたよね。指輪のパワーのごとく。この世界の大いなる力を感じてしまいました。
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-22 14:42
charlotte さん♪
ふっふっふ。私の好みを把握していただけて嬉しいですー。
そうなんですよ。こういうオフビートな感じは大好きです。音楽も好き。
コレクションネタが登場する物語は多いですが、~虹色の世界みたいに箱にしまうのが普通ですよね。或いは並べておくか・・・。ジップロック作戦はビジュアル的に新鮮でした。一般家庭のインテリアには向きませんけどねー。ジップのないビニール袋じゃダメなのかしら?
夢の中にお花畑が登場するなんてステキじゃないですかー。いいなぁ。芝桜は羊山公園のもの?
Commented by マダムS at 2006-05-22 22:28 x
いやこれ良かったですよね なんとなく予感がしてわざわざ渋谷まで観に行った甲斐があった作品でしたー!
アレックスのキャラの味わい深いこと!!素じゃないかと思うくらい(笑)
クストリッツアテイストつぅことはこの作品が好きな私はきっとクス・・ああ舌噛みそう・・の作品も好きかもしれません♪ 「アリゾナ・ドリーム」をジョニデ狙いで見ただけですんで、今度探してみようかしらと思います♪
今日はシャンテでロマン(ロシアン)とロマン(僕葬の主人公の名前)の2本立てしてきましたよーー感想後で書きますねっ♪
Commented by Ken at 2006-05-23 00:08 x
かえるさん、こちらにもどうも!
うーむ、この作品、面白いような面白くないような、微妙な感じでしたです。個人的には前半のコメディ路線で最後まで押し切ってくれたほうが好みだったです・・・。
しかし、あの無愛想な食堂は良かったなあ。
Commented by 哀生龍 at 2006-05-23 07:06 x
>結局これはコメディなのかと思っていたら、物語はシリアスに憂いを帯びてくる
重いテーマでありながら、映像の美しさ・心地良い音楽・魅力的な登場人物に、心地良く見ることが出来ました!
サントラも買ってしまったし、現在本も読んでいる途中です。
まだ半分しか読んでいませんが、本の構成と映画の構成が全く異なっていて驚いています!
改めて、元々劇作家を目指していたと言うシュライヴァーの脚本センスを感じました。 次はどんな作品を作るのか、今から楽しみです!(気が早い?)
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-23 12:32
マダムS さん♪
予感的中、よかったです。
アレックスの彼は、演技は始めてらしいですよね。素の可能性も高いですよねぇ。いいノリしてました。あのダンスもすばらしかったし。ウクライナ人にこだわって、こんなミュージシャンを探し出した監督以下スタッフのこだわりと目利きぶりにも拍手したいです。多くのアメリカ映画は、ウクライナ人であろうと何であろうと、関係ない出身国の手ごろな俳優を使っちゃいがちですからね。
ふふ。このノリがいけるなら、クストリッツァ作品も楽しめるかもしれませんね。わたし的には超お気に入り監督なので是非ためしてみてくださーい。『黒猫白猫』のヒマワリ畑もステキなんですよー。
まぁ、なんてステキに豪華な二本立て!ぼく葬は主人公の名前がロマンという時点でポイントアップでしたよ。感想を楽しみにしていますー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-23 12:32
Ken さん♪
なるほどー。コメディ路線の方がよかったですかー。私は、前半のノリやディテールもかなり好みながら、微妙にゆるさを感じていたので、それだけで押し切られてたらたぶん物足りなさが残ったと思うのですよね。物語の主人公が替わっちゃうところが意外でおもしろかったです。ユダヤ人の迫害の物語自体は使い古されていますが、加担した者の苦しみにもスライドするところがなかなかでした。そういうあらすじの物語だと知って見ていたなら、どうってことなかったのかもしれないですが、この「照らし出されていく」流れにグッときてしまったのですー。
食堂は味がありましたね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-23 12:32
哀生龍 さん♪
いかにもシリアス調ではなくて、ユーモラスな語りの中でジワジワあぶり出されるのがよかったですよね。ジョナサンもいちいち感傷的にならずに悲劇を受け止めているのがよかった。
おおっ、サントラと原作小説には私も惹かれました。いいなぁ。小説は長編ではないみたいですよね。ナイス脚色という感じなんでしょうか。その脚本力、ますます興味深いですー。
俳優としてはあんまり好み系ではありませんでしたが、監督&脚本家としてはちょっと注目したいかもしれませんー。がんばれー。
Commented by orange at 2006-05-25 02:46 x
こんばんわ☆
そうです。初監督作品にしては、良く出来た作品ですよね~。
イライジャ・ウッドも素敵なメガネ君だし、物語の雰囲気も良いですね♪
一面のひまわり畑には心が洗われるようでした♪
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-26 02:07
orange さん♪
イライジャ・ウッドは毎回、いろんな役に挑戦してくれますよねー。キャラクターのそれぞれがよかったです。そして、初監督の仕事ぶりもよかったし。
ひまわり畑にはクラクラしてしまいましたよ。物語も映像も共にGOODでしたねー。
Commented by minori at 2007-06-14 13:46 x
かえるさんこんにちわー。
今頑張って去年見逃しているナイスな映画たちを見ているところです。
これ、犬がたまらなくかわいい上にひまわり畑もきれい!
チラシコレクターとして「どーしても集めたくなる」っていう
キモチもわかるしなんだかとってもツボでした。
かえるさん、去年のやつ私が見逃したいい映画、あとで
教えてくださいねー。それから大量トラックバックしそうなので
許してくださいませ(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2007-06-15 13:11
minori さん♪
見逃しねま、しっかりと拾ってくださいまし。
そうそう、まず、これはオススメしなきゃと思っていたの。以心伝心かしら?早速の鑑賞、嬉しいです。ひまわり畑映像って最高です。
豊かな国での大人コレクションといったら、買って集めるのが当たり前になっちゃってますが、こういうコレクションは奇妙だけどとてもステキだと思います。ちらしもそうそう。相変わらず、全種類GETしてしまうし・・・。
今ちょうどこのサントラをお借りしているんですが、音楽もすごく気に入ってますー。

オススメは、やっぱり主に英語圏以外のものよね?
『カクタス・ジャック』 や『ダック・シーズン』のラテンものは必見ー。
『太陽に恋して』は悲しいことにDVDが出ていないー!
<< 『太陽に恋して』 PageTop 『愛より強く』 Gegen d... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon