かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第59回カンヌ映画祭受賞結果メモ
2006年 05月 29日 |
今年のカンヌ映画祭も閉幕しました。
ウォン・カーウァイ審査委員長以下の審査員に選ばれたのは



●パルム・ドール
『麦の穂をゆらす風』(英/ケン・ローチ監督)

1920年代のアイルランドを舞台に、英国からの独立を目指して義勇軍に参加した兄弟の悲劇を描いた物語。

●グランプリ
『フランドル』(仏/ブリュノ・デュモン監督)

紛争に従軍後、フランドル地方に帰郷した青年の後遺症を描く

●監督賞
『バベル』(米/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)
(出演:ケイト・ブランシュット、ブラッド・ピット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司)

●女優賞
『ボルベール』(スペイン/ペドロ・アルモドヴァル監督)のペネロペ・クルスなど6人の女優に

●主演男優賞
『デイズ・オブ・グローリー(原住民)』(仏/ラシッド・ブシャール監督)の
ジャメル・ドゥブーズなど5人の男優に


●審査員賞
『レッド・ロード』(英/アンドレア・アーノルド監督)

●脚本賞
ペドロ・アルモドヴァル監督/『ボルベール』(スペイン)

●カメラ・ドール(新人監督賞)
コルネリア・ポルンボユ監督/『ブカレストの東、12時8分』

●芸術貢献賞
『バベル』の編集ステフェン・ミリオーネ

第59回カンヌ国際映画祭特集/goo
59th Cannes International Film Festival/Movie Hot Talks


敬愛するケン・ローチ監督の社会派作品が堂々受賞。めでたいっ
久しぶりなブリュノ・デュモン作品も嬉しく。
有力視されていたアルモドヴァル作品は脚本賞と女優賞。
これも楽しみ。『バベル』も楽しみ。
受賞作はもちろんのこと、他の作品もじゃんじゃん日本で配給してねー。
クロージング作品のガトリフ『Transylvania』もねー。
愛しのカンヌ作品ー。

▼『Transylvania』  監督トニー・ガトリフ
" 恋人に会うため、親友のマリアとトランシルヴァニアの道をたどるジンガリーナ。
異教の祭りで恋人に再会するが、二人の愛は終わっていた。
再び旅に出たジンガリーナは、謎の男チャンガロに出会う…。"
謎の男チャンガロがビロル・ユーネルなのかしら?!
Getty Images でBirolをサーチ

---コンペ作品---
『麦の穂をゆらす風(the Wind that Shakes the Barely)』(英/ケン・ローチ)
『フランドル(Flandres)』(仏/ブリュノ・デュモン)
『バベル(Babel)』(米メキシコ/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)
『ボルベール(Volver)』(スペイン/ペドロ・アルモドバル)
『デイズ・オブ・グローリー(Indigenes)』(仏/Rachid Bouchareb) 
『レッド・ロード(Red Road)』(英/アンドレア・アーノルド)
『マリー・アントワネット(Marie-Antinette)』(米/ソフィア・コッポラ) 
『ファスト・フード・ネーション(Fast Food Nation)』(米/リチャード・リンクレイター)
『サウスランド・テイルズ(Southland Tales)』(米/リチャード・ケリー)
『パンズ・ラビリンス(EL Laberinto Del Fauno/Pan's Labyrinth)』(メキシコ/ギレルモ・デル・トロ)
『街のあかり(Laitakaupungin Valot)』(フィンランド/アキ・カウリスマキ)
『カイマーノ(IL Caimano)』(伊/ナンニ・モレッティ)
『家族の友人(L'amico di Famiglia)』(伊/パオロ・ソレンティーノ)
『Juventude EM Marcha』(ポルトガル/ペドロ・コスタ)
『サマー・パレス(Summer Palace)』(中国/ロー・イエ)
『Selon Charlie』(仏/ニコール・ガルシア)
『Quand J'etais Chanteur』(仏/グザヴィエ・ジャノリ Xavier Giannoli)
『Iklimler』(仏トルコ/Nuri Bilge Ceylan) 
『La Raison Du Plus Faible』(ベルギー/Lucas Belvaux) 
---

ボルベール VOLVER/ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
バベル カンヌ映画祭/ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
カンヌ映画祭 オマケ/ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-05-29 23:58 | 映画ネタあれこれ | Trackback(3) | Comments(12)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3153003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from working title at 2006-05-30 23:30
タイトル : カンヌ2006雑感
 と言っても、当然現地に行っていたわけではないので、カンヌ映画祭オフィシャルサイトの情報と、日本での報道を見ての感想です。   【各賞について】  受賞結果についてはこちら   まず、最高賞パルムドールは、ケン・ローチ監督作品。  別に予期していたわけではないのだけれど、ちょうど先日ケン・ローチ作品を観たばかりなので、なんだか嬉しい。  未知の作品の内容については知りたくないのですが、題材はアイルランドの内戦。ということで、アイルランドの歴史についてはこちら。  ウィキのアイルランドの歴史のページ  ...... more
Tracked from Chocolate縲log at 2006-05-30 23:52
タイトル : カンヌ国際映画祭授賞式
第59回カンヌ国際映画祭授賞式 半分居眠りしつつも(笑)ムービープラスの 衛星生放送を見てしまいました~ で、今年は「なるほどねぇ」って感じの受賞結果でした。 とりあえずそこそこ知名度のある監督さん絡みの受賞が多かったので、 日本でもそれなりに色々公開されるんじ..... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-06-02 12:36
タイトル : カンヌ映画祭2006 王家衛
録画してたカンヌ映画祭の開会式と授賞式マッタリ観ました。 数年前からCSで見れるようになったのは映画好きとしては嬉しい。 アカデミーに比べてフランスらしい?のか、あまりショーアップ されてないテキトーな感じがなんかいいなぁと思います。 今回の...... more
Commented by わかば at 2006-05-30 23:29 x
こんばんわ♪
ビロル・ユーネル、来ましたね~♪かなーりミーハーに写真おっかけしてました(写真サイト巡りしただけですが)。大スターほどの枚数はないけど、ステキです!レッドカーペットでもくわえ煙草(笑)うーん、パンク!
そういえば、WOWOWサイトのカンヌブログで初めて知ったのですが、受賞監督&スタッフは、閉会式の午前中に呼ばれるんですね。
そうだよなー、初日に上映の人とか、ずっといるわけにいきませんものね。なんて、余談でした。
有名監督は当然公開されるでしょうが、無名監督さん(て言い方もナンですが)の作品、できるだけ公開していただきたいですね。
Commented by Chocolate at 2006-05-30 23:50 x
こんばんわっ。

今年は授賞式リアルタイム鑑賞しちゃいました。
お陰で昨日は一日中眠かったです・・・

今年の結果は無難な感じがしましたが、
楽しみな作品は結構あるので公開されるのを心待ちにしております。

「バベル」「ヴォルベール」面白そうですよねー。
今年はコンペ作品の映像をガッチリ見たので
受賞しなかった作品も是非公開して欲しいところです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-01 12:58
わかば さん♪
お、ビロル・ユーネルのカンヌ映画祭会場でのレッドカーペット上の写真もあるのですか? それは私もサイトめぐりをしてみなくちゃ。メジャーな俳優しか映っていないのかと思いました。カンヌブログとやらもじっくり見てみますですー。ベルリン映画祭の時だか何だか写真自体はちょっと前に結構見かけました。素のキャラもかなりワイルドな感じなんでしょうか。興味深いっ。
『トランシルヴァニア』の評判はどうだったのでしょうねぇ?それによって、知名度もまたアップしてくれるかしら。無名監督、無名俳優であろうと、秀作はしっかり公開してほしいですよねぇ。去年何かの賞をとったトルコの『Uzak』なども待っているというのに・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-01 13:09
Chocolate さん♪
いいなぁー。うらやましいです。リアルタイム鑑賞!
私ときたら、BSやらCSやらには何の縁もなくて、そういう授賞式中継をちゃんと観たことってないんですよね。前は俳優たちにそんなに興味がなかったので観たいとも思わなかったんですが、今は生身の俳優や監督たちの姿も気になりますー。それだけでなく、コンペ作品の映像もご覧になったなんて羨望ー。
本当に隈なく日本でも配給してもらいたいですよね。『バベル』は役所さんが出ているから、拡大上映されちゃったりするんでしょうかね?ケン・ローチもアルモドヴァルもみんな楽しみだー。
Commented by わかば at 2006-06-02 23:15 x
ビロル・ユーネルinレッドカーペット(&白スーツ)ステキですよねえぇぇ。
私も本当は、そんなに俳優の写真とかを追っかける方ではないのですが(基本的には俳優は役をやっているときが一番!と思っているので。むしろ監督のお顔拝見が楽しみ♪)、この人には久々にやられまくっています。
「トランシルヴァニア」評判どうなんでしょうね。評判がどうあれ、公開して欲しいですね。ガトリフ監督なら、例え失敗作(と言われるもの)でも見たい。そういう価値のある監督さんと思います。ていうか、未公開作があるってのが信じられない~。でもそういう危険もあるのですね。評判いいことを祈ります。
「Uzak」私も気になってます。今年アカデミーで外国語映画賞を取ったアフリカ映画も噂聞かないですよね。「愛より強く」だってベルリン金熊でも1年以上待ったわけだし(その後の金熊作も今のところ噂なし…)。
ちなみにカンヌのオフィシャルサイトでは、かなり色々なビデオクリップが見られますよ♪(主にインタビューと映画の映像。フォトセッションなど)さすがにリアルタイムではないですが。私は作品の予告は観ないようにしているので見ていないですが。
ネットの時代はすごいですね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-04 09:51
わかば さん♪
俳優は映画の中でその役になりきっている姿を見るのが最高ですよね。私の映画好きは作品への思いが第一で、次にこんなステキな作品を撮った監督っていったい?とまず作り手に興味を持ち。どちらかというと俳優の名前より監督の名前にときめく方でした。それと人の顔と名前を覚えるのが苦手なんですよね。だから、たくさんの映画を観ているわりにメジャーな俳優しかインプットされていなくって。私の大好きな監督のクストリッツァやガトリフやイオセリアーニやらは映画俳優ではなくほとんど素人を採用したりする人だったこともあり。長い間、私の好みの俳優はジョニデとブラピとかのまんまだったりしました。やがて、クラピッシュとロマン・デュリスだとか、ガトリフとロマンだとか、大好きな映画監督の作品の中で魅力を発揮する俳優の輝きに近頃ようやく強く惹かれるようになりましたのです。今年は、デプレシャン作品の中のマチュー・アマルリック!と前置きが長くなりましたが、そんな中で出会ったビロル・ユーネルったら最高だったわけです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-04 09:56
ビロル・ユーネル
(続き)露出の多い有名俳優の写真はネット上でも書店でもたくさんお目にかかれるので、あえて追っかけたりしませんが、Birol 検索にはわくわくしちゃっています♪あまのじゃくなので、日本で既に多くのファンがいる俳優ではなく、まだ多くの人が名前を認知していない俳優っていうのもポイントかあ。
でも。そんな映画を配給してくれなくちゃ出逢えないわけで。俳優がメジャーではない映画で秀作でも配給が遅くて(或いはされなくて)寂しいですよね。こんなに映画があふれている国に住んでいるのに素晴らしき秀作を観られないかもしれない日本って・・・。
カンヌのサイトも観てみなくちゃですね。ありがとうございます。フランス語が読めないからと敬遠しちゃいけない。ビデオクリップは魅力ですね。本当にネット時代はすごい。
Commented by わかば at 2006-06-05 23:23 x
こんばんわ。
俳優についての見方、かなり近いです。映画を見始めた中高生の頃は、作品のイメージで役者を好きになってましたが、役者というのは、作品によって全く違うということが段々わかってきて。そうするうちに、役者で見るより監督で見ることに興味が出て。今はすっかり監督ミーハーです(笑)それと私も顔と名前が覚えられないほうで、見終わって名前調べて初めて、あ、あの作品に出てたあの人だ!なんてことがしょっちゅうです(サンティアゴ…ご覧になったのですよね?あのダメ兄がロングエンゲージメントの伍長だったとか、全く気づかなかった!とか)
あと、クストリッツァ、ガトリフなど素人の使い方がうまい人の映画を見慣れると、プロの不要な技が気になってしまうこともありますよね(そういう意味でココシリもマル)。また、ロマンのような監督に愛される役者を見ると、監督との信頼関係が伝わってきて、そういう関係を見る楽しみもありますね(ロマン本人にはさほど興味はないけど、役者としてのロマンからは目を離せない)ちなみにマチュー氏は縁がなくて未見なのです。キング~は見る予定ですので、注目いたします!(オゾンの新作短編にも出ていますね)
Commented by わかば at 2006-06-05 23:25 x
(すみません、続きです)
で、ビロルなんですが、そう、やっぱりマイナーな人のほうが追いがいがあるので、つい頑張ってしまいます(ちなみにUnelのUの上に本当は点々(ウムラウト?)があるのでただのUで検索すると検索結果が違ったりしましたわ)
ちなみに、ミニシアター系の記事で前読んだのですが、決して意地悪?で公開時期が遅くなるわけではなく、予定がギチギチなんですって。だからゾフィーショルとか、本当はもっと早く公開したかったそうなんですが、劇場が埋まっててダメだったとか。色々事情はあるようです。公開してもらえれば御の字という感じでしょうか。
カンヌサイト、英語版もありますよ~どっちにしろチンプンカンプンですがっ(笑)
Commented by kazupon at 2006-06-06 21:00 x
かえるさん、いや~見たい映画ばっかりでした。コンペ部門。
Transylvaniaもよさげですよね!
ケン・ローチは数本しか観た事ないんですけど、
ウォン・カーワイが彼の監督作を選んだのがちょっと意外で、
でも逆に興味をそそられています^^日本でいつやるのかな?
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-08 00:22
わかば さん♪
俳優を好きだと思う気持ちってそもそも何なのかよくわかならないですよね。ルックスに惹かれるのがメインなのか、その劇中の虚構のキャラクターに惚れちゃっているのか。もちろん私も、ルックスが好みでときめいちゃう俳優はたくさんいるのですが、だからといってその俳優が出ていればどんな映画でも観たいとは思わないんですよね。映画は映画。俳優を追って作品を観るよりも、監督を追っかけるという方に興味があるんですよねー。気に入った監督作品は軒並み観てしまおうとします。
見終わって名前調べて、あ、あの作品に出てたあの人だ!なんてこと・・同じく私もしょっちゅうです。その映画にはその俳優が出ていることを事前に知っていながら、うっかり気づかなかったこともよくあるし。判別が苦手な私は、グレン・クローズをメリル・ストリープだと思いこんで観ていることが二度三度もあったりとか・・。
見慣れたメジャーな俳優は、どんなに演技がうまくても、その俳優として見てしまい、物語のキャラクターとして虚構の世界にハマりきれなかったりするんですよね。トム・クルーズとか。だから、知らない俳優ばかりの映画の方が物語自体を楽しみやすいです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-08 00:23
kazupon さん♪
ウォン・カーウァイがケン・ローチを選ぶというのは確かに意外ですよねー
社会派なご時世の世情に流されてしまったのでしょうか。
ケン・ローチ作品は安直なハッピー・エンドを用意してくれないことが多いから、あんまり一般ウケはしていないんですよね。だから、華氏911みたいに大々的に上映されるってことはないかなぁと思いますが・・。私はケン・ローチ大好きですー。どの作品もみんな好きですー。楽しみですよね。
<< 『家の鍵』 PageTop 『戦場のアリア』 Joyeux... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon