かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
6月17日の公開映画ちぇーっくなど
2006年 06月 17日 |
注目すべきは、
『キングス&クイーン』Rois et reine の公開です!
マチュー・アマルリックに再会したーい。
シアター・イメージフォーラムにて。 公式サイト



トーゼンミルミル印は、

◆カサノバ /銀座テアトルシネマ、シネセゾン渋谷、テアトル タイムズスクエア

ちょっとイメージじゃないんだけど、ハルストレム監督の新作だもの。
ヴェネチアの風景と建築や衣装も楽しみ。
ヒースはどんなプレイボーイになりきってくれたのでしょう。

◆母たちの村 /岩波ホール

セネガル作品。アフリカの物語。

◆フーリガン /シネマライズ.新宿武蔵野館.シネ・リーブル

『GOAL』には興味ないのにこういうのは観たい。
イライジャはどう暴れてくれるのか。


余裕があれば、評判よければ観たい、気になるもの

◆バルトの楽園(がくえん)
◆ジャスミンの花開く /シネスイッチ銀座.シネ・リーブル
◆ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン /シネマライズ


以下
---
◆デスノート 前編
◆タイヨウのうた /東劇、アミューズCQN、新宿トーア
◆ドリフト/ドリフト2 /渋谷シネ・ラ・セット
◆不撓不屈 /シネマスクエアとうきゅう

◆OVER COMING
◆マイヨ・ジョーヌへの挑戦
--

来週は旅に出るので観なくちゃ映画がたまってしまうー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-06-17 07:38 | 映画週チェック | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3257154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umikarahajimaru at 2006-06-17 15:58 x
手間のかかるブログ記事ばかり書いてると映画を観に行けないし、映画を観に行っちゃうと記事が書けないし。そこらへんジレンマですよね~。
『GOAL!』は単純明快なサクセス・ストーリーですが、脇を固めている役者がうまい(実力派が揃ってる)ので、ちゃんと観られる作品になっています。イギリスの風景とかもなかなかいいですよ。それにW杯の日本戦のある日は500円で観られるらしいですし。
Commented by mar_cinema at 2006-06-17 22:48
かえるさん、こんばんは。
「キングス&クイーン」は、予告で気になった作品なので、
観にいこうと思っていますが・・・
アルノー・デプレシャン監督の作品は、観ていないのにも関わらず、
アルノー・デプレシャン DVD-BOXを所持していたりします(笑)
・・・なんとなく買って、観ていないDVDが多いんですが、
ミニシアター系の作品って、いつ売り切れになるか不明ですからね・・・

観にいこうと思っても、直前に他の作品を観たりして、
結局、観なかったという作品があります。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-18 22:09
umikarahajimaru さん♪
そうなんですよ。本末転倒というか・・。ブログ記事のために映画を観る時間が減りました。いえ、劇場には行くのですが、DVD鑑賞が全然できなくなり・・・。私も書き始めるまでに結構時間がかかってしまったりするんですが、「海から始まる!?」のような充実した内容の素晴らしい記事を仕上げるにはさぞかし手間ヒマかかるのでしょうねぇ。ジレンマですよねー。
サッカーに限らずスポーツものにはあんまり興味がないので、『GOAL!』は行かない予定なんです。舞踊ものなら好きなんですけど。w あ、でも、『ベルンの奇蹟』なんかはおもしろかったです。
時間的に行けないけれど、500円で観られるというのは魅力的ですねー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-18 22:15
mar さん♪
アルノー・デプレシャンのDVD-BOXをお持ちだなんてうらやましいです。トリュフォーの再来と言われている才気溢れる監督ですよー。『キングス&クイーン』は集大成といえるのかもしれません。独特の手法なので、ハリウッド寄りの人にはあまりウケないかもしれませんが、フランス映画好きにはたまらない素敵な作品でしたよ。ぜひお試しください。
私もDVDは買って観ないものが多いので買うのを控えているんですが、廃盤になったりもすることもあるから難しいですね。ミニシアター系のDVDはプライスが高いのもネックかな。
Commented by 隣の評論家 at 2006-06-29 18:14 x
かえるさん、こんにちわ~。
コメントを頂き、ありがとうございます!
スペイン旅行、素敵ですねぇ。ギリシャの街並みのイメージに負けずとも劣らない素晴らしい風景ではありませんか!ヨーロッパって歴史が深くて素敵ですね。私は、イギリス(ロンドン)とスイスにしか行った事ないです。今年は、口座の残高を確認して、「・・・無理は禁物。」と、ヨーロッパ計画はたてませんでした(苦笑)。

『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』
私は好きでした。この作品を観たというブロガーさんが他に居らっしゃらないので。私一人の意見だけでは危険ですがね。とても力のある作品でしたよぉ。
『ディセント』
かえるさんも気になっているのですか?何だかとても怖そうですよね。でも、見てみたいんですわ。7/15公開という事なので、水曜サービスを利用して21か28の仕事帰りを狙おうかと思ってましたよ。かえるさんも観る予定なのかしら?
Commented by 隣の評論家 at 2006-06-29 18:24 x
い、いかん。間違えました。
『ディセント』は、7月19か26の水曜サービスを利用しようと思っていたのでした。6月のカレンダーを観ながらコメント入れてしまった・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-06-30 10:46
隣の評論家 さん♪
ヨーロッパの歴史は魅力的でっす。スペインはイスラムに支配されていた時期もあって、文化的に多彩でおもしろいんですよね。イギリスやスイスのきちんとした雰囲気とは違う雑多なところがステキよん。貯金残高に余裕がある時は是非にー。昔は私も、ヨーロッパは歳をとってからでいいかなとか思っていたんだけど、あまりにも観るべきところがたくさんあるので、先延ばしばかりもしていられないなぁと。ってか、年もとってきたし・・。

『ゲット~』のオススメありがとうです。音楽映画は大好きなので、余裕があったら是非観たいっす。観なくちゃ作品がたまっているので、こなせない可能性も高いのだけど。

『ディセント』は英国インディペンデント映画賞で監督賞受賞しているんですよね。(作品賞もノミニー)だから興味あるんだけど、怖い系は苦手なので・・。おお、隣の評論家さんも水曜鑑賞予定なのですね。じゃあ、26日を希望していいですか?!って勝手なことを言っていますが、普段は映画はひとりで観る主義の私もこれを1人で観る勇気がなく。&夏休みの夜のクソガキあふれるシブヤの一人歩きは気がめいるので(笑)ご都合よろしければご一緒したいですわー♪
<< スペインへ出発 PageTop 『ビッグ・リバー』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon