かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
パイレーーツ・オブ・カリビアーン なんちゃらかんちゃら
2006年 08月 03日 |
海賊も冒険もジョニーもオーリーも原住民も好きだけど、だめ・・。



今回確信したこと。
私はハンス・ジマーが苦手だ。
(むしろMCハマーの方が好き。関係ないけど。)
(ヒデトシ・西ジマーは好き。まるで関係ないけど。)
音楽がうるさくて気がめいりました。
こんなのエンタメじゃなーい。

荘厳な素晴らしい楽曲なんだとは思うけど、大げさ過ぎない?
場面を盛り立てるというより、邪魔をしていると感じたのは私だけ?
近頃のシネコン音響設備、音量がいけないのだろうか。
こういう音楽はかしこまった会場で生で聴きたい系。
おどけたジョニーの姿を見ながら、じゃなくってさ。

だから、ハリウッド映画とは相性が悪いのー。
感動ドラマも活劇もこういう管弦楽団の重厚な演奏で演出されるんだもん。
あ、『アビエーター』の音楽はよかったな。ジャズはいいよねー。
近頃では、『インサイド・マン』の音楽がいい感じだった。
そうね、カリビアンな舞台なんだから、南国風味な音楽にすればいいのにー。

音楽のせいだけじゃないと思うけど、今回はやけにシリアスな雰囲気だったのがつまんなかったな。前回はかなり楽しい映画だったんだけど。キャプテン・ジャック・スパロウのキャラが新鮮だっただけじゃなく、ディズニーランドのアトラクションそのままの楽しさがあったよね。原住民たちに囲まれた場面ではそんなコミカルさがあったけど、タコみたいなヤツと真面目に戦うシーンは私が興味をもてないものでした。たぶんここが見どころの一つなんですよね?キャプテン・ジャック・スパロウの愛嬌も全体に流れるシリアスな空気にかき消されてしまっていて残念。キーラのキャラも前回はもっと魅力的だったのに今回はヒドイ・・・。ああ、愉快な娯楽映画が見たかったー。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-08-03 12:57 | CINEMAレヴュー | Comments(8)
Commented by charlotte at 2006-08-03 17:23 x
あはは・・・カリビア~ンなんちゃらかんちゃら・・って。よっぽど気が滅入ったのですね~!
たしかにうるさすぎかもなあ。携帯の着メロ、なんちゃらかんちゃらにしたらスゴク恥ずかしくて。爆 すぐマナーモードにしてやめちゃった。
今ではチャイヤチャイヤ♪よん ←でもこれも結構恥ずかしい…笑
Commented by TECNOega at 2006-08-03 22:47
ジマーの極意はグラディエイターにありッ!
あのズンドコ轟くティンパニと三連符の漢臭さがタマリマセンなあ。
カリビアンには……う〜ん、ドウデショウ。

私的にはあのキーラの腹黒さは好きですww
Commented by CaeRu_noix at 2006-08-04 00:22
charlotte さん♪
なんちゃらかんちゃらって、デッド何とかですよね。シリーズものの副題ってちゃんと記憶しない私。
レイトショーだったので疲れ気味だったというのもあるんですが、本当に神経症ちっくに気が滅入りましたよ。でも、他の人たちは誰もそんなこと気にしてないですよねー。一般的には物語にマッチしている音楽なんでしょうかねー。ミニシアター系は音楽なしの映画なんかも多いから、静かなのに慣れすぎなのかな・・・。
チャイヤチャイヤ♪ はよいですよねー。でも、電車の中やお店で鳴ったら、ギョッとするかもー。音楽の趣味が垣間見られるので着メロって恥ずかしいかも。
Commented by CaeRu_noix at 2006-08-04 00:31
TECNOegaさん♪
「グラディエーター」はおもしろかったですよねー。あれは古代のイタリアあたりだから、ジマー音楽もはまっていたように思いますー。なるほど、「漢臭さ」ですかー。
偉大なる作曲家であることは疑う余地はないんですけど、こういう映画にジマーに音楽を依頼するセンスは私には不一致って感じです。ヒット確実な作品だから、大御所にかかせるのが当然なのかもしれませんがー。どうもね・・・。
腹黒い女キャラっていうのはコミカルタッチだとおもしろいと思えるんですが、今回はちょっとビックリしました。スパロウは困った野郎だけど、あんなふうに欺いて陥れるのって酷くないかなーって思ったのです。彼女は前回はもうちょっとサバサバした裏表のないキャラのイメージだったのに・・・。なんか全般的につかめなかったですー。
Commented by Notorious♪改め風情♪ at 2006-08-04 11:40 x
こんにちは♪

そうなんですよね~キャプテン・ジャック・スパロウのキャラが
前作に比べると陰になっちゃって面白味に欠けちゃってましたよね。
キーラの存在が最初から最後までウザかったです♪ (゚▽゚)v
Commented by CaeRu_noix at 2006-08-05 00:55
Notorious♪改め風情さん♪
改名なさったのですねー。
キャプテン・ジャック・スパロウはノーテンキにコミカルなのが魅力でしたよねー。物語の展開的には仕方ないのかもしれないけど、明るく笑える映画だから好きだったわたし的には大いにガッカリしました。さみしー。
キーラの存在も確かにちょっとね・・・。前はオテンバちゃんなところが新鮮なヒロインだったはずなのにー。ハーマイオニーは回を重ねてもカワイイのにー。
Commented by さばきち at 2006-08-07 23:52 x
こんばんわ。
「なんちゃらかんちゃら」ってとこに、かえるさんのこの映画に対する評価のなさがモロに現れててステキです。
私は、サブタイトルの「デットマンズ・チェスト」の意味を「たんす」だと思っていた一人です。音楽は、言われてみれば確かに妙に仰々しかったかもしれないですね・・・。
ところでリンクしてくださってありがとうございます!密かにこちらのブログのファンなので、思いもかけず嬉しかったです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-08-08 12:44
さばきちさん♪
満足度が低くても、あまり脚光を浴びていない映画だったら、そんなに失礼な扱いにはしないんですが。大人気の話題作ですから、なんちゃらかんちゃらでいいでしょーってことにしました。チェストなんていわれても、タンスのことなのか胸のことなのかよくわかんないですよね。ちなみに私はデッドマンっていうのもよくわかっていませんでした。ジョニデはジャームッシュの「デッドマン」だったから?なんて思ってました。うー、前作の復習が必要なエンタメ大作なんて困りますー。
リンク先は順当に選出させていただきましたのです。きゃー、ありがとうございます。そんなことをいっていただけると、私もとても嬉しいですー。リンクページのさばきちさんのブログ名のフォントが大きくなるかもー。
<< 『黒猫・白猫』   -BOW3... PageTop MIIII >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon