かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
「ブラスト2:MiX」
2006年 08月 21日 |
~ミュージック・イン・エクストリーム



マーチング・バンドの躍動感あふれるショー。
楽器を演奏しながら、軽快にステップを踏んで、パフォーマンス。
スウィングジャズにブルース、ロックと音楽も盛りだくさん。
バラエティに富んだ目の離せない楽しいステージでした。

○、△、□が音楽にのって、形を変えていく。
そんなイマジネーションにあふれる展開に釘付け。
こんなふうに演奏する様を見せられると、金管楽器のフォルムの美しさにも見入ってしまう。
金色に輝く管の曲線がなんて美しいのだろう。
吹きながら手指を動かしながら、ステップを踏めるなんてとにかくすごい。
たぶん本当は、演奏する人と踊る人は分業にした方が、より高度な演奏、より見ごたえのあるダンスができると思うんだけど、それを言っちゃー身も蓋もないですね・・・。
同時にできるパフォーマンスがウリなんだー。

そして、バトントワリングが大いなる見どころでした。
アジアの青年ががんばっているのねーと思ったら、日本人でしたのね。
日本の男子バトンのパイオニア、バトン界の貴公子?稲垣正司さん。
素晴らしいです。華麗でダイナミックな見事な演技。
バトンの形がまた毎回違って楽しいの。
ビジュアル的にはバトン演技に一番ハマリました。

休憩時間のパフォーマンスがお約束だったとはー。

(東京国際フォーラム ホールC)

#ファンファーレ・チォカリーアのステージが見たくなった・・
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-08-21 23:59 | Art.Stage.Book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3619776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アトム・エゴヤンの『カレンダー... PageTop 『トランスアメリカ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon