かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
中国映画の全貌2006、 さよなら,三百人劇場
2006年 09月 12日 |
中国映画の全貌2006 で5作品を鑑賞しました。



■『紅いコーリャン』(87)
監督:チャン・イーモウ(張藝謀)/出演:鞏俐、姜文
--20年代末、中国の山東省。18才になる九児は、ハンセン病を煩う造り酒屋の李大頭のもとに嫁ぐことになった。

コーリャン畑にうっとり。真っ赤なコーリャン酒に酔い心地。

■『古井戸』 (87)
監督:ウー・ティエンミン(呉天明)/出演:張藝謀
--250年間も井戸を掘りつづけているが水の出ない村「老井」。井戸掘りをする青年・旺泉は、恋人がいながら、貧しさのため寡婦の喜鳳に婿入りしなければならなかった。

役者なチャン・イーモウを見るのは何だか照れる・・。

■『心の香り』(92)
監督:スン・チョウ(孫周)/出演:費洋、朱旭
--両親の離婚が決まり、京京(チンチン)は、かつて京劇の名優であった祖父のもとにしばらく預けられることになる。

じいさんの住まいがいい雰囲気。

■『哀戀花火』(93)
監督:フー・ピン(何平)/出演:寧静
--花火製造老舗の若き女主人と流れ者の絵師の恋。

建物と黄河の濁流が素晴らしい。熱愛ぶりはよくわからず・・・。

■『ようこそ、羊さま。』(04)
監督:リウ・ハオ(劉浩)/出演:スン・ユンクン(孫雲昆)
--雲南省山間部の貧乏な村で、老夫婦が役人から外国産の羊の牧畜をまかされる。

広大な風景に羊はツボ。老夫婦の暮らしぶりがほほえましく。
勝手で無責任なお役所のお達しに振り回されながらも、2人が徐々に羊ちゃんに愛着を感じていくところにはなんだかしみじみ。


私にとっての中国映画の導入は、チャン・イーモウやチェン・カイコー作品。
とりあえず、その2人の監督作品は機会あるごとにチェックしました。
近頃はお2人とも、金のかかったアクション大作に目覚めてしまったので、ちょっと寂しいところですが、念願のイーモウ監督デビュー作のスクリーン鑑賞ができてよかったです。コン・リーって、歯並び悪かったのね。イーモウ作品は、ほのぼの人情ものも好きですが、やっぱり『紅いコーリャン』、『紅夢』、『菊豆』 などの映像美にあふれる鮮烈な作品が一番です。

今はもう第6世代に期待すべきでしょうかー。

というわけで、残念ながら今年いっぱいで閉館する三百人劇場の映画上映はこの「中国映画の全貌」が最後となりました。この劇場のおかげでたくさんの名作をスクリーン鑑賞することができました。お世話になりましたっ。多謝。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-09-12 16:45 | CINEMAレヴュー | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3778402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 狐の穴にて at 2006-10-02 20:18
タイトル : “中国映画の全貌2006”のまとめ
“中国映画の全貌2006”を上映中の三百人劇場に通いました。映画上映はこれが最後ということで、長い間の感謝をこめて。なんとか6回通うことができたので、感想をまとめました。... more
Commented by リーチェン at 2006-09-14 22:28 x
お~~~凄いラインナップですね!
今日『覇王別姫』を見てきた劇場でも11月に中国映画の全貌を開催するようです。多分三百人劇場みたいなとても味のある劇場なんですけどね(笑)
そういう劇場が閉館するのは、映画ファンとしても寂しいですよね。
シネコンばかりじゃ味気ない・・・
Commented by CaeRu_noix at 2006-09-15 00:07
リーチェン さん♪
おお、そちらの方でも同じ特集があるんですねー。そういう名作を上映してくれる劇場は概して味のあるものですよねぇぇ。椅子が固いし。あんな芳香剤を使っているトイレの映画館は珍しいー。
『覇王別姫』をご覧になりましたかー。私はいつぞやのレスリー・チャン追悼特集で劇場鑑賞をした覚えがあります。すばらしいですよねー。
本当に、旧作の名作をやってくれる映画館が閉館してしまうのは残念でなりません。シネコンは便利できれいでいいですけど、それだけじゃつまんないですよねー。
Commented by いわい at 2006-10-02 20:18 x
やっと、感想をまとめたのでトラックバックしまーす。
といっても、わたしが観た6本とは、ちっとも重なっていませんでしたけど。
『哀戀花火』は、以前の中国映画祭で観ました。寧静が美しかったけど、クライマックスの花火対決はあんまりだった記憶が。
わたしも、張藝謀監督なら『紅いコーリャン』、『紅夢』、『菊豆』です。『紅夢』は、女の戦いが恐ろしくて、印象深いです。
今回の特集では、『古井戸』を見逃しましたー。
『三百人劇場の閉館が本当に残念です。
Commented by CaeRu_noix at 2006-10-03 16:05
いわい さん♪
1本も重なっていませんでしたかー。
いわい さんは何をご覧になったか後ほど拝見にいきますー。
観ていない作品はもちろんいろいろあったのですが、中国映画祭のたびにいつも同じような作品が上映されるので、観るべき名作というのがだんだんなくなってきてしまいました。
『~花火』は恋愛ストーリー部分に全然入り込めなかったのでした。
チャン・イーモウはやっぱりそのへんの作品がいいですよね。といいつつ、『HERO』の美しさも大好きなんですけど。『紅夢』は、女の戦いの恐ろしさに堤燈の美しさ。
私は『青い凧』を観られなかったのが残念でした。
<< 『グエムル-漢江の怪物』 PageTop 第63回ヴェネチア国際映画祭受賞結果 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon