かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
スペイン・ラテンアメリカ映画祭
2006年 09月 23日 |
9月16日~9月22日に渋谷のアミューズCQNで開催された
第3回スペイン・ラテンアメリカ映画祭
-LATIN BEAT FILM FEST' 06-で5作品を観ました。



『ドラマメックス』 Drama/Mex
2006 メキシコ
監督 ヘラルド・ナランホ
出演 エミリオ・バルデス、ディアナ・ガルシア
プロデューサー ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ

アカプルコの一夜を舞台に交差する物語。
ゴンザロという彼氏がいるのにフェルナンダは元彼のとよりを戻してしまった。一方自殺をするためにやって来た男は15歳の少女ティグリージョに出逢う。
ガエル&ディエゴプロデュースだからなのか、『アモーレス・ペロス』や『天国の口、終わりの楽園』を思い出すような青春模様。
軽率でおバカな若者たちなんだけど、エネルギッシュでまぶしくさえもあるんだな。ハンディ・カメラの粗い映像でとらえた躍動感がいい。人生に絶望したオジサンの物語とその目線があってこそ、若者たちの間にみずみずしい生命の輝きが感じられる。構成もエピソードも目新しくはないけど、その混沌とした感じがとてもよくて、気に入った。
ゴンザロとチャノ役の男の子たちもカッコイイー


『マデイヌサ』 Made in usa
2006 ペルー
監督 クラウディア・リョサ、
出演 マガリ・ソリエル、カルロス・トーレ、イリアナ・チョン、ウバルド・ウアマン

マデイヌサはペルーの人里はなれた山奥の村に住む少女。
神が死んでいて何をしても罪にはならないという聖週間がやってこようとしていた。
ペルー製作の映画を観るのはたぶん初めて。その暮らしぶりや風習がとても興味深い。村長である父に体を捧げなければいけない可哀想なマデイヌサは、外部からやってきたカメラマンの青年に出逢う。先日観た韓国映画の『弓』を思い出してしまった。外の世界を知るキッカケがあって、少女は縛られた暮らしから旅立つことを思い立つんだなぁ。重苦しさを感じつつも寓話的。


『カマロン』 Camaron
2005 スペイン
監督 ハイメ・チャーバリ
出演 オスカル・ジャエナダ、ベロニカ・サンチェス

フラメンコ界の天才歌手・カマロンの伝記物語。
アーティストの伝記ものとしてはきっと、『Ray』や『ウォーク・ザ・ライン』なんかの方がよくできているんだと思うけど、スペイン舞台のフラメンコ歌手の物語というだけでとても興味深く楽しめた。数年前に何の知識もなく、ブルーノートでLIVE演奏を聴いたトマティートが、『ベンゴ』に出ていた時は感動。その名ギタリスト、トマティートを見いだしたのがこのカマロンだったんだなぁ。
アンダルシアのタブラオに興奮。迫力満点のフラメンコ・カンテ!
カマロンのCDなどにも興味をもち。

『火に照らされて』 Iluminados por el fuego
2005 アルゼンチン
監督 トリスタン・バウエル
出演 ガストン・パウルス、パブロ・リッバ、セサル・アルバラシン

40歳になったエステバンが18歳で経験したフォークランド諸島での戦争の記憶が物語られる。


『ボディーガード』 El custodio
アルゼンチン 2005 
監督 ロドリゴ・モレノ
出演 フリオ・チャベス

大臣のボディガードをつとめる男の日常が描かれる。
---

満席の回も多く、なかなか大盛況の映画祭でした。
ラテン系の映画は、青春ものが秀逸かもしれない。
どれも見ごたえがありましたが、ドラマメックスが一番お気に入り。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-09-23 23:59 | CINEMAレヴュー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3867693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マダムS at 2006-09-24 23:30 x
結局全然行けませんでしたー(泣) 盛況だったんですね。
『ドラマメックス』狙っていたんですけどね~え~ん!
かえるさんの感想からやっぱり熱いものが伝わってくるわー(笑)
『火に~』はどうでした? これも出来れば見たかったのですよ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-09-25 01:17
マダムS さん♪
そうですかー。残念でしたね。当日ふらっとやってくる人も結構多かったようで、サイドの補助椅子も利用されていました。
『ドラマメックス』のガエルプロデュースっていうのはただの宣伝材料だろうとそんなに期待はしてなかったんですが、思いの外気に入ってしまいましたよー。『火に~』は戦争の痛みがリアルに伝わってきましたが、戦場の思い出と現在がしっくり私の中で呼応しなくて、題材のわりには気持ちがつかまれませんでしたわ・・・。今回のラテン・ブラジルものは社会派シリアス系より青春系がよかった印象ですー。
Commented by とらねこ at 2006-09-25 02:54 x
うわ~ん!かえるさんの9月16日公開ちぇーっくを、くまなく読むべきでした・・・涙涙涙・・・
ブラジルもスペインもせめて日にちを外してやって欲しかった・・・ぐおおおおおお
Commented by CaeRu_noix at 2006-09-25 11:54
とらねこ さん♪
きゃー、知らなかったのねぇ、観たかったのねぇぇ。残念でしたー。日にちがかぶっていたのももったいなかったし。
「ドラマメックス」はトロント映画祭でも上映されていたようだし、一般公開してくれないかなー。フラメンコファンも多いから、カマロンもいけそうだけど・・・。とつぶやいてみる。
<< ブラジル映画祭2006 で 『... PageTop 9月23日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon