かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
ブラジル映画祭2006 で 『コピーオペレーター』など
2006年 09月 24日 |
9月15日(金)~24日(日)に東京国際フォーラムで開催された
ブラジル映画祭 で3作品を鑑賞ー。



『コピーオペレーター』 O Homem Que Copiava
監督:ジョルジ・フルタード
出演:ラザロ・ラモス、レアンドラ・レアル
  2003
~アンドレは、文房具店で働く“コピーオペレーター”。彼は向かいに住む女の子に夢中で、彼女を振り向かせるためにはどうしても38レアルが必要だ。友人の協力を得て様々な計画を立てる彼。万事うまくいくかに見えたのだが、次々と問題が現れ始める。~

さちさんにオススメいただき、観ることにしたんですが、さちさんに感謝!
これはもうとっても楽しくて満足度の高いお気に入り作品となりました。
コピーオペレーターって、どんな職業なのかと思ったら・・・。内気なアンドレの妄想ばかりのトホホな日常生活が微笑ましい。ラテンな人々はみんながみんな積極的で激しいわけじゃないのね。妄想ばかりの煮え切らない男かと思いきや、どんどん大胆な犯罪が行われていくんだけど、それも意外でまた楽しく。まったりめな導入のわりに、面白く展開する物語でした。望遠鏡から見えていたものの真実にも嬉しくなってしまう。「金」がモノをいう社会、職業の優劣意識、地球の裏側でも同じなのねとさりげない風刺的なアプローチもあり。笑いどころにあふれたワクワク楽しい映画でした。
ラテンムービーって、どちらかというと情熱的なシリアスタッチのものが多い印象だったのだけど、ブラジルにもこんなラブリーなエンタメ作品があったんだなぁ。


『マダム・サタン』 Madame Sata
監督:カリン・アイノウス
出演:ラザロ・ラモス、マルセリア・カルタッショ
 2001
~リオデジャネイロ、ラパ地区の1930年代。実在した人物、ジョアン・フランシスコ・ドス・サントスの私生活をつづった作品。マダム・サタンとして世間にその名を知られるようになるまで彼の波乱な人生を描く。チンピラで、アーティスト、服役囚、養父、黒人、貧困、そして同性愛者…。実在したあるカリオカの伝説。~

主人公に共感することもできないほどに荒んだ暮らしぶりを徹底したドキュメンタリータッチで見せられて、気持ちの置き場に戸惑いながらも圧倒されました。『キンキーブーツ』のように親近感・好感のもてるドラッグクィーンというのはおとぎ話なのかも・・・。


『オルガ』 Olga  
監督:ジャイミ・モンジャルヂン
出演:カミーラ・モルガード、フェルナンダ・モンテネグロ
 2004
~フェルナンド・モライスのベストセラーを元に、実在した一人の女性、オルガ・ベナリオを描いた作品。確固たる夢と勇気を胸に世界の変革を信じて戦い、ドイツのナチス強制収容所で命を落とした女性のドラマ。~

オルガの凄絶な人生に心をとらわれるという感じでもなく、冷静に見つめてしまった。彩度の低い寒々しい映像が印象的。こんなに闘志に満ちた強い女性も結局は、夫や子どもがかけがえのないものとなっていくのがせつない運命。


スペインラテン映画祭とブラジル映画祭の日程が重なっていたために、作品を絞らざるを得ないのが残念でした。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-09-24 23:59 | CINEMAレヴュー | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/3875067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from amapola at 2006-09-26 13:11
タイトル : コピーオペレーター
製作年:2003年 製作国:ブラジル 監督:ジョルジ・フルタード 出演:ラザロ・ラモス、レアンドラ・レアル ブラジル映画祭2006 ★4 Story19歳のアンドレはある文房具屋内のコピー機の「オペレーター」。向かいのアパートに住み 女性用品店で働くシルビアに夢中で、彼...... more
Commented by borderline-kanu at 2006-09-25 21:55
こんばんは。
ブラジル映画といえば、『シティ・オブ・ゴッド』しか観てないけど、『マダム・サタン』には同じ匂いがしそうです。でも観たいのは『コピーオペレーター』ですね。ただ劇場公開されなさそうだけど(^^; カヌ
Commented by CaeRu_noix at 2006-09-26 12:29
カヌ さん♪
サッカーで注目されているブラジルも映画はまだまだ少ないですよねー。『マダム・サタン』は1人の人間にスポットをあてたドキュメンタリータッチのものなので、『シティ・オブ・ゴッド』ようなドラマ性はないんですけど、荒んだ雰囲気は少しだけ通じるものがあるかも。
『コピーオペレーター』は楽しかったのでホントに一般公開でしてほしいですー。『Oi,ビシクレッタ』というチャリンコロードムービー?がまもなく公開予定ですよん。
Commented by さち at 2006-09-26 13:18 x
『コピーオペレーター』気に入っていただけて嬉しいです!
この監督の『二つの夏』も爽やかな映画で、気に入りました。
どちらも『ダック・シーズン』のようにひょっこりレイトで公開してくれるといいのですが。
『マダム・サタン』は時間がなく観賞できませんでした。ラザロ・ラモスの別の顔を観たかったです!
Commented by CaeRu_noix at 2006-09-27 01:19
さち さん♪
ホントに気に入りましたよー。とにかく感謝。
『二つの夏』って、こぴおと同じ監督なんですねー。今知りました。この監督はそういう系の作品を得意としているのでしょうか。「世界最低のビーチ」ってどんなん?というのがかなり気になっていたのですが・・・。うう、こちらもよかったんですねー。
やべっ。ラザロ・ラモスのことも今知りました。鑑賞前どころか出演者をコピペした時にも気づかなかった・・・。アンドレがマダム・サタンだったのねー。きゃー、すごい、別人!今さらビックリ。すごい俳優さんですわ。
教えてくれてありがたうー。
<< 『サムサッカー』 Thumbs... PageTop スペイン・ラテンアメリカ映画祭 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon