かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
10月28日の公開映画ちぇーっくなど
2006年 10月 28日 |
東京国際映画祭へ行き、こうやって毎週一般公開される映画は
傾向の偏ったほんの一握りのものに過ぎないということに
改めて気づかされてちと寂しくなってみた。(ましてや地方は・・)
いえいえ、寂しがっている場合じゃないほどに今週は盛りだくさん!



さて、一番楽しみなのは、

明日へのチケット /シネ・アミューズ

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ 3人の監督が特急列車を舞台に

その他トーゼンミルミル印は、

トンマッコルへようこそ  

父親たちの星条旗

クリムト  /シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ

上海の伯爵夫人 /Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館


余裕があったら観たい興味あるものは、

◆虹の女神 Rainbow Song

◆ウール100%  /ユーロスペース

◆ホステル  /シアターN渋谷



---
◆バタリアン5
◆木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
◆ただ、君を愛してる
◆アオグラ
◆悲しき天使
◆アザー・ライフ
---

映画祭やら特集上映に行っていたので、
観なくちゃ新作がまたちょっとたまっちゃったー


アジア映画づいているこの秋ゆえ、
11月1日~5日 NHKみんなの広場ふれあいホール で開催される
第7回NHKアジア・フィルム・フェスティバル も気になりますー

早稲田松竹では、WE LOVE ミュージカル!特集が始まりー

新文芸坐では、GAGA祭りー


○気になるちらし

・『マリー・アントワネット』 ソフィア・コッポラ
  拡大上映系の新春の目玉はコレ!

・『華麗なる恋の舞台で』 Being Julia
  邦題もフライヤーの写真もイマイチですが・・・
 アネット・ベニングがアカデミー賞主演女優賞ノミネート
 ハンガリーの巨匠サボー監督作

・『リトル・ミス・サンシャイン』
 グレッグ・ギニア、トニ・コレット出演のロード・ムービー
TIFFのコンペ作品で気になったんだけど、
これは一般公開してくれそうだと思い、チケットは取らず。
そして、シネクイントで正月公開。

・『あなたになら言える秘密のこと』
東京国際女性映画祭でもかかってましたね。
死ぬまでにしたい10のこと の監督作品。
今まではイザベル・コヘットだったけど、本当はイサベル・コイシェだったらしい
主演はまたサラ・ポーリー、そして、ティム・ロビンス
この女性監督の映像センスがとっても好きなんです。
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-10-28 01:55 | 映画週チェック | Trackback(1) | Comments(11)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4085536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ユナイテッド シネマの都.. at 2006-11-01 19:53
タイトル : ユナイテッド シネマの都-ビデオ
映画といえば、本来は映画館で見るものである。最近では、テレビの大画面化が進んでおり、かなりダイナミックな映像を楽しむことができるように... more
Commented by sabaha at 2006-10-28 14:33
こんにちは。
同じく、東京国際映画祭に参加して、もっとこういう作品を劇場公開して欲しい!と思いました。いち観客ではありますが、興行としての映画について、改めて考えてしまいました。
個人的には、マイナーなもの好きなので、自分の好きな映画がヒットしなくても全く構わないのですが、そういうことを言っていると、好きな映画ほど公開されないという傾向もなくならないのですよね^^;
皆が同じものを好きになる必要はないですが、もう少し、メジャーな映画の傾向や、たまにしか映画を観ないような方の好みが、変わってきてくれたら嬉しいなと思います。
ではでは~。
Commented at 2006-10-28 23:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kusukusu at 2006-10-29 00:34 x
僕は東京国際映画祭、『フォーギブネス』『こほろぎ嬢』『細い目』『ラブン』の4本を見ましたが、それなりに堪能。ところで『ガブラ』、見たんですね。『細い目』『ラブン』でこの監督のファンになりましたので感想を聞きたい。あとアルメニアの『グラフィティー』とかも感想、気になるな−。
Commented by 隣の評論家 at 2006-10-29 00:52 x
かえるさん、こんにちわー。
ウチの『お気に入り100本』の記事に、勝手ながらお名前を出させて頂きました。事後報告でゴメンなさいー
『ブラック・ダリア』をTB貼りにきたのですが、コメントはこちらに。
かえるさん、『ホステル』に興味あるとは意外でしたー。すげかったですよぉ。初日初回に行ってきた私は、『パニック防止用酸素吸入カン』をもらったのですが。いつ使えばいいの~(笑)。
Commented by CaeRu_noix at 2006-10-30 11:03
わかば さん♪
世界中で製作されている全ての映画を観られるはずはないというのは百も承知だけど、TIFFで素晴らしき映画たちに出会ってしまうと、そんな秀作が普段は日本で公開されることもないという事実にあらためて気づかされるんですよね。
自分の好きな映画が大ヒットしてほしいとは思わないけれど、やっぱり需要がないと供給されないんですよね。素晴らしき映画を日本語字幕付で映画館で観たーい。
でも、メジャーな映画の傾向は変わらないだろうし、たまにしか映画を観ない人は話題作を観るんでしょうね・・・。多くの人にとってつまらない映画というなら仕方ないけど、観たら絶対人々が満足できると思われるものが、話題性のなさで切り捨てられるというのはもったいなーい。
Commented by CaeRu_noix at 2006-10-30 11:53
kusukusu さん♪
私は東京国際映画祭自体にそれほど大きな期待がなかったので、大いに堪能できましたー。私もヤスミン・アハマド監督ファンになりました。他の作品も観たかったですー。オーキッドシリーズいいですよね。『ガブラ』は『細い目』には劣るというコメントをしている人もいましたが、私はその人生模様がとても気に入りましたー。『グラフィティー』もよかったですよー。
Commented by CaeRu_noix at 2006-10-30 11:53
隣の評論家 さん♪
ホラー映画系を観る意味が基本的にわかっていない私なんですが(どうしてみんな、あえて時間とお金を使って怖い思いをしたいの?って)、『ホステル』はこないだシアターNに行った時に、興味が増幅してしまったんですよねー。勢いで脅かすホラーは興味ないんですが、これはビジュアルと雰囲気に惹かれるですよ。ちなみに『SAW』は観に行ってしまった私。パニック防止用酸素吸入カンってすごいっす。日常で活用してくださいー。嘔吐袋なんかも配布しているらしいですね。こわっ
Commented by とらねこ at 2006-11-04 09:20 x
あは★かえるさんは、ナチョは予告でオナカイッパイですかー。
自分は今日見てきます♪
かえるさん、『クリムト』とっても面白かったですヨー!早くかえるさんのレビューが読みたい作品♪←と、いうか自分が書かねば★
『ホステル』は凄かった・・・怖かったですよー(+_+)
Commented by CaeRu_noix at 2006-11-05 16:13
とらねこ さん♪
ナチョの予告は何回観たかわかりませーん。メキシコが舞台ということで興味はあるんだけど、ファミリー向けみたいな展開をしているので私はパスすることにしました。とらねこさんは楽しめたでしょうかー。
『クリムト』は「ぴあ」の満足度平均点は低かったですよねー。逆にやる気のわいた私です。幻想の世界の映像化というのは好みだしー。こちらは来週になりそうだけど楽しみにしています。しばしお待ちをー
『ホステル』はホントにすごそうなので私はやめといたほうがいいみたい・・・。
Commented by とらねこ at 2006-11-05 22:24 x
かえるさ~ん!『ナチョ』シネセゾンに観に行ったのですが、なんと映写機の調子が悪く、途中で上映中止になってしまいました!
信じられない!時間がもったいないです(泣)
2ヶ月使える、テアトル系のサービス券は配られたのですが、私も面倒くさくなってしまった感じです・・・。
クリムトやる気が湧きましたか♪その意気ごみ素敵です!
私も『イン・ザ・スープ』絶対みたいです~★
あとあと、今は『パプリカ』が早く見たくてたまりません。
あ、文中リンクさせていただきました。事後報告すみません。
Commented by CaeRu_noix at 2006-11-06 12:40
とらねこ さん♪
途中で上映中止なんてことがあるんですねー。ひどーい。うーん、確かに、ナチョのためにまた出直す気はおきないようなー。サービス券は他の映画に使えるならそっちの方がいいかな。ナチョは途中まで観ることができたってことでー。
『クリムト』は予告映像の女達が上からぶら下がっているシーンに強く惹かれました。画家ものって、真面目にその生涯を語るよりも、遊びのきいた演出のものが好きかも。ぴあのは物語性の薄いもの、ハッピーエンドじゃないものは点数が低めな傾向なので、点が低いとアート性が高いのねと俄然楽しみになるのですー。
映画は夢や幻想シーンが入り乱れてこそ楽しいのですぅ。
『パプリカ』も楽しみですよねー。今敏監督作品は劇場鑑賞したことがないんだけど、『東京ゴッドファーザーズ』はとてもよかった。
<< 東京国際映画祭で 『ガブラ』、... PageTop 『ブラック・ダリア』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon