かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
info シネマヴェーラでヌーヴェルヴァーグ
2006年 11月 12日 |
シネマヴェーラ渋谷 の次の次の特集はヌーヴェルヴァーグ!
これは行かなくちゃ!

期日: 12/9(土)~1/5(金)
「ヌーヴェルヴァーグはもうすぐ50歳になる」



--上映作品--

▼ジャン=リュック・ゴダール
女は女である (1961)
恋人のいる時間 (1964)
男性・女性 (1966)
アルファヴィル (1965)
彼女について私が知っている二、三の事柄 (1966)
万事快調 (1972)
ヌーヴェルヴァーグ (1990)
新ドイツ零年 (1991)

▼エリック・ロメール
獅子座 (1959)
シュザンヌの生き方 (1963)
モンソーパン屋の女の子 (1962) 26分
モード家の一夜 (1969)
クレールの膝 (1970)
愛の昼下がり (1972)
O侯爵夫人 (1975)

▼クロード・シャブロル
美しきセルジュ (1957)
いとこ同志 (1959)
嘘の心 (1999)

▼アラン・レネ
夜と霧 (1955) 32分
ヒロシマモナムール (1959)

▼アニエス・ヴァルダ
5時から7時までのクレオ (1961)
幸福 (1964)

▼ジャック・ドゥミ
ロバと王女(1970)

▼クリス・マルケル 他
ベトナムから遠く離れて (1967)

-スケジュール-
12/9 土 恋人の、 モンソ/ シュザ
12/10日 嘘の、 獅子座
12/11月 夜と霧、 ヌーヴェ
12/12火 モンソ/ シュザ、 嘘の
12/13水 ヌーヴェ、 恋人の
12/14木 夜と霧、 獅子座
12/15金 獅子座、 恋人の
12/16土 アルファ、ベトナム
12/17日 いとこ、 5時
12/18月 新ドイツ、 モード
12/19火ベトナム、 5時
12/20水 アルファ、 新ドイツ
12/21木 いとこ、 モード
12/22金 アルファ、 いとこ
12/23土 女は、 クレール
12/24日 美しき、ロバと
12/25月 愛の、 万事
12/26火 クレール、ロバと
12/27水 女は、 愛の
12/28木 万事、 美しき
12/29金 美しき、 女は
12/30土 男性、幸福
12/31日 O侯爵、 ヒロシマ
1/2火 彼女に、幸福
1/3水 男性、 ヒロシマ
1/4木 彼女に、 O侯爵
1/5金 O侯爵、 男性

入替なしの二本立て! すばらしすぎっ
d0029596_11113176.jpg

[PR]
by CaeRu_noix | 2006-11-12 10:30 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4170975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-01-31 16:19
タイトル : いとこ同志
愛した女性を肉親に奪い取られ、そこから悲劇が生まれる構図は、日本映画『狂った果実』などいくつかの作品と共通し、ある種、古典的である。本作の主人公シャルルは、田舎から大学へ進学するために、いとこのポールが住むパリへやって来る。純真無垢なシャルルがポールのアパートで暮らすうちに、そこに集まってくる女性のひとりに恋心を抱くのは自然なことだった。しかし、状況はことごとくシャルルの裏目に出る。クロード・シャブロル監督は、ヌーベルバーグの旗手であり、この1959年の作品でも、主人公に現実を突きつける物語を徹...... more
Commented by [M] at 2006-11-13 14:55 x
かえるさん、お久しぶりです。
この刺激的なニュース、今知りました。
12月はヌーヴェルヴァーグをおさらい、といったところですね。
個人的には、ロメール・シャブロル、そしてヴァルダの『幸福』!
Commented by CaeRu_noix at 2006-11-13 23:36
[M] さん♪
刺激的!ですよねー。土曜日にこれを発見し、小躍りしましたよ。
12月も忙しくなりそうです。そうそう、 『幸福』にお目にかかれる日をずっと待っていました。私もほとんど観ていないシャブロルや、ロメールの未見作品を中心に挑みたいと思っています。がんばりましょー。
Commented by たかこ at 2006-11-14 09:27 x
「中国女」観たかったのですが、はぶかれてますね…ちょっと残念。
素敵な特集、なんとか観れる日は観たいです。

かえるさんのブログは愛があると感じるので、好きです。
リアルに参考にしてます。
Commented by CaeRu_noix at 2006-11-14 10:18
たかこ さん♪
『中国女』は私も大好きよん。うーん、残念ですね。
あと、私はこないだ観た『愛すべき女・女たち』をすごく気に入ってしまいました。ゴダールの撮る女たちってやはりステキ。60年代作品はかなりツボなんです。ぜひぜひ足を運んでくださいー。
愛を感じてくれてありがとう♪参考にしていただけて嬉しいですー。
Commented by 現象 at 2006-12-26 23:58 x
とりあえず1回行っときました。
あと2回は行きたいな。
こうやって監督ごとに並べていただくとありがたいです。
左岸派の人もラインナップにいたんですね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-28 00:58
現象 さん♪
おお、私もやっとやっと1回行きましたー。
当初の予定のシャブロルは断念。ロメールは決行。
現象さんは私の観られなかったシャブロルをご覧になったのね。
私もあと2回は行きたいですー。年末年始だっていうのに。
そうそう、左岸派もさりげなく魅力的です。日仏で観たレネの『プロビデンス』などもおもしろかったし。 『去年マリエンバートで』を劇場でやってほしいー
Commented by 樹衣子 at 2010-02-11 23:07 x
かえるさんへ
偶然、検索でここに着陸したのですが、すでにご存知かと思いますが、
渋谷イメージフォーラムで『去年マリエンバード』が劇場で上映されますよ。
2月27日(土)~3月18日(金)
(11:15/13:45/16:15)
同時上映:ヒロシマモナムール(18:45)
『ヒロシマモナムール』は私の生涯ベスト10に入る映画だったので、かなり気合を入れて『去年マリエンバード』を観に行くつもりです。
Commented by CaeRu_noix at 2010-02-11 23:31
樹衣子 さん♪
おお、検索で2006年の記事にたどり着いていただけたのですね。着陸w
そうなんですよ。『去年マリエンバートで』を劇場で観たい!とずっと言い続けてきたおかげで?今年ようやくそれが実現されるんですよね。
去年DVDも買ったのですが、結局ちゃんと観ていないし。
『ヒロシマモナムール』の方はわりと劇場でかかる機会も多いんですが、『マリエンバード』が普通の映画館でかかるのって、今世紀初めてじゃないかしら?っていうくらいなのでとても楽しみです。
樹衣子 さんはモナムールをお楽しみあれ。こちらも大好きです。
私は年末にヴェーラでミュリエルも久々に観ましたよー。
3月の日仏とユーロでのアラン・レネ全作上映も楽しみで可能な限りたくさん観たいなぁと思ってます。
イメフォには今日も行ってきまして、『ヴェルクマイスターハーモニー』を見たのですが、イメフォの特集上映もいつも魅力的。
今年は『死刑台のエレベーター』のニュープリント上映もあったり、ロメール追悼特集などもありそうだし、ヌーヴェルヴァーグにふれる機会もあれこれありそうで嬉しいですね。
左岸といえば、最近、『ラ・ジュテ』も観ましたー
<< 『ユーリー・ノルシュテイン作品集』 PageTop 11月11日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon