かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ユーリー・ノルシュテイン作品集』
2006年 11月 13日 |
チェコやロシアのアニメ世界に魅せられて。
このたび初めて、ユーリー・ノルシュテイン作品を鑑賞。



いやー、素晴らしいですね!幻想的で詩的でとても優しい。
手作りの切り絵アニメの風合いにググッと心をつかまれました。
クリアで鮮やかなアニメに慣れてしまっているから、画面の薄暗さがむしろ魅力的なんですよね。不思議な御伽世界に入り込んでしまいます。動物が主人公のものって微笑ましくてよいですね。一つ一つのアイディアに感心しながら、懐かしいような温かな気持ちになりました。

Yahoo!Japanにて、11月30日まで ロシアアニメ傑作選が動画配信されています。


『ケルジェネツの戦い』
1968年/12分
西暦988年キエフ公国軍による国家統一。
イコン(聖像画)やフレスコ画が動きだす。

『25日-最初の日』
1968年/12分
1917年10月のロシア革命最初の日。広場に民衆の怒り。

『キツネとウサギ』
1973年/12分
キツネに家を乗っ取られたウサギ。

『アオサギとツル』
1974年/12分
ケンカばかりしているアオサギとツル。
d0029596_0343031.jpg
『霧の中のハリネズミ』
1975年/12分
霧の中、道に迷ったハリネズミ。

『話の話』
1979年/29分
子守唄に呼び出された子オオカミが、さまざまな物語の扉を開ける。


どれもよかったけれど、やはり「ハリネズミ」と「話の話」がとりわけ気に入ったかな。

ユーリー・ノルシュテインの仕事

第7回 ラピュタアニメーションフェスティバル2006
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-11-13 00:34 | CINEMAレヴュー | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4175370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 茉莉花の幻想 CGアート at 2007-01-21 10:01
タイトル : ノルシュテインの絵本作り展をみに ちひろ美術館へ行く
はじめまして(^_^) TB失礼します。ノルシュテインを検索していてこちらにたどり着きました。ブログ記事拝見しました。ノルシュテインの絵本作り展をみに ちひろ美術館へ行ってきました。またお邪魔させて頂きますね。... more
Commented by ぼんべい at 2006-11-16 22:10 x
全部よかったですー。と言いつつまだ半分しか観てないけど。魚座の心を鷲掴み。
こんな素敵な物が無料で見れるなんて、YAHOO動画もこまめにチェックしなきゃですね。
でも、宣伝は途中に入れないで最初にまとめてやって欲しかった。贅沢?

ラピュタのアニメは気になりつつもどこを攻めればいいのかさっぱり・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2006-11-17 21:38
ぼんべいさん♪
わし座のココロは魚づかみ!よかったでしょ、よかったでしょ。
ユーリー・ノルシュテインは素晴らしいと聞いてはいたけれど、なかなか観る機会がなく、ようやくやっと大いに実感。
つーか、Yahoo動画なんて初めて観ましたよ。そんなんやっているのは知らなかった。音楽系はそれほどたいしたのはないみたいだけど、こういうちゃんとした映像作品を無料で配信してくれるのは素晴らしいです。レンタルVIDEOもなかったと思う。宣伝は確かにうざかったけれど、タダだからねー。月末まで何度でも観たいわー。
ラピュタはもう行ける日に行くしかないです。雪の女王が観たかったなー。何を観るべきかはインターネットの活用につきます。ミクにアートアニメコミュとかありましたわよ。
<< 『HAZARD』 PageTop info シネマヴェーラでヌー... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon